テーマ:

今日の可愛いこちゃん達

2020年 10月 22日 サウナに入って水風呂にドブンは、おばはんの密かな愉しみだと思っていた。 もっと正確に言うと、私の場合はプールとサウナのセットがお楽しみ。 偶然読んだ壇蜜さんのサウナ愛はなかなか面白かった。 おいくつ何だろう? まだかなり若いと思うが。 たしか結婚されたような気がする。 私は、旅行先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米俵的私

2020年 10月 21日 こころ旅を見ていた母が感極まったように言った。 「こういう子に限って親孝行なんだよ」  早逝された息子さんとの思い出の地を巡る旅だった。 そりゃあ申訳なかったね、私も米俵みたいに太って63歳になるとは思ってもみなかった、と言ったら・・・ もごもごと、「そんなに太って見えないよ」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の一葉

2020年 10月 16日 こんなに晴れるとは思わなかった。少々悔しい。 起床して曇天の空を眺めてシーツは洗ったがバスタオルを見送った。 こんなに晴れるのだったら、洗えば良かった。 金曜日の大掃除を終えて買い出しに出かけて、帰り道で馴染みのパン屋さんに寄った。 「今日は貴重な晴れ間ですよね」とお店の人から声をかけられた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

舫う

2020年 10月 15日 船が港に舫う様子が好きだ。 映えるとか映えないは関係ない。 静かで安定した感じが個人的に好きなのだ。 上五島にて 今日は大変な1日だった。 写真は撮影していない。 自宅を9時50分に出て帰宅したのは午後2時を過ぎていた。 母を説得して眼科クリニックへ向かう。 「あんたは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あっという間に日が暮れる

2020年 10月 12日 デパートから母に度々カタログが送られてくる。カタログはずっしりと重い。 お節以外に頼むことは無いので1度断ったが再び送られてくるようになった。 そもそもお節もネットで注文している。 「これはね、あたしがお父さんに頼まれて福島へ毎年お中元やお歳暮をデパートから贈っていたからだよ」 えっ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間引き菜

2020年 10月 11日 頂いたコメントから「二分の一成人式」なる言葉を新たに知った(ありがとうございます)。 そういった記念日が増えるのは、やはり子供の数が減少しているせいかしらね? 私も生涯独身者で子供産まなかったしな。 で、思い出したのだが、少し前の新聞記事。 中国上海のシャネル ブティックの前の大行列。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返りアジサイときのこご飯

2020年 10月 9日 返りアジサイが雨にぬれていた。 春咲き球根を植え付けていた際に、1本のガクアジサイの枝が邪魔になった。  切ってしまえとハサミを持ったら、花を付けていてそのままにした。 今日も1日中冷たい雨が降った。  地中では植え付けられた球根がたっぷりと雨水を吸い込み、来年の春に備えて着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンナと金木犀

2020年 10月 4日 ここにコロナの解決策が書かれています、とプールの帰りに声をかけられた。 よく見なくても、それが宗教団体の勧誘だとわかる。 人は皆それぞれ違う。 思想は多種多様だ。 信じたいことを信ずる。 17世紀のペストは2年余りで収束した。 コロナウイルスもワクチンが出来ればそれに越したことはないが、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花は赤が好き

2020年 9月 29日 本日は支離滅裂。時系列滅茶苦茶。 10時前に母を連れて家を出た。 10時26分にクリニック到着。 午後12時40分診察終了。 約2時間待ち。 本を持って来るべきだった・・・ 処方箋薬局へ寄って点眼薬と飲み薬をもらい自宅に戻ったら午後1時半を回っていた。遅い昼食*。 (*外で食べようと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

心和み、心惑う

2020年 9月 28日 秋晴れの空の色をさらに深くしたようなリンドウの花が2輪咲いた。 思わず、ほうとため息が出た。 心和む瞬間。 洗濯、布団干し、掃除の後、母にクリニックへ行こうと声をかけた。 午前10時過ぎ。 「眼科には行かない。 呆け防止の方は行ってもいい」 母の頭の中では、認知症ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の入り口で一休み

2020年 9月 27日 昨晩WOWOWで映画を見た。  がーンジー島の読書会のヒミツ ストーリーも良かったが、風景が素晴らしい。 手折った花はライラックだった。 ライラックの花束が美しく好ましい。 バラの花束(そんなもんもらったことが無いからというわけではなくて)は何だかキラキラしすぎる。 今日は一休み。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒鳴る男

2020年 9月 23日 男も女も怒鳴るが、女の場合は「喚く」の方が私にはしっくりくる。 怒鳴るのはもっぱら、オジサンではなくてジイサン。 まあ、オジサンも怒鳴るが。 横断歩道の最後で(残り1m)ぐらいでショートカットした私。 目の前は激安クリーニング店。 店の前に駐車しようと車を走らせてきたジイサンに大層怒鳴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は終わったような気もするが、今日はセミが鳴くのを聞いた。

2020年 9月 20日 窓を開けると、裏庭圃場の畝にきれいに並んだ芽が飛び込んできた。 ちゃんと発芽するものだな、などと思い、辺りに漂う微かに甘い香りに気が付く。  金木犀がどこかで咲き出したのだ。 掃除をしながらふと思う。  私が平均寿命まで生きるとして、その間約20年間に外出時にマスクをしない日がくるだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

残暑も彼岸まで・・・

2020年 9月 18日 明日は彼岸の入り。 墓参のため、花を求めた。 ひっそりと置かれた観賞用カボチャ。 そうか、ハロウインなんだ。 可愛らしいカボチャをみても、今年は、いとをかし、とはなんとなく思えない。 個人的にはハロウインに興味は無いが、鑑賞用のカボチャは色や形がなかなか面白い。 庭のガザニア買い足したガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四季咲きバラがまた1輪咲いて秋来る

2020年 9月 17日 「マロンパイ焼きあがりました!」という看板が洋菓子店の前に出されてあった。 何のかんの言って秋なんだわね。 しみじみ・・・  朝晩涼しくなったが、今日は蒸し暑くて28度まで気温が上がり、明日は予報では30度を超えるそう。 素敵な植え込み 3月以来休止状態の木彫り教室。 毎朝携帯でチェック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニラの花が咲くころ大根をまく。

2020年 9月 14日 駅前の街路樹の根元に山ごぼうを見つけた。 実がもう少し色づいてくると良いのかもしれないが、これはこれで素敵だ。 と、思えるのは、高松 四国村を訪れた際に花器に美しく活けられたパンパスグラスと山ごぼうを見たからだ。 花材として使えるとは思ってもみなかった。 考えてみれば、ぺんぺん草であろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次はどこへ行くんだい?

2020年 9月 12日 小豆島に行った9月3日は気温が非常に高くなった(少し前のブログに書いた)。 宿泊したホテルにはテレビが無いが、今はスマホでNHKのニュースが見られる。 その日、高松市内の駐車場の車内で幼い子供2人が熱中症で亡くなった。 私は余りの暑さに観光バスからいっそのこと降りるのを止めようかと思ったくらい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虹に行き合う

2020年 9月10日 平日のプールはスクールレッスンが開催されていて混雑している。  泳げるレーンは時間にもよるが、1レーンしかないことも多い。 いつものようにルーティンを終えたら、今日はなぜかひどく疲れた気がした。 不思議なもので疲労感を覚えると、泳ぎたくなる。 夕方短時間プールに泳ぎに出かけた。 うつむきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニラの花

2020年 9月 9日 気が付けば虫の声が変わった。 セミから秋の虫になった。 とはいえ、今日も気温が34度まで上がる。 お昼ごろ遠くでツクツクボウシが鳴いていた。 7月のお盆の時に買ってきたホオズキ。  竹ざるにのせて花の代わりに飾っていたが、当たりまえだが見苦しくなった。 見苦しいと言えば、窓ガラスや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国村と讃岐うどん 

2020年 9月 7日 お知らせ頂いたら、なんとか致しましたのに・・・ 次にいらっしゃるときには必ずご一報ください、とホテルのスタッフから言われた。 何の話かって、イサムノグチ庭園美術館の話。 小豆島から戻って夕食の席で告げられた。 コロナウイルスに関係なくて、この美術館は月の3分の1くらいしか開館しない。 おま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが本当の秋茄子

2020年 8月 31日 午後から日照り雨が降った。 洗濯物はお昼前にすべて乾いた。  どうせすぐに止むと思っていたが、夕方になると雷鳴がとどろき、待ち望んだある程度まとまった雨が降った。 大雨警報が携帯に送られてきたが、大雨というほど降らない。 少し暑さがおさまる。 茄子は残して正解だった。 少しづつ実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母を呪わば・・・

2020年 8月 26日 ご近所さんから頂いたバジルは元気はつらつで青々とした葉を茂らせる。 あまり深く考えずにバジル二苗の真ん中に植えたほうき草は、両側をバジルに挟まれた形で身の置き所がない。 バジルの花 しそ科の花らしく清楚な美しさ。 先月母の薬を35日分処方してもらった。 土曜日で薬が切れる。 母…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑いもんな・・・

2020年 8月 18日 庭のドウダンの木の下にタカサゴユリが生えてきた。  それはいつしかドウダンのこんもりとした枝葉を突き抜けて、高さ3m以上にもなり、ようやく日の目を浴びて開花した。 へいげいするタカサゴユリ 皇帝ダリアっていうのがあるが、これは背の高さで言えば、まさしく皇帝タカサゴユリ。 ”日の目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミッション コンプリート

2020年 8月 17日 初診受付表を書き終えてしばらくしたら看護師がやって来た。 「ノラ猫みたいなひどい目やにがでて、今はおさまっていますが、目が充血していました」と答えた。 予想した通り、結膜炎だった。 庭の千日紅 「あんたは人殺しだよ」 「あたしを長生きさせたくないんだね」 母はありとあらゆるば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綿棒とオシロイバナ

2020年 8月 16日 これもまた名もなき家事の一つかもしれぬと毎度を思う。 それは何かと問われれば、綿棒である。 通常綿棒は両方に脱脂綿が巻かれている。 耳掃除に使うために特化すれば、ゴッホでもない限り、通常耳は2つあるからだ。 でも、皮膚に薬を塗るときなどに使用するときなどは片方しか使わないわけで、そもそも、こんなもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スイカの種と終戦記念日

2020年 8月 15日 プールから帰宅した午後4時半、携帯で気温をみたら36度もあった。 じりじりと日差しが照り付けるベランダでチェッと舌打ちしたくなった。 母のアッパパのポケットに使用済みのティシュが入っていたのだ。 ベランダには鼻水ティシュの花が舞う。  ベランダは真っ白になり、掃き掃除をしなければなら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コスチュームジュエリー

2020年 8月 13日 なんだかあたりが暗い、と本(失われた時を求めて)を閉じて時計をみたら午後4時35分だった。 遠雷が聞こえたが、遠くの空は明るく、昨日同様雨は降るまいと思ったが、一時パラパラと雨は降った。 ほんのお湿り程度。 日が暮れて、今晩も高温注意報。 本日の収穫 ゴーヤ12号、茄子75号、トマト98号 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬまで忘れないと思う。

2020年 8月 12日 午後5時前に帰宅後、遠雷が聞こえたが、まったく雨は降らず。 庭 松葉牡丹 庭の松葉牡丹は全部黄色なのだが、見分けがつきにくいが、黄色でも薄い色のと濃い色のがある。 雑踏の中を待ち合わせ場所へ赴く途中でふと思った。 自由はある程度の不自由があって初めて有難みをもつのかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ためらわない。

2020年 8月 7日 梅雨明けしたときは、心底、暑中お祝い申し上げます、って書きたいぐらいの気持ちだった。 今日は私の住んでいる地域は日中の気温が35度になった。 人間なんてわがままなものだとも思うが、やはりこれはこれで辛く、 最近、気候というより自然が怖いような気がする。 夕方の庭 縦横無尽に花を咲かせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食えるから問題なし。

2020年 8月 4日 今日は午前10時過ぎには自室のエアコンのスイッチを入れた。 でも、暑いの寒いのなどと言っていられない。 家が浸水したわけでも無し、流されたわけでもない。 庭 お昼を食べ終わると必ず母の顔を拭いて目薬をさす。 ティッシュの箱をキッチンテーブルに持ってきて、なんだか箱が異常に盛り上がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more