テーマ:

半年終わった。

2019年 7月 1日 月曜日 雨が降ったり止んだり。 今年前半が過ぎた。 なんだか、すごく早い。 お母さん、そろそろお薬が切れるから、クリニックに行かなきゃね、と朝食時に母に話したら、 「明日行く」と母は言った。  明日はまた、明日行くっていうふうになり、そして後半半年終わるのだ、などと思った次第。 庭の自生ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリメンダス ショッキング 久米島その3

2019年 6月 30日 日曜日 雨が降ったり止んだり。  板門店でトランプさんが、トリメンダス ポジティブって、言ってたが、途方もなく前向きって言うが、どっちも、ド派手なパフォーマンスが大好きなだけで、別に大したことじゃないような気がする。 黒いアゲハチョウが飛んでいるのが見えるかな?今回の旅行は久米島3泊 那覇1泊の4泊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気づいたら、雨にぬれてもを口ずさんでいた。 久米島その2

2019年 6月 29日 土曜日 多分そうなるだろうと思っていたが、今日、沖縄地方は梅雨明け。  それでも、まあ、比較的天気に恵まれた方だと思う。 26日は沖縄本島に大雨洪水警報が出されていたが、久米島は嘘のように良いお天気だった。 ハマオモト 前日のシュノーケルの事故で3時間くらいしか眠ることが出来なかったが、26日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

眠れぬ美ら海久米島の夜

2019年 6月 28日 金曜日 沖縄は暑かったが、横浜も暑い。 久米島のホテルの庭にて、午後7時前 「マジ ヤバイ!」 現代の若者の軽薄な物言いも、その言葉を発したガイドの目、顔の表情(目にも表情はある。 なにせ、目は口程に物を言う)、声のトーンで、よもや、抜き差しならぬほど、切羽詰まった危機的な状況だと理解した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無念のタカラガイ

2019年 3月 11日 早朝 雨と風が強くてガタガタと窓がうるさくて何度も目が覚めた。 気温が上昇して晴れたのはお昼を過ぎてから。 高度1万メートル当たり前だが、どんなに空が雲っていても、雲の上はブルー 少し早いが3時にしようと階下に降りていったら、遠くでサイレンの音がして何か言っている。 母は「また、ぼけ老人が行方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の徒然なるままに。

2018年 11月 14日 水曜日 晴れ 木彫り教室から地元駅へ戻ってきたら、すっかり日が暮れていた。 改札を出ると中央通路に警察官が立っている。 物騒な事件があったばかりだったが、多分、もう年末の警備なのだろうと思うと、1年はつくづく早いな、などと思う。 今日はとても忙しくて、撮影できず、写真は全部、久米島、及び那覇のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未明に雨が降るのを聞く

2018年 11月 13日 火曜日 曇り  ふと目が覚めたら雨が降っているのに気がついた。 一体何時なんだろうと思っていたら、階下の時計がボーン、ボーンと二つ鳴って、あ~あ、午前2時なんだと思った。 ドウダン 想いは巡る・・・ 実は今回は久しぶりで那覇に一泊した。 往きの那覇は激しい雨が降っていたが、帰りの那覇は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日も思い出しこと書き

2018年 11月 10日 土曜日 晴れ 暖かく、たくさんの洗濯物を干したが綺麗に乾いた。 朝、起床すると、雨戸を開けた母は今日も、「今年は柚子が」と、言い始めて、私が遮って、実のつきが悪いでしょ、毎日、毎日、同じことを言うから暗記したと、私は言った。 庭の菊 沖縄にハレクラニができるとは知ってはいたが、来年開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くるくる回って流れてお終い・・・って出来ない。

2018年 11月 9日 金曜日 午前中は曇り空だったが、お昼あたりから本降りの雨となった。 庭 少し前、読売新聞に掲載された宝島社の広告、亡くなられた樹木希林さんの写真に「水に流す」と言葉が書かれてあった。 かなり考えさせられた、なぜなら・・・ 私はつくづく水に流せない狭量な人間だから。 もう半年以上前のことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶の羅列 ハイビスカスには青い空。 久米島にて

2018年 11月 8日 木曜日 どういうわけか天気が良かった。 お布団を干したほどだ。 記憶の羅列。 クロトン 久米島では2時間タクシーに乗って観光した。 どうしても行きたい場所だけを伝えて、あとはドライバーさんにお任せした。 行きたかった場所はゆいまーる館。 久米島絣をを見たかった。 ゆいまーる館の入り口で撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はての浜で砂つぶて はての浜 久米島 その2

2018年 11月 7日 水曜日 晴れ時々くもり 暑い夏はうんざりするが、暖かい冬はなんだかほっとする。 本日立冬なれど、暖かい。 到着日の久米島の空はこんなだった。 ホテルの目の前の暗い海辺で散歩して貝を拾った。 午後4時過ぎには雨が降り出して、すこし憂鬱になった。 ホテルには浴場が完備されていて、滞在中は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私自身と旅をする 久米島 その1 はての浜

2018年 11月 6日 火曜日 快晴の沖縄から雨の横浜に午後6時過ぎに戻ってきた。 「Travel alone じゃなくて Travel with myself !」 と今年の3月のスンバ島の旅でアメリカ人の若い女性に励まされたが、久米島到着日は天気がどんどん悪化したが・・・ 翌日は劇的に好天になり、思わず、天は我に味方し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の湯豆腐 旅の思い出

2018年 5月 8日 火曜日 曇り 午後から雨になった。 夕食の一品に湯豆腐を追加した。 肌寒く日中の温度は15度に届かなかった。 「もう、湯豆腐の季節になったんだね」と母が言うのを聞いて、ひっくり返りそうになりながら、「お母さん、今何月かわかります」と問うたら・・・ 明快に「6月」と言った。 それじゃあ、話の筋が通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のお買い物  アタバッグ

2018年 3月 20日 火曜日 弱い雨がずっと降り続いたが午後4時過ぎには止んだ。 寒の戻り。 それは単に寒の戻りという気象現象でたまたま、明日お彼岸の中日にあたる春分の日に冷たい雨が降るという偶然に過ぎぬのだが、母はきっと明日は墓参に来なくてよいという父の思いだ、とそう言う。 3月7日に霊園事務所に21日のシャトルバスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忽然と記憶の底からよみがえりしは、蔵前おまえ生きてんじゃねえぞ!

2018年 3月 12日 月曜日 快晴 春が前進したようなそんな暖かさだったが、ティッシュが手放なせない1日でもあった。 今年は花粉症の症状が顕著に出る。 狛江市市長のセクハラ疑惑のニュースをみていて、別に記憶に蓋をしていたわけでもなかったが、忽然と遠い昔の記憶がよみがえり、私は憤慨した。 文字通り憤慨した。 短大を卒業して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日思った、日常を維持すること、それこそが私にしか出来ないことだ。 & スンバ島の思い出

2018年 3月 10日 土曜日 曇り 日差しが出たのは午後4時頃だった。 寒く感じる。 それでも洗濯物が全部乾いて喜ばしい。 雨の泥はねが残念だが、庭の花壇が美しい。 黄色はなんだか元気を与えてくれる色だと思う。 今日はお雛様をしまった。 来年もまた母と私、二人でひな祭りをお祝いできますようにと念じながら、白い手袋をはめて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ライフ イズ ハード Life is hard.

2018年 3月 8日 木曜日 雨 ようやくいつもの日常に身体も生活も戻った。 バリ島の朝バリ島へは3月1日夕方に入って、翌朝すぐにスンバ島へ向かった。 母を午前9時予約の美容院へ送り出して、明日金曜日の大掃除を前倒した。 2月の23日以来だから、丁寧に黙々といつも手順に従って、トイレや洗面所もピカピカにして、仏壇掃除で終了…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

旅の後始末と晩秋のキリギリス スンバ島旅行記

2018年 3月 7日 水曜日 曇り 今日で61歳になった。 このストローが気に入った。 プラではなくて、葦のような中が空洞になっている植物で、なんとなく気に入った。  60年はほぼ人間の一週期になるのである、と寺田寅彦は述べている。 10と12の最小公倍数は60であるから、十干十二支の組み合わせは60年で一週期となるんだそ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

独りじゃなくて、私自身と旅をするって言いなさいよ。 ニューヨーカーの言葉 スンバ島旅行 インドネシア

2018年 3月 6日 火曜日 晴れ たったの1週間で庭の花壇のラッパ水仙が花開いていた。 「3月3日の土曜日はレストランは閉鎖するの。 BBQをするからね。 もちろん、ルームサービスも無いわよ。 夕ご飯を食べたければ、必ずBBQに参加してくださいね」 3日の土曜日はホテルですれ違うスタッフ全員からこう声をかけられた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寄るべき大樹、合流すべき本流も無い。

2017年 9月 25日 月曜日 概ね晴れ 気温は高め。 私個人はまったく関係ないのだが、世間様が忙しそうで、ふと、寄るべき大樹も合流すべき本流も私には無いな、などと思った。 ムラサキシキブ 洗濯は原則1日置きなのだが、今日はタオルケットを洗った。 クリッパンのタオルケットはそれだけで我が家の未だに二層式の洗濯機が一杯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の日記の最後には「帰りなんいざ」と書かれてあった。

2017年 8月 31日 木曜日 朝小雨が降ったがほぼ曇り 昨日まで33度の気温が嘘のように涼しい。  母娘で暑がりで、今日は安堵でため息が出たくらい涼しかった。 蝉の鳴き声は鳴りを潜め、代わりに朝から秋の虫の大合唱。  8月は雨ばかりでした、っていうほど、私の住んでいるところは雨が降らず、気温も高めで曇りでも33度を超える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつむけど朗らかなりしひまわりは・・・っていう気分

2017年 8月 11日 山の日 金曜日 霧雨のような雨の1日で夕方から本降りになった。 こんな涼しい日が金曜日の大掃除で、帰省やお出かけの方には申し訳ないがありがたかった。  ご近所さん こんなお天気だったが、今は洗濯を溜めるわけにはいかないので、1日置きに洗濯をする。 母の下着が2日で10枚くらいになってしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワン スクープ オブ アイスクリーム

2017年 8月 10日 木曜日 曇り 時々弱い雨が降ったり止んだり。 特定じゃないけど、一応外来植物の高砂百合が今年は念願かなって(私が盛大に種を飛ばした)庭に大発生とはいかないが、ある程度発生してこの通り。 母が綺麗だっていうから、今年は秋に種をたくさん持って墓参に出かけて父の墓周りに種を飛ばしてこようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国 フェロー諸島をあとにして帰路につく。

2017年 8月 9日 水曜日 晴れ ラタトゥイユなどと書くと、なんだか手のかかる料理と思うが(思っていたのは私だけかもしれぬが)、要するに夏野菜の煮込みで、新聞に載った和風ラタトゥイユが簡単そうで、今日は早よから準備した。 時計をはめて洗濯、掃除を済ませて、玉葱ざく切り、茄子とズッキーニ、カボチャは半月切り、トマトもざく切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日が立秋だなんて思ってもいなかった! 麗しのフェロー諸島観光日記 4日目

2017年 8月 7日 立秋 午前中は比較的良い天気だったが午後から曇り、午後5時過ぎからは時々雨も降った。 洗濯物を干し終えて掃除を済ませるとTシャツに汗シミ。 着替えもしないで首に手ぬぐいを巻いて帽子をかぶって郵便局へわざわざ出かけて暑中お見舞いの葉書を買って帰宅。 母が、階段から落ちて入院、その後施設に入った姉のことをどうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しきフェロー諸島で生まれて初めてキャッシング。

2017年 8月 6日 日曜日 ときどき曇ったがほぼ晴れ  自分はマルチリンガルだときっぱりと主張し、台湾で生まれ、パリで学びビジネスを立ち上げ、アメリカに進出し、これから南アフリカに移住のために向かう途中でアイスランドの旅を楽しんでいた女性は私の携帯をみて非常に驚かれて、英語で「私にとってスマホはDrug(薬物)と一緒」と言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球の果ては心の中にあるんだ・・・美しき辺境 フェロー諸島

2017年 8月 5日 土曜日 曇り時々晴れ 台風は歩いていないで早くどっかへ飛んでいけ。 今日、母は85歳の誕生日を迎えた。 朝起きると、私86歳になったというので、85歳でしょ、と答えると、いや、86歳だと言い張るので、昭和7年生まれ、つまり、1932年生まれなので、電卓をたたいて数字を見せてやった。 「お父さんは86で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おばさんもね、一人旅してきたんだよ。 アイスランドからフェロー諸島へ

2017年 8月 4日 金曜日 曇り  金曜日の大掃除を済ませて、母と早お昼を食べて母を体操教室の暑気払い会に送った。 私は帰国以来初めて電車で出かけた。 昼間の始発駅の車両の中はガラガラで、ふいに、「すみません、この電車は○×▽□駅に止まりますか?」と声をかけられて、顔をあげたら、小学校3年か4年生くらいの女の子で、思わず、サン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイキャビク街歩き アイスランド

2017年 8月 3日 木曜日 曇り時々日差しあり。 今日は少し蒸し暑い。 なにを今さらと言われそうだが、8月もすでに3日目。 旅の後始末も終えて、昨日1日涼しくて過ごしやすい1日だったせいか、今頃疲れがどっと出た。 それでも10日間の旅の経験は記憶として鮮やかに心に刻まれ、つい昨日のことも忘れてしまう母との日常も、それはそれであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白夜とはよく言ったものだ・・・アイスランド フェロー諸島旅行記

2017年 8月 2日 水曜日 曇り ときどき小雨降る。 正確に期すれば夏至のころが本当の意味での白夜なのだが、まあ7月は一応、日の出日の入りはあるのだが、概ね白夜である。 夜午後11時を回っても明るい。 白い夜という日本語は美しい響きだ。 さて、7月22日のシングヴェトリル国立公園からの続き。 再びバスにのってゲイシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more