テーマ:

ふんだりけったり。

2019年 10月 19日 方向オンチでも99%迷わないっていう無料アプリがあるらしいが、つまり、1%はそれでも迷うってことだな、などと思う。 目的地に到着できる。 問題は帰り道だ。 これで連続2回帰り道で迷った。  どう考えても、複雑な道ではないが、帰り道で間違える。 往きはひたすら坂を下って右折したのだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちらっと紅い。

2019年 10月 17日 我が家には地球儀が無いので、今一つ、距離感がよくわからない。  今日読んだ新聞記事にカンタス航空が試験的に、ロンドン⇔シドニー ニューヨーク⇔シドニー間 直行便のテストフライトを今年中に行うと書かれてあった。 なんでも、飛行時間が19時間。 最長フライトなんだそうな。 食事や健康などの問題をテスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一重咲きのダリア

2019年 10月 16日 花屋さんへ出かけたら、一重咲きのダリアがまるでコスモスみたいだった。 買った花はダリアではなかったけど・・・ 今日は掃除だけはいつも通りだが、思いっきり手抜きをした。  だから、木彫り教室に行く前に花屋で花を買えたわけだ。 こんな日もあってよい。 昨夕に買った調理パンを本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボコした

2019年 10月 14日 「ボコしたい」って言ってた。 リーチ マイケル選手が、少し前のインタビューでスコットランド戦について聞かれて、答えた言葉。 で、言葉通り、スコットランドをボコした。  お店の植え込み 今日は10時予約の美容院だった。 もう前回から4週間経ったのだ。 ドアを開けた途端、「(台風19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決壊を切る言葉

2019年 10月 13日 決壊とは、ダムや堤防などが切り崩れること、とある。 各地の河川が決壊し、氾濫が起きた。  台風一過の真っ青な空とは対照的に人の住む大地は水に浸る。 被災された方がたにはお見舞い申し上げます。 自然の容赦のなさは、見事なまでに完璧だとつくづく思わされる。 今日は母が入浴してくれた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

揺れる

2019年 10月 12日 風雨ともにとても強い。 雨漏りも停電もないが、家が揺れる。 10日の写真 夕食時にチャリンと音がした。 何? お茶碗割ったの? 「差し歯がはずれた」と母が落ちた差し歯を見せた。 「あんたは全部自分の歯?」と母は聞くので、全部自分の歯ですと答えた。 連休が終わったら、歯医者さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風前夜

2019年 10月 11日 パソコンを立ち上げてメールを確認したら、「休業」のお知らせが届いていた。  そりゃあ、そうだろうが・・・ 明日は午前10時頃からほぼ鉄道は計画運休。 思い出 先日放送された朝の連ドラスカーレットで主人公が、同級生から将来の夢のことを聞くシーン。 「私は将来、婦人警官になる」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い羽根と駅前の母

2019年 10月 3日 今日は駅前で赤い羽根共同募金が行われていた。  あの中に母も居たのだ、と思って暫く眺めて、募金をしてきた。 2年くらい前まで、母は老人会の体操教室仲間と一緒に10月1日に駅前で街頭募金を呼び掛けていた。 私はこっそり見に行った。 母は今夏87歳になり、老人会の体操教室も行くのを止めてしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑さおさまらず。

2019年 9月30日 明日から10月なのに暑さがおさまらない。 防虫剤の準備は万端だが、衣替えする気分にならない。 3年前の今日 金木犀   午前9時の浴室手すり設置工事は時間通りに行われた。 母は若い作業員のお兄さんに、「この辺りは昔は麦畑だったんだよ」という話を繰り返していた。 お仕事中なんだからね、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

よくもそんなことが言えるわね!

2019年 9月 27日 よくもそんなことが言えるわね! と国連で言ったのは、16歳のスウェーデンの少女。 このブログでも書いたが、飛行機は使わず、ロンドンからわざわざ船でニューヨーク入り、国連で行われた気候会議に出席した。 背後に環境アクティビスト?の大物がいるなどと、まあ、そういった下衆の勘繰りもあるけれど、どっかの環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩が香る

2019年 9月 24日 ベランダで洗濯物を干していて、気が付いた。 微かだが、金木犀の香りがする。 とはいえ、今日も気温が31度まで上がり、暑さ寒さも彼岸までということわざが空々しく思えるほどだ。 午前中はよいお天気だったが、沢村貞子の「わたしの献立日記」を読んでいたら、お昼になってしまった。 巻末の解説をエッセイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トーマスクックの時刻表と私

2019年 9月 23日 月曜日 雲が飛ぶように流れる。 台風17号の影響で風がとても強い1日だった。 先週の金曜日、墓参のためのお花を買いがてら、実に2か月以上ぶりに自宅用に花を買った。 暑い夏は花がもたない。 だからと言って、花を切らさずにいられるほど、今のところ経済的に恵まれていない。 私は、どんなに精巧な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時を経て落ち着いた茶褐色になりました・・・

2019年 9月 22日 今は雨が降っているが、午前中は青空が広がった。  お彼岸なので、オハギを買って帰ろうと、プールを早めに切り上げた。  ふと、梅雨明け前にきれいさっぱり刈り取られたひまわり畑のその後を見てみたくて遠回りをした。 なんと、再び、ひまわり畑になっていた。 ただ、6月のひまわりよりもずっと背が低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ため息の妖精

2019年 9月 21日 土曜日 結局雨は降らなかった。 墓参の帰り、ファウンデーションを買った。 「NO.93 ため息の妖精ですね、ご確認ください」って言われて、そうなんですか、と思う。 NO.93であること確認しながら、ため息の妖精というより、一字違いで妖怪の方が似合っているかもしれない、などと傍にいた 妹に言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠隔操作

2019年 9月 19日 良く晴れた。 「大根蒔かなくっちゃねっ!」 「早くしないと間に合わない!」 実際のところ大根の播種は9月の末までに終えるのが良い。 明日は午後2時間ほど出かけるし、土曜日は墓参で、おまけに3連休は雨だし、今日を逃すと、来週になる。 洗濯を2度に分けた。 2回目は夏のドレスなどを洗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの水曜日は甚だしく疲れた。

2019年 9月 18日 水曜日 今日は亡くなった父の誕生日だと、今、気が付いた。 木彫り教室の帰り、東急線は結構混んでいた。 自由が丘で斜め前の席が空いた。隣に立っていた若い女性(空いた席の前)は、私をちらっと見て、「どうぞ」。 有難く座りこんで、もしかして、私は席が空いた瞬間に、物欲しげな顔をしたかもしれない、などと、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日の吹き出物

2019年 9月 17日 少し前、新聞に今年、2019年の吉川英治文学賞は篠田節子の作品に決まったと読んだ。  受賞作品を読んだわけでもないが、その時は、お母さまは亡くなったのかしら、などと思った。 高いお金を払って、施設へ入所させても、介護不可能と判断されて退所させられるのではないかと不安で踏み切れない。  以前、介護の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいスニーカーと私

2019年 9月 16日 月曜日 敬老の日  9月6日の金曜日に5年間はいたスニーカーを捨てた。  くたびれてはいるが、これといった損傷もなく、唯一、かかとの底部分のゴムがほとんど擦り切れていた。 今年の春に新しいスニーカーを求めたのに、なかなか捨てる踏ん切りがつかなかった。  だって、2017年に一緒に旅したから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草むらには、まだ夏の名残。

2019年 9月 15日 日曜日 日差しが戻ったら気温が上昇した。  何年か前に西表島からの帰り、自宅最寄り駅に到着寸前に、電車の荷物棚に上げたボストンバッグを右手で下ろして、左側に身体をひねった瞬間、右腰に激しい痛みが走り、ぎっくり腰になった。 腰痛持ちではないが、なぜか疲れると、右腰が痛む。 ここ数日づっと痛んだ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉さん死んだも覚えてない

2019年 9月12日 木曜日 曇りがちの天気ながら、明白なことは、ようやく秋の気配を実感する。 今日は30度に届かなかった。 従姉から伯母の通夜、葬儀は15,16日に行う予定だが、家族だけで送りたい旨連絡があった。 他の親族も一様に参列しないとのことだった。 今日は実はちょっと出かける予定があったが、それを端折って、横浜で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日という日の些細な非日常

2019年 9月11日 水曜日 蝉の声より虫の声が聞こえる。 今日はなかなかしんどかった。 正しく時系列で。 苦し紛れに去年の今日 予定より30分早く、午前10時半に区役所から母の要介護認定のための面接の方がいらした。  「○○さん、今は何月ですか?」の問いに、母は8月よ、と答えた。 「○○さん、先ほど、覚えてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日に備えておやすみなさい。

2019年 9月 9日 月曜日 今日は旧暦だと重陽である。 菊の花を飾ったり、盃に菊の花びらを散らしてお酒を飲んだり。  しかし、そんな優雅な時は望めなかった。 台風15号は庭の菊をなぎ倒して去っていった。 鉢植えの中の松葉ボタン 有難いことに、これといった被害もなかったが、まあ、庭も裏庭圃場も、なぎ倒されていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何を踏み切るのか・・・

2019年 9月 7日 踏切で電車の通過を待ちながら、一体何を踏み切るのだろうか、などと考えたが、単に、道路と線路が平面交差する場所の意味だそう。 踏切を渡らなくても、駅の反対側に簡単に行くことができるが、ときどき、回り道をして踏切を渡る。 変なジンクスが私にはあって、踏切を渡ろうとすると、いつも、警報音が鳴りだすというもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産毛(うぶげ)とひげの間

2019年 9月 5日 木曜日 2か月前ぐらいだったが、上唇の上の産毛が濃くなっていることに気が付いた。  私は顔そりを滅多にしない。多分、1年以上そったことが無い。 その時もまあ、そのままにした。 1か月ぐらい前だったか、某所で、「産毛を剃らないんですか?」 ギョッとなった。 あの日のカンナ9月3日に母をクリニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重量感と私

2019年 9月 4日 水曜日 今日は珍しく涼しくて、草むしり日和だったが、あいにく、今日は木彫りだった。  今月から第1、第3に変更した。 近くの公園のムラサキシキブが綺麗に色づいていて、その薄い紫色にはっとする。 これがシソ科というのがなんとなく不思議な気もするが。 昨日のすごい雨の記憶が生々しくて、す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懸命な日

2019年 9月 3日 火曜日 昨晩は午後8時を過ぎてもアブラゼミが鳴いていて、なんて懸命なんだろう、などと思った。 トラノオ イソップ寓話に出てくる、アリとキリギリスは本当はアリとセミである。ほかにも、アリとなんとかというバージョンは結構ある。 ファーブル昆虫記の全訳をされた奥本大三郎さんがどこかで書いていた受け売りだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緩衝時間

2019年 9月 2日 月曜日 暑い1日だった。 緩衝地帯、或いは、バッファーなどと言う言葉がある。  なんでもよいが、2者(物)間の間の衝撃を和らげる、という意味である。 今日は、今は緩衝時間なのかもしれない、などと思った。  一旦は、緑の葉だけになったサルビアはこの通り第2次フルブルーム。 「あの人が来ると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空をゆく雲、流れる水

2019年 9月 1日 日曜日 今日も32度まで気温が上がる。 いくらなんでも、まだ彼岸花には早い、などと思ったが、よく似た花が草むらで咲いていた。 多分、リコリス プールは少し早めに切り上げた。 午後1時前に食事を終えて片付けなければならない。 懸案のWi-Fiルーター接続は今日の午後1時だった。 自室に冷房を入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くで聞こえる花火の音

2019年 8月 30日 金曜日 遠くで花火の音が聞こえる。 通りすがりに 今日は一旦は、雨戸を開けたものの、それほど激しい雨ではないものの、南風にあおられて、窓にたたきつけるので、結局2階の部屋の窓は戸閉にした。 結果的に、これといって理由もなく、昨日、金曜日の大掃除を前倒して、正解だった。 雨が小止みになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマキリはピョンと跳んだ。

2019年 8月27日 不安定な天気ながら雨は降らない。 シャワーを浴びてぼんやりと夕方のニュースを見ていたら、警察病院から逃走した犯人が、わずか10日間の自由な時間に終止符を打って、 出頭したと報じていた。 「疲れたから、迎えに来て」って言ったそうな。 60歳を過ぎれば、夏でも、野宿はシンドイだろうなあ、などと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more