テーマ:日常

機上の読み物

2021年 10月 20日 飛行機の中で読む運命なのかもしれない。  須賀敦子全集4巻の書評集の中で、ある作家の名前が挙がっている。 でも、ただ単に、本そのものがコンパクトなので飛行機の中で読むという結論なのだ。 それで思い出した。 くちなしの実 私にとって機上の読み物といえば、飛行機会社の機内誌。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大丈夫、生きて行けるわよ。

2021年 10月 19日 再開したこころ旅で正平さんが白馬にまたがっている。 おとなしい いいい犬だね。  えっ! お、おとなしい ねねね猫だね。 ええっ! お、おとなしい、馬だねぇ。 一瞬、母に異常が起きたのかと思ったが、無事に平常に戻った。  (12時間経過したが、無事なので問題ないと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活ってこんなもんよ。

2021年 10月 18日 やっと一息つける、と思ったら、午後2時。 クリニックの帰りにスーパーに寄って帰宅したら、お昼前。 冬用寝具に取り換たこともあり、布団カバーやら、タオルケットなどをしまい込んだら、こんな時間になってしまった。 生活ってこんなもんよ。 日が西に傾き始めるころ、公園に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんな旅も思い出になる。

2021年 10月 17日 電車に乗ったら、進行方向左側の座席に座りなさいね。 海が見えてくるからね。  右側は駄目だよ。 山ばっかりだから。 松山駅でタクシーを降りる時に、運転手さんが言った言葉。 今思い出すと、64歳にもなる私はかなりしょげていたのだろう、と午後から急激に気温が下がった自室でそんなことを思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の目は泳がない。

2021年 10月 16日 目が泳ぐのを隠したいのが理由。  CKBの横山剣さんのサングラス。 お若いころステージが上がって目が泳いだとインタビュー記事に書かれてあった。 黒猫ノラニャン黒猫にサングラスは似合わない。 昨日お昼を食べたところは、妹が友人や息子達とよく出かけるところだそう。 スタッフの方が料理を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほっとする1日 ブラチスラバ世界絵本原画展 @茅ヶ崎美術館

2021年 10月 15日 まさか今日茅ヶ崎美術館に行くとは思ってもいなかった。 急に決まって、妹とお昼を食べた。 たまたま待ち合わせ場所が茅ヶ崎に近かった。 食事を終えて、これからどうするかという話になって、私が美術館に誘った。 アメジストセイジ 今日は夏の日差しで暑く、ランチビールを1杯飲んだ私はぐっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬ暇なんてない。

2021年 10月 14日 買い出しの帰り道、ご近所さんご夫婦(80代)に出会った。 これからゼロゼロセブンを見に行くのよ! いってらっしゃい。 そうか、死ぬ暇なんてないってやつだね。 1年ぐらい映画に行っていないなあ、などと思う。 今日の庭 交差点で振り返ったら、すでに選挙用の掲示板が建てられていた。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

二人仲良く

2021年 10月 13日 庭のハゼの紅葉が始まっていた。 須賀敦子全集4巻は、書評文に入った。  マルグリット デュラス の ラ マン。 「まだ肉のついていない躰」と書かれてあって、15歳の少女の肉体をそう表現していて、年を取って、どんどん肉をつけてきた我が身を振り返って、困ったなあ、などと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出すままに

2021年 10月 12日 急に母の瞳に生気がもどったような気がした、悪い意味で。 母に来週の入浴サービス見学の話をした途端に、表情が険しくなり、即座に行かないという。 嫌なんだろうなあ、と思うが、困ったものだとも思う。 ため息。 過去のアルバムから 高松での話。 その彫刻家の名前を聞いたことが無かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深窓の令嬢

2021年 10月 11日 この言葉は今や死語なのかもしれない。 深窓の令嬢 18歳の時に短大の学生課の紹介で春休みに霞が関の中央官庁で短いアルバイトをした。 同じテーブルの真向かいに座った女子学生は他の大学の方だった。 約半世紀を経ても忘れられない思い出。 この方は、友好的でも非友好的でもないが、不思議な方だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息が止まるほど驚く。

2021年 10月 9日 庭のリンドウが1輪咲いた。 朝、ゴミ出しに外に出た時には、こんなだった。 リンドウは甥っ子1号夫妻が去年の敬老の日に母に贈ってくれたものだ。 スマホで撮影してメールで送ろうと思った。 ところが・・・ スマホのアルバムの中にまったく身に覚えのない男性の写真が入っていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の大失態

2021年 10月 8日 裸になって浴室に入った途端、玄関チャイムが鳴った。 モサモサと母が玄関へと歩いていく。 「○子ちゃんいないのかしら? あのね、もう、5時過ぎよ、お布団干しっぱなし!」 忘れたああああ!  というわけで、洗濯機に放り込んだ洋服を再びまとい、2階ベランダの布団を取り込んだ次第。 ブタク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い物の誘惑

2021年 10月 7日  ユニセフニュースを読んでいてびっくりした。 母はよく敗戦後の話をする。 国道4号線で休んでいたアメリカ進駐軍の話は、もう、何度聞いたか覚えがないくらいだ。 おっかなびっくりで進駐軍を眺めていたが、そのうち、子供がぞろぞろと集まり始めた。 米軍兵士が、母の背の、ねんねこばんてんの(母の)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の実は面白い

2021年 10月 6日 イレギュラーなことは必ず起きる。 2度目の電話ではたと気が付いた。 なんでNTT西日本に電話はつながるのか? そうだ、私が西日本に居るからだ。 自宅の電話が通じないことがわかったのが、10月2日。 那覇のホテルからNTT西日本に電話をして、横浜の自宅の電話が通じないことを話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障子と畳 

2021年 10月 5日 表参道ヒルズってどこですか? 近くの交番で真面目に聞いた。 待ち合わせ場所の表参道ヒルズ。 地下鉄 A2出口 徒歩3分とあった。 A2出口を出たら、私は今、どのあたりに居るんだろう、と少し呆然とした。 すぐ近くに交番らしき建物があり、お巡りさんに聞いたら、ご親切に外に出て教えてもらった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月の青い空の下

2021年 10月 4日 庭の柚子の実1つ、黄色を帯びてきた。 暦はすでに10月だものと思うが、それしては暑い。 柚子 隣の柚子はまだ青い クローゼットの防虫剤を確認したら、去年の10月2日と書かれてあった。 今日は午後から、私と母の衣替えをしたが、なにせ暑いので、半袖を残さざるを得ない。  今朝の庭のバラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あがなわれたような気がした。

2021年 10月 3日 高松でのチェックインは9月30日である。 つまり、まだ、緊急事態宣言下。 ホテルから前もって連絡を頂いた。 レストランでの夕食にはアルコールを出すことが出来ませんが、部屋食であるならば可能です。 そのようにして頂いた。 オリーブと海 それじゃあ、まるで馬鹿にしか見えないけど・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅は飛行機に乗り遅れて始まった。

2021年 10月 2日 まだ少女の面影が残っている若いお嬢さんの車掌さんが、何か説明している。 最初、さっぱり理解できなかった。 飛行機に乗り遅れた自己嫌悪感と特急電車になんとか乗車できたことから来る妙な安堵感で憔悴していた。 恐縮しながら一生懸命説明するお嬢さん車掌の話の内容を理解したのはしばらくしてからだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1回お休み

2021年 9月 30日 本日お休みします。 西に向かっています。  庭のバラ 28日 写真日記ランキング
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうならねばならぬのなら

2021年 9月 29日 全く手を入れない草むら花壇の中で一際コルチカムが目を引いた。 今日は9月最後の木彫り教室で、夕飯の下準備を終えた後で、ひとっ走りパン屋に出かけて昼食用に調理パンを買った。 午前中は素晴らしいお天気で、早起きして、午前11時まで布団を干したくらいだ。 往きの電車の読書。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこ焼きとオーシャンブルー

2021年 9月 28日 6月からづっと待ちわびていた9月なのに、うかうかと終わる。 それを言うなら、還暦を過ぎてから4年と半年、うかうかと過ぎてしまったような気がする。 琉球アサガオ このアサガオは多分、オーシャンブルーというものだと思う。 雲の多い青空に映えて咲いていた。 青い南の海の色。 庭のホトトギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫の知らせ

2021年 9月 27日 これも虫のしらせってやつだろうか、と思った。 昨日1日中ぼんやりと天井を眺めていて、ふっと思い出した。 そういえば、最近、叔母さん(母のすぐ下の妹)から電話がかかって来ないなあ・・・ ひどいときには1日に2度3度と電話をかけてきた人だ。 今朝掃除をしながら、母にそろそろ美容院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無題

2021年 9月25日 利尻島の観光タクシーの運転手さんによれば、「アイヌ」と言うのは差別語なのだそうで、 それでは、どのように言ったらよいのでしょうと聞いたら、 「原住民」と言われてびっくりした覚えがある。 確かに、指を指して、あの人「アイヌ」というのは差別だと思うが、「原住民」と呼ぶのも同じような気がしたが、口をつ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さんまとナンプラー

2021年 9月 24日 もうだいぶ前から止めたいと思っていた。 2か月に1度のクリニック通い。 電車で往復40分。 漫然と通って何年になるだろう? 毎度同じような医者との会話にも嫌気がさした。 薬を飲んでも、眠れない時は眠れない。 それに第一に、眠れなくても、次の日に何の支障があるのだろう? 働いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

墓参日和

2021年 9月 23日 パラソル付きのテーブルベンチでおにぎりを食べた。 霊園事務所前の駐車場にはひっきりなしに車が出て行ったり、入ったり。 今日はお彼岸の中日。 墓参日和だった。 2か月ぶりの墓参り。 塚の上のススキ 最近困ったなあ、と思う事。 午前7時半に朝食を食べ始めて、母は午前9時を回っても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あの木彫りの熊はどこにいったんでしょうね?  藤戸 竹喜展 @東京ステーションギャラリー

2021年 9月 22日 お母さん、あの木彫りの熊はどこにいったんでしょうね? なんて、大昔の映画のコピーをパクったみたいな質問を母にしたら、 あったよ昔。 鮭加えた熊。 お土産でもらったけど、捨てたんじゃないかね、と母は答えた。 大昔、確かに我が家に木彫りの熊は居た。 今日は藤戸竹喜展 東京ステーションギャラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一晩寝かしたオハギと月

2021年 9月 21日 今日は銀行へ出かけた。1年に1度の銀行通い。 唯一私が母の後見人になっている銀行。  銀行独自の後見人制度が変わるというお知らせを受け取って出かけた。 こんなことで、1時間以上。 帰宅したら午前11時過ぎ。 それでも、短く自室でコーヒーブレイク。 昨日撮影したコスモス  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空にコキア 敬老の日

2021年 9月 20日 ほぼ単調な毎日にアクセントのような1日になった。 妹と甥っ子2号がやってきて、昼からビールを飲んだせいか、身体のだるさと満腹感で、夕食はお土産に頂いたシャインマスカットとオハギを一つ食べて終えた。 母はすこぶる上機嫌で、今日は楽しかったねぇ、を繰り返し、入浴までしてくれた。 薬指にティファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネギが落ちたのもご存じない。

2021年 9月 19日 横断歩道を渡り切った時に、なにか視線のようなものを感じた。 もうじき信号が変わる、と思ったら、停車している車のドライバーと目が合った。 振り返ったら、横断歩道にネギの束。 リュックに差し込んだネギを落としたのだと気が付いた。 横断歩道に横たわるネギ。 ちょっと不思議な光景だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これっきり 栗ご飯

2021年 9月 18日 手間賃とはよく言ったものだと思う。 先日、彼岸花を見に行った日に、大きく遠回りして農協へ大根の種を買いに行った。 栗が売られていて、迷ったが少量だったので購入。 去年は結局一度も栗を買わずじまい。 母とお昼を食べた後、栗の皮をむくのに30分以上かかった。 皮をむきながら独りごつ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more