テーマ:美術館

目的地と終着駅 柚木沙弥郎 鳥獣戯画展 @ 葉山近代美術館

2019年 8月 7日 水曜日 晴れ 目的地のある駅が終着駅というのは気持ちが楽だと私は言った。 ぼんやりしていても安心だから。 葉山 続けて、人生も終着駅がわかっていれば楽だろうに、と言ってから、否、人生の終着駅は誰でも「死」であるわけで、その暫く前の状態が安穏かどうかわかれば、楽だろうに、と私は同行者に話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉢かづき古姫 

2019年 7月 26日 金曜日 晴れ 今は結構な雨が降っている。 午後6時頃帰宅。 そうだ、父の月命日だ。 今日は広尾で待ち合わせて、塩田千春 魂がふるえる 森美術館に出かけた。 作品はこのように赤い、或いは黒い糸によって幾重にも重ねるというか、小さなトライアングル状に絡められている。 赤い糸は、血液…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷の落下する音に夏を想う 原三溪の美術 @横浜美術館

2019年 7月 17日 水曜日 曇り時々晴れ間 実際のところ、短時間にしろ、これほど晴れるとは思わなかった。 今日の午後4時 なにか冷たい物が飲みたいとは思ったが、母の洗髪をしたのが先週の木曜日で、今日は入浴してもらい洗髪したいと思いが強く、家路を急いだ。  どれくらいの時間、こんな青空が広がったのかはよくわからない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゴン シーレ と リインカーネーション ウイーンモダン展 @国立新美術館

2019年 7月 8日 月曜日 午後から時折青空が見えて束の間日差しが戻ることもあった。 冬瓜を炊く時は前日に鍋に昆布を浸して一晩おく。 今日は、洗濯掃除を済ませて、早速夕食用の冬瓜を炊いた。  庭の住人ならぬカタツムリ柚子は強剪定してもらった。 青い小さな実をつけたまま枝はどんどん刈り込まれたわけで、来年は柚子を見ることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はこれで良かったと思う。 リチャード ゴーマン 形情展 @茅ヶ崎美術館

2019年 5月 29日 水曜日 曇り、午後3時頃から晴れ渡った。 展示室の最初の1枚が Blue Boyだった。 担当学芸員の解説によれば、「ブルーには憂鬱なという意味もある。 少年とはおよそ憂鬱な気持ちを持ちやすい存在である。 作品も不機嫌な少年の顔に見えなくもない。」 バレン菊いやはやまったく、本当にバレンみたいだ。え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アートな日の滅入り事 ルートブリュク展 @東京ステーションギャラリー

2019年 5月 24日 金曜日 快晴 気温上昇 ファーブル昆虫記の中のヤママユガの話は、私の中では昆虫記の中で真骨頂とも呼べる話で、のちのフェロモン発見につながる、偉大な発見だ。 でも、部屋の中でヤママユガの雄が沢山、乱舞する様子はちょっと怖いような気もする。  こんな話をする気はなかった。 実は去年の夏、何度…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

清潔は信仰の半分 トルコ至宝展 @国立新美術館

2019年 5月 16日 木曜日 カラッとした晴れ 思い立って、或いは、反動からか、キラキラしたものが見たかった。 光り物好きの私。 カラスみたいだ。 きっと空いていると思っていたら、結構、混雑しておりました。 トルコ至宝展。 理由は知らないが、カラスは光り物が大好きである。  2017年だったか、西表島のホテルの中庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞きしに勝る美男子であられた。 国宝 東寺展 @国立博物館

2019年 5月 10日 快晴 気温上昇 今週はまだ明日があるが、濃い1週間だった。 水曜日の木彫り教室で、生徒さんが次作にどうしても、帝釈天を彫りたいと先生に話されていた。 上野で開催されている国宝 東寺展を見に行って、決心されたとのこと。 今日お会した方と上野で別れて国立博物館へ行ってきた。 上野にて 聞きし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春の日の散歩 @岩立フォークテキスタイル美術館

2019年 4月 18日 木曜日 気持ちの良い晴れ  ハナニラは繁殖力が旺盛で、最初に植え込んだ場所は庭の半日半陰の場所である。  球根植物でありながら、予想外の場所へ飛んでいく。 ハナニラ 最初に飛んだ先は3mぐらい離れた玄関入り口付近の地植えのフリージアの中で、ここは日当たりが良い。 今回飛んで行った先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静寂 長谷川潔展 @町田市国際版画美術館

2019年 4月 3日 水曜日 晴れてはいても、空気はひんやりとして寒かった。 私の掃除は1階の居間から始めて2階で終える。 これはいつも変わらない。 掃除を終えて階下に降りた。 一瞬、足が止まった。 我が家の縁側でお婆さんが二人日向ぼっこ。 向かって左側のチャンチャンコを着ているのが我が母。  くるりと踵を返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海ハ壁玉 空ハ緑玉 南国ノ夢アリ @田中一村美術館

2019年 3月 7日 木曜日 雨が降ったり止んだり。 夕方雷が鳴り、これが本当の春雷だと思った。 昨日は啓蟄。 ファーブル昆虫記の全訳をされた奥本大三郎さんが、この日に自分が生まれたのはまさに必然、みたいなことを書かれていたのを思い出した。 啓蟄の翌日、つまり今日は私の誕生日で62歳となった。 別に必然ではなくて偶然に過ぎ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

亜熱帯北限の旅 奄美大島 田中一村美術館

2019年 3月 6日 水曜日 2泊3日の旅を終えた。 滞在中は天気に恵まれたが、今日は、現地の人に言わせると、台風接近前くらいの暴風雨だそうで、飛行機は欠航、遅延だらけで、もう最悪鹿児島で一泊すると腹を決めたら、飛行機が漸く飛んできてくれて無事に3時間遅れて帰宅した。 10年ぶりの奄美大島は随分と変わっていた。  今日は写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目利きの蒐集家 フィリップスコレクション @三菱1号館美術館

2019年 2月 7日 木曜日 晴れて暖かくなったが、空は霞がかかったように薄い雲に覆われていた。 「全員巨匠」とキャッチフレーズのついたフィリップスコレクションに行ってきた。 映画「ヴィクトリア女王」を見たせいだろうか? 権力=財力とは思わないが、そのどちらかが無くても、どちらも成り立たないような気がする。 モーゼの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼんやりとした階級」の明確なる抽出と選抜

2019年 1月 24日 木曜日 風は冷たかったが晴れ  国立新美術館では、企画展に合わせていろいろなワークショップを開催する。 登録しておけば、メールでお知らせが届く。  今回のワークショップは「ぼんやりとした階級名刺を作ろう」である。 申し込みを最終的に送信する際にふと考え込んでしまった。 どうせまた、残念ながら・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほどけて緩んで、開いた

2019年 1月 11日 金曜日 快晴 昨日の曇天が信じられないくらいだ。 暖かく、身体がほどけて緩んだような気さへする。 庭のシクラメン 洗濯物を干す。 布団を干す。 金曜日の大掃除を済ませて、5日以来の買い出しに出かけたら、お昼を回った。 昼食後に夕食の下準備を整えて、洗濯物と布団を取り込んで、やれやれと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漠然とした絶望感 カタストロフと美術のちから @森美術館

2018年 1月 10日 木曜日 曇り 何もこんなに寒い日に出かけることも無いのだが、昨晩は母を入浴させて洗髪したし、今日は夕食さへ作ればよいと思った。 昨年の12月に「よろしければ、どうぞ」と一筆箋に書かれた封書が送られてきた。 中に入っていたのが、「カタストロフと美術のちから」 カタストロフというのは、大惨事とか、大災害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんの気まぐれ 寄り道は美術館 @根津美術館

2018年 12月 6日 木曜日 雨から曇り ど~んと寒くなった。  庭には今年買って植え込んだシクラメンが綺麗に咲いているが、実は一鉢、今年の猛暑を乗り切って3年目を迎えたシクラメンがある。 立ち上がった花は1つだけだが、それはそれで、綺麗だと毎朝思う。 3年目のシクラメン 行くとしたら、今日しかないと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かに銀杏を割る  快慶 常慶のみほとけ展 @国立博物館

2018年 11月 22日 木曜日 灰色の曇り空は午後になってほんの暫く小雨が降った。  こんなふうに雲が垂れこめた日にヒヨドリが鳴くのを聞くと、冬が始まったな、などと思う。 暑がりの私が今日は寒いと思った。 昨日の続き。 ムンクの後は 京都 大法恩寺 快慶 常慶のみほとけ展へ向かった。 ムンク展でエネルギーを使い果た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだか足元がぐらぐらする・・・ムンク展 @東京都立美術館

2018年 11月 21日 水曜日 今日は昨日に比べてはるかに良い天気になった。  上野駅公園口へ出た途端思った。 なんて馬鹿なんだろう!!!  本日シルバーデーだそうで、東京都美術館特別展 ムンクは65歳以上は無料の日。 案の定、40分待ちのプラカードを持った男性が最後尾に立って、まさに叫んでいる。 自分自身に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い1日の後に・・・ ピエール ボナール展 @国立新美術館

2018年 10月 25日 木曜日 秋晴れ 私って、いったい何なんだろう、どうなるんだろう、などと漠然とした不安を感じたのは、昨晩、都心をタクシーで移動していたからだ。 タワーマンションの高層階に住んでいらっしゃる方にとったら、綺麗な夜景は日常であろうが、私は何だか世界に私ひとりぼっち、みたいな孤独感に襲われる。 庭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

店頭販売員 69歳の言葉

2018年 10月 19日 金曜日 今日も空はどんより。 夕方短い時間雨が降った。 当初、明日の土曜日に墓参の予定だった。  クリッパンのタオルケットを洗って片付けたいが、なにせ、まともな晴れの日が無い。 昨日の時点で土日の天気は久しぶりに良いと聞いて、墓参を27日に変更したら、明日もどうやら天気は冴えないらしい。 ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボタンは蕾 @ボタン博物館

2018年 10月 18日 木曜日 晴れ間在り、午後から曇る フランス語のボタンにあたる言葉には、もうひとつの意味があって、それは、花の蕾。  今日はボタン博物館に行ってきた。 入り口を見上げると、こんな看板が、ボタンであります。 一度行って見たいとずっと思っていて、まあ、念願?を果たした。 世界中の貴重なボタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂浜に松ぼっくり アルヴァ アアルト もうひとつの自然展 @葉山近代美術館別館

2018年 10月 3日 水曜日 概ね曇り 午後はなんだかムシムシと感じた。 ここ2週間ばかり、ジョロウグモが門の郵便ボックスとその脇にある台の上のハツユキカズラの鉢植えにクモの巣を張り、毎朝、毎夕、私は新聞を取るためにそのクモの巣を破壊せざるを得ない。 1日に2度も自分の巣を破壊されて、なお、ジョロウグモはクモの巣を張るわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なにせハミングしたくらいだ。 アフリカの藍染め、日本の藍染め @岩立フォークテキスタイル美術館

2018年 9月 28日 金曜日 気持ちの良い秋晴れ こんなふうに晴れた日は久しぶりだ。 シュウメイギク 自宅を10時半には出ないと待ち合わせに間に合わない。 今日金曜日の大掃除は先送りする予定だった。 午前7時10分だと思って起床してお布団を畳んで、2階の部屋の雨戸を開けて、さて朝食の仕度と思って階下に降りた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな人生うんざりだ・・・藤田嗣治展 @ 東京都美術館

2018年 9月 20日 木曜日 午前中は時折弱い雨がぱらついたが、午後から本降りになった。 母のお昼のサンドイッチを準備して、私はハンドバッグにサンドイッチを入れて上野駅に降り立った。 公園改札口から信号を渡って、すぐに右折すると上野グリーンテラスというのがあって、そこでコーヒーを頼んで(300円)外のテラス席でサンドイッチを食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジル先住民の椅子 @東京都庭園美術館

2018年 9月 17日 月曜日 敬老の日 晴れのち曇り ただいま大雨と雷鳴 秋は萩・・・ 今日が敬老の日だということは承知していたが、今日をおいて他に適当な日は無かった。 母が所属している老人会から、母の大好物のお赤飯が午前中に配られる。 母は今日という日ではなくて、お赤飯を大層楽しみにしていて、随分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビル風に吹かれて 琉球 美の宝庫 @サントリー美術館

2018年 8月 24日 金曜日 雨のち曇り 台風20号の影響で1日中風が強かった。 50歳を過ぎてから欲しいと思うが、高価すぎて一生買えぬもの。 沖縄の着物:上布、芭蕉布、紅型 久米島絣  今日はサントリー美術館 琉球の美の宝庫に行ってきた。 苧麻(ちょま)、綿の着物はどれもため息が出るほど素晴らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の濡れ羽色と縄文の人々の装い

2018年 7月 18日 水曜日 晴れ時々曇り カラスは恒温動物だから、当然暑いだろうにと思いながら、屋根を眺めた。 奴らは酷暑でも元気だ。 2羽のカラスが鳴いていて、隣家の屋根の淵を器用にトコトコと2往復していた。 何かがハラリと落ちたような気がした。 夕方庭に出ると、濡れ羽色の綺麗なカラスの羽が1本落ちていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそらくは神を信じないままに死去 ミラクル エッシャー展 @上野の森美術館

2018年 7月 5日 小雨が降ったり止んだり 大雨で被害が出ている場所もあるのに、ほんのお湿り程度の雨しか降らなかった。 イケずな天気で残念至極 回らないのにヒマワリ 1980年、つまり今から38年まえに初めてエッシャー展を見に行った。 当時の憧れの人がエッシャーが好きだったから。  若い私は随分と健気だった。 今だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野の森で蝉が鳴くのを聞いた 時を遡ること1万年 縄文展 @国立博物館

2018年 7月4日 曇りの予報だったが、日照時間は長かった。 風が強い。 上野は砂ぼこりが飛んでいた。 結局、「なぜ古いものは価値があるのか」という根源的な問いに行き着く、と自身のコレクション展で述べていたのは村上隆だったことを思い出す。 毎年春先に開催される東京アートフェアでは必ず、縄文土器を扱うギャラリーが出展していて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more