テーマ:

コスチュームジュエリー

2020年 8月 13日 なんだかあたりが暗い、と本(失われた時を求めて)を閉じて時計をみたら午後4時35分だった。 遠雷が聞こえたが、遠くの空は明るく、昨日同様雨は降るまいと思ったが、一時パラパラと雨は降った。 ほんのお湿り程度。 日が暮れて、今晩も高温注意報。 本日の収穫 ゴーヤ12号、茄子75号、トマト98号 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬまで忘れないと思う。

2020年 8月 12日 午後5時前に帰宅後、遠雷が聞こえたが、まったく雨は降らず。 庭 松葉牡丹 庭の松葉牡丹は全部黄色なのだが、見分けがつきにくいが、黄色でも薄い色のと濃い色のがある。 雑踏の中を待ち合わせ場所へ赴く途中でふと思った。 自由はある程度の不自由があって初めて有難みをもつのかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ためらわない。

2020年 8月 7日 梅雨明けしたときは、心底、暑中お祝い申し上げます、って書きたいぐらいの気持ちだった。 今日は私の住んでいる地域は日中の気温が35度になった。 人間なんてわがままなものだとも思うが、やはりこれはこれで辛く、 最近、気候というより自然が怖いような気がする。 夕方の庭 縦横無尽に花を咲かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食えるから問題なし。

2020年 8月 4日 今日は午前10時過ぎには自室のエアコンのスイッチを入れた。 でも、暑いの寒いのなどと言っていられない。 家が浸水したわけでも無し、流されたわけでもない。 庭 お昼を食べ終わると必ず母の顔を拭いて目薬をさす。 ティッシュの箱をキッチンテーブルに持ってきて、なんだか箱が異常に盛り上がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何一つ憂いも無くて夏茗荷

2020年 8月 3日 茗荷に夏と秋があるなんて知らなかった。 先日、ご近所さんが夏茗荷の苗を持ってこられた。  「うちのはね、みんな秋茗荷なのよ。夏茗荷って珍しいでしょ。おすそ分け」 ということで、裏庭圃場に植え込んだ。 今朝、裏庭に出てみたら、たくさん茗荷を見つけた。  つまり、我が家のはもともと夏茗荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンタッキー・フライド・チキンと母

2020年 8月 1日 漸く梅雨明けとなった。  本日未明午前4時頃、激しい雨音で目が覚めた。 北側の廊下の窓を開けたままだ。 起き上がってよろよろ確認しに行ったら、案の定、びっしょり濡れていた。 寝床に戻って雨音を聞きながら、あ~これで梅雨が明ける、となぜか思った。 暑くはなったが、久しぶりの晴れ間に張…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不穏な天気と気分

2020年 7月 26日 変わりやすいと言ってしまえばそれまでだが、なかなか目まぐるしくスリリングな天気だった。 昨日のうち墓参を終えてよかったと父の月命日の今日はそう思った。 朝の不穏 シーツを洗うかどうか迷った挙句、洗濯槽に放り込む。 大気は湿気を帯びて空は不穏な暗さで、シーツを着物用のハンガーにかけて部屋干…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴーヤの緑、盛夏の想い

2020年 7月 24日 緑なす、と言えば黒髪なのだが、そう言いたいくらい綺麗な緑だ。 ゴーヤの緑、盛夏の想い。 大暑も過ぎたのに梅雨明けしない。 それでも、夏野菜は旬を迎える。 本日の収穫 インゲン 1.1キロ ゴーヤ 2号、3号 茄子 55号 トマト 87、88号 だるまみたいなトマト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かやっておくことは? 母の口癖

2020年 7月 20日 母の口癖。 何かやっておくことはあるかい? 無いのよ、って答える。 だって、頼んでおいてもきれいさっぱり忘れるから。 失望するってわかっていることを頼む必要もあるまい? でも、大げさではなく100回くらい言われると、さすがに・・・ 頼むから、もうやめてよ。 10時予約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウナギと骨せんべいと・・・

2020年 7月 19日 土用の丑の日は21日だが、今日は予約したウナギをスーパーへ取りに行った。 帰宅途中近くの(私が嫌いな)クリーニング店の前を通りかかったら、張り紙がされてあった。 7月20日から営業時間を短縮します、と書かれてあって、午後は7時に終了する旨。 昨今の事情を鑑みて、横浜市或いは神奈川県からの何らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不甲斐ない日をあがなう。

2020年 7月 15日 不甲斐ない午前中をなんとか、あがなったような気がする、というより、そう思いたい。 午前中は何もしなかった。 右わき下に痛みが走り、起きる意欲がなくなった。 朝食は母になんとか自分で食べてもらった。 庭 実際、お布団も敷きっぱなしだ。 でも、午後1時に起き上がり、眠っていた母を起こし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れごいに鳴いてやろうか蝉の声

2020年 7月 11日 午前11時ごろ遠くでミンミンゼミが鳴くのが聞こえた。 梅雨明けが待ち遠しいのか、或いは待ちきれなかったか・・・ 蝉の晴れ乞い 。 茅ヶ崎美術館の庭リアトリス、アガパンサス、カンゾウ 今日もお昼前から断続的にやや激しい雨が降る。 南側に雨が叩きつけるので2階は午後から戸閉。 どうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼という花

2020年 7月 10日 夕食の後片付けを終えたら午後8時になった。 母を入浴させて洗髪すると、こういう時間になってしまう。  洋服を脱ぐ前にトイレ。 下着1枚になって再びトイレ。 (おしっこは)出ないと思うが、母本人の強い希望なので仕方が無い。 おしっこ待ちで大体10分は過ぎる。 こんなことでイライラとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうではない日

2020年 7月 5日 いつもの日常はどこかでたわんで時間を浪費するのだが、今日は珍しく、そうではない1日となった。 自生松葉牡丹 黄色ばかり 母と私の二人暮らしなのに洗濯を休むことが出来ない。 昨日はそれで口論になった。 大量の母の下着。 呆れかえるほどの量。 母は尿漏れパッドを絶対に拒否する。 今朝はなまじ日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もめ事が無くて良い。 母の金言

2020年 7月 3日 テレビのニュースを見ながら夕食を食べていた。  独り言のように呟いた。 元々人間関係が少ないけど、(血族以外の)人間関係がほとんどないわ、私。 性格悪いし、許せないし・・・ 「もめ事なくて良いんだよ」と母が言ったのだ。 う~む。 呆けているけど、素晴らしい金言だな、などと、ほんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さしあたり表層的に牧歌的な1日だった。

2020年 7月 2日 午後8時を過ぎたあたり、遠くで花火の音が聞こえる。  はて今日は木曜日、ブラインドを上げてみたが音しか聞こえなかった。 無観客でゲリラ的な花火の打ち上げかもしれない、などと思った。 旅の思い出  白砂青松 今日は部屋という部屋の窓を開け放して風を通した。 昨日は床を歩くとぺたぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えると、気が狂うわよ

2020年 6月 28日 「神なんていない。 神を信じると気が狂うわよ」って女の子が言ってた。 ドキュランドへようこその中で。 番組とは全然関係ないが、私は・・・ 自分自身の存在意義とか、社会に貢献しているかなんて考えたことも無いし、考えたくもない。 それこそ、考えると気が狂うわよ、である。 ルドベキア?昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザー ドーター スキズム

2020年 6月 24日 昨日読めなかったワシントンポストの記事を読んだ。 マスク スキズム アメリカは州によってマスク着用が義務のところとそうでないところがある。 マスクをするかしないかで袂を分かつ人間&社会関係みたいな内容だった。 マスクじゃなくても、コロナで袂を分かつ社会だよな、などと思う。 コロナに対する人の対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつでも必ず豆を為し 奔走する私

2020年 6月 23日 同じ質問を何度か繰り返した母はそれでも気丈だった。 疲れたから横になるとは最後まで言わなかった。 用意したポチ袋に入れたお小遣いも、私が促す前にきちんと孫1号に(私にとっては甥っ子1号)渡していた。 その後、何度も母が「私、小遣い渡したっけ?」と繰り返すのには、 私も甥っ子もお嫁ちゃんも呆れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

適正体重だね、チビでなけりゃ・・・

2020年 6月 22日 冷たい雨の1日だった。 正確に言えば、雨より北西の風が強かった。 育て方とかコツなんか関係ありゃしない。 庭のベコニアは自生である。 いつも大体同じ場所に生えてくる。 それも人目につかないところに・・・ ごっそりと。 母の右目の周りが赤くただれてきた。 アレルギー性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メビウスの輪の憂鬱

2020年 6月 12日 今日はお通夜に行ってきた。 母と夕食を終えたら午後9時だった。 くたびれた。 庭の白百合 今日1日中次のような会話が我が家では繰り返されて、私はほとほと途方にくれた。 「で、だれの葬式なんだい?」 えっ? ○×さんのご主人様よ。 お母さんの代わりに私がお通夜に行くの、お母さんが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラシーボ効果

2020年 6月 9日 これも一種のプラシーボ効果みたいなもんだろうか? 夕食に収穫した茄子を食べたら極上の味がした。 一番簡単な料理法。茄子を縦に3枚に切り、油で焼くだけ。  下ろした生姜を醤油に添える。 本日の庭の百合 庭の南側に紅い百合が咲いた。 今日1日で母は何度となく百合がきれいだと私に声をかけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空疎と草むしり

2020年 6月 8日 優雅で空疎な社交界の会話と本の扉にかかれてあった。 「失われた時を求めて」第6巻を読み始めた。 それでは母と私の会話はさしずめ粗野で空疎になるのかもしれない。 空疎というより、繰り返しに対する応答。 「だからね」と「もういい加減にしてくれよ」は禁句で、母の感情を悪くするだけなのだ。 押し黙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時々ぼんやりしたくなる、ぼんやりと生きているのに。

2020年 6月 7日 目の前に広がる野原を眺めてしばらくぼんやりとした。 時々ぼんやりしたくなる、ぼんやりと生きているのに。 昔「三助」という男性の職業があった。 私自身はそれを生業とした人を見たことがない。63年間生きてきたが、すでに(ほぼ)生まれた時には自宅に風呂があったから。 時々、母を入浴さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日を繰り返していかなきゃね。

2020年 6月 6日   あたし、マスクどこにしまったかしらね? と母が聞く。 薬箱の中と答える。 今朝、朝刊を取りに行ったら、ポストにアベノマスクが届いていた。 母に見せたら、恭しく受け取って「大事なものだからあたしがもらっておく」と母は答えた。 黙ってみていたら、母はそれを薬箱の中に入れた。 庭のパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合の季節

2020年 6月 3日 変わった百合が咲いているから、庭に来てごらん。 掃除機をかけていたら、母が庭から呼ぶ。 庭の百合 明日は黄色の百合が咲く。 去年母が庭のパープルベルガモットをごっそりと引っこ抜いて捨てた後に百合の球根を植えた。 その話をしたら、もっと盛大に植えたら良かったのに・・・ そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少しづつ戻る日常

2020年 5月 31日 私のデスクトップにはカメラの機能がない。  だから今流行の、或いは注目のZoomを使ってオンラインでつながることは出来ないし、実際のところ、そういうことをする相手もいない。 スマホのフェイスタイムを1度ためしてみたが、なんだか、変な感じがした。 庭 サツキと美容柳 今年は庭のサツキが十数年ぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノラ猫の嫌がらせ

2020年 5月 27日 我が家のぬか床は、西側にある勝手口を出た外に置いてある。 ここは日も当たらず、暗く、家の構造上へこみがあって、雨もあたらない。 亡くなった父が、ここに小さな棚を作った。 そこにぬか床がで~んと置いてある。 今朝、キュウリを出そうとして、しゃがみこんだら・・・ 尋常ならざる臭いがする。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暫時様子見

2020年 5月 25日 美術館はやはり、予約制になる。 神奈川県内の某美術館は6月30日までの閉館になっている。 まあ、暫時様子見だな。 ちょっと古いけど、倍返しだ!みたいな反動は私には無い。 昨日の散歩の帰り、珍しく住宅街の中を歩いた。 10mくらいなのだが、道路脇のアオイが咲き始めていて、綺麗だった。 命名…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝石のような思い出

2020年 5月 24日 ああ、また日曜日が来たのだと、思う。  いつもなら、午前9時40分には水着を着こんで、その上に洋服を着てジムに向かうのが習慣だった。 約2か月泳いでいない。 緊急事態宣言解除が明日決まった場合、神奈川県はほぼ全業種が営業開始になるらしいので、思ったより早くジムがオープンするかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more