テーマ:日常

鬼という花

2020年 7月 10日 夕食の後片付けを終えたら午後8時になった。 母を入浴させて洗髪すると、こういう時間になってしまう。  洋服を脱ぐ前にトイレ。 下着1枚になって再びトイレ。 (おしっこは)出ないと思うが、母本人の強い希望なので仕方が無い。 おしっこ待ちで大体10分は過ぎる。 こんなことでイライラとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞こえるのは風の音のみ  國領經郎展 @茅ヶ崎美術館

2020年 7月 9日 先週の木曜日は青空が広がったこともあり、金曜日の大掃除を前倒した。  何が言いたいかと言うと、それ以降づっと雨である。 なんとなく雨空を見上げる。 いつものルーティンを終えて、早速、母の昼食と夕食の下準備を始めた。 昨日行く予定だった國領經郎展 茅ヶ崎美術館へ向かう。 4月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨止み乞い

2020年 7月 7日 ランドスライド ヴィクトリーした小池都知事。  ランドがスライドするから地すべり的勝利。 日曜日は3秒くらいで決着がついた。 都知事選に立候補するには300万円が必要で、おまけに、規定の投票数に届かなければ、300万は没収されるんだと。 上位数名以外は皆さん、300万円没収されるわけで、み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

願いごと

2020年 7月 6日 WOWOWでホワイトクローをぼんやりと見た。 内容はなかなかスリリングなのに。 私は昔昔ヌレエフのバレエをほぼ至近距離で見た。 これだけは実際に見た方が良い、とバレエに熱心な方から誘われた。 同性愛者の人って、審美眼が鋭いのかしらね? マルセル プルーストも同性愛者だった、と訳者による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうではない日

2020年 7月 5日 いつもの日常はどこかでたわんで時間を浪費するのだが、今日は珍しく、そうではない1日となった。 自生松葉牡丹 黄色ばかり 母と私の二人暮らしなのに洗濯を休むことが出来ない。 昨日はそれで口論になった。 大量の母の下着。 呆れかえるほどの量。 母は尿漏れパッドを絶対に拒否する。 今朝はなまじ日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親だから仕方が無い。

2020年 7月 4日 昨日は母の言葉を有難いと思ったけど、今日は、親だから仕方が無い、って思った1日だった。 今日はお休みします。 昨日 川沿いの道 ないないづくしの夏って書いたけど、ヒマワリは咲くし、コスモスも咲くしね・・・ 本日の収穫 茄子 31号 トマト(小)37~44号 及び ミニト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もめ事が無くて良い。 母の金言

2020年 7月 3日 テレビのニュースを見ながら夕食を食べていた。  独り言のように呟いた。 元々人間関係が少ないけど、(血族以外の)人間関係がほとんどないわ、私。 性格悪いし、許せないし・・・ 「もめ事なくて良いんだよ」と母が言ったのだ。 う~む。 呆けているけど、素晴らしい金言だな、などと、ほんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さしあたり表層的に牧歌的な1日だった。

2020年 7月 2日 午後8時を過ぎたあたり、遠くで花火の音が聞こえる。  はて今日は木曜日、ブラインドを上げてみたが音しか聞こえなかった。 無観客でゲリラ的な花火の打ち上げかもしれない、などと思った。 旅の思い出  白砂青松 今日は部屋という部屋の窓を開け放して風を通した。 昨日は床を歩くとぺたぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大難の時代

2020年 7月 1日 カレンダーをめくったら、白砂青松の景色が広がっていた。 思わず眺めいった。 雨の止み間に ジニアピンボケ気味だ。 6月23日から与論島に行くはずだった。 フライトが欠航になり、悪戦苦闘したが、結局断念せざるを得なかった。 今年は無念だが南の島には行かない。  まあ、カレンダーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見ているだけでも気分が晴れる。

2020年 6月 29日 今日は読書がはかどる。 表参道往復3時間を読書で過ごした。 「失われた時を求めて」第6巻は残り少なくなった。  今日は良いお天気になった。 空の雲は夏本番を予感させる。 予想した通り、母は眼科クリニックには行かなかった。  「大丈夫、すぐ良くなる」そう、それじゃあ、様子見だね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

考えると、気が狂うわよ

2020年 6月 28日 「神なんていない。 神を信じると気が狂うわよ」って女の子が言ってた。 ドキュランドへようこその中で。 番組とは全然関係ないが、私は・・・ 自分自身の存在意義とか、社会に貢献しているかなんて考えたことも無いし、考えたくもない。 それこそ、考えると気が狂うわよ、である。 ルドベキア?昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

容赦が無い

2020年 6月 25日 昨晩NHKBSで刑事コロンボを見た。 自室のテレビを含めて我が家のテレビ(3台)はみな10年選手。 いつ寿命を終えてもおかしくないが(人間でいえば、脳血管疾患で、ある日突然、昇天するかもしれないが)、とりあえず元気だ。 通りすがりに 刑事コロンボはデジタルリマスター版でBS4K放送である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザー ドーター スキズム

2020年 6月 24日 昨日読めなかったワシントンポストの記事を読んだ。 マスク スキズム アメリカは州によってマスク着用が義務のところとそうでないところがある。 マスクをするかしないかで袂を分かつ人間&社会関係みたいな内容だった。 マスクじゃなくても、コロナで袂を分かつ社会だよな、などと思う。 コロナに対する人の対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつでも必ず豆を為し 奔走する私

2020年 6月 23日 同じ質問を何度か繰り返した母はそれでも気丈だった。 疲れたから横になるとは最後まで言わなかった。 用意したポチ袋に入れたお小遣いも、私が促す前にきちんと孫1号に(私にとっては甥っ子1号)渡していた。 その後、何度も母が「私、小遣い渡したっけ?」と繰り返すのには、 私も甥っ子もお嫁ちゃんも呆れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

適正体重だね、チビでなけりゃ・・・

2020年 6月 22日 冷たい雨の1日だった。 正確に言えば、雨より北西の風が強かった。 育て方とかコツなんか関係ありゃしない。 庭のベコニアは自生である。 いつも大体同じ場所に生えてくる。 それも人目につかないところに・・・ ごっそりと。 母の右目の周りが赤くただれてきた。 アレルギー性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未明の物思い

2020年 6月 21日 今日は夏至だそうで、昼間が一番長い。  でもこれからは少しづつ日が短くなるのかと思うと、半年が吹き飛んだような気がした。 青柿 未明に目が覚めてしまった。 時計をみたら、午前3時半。 二度寝を決め込むが果たせず。 いっそ起きて「失われた時を求めて」を読もうかとも思ったが、 前回同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駆られる

2020年 6月 19日 別に生き急いでいるわけではないが、駆られる。 何に駆られるのか、と問われると困るが・・・ 不安に、衝動に、或いは焦燥にと言うべきか? 否、欲に駆られているのかも。 立ちアオイ 6月17日の散歩時の立ちアオイ。 下から上に順々に花を咲かせていく。 咲き始めが大体梅雨入りだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食い下がる私

2020年 6月 18日 桜木町を出たのは午後4時半過ぎ。 弱い雨が降り始めていた。 一旦外に干した洗濯物は乾かなかったのて、取り込んで部屋干しにしてきて正解だった。 昨日の公園にて美容柳 人間ドックは晴れて?シルバー会員になったおかげで、午後のコースだと今までの金額のおよそ半額になる。 嬉しい限りだが、午後1時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほたるぶくろギフト

2020年 6月 17日 庭でホタルブクロが咲いているのを見つけて小躍りしそうになった。 クレマチスの根元にわざわざ人目につかぬようにひっそりと咲いていた。 何年か前にご近所さんから一株頂いて植えたが、それっきり。 どうせ母が引っこ抜いて捨てたんだ、と思っていた。 庭からの予期せぬ贈り物、というより時節柄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お久しぶりに美術館  神田日勝展 @東京ステーションギャラリー

2020年 6月 15日 手帳を見ると最後に美術館に行ったのは2月5日だった。 ハマスホイ展。 見ておいてよかったとつくづく思う。 この展覧会は会期中に最終日を待たずに終了した。 今日は神田日勝展へ出かけた。 庭にアゲハ蝶 起床してスマホを見たら、あれっ? カレンダーに予定を入れるのを一切やめたはずなのに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだか1週間が早い

2020年 6月 14日 雨の花 紫陽花 昔、全身麻酔をかけて手術したことがある。 手術室に運ばれて、麻酔科医だと思う、男性医師が優しく言う。 それじゃあ、○○さん(私)、数字を数えていきましょう。 いち、に、さん、し、ご・・・・・(10からマイナスする方法もあるらしい) すとんと意識を失って、目が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メビウスの輪の憂鬱

2020年 6月 12日 今日はお通夜に行ってきた。 母と夕食を終えたら午後9時だった。 くたびれた。 庭の白百合 今日1日中次のような会話が我が家では繰り返されて、私はほとほと途方にくれた。 「で、だれの葬式なんだい?」 えっ? ○×さんのご主人様よ。 お母さんの代わりに私がお通夜に行くの、お母さんが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私のせいせきは酸です。

2020年 6月 11日  庭のオレンジ色の百合の蕾が大きくふくらんだ今日、梅雨入りした。 ミニトマトって可愛い それでも午前中は眩しいほどの夏の日差しと蒸し暑さで、する予定ではなかったが洗濯をした。 雨が降る前にかろうじて乾いた。 去年の6月17日 去年はこんな感じだった。 今は無である。 母によって抜か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心はあるのか? 映画 存在のない子供たち

2020年 6月 10日 暑くて風の強い1日だった。 桜木町駅で降りた途端、強い風にあおられた。 来ていたシャツが片側へ寄り、右肩があらわになるくらいだった。 庭のガザニア 今日を最後に太陽を当分の間望めないという予報で、早めに起床してパスタオルなどを洗った。 母の昼食を用意し、夕食の下準備をして、私自身は早お昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラシーボ効果

2020年 6月 9日 これも一種のプラシーボ効果みたいなもんだろうか? 夕食に収穫した茄子を食べたら極上の味がした。 一番簡単な料理法。茄子を縦に3枚に切り、油で焼くだけ。  下ろした生姜を醤油に添える。 本日の庭の百合 庭の南側に紅い百合が咲いた。 今日1日で母は何度となく百合がきれいだと私に声をかけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空疎と草むしり

2020年 6月 8日 優雅で空疎な社交界の会話と本の扉にかかれてあった。 「失われた時を求めて」第6巻を読み始めた。 それでは母と私の会話はさしずめ粗野で空疎になるのかもしれない。 空疎というより、繰り返しに対する応答。 「だからね」と「もういい加減にしてくれよ」は禁句で、母の感情を悪くするだけなのだ。 押し黙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時々ぼんやりしたくなる、ぼんやりと生きているのに。

2020年 6月 7日 目の前に広がる野原を眺めてしばらくぼんやりとした。 時々ぼんやりしたくなる、ぼんやりと生きているのに。 昔「三助」という男性の職業があった。 私自身はそれを生業とした人を見たことがない。63年間生きてきたが、すでに(ほぼ)生まれた時には自宅に風呂があったから。 時々、母を入浴さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日を繰り返していかなきゃね。

2020年 6月 6日   あたし、マスクどこにしまったかしらね? と母が聞く。 薬箱の中と答える。 今朝、朝刊を取りに行ったら、ポストにアベノマスクが届いていた。 母に見せたら、恭しく受け取って「大事なものだからあたしがもらっておく」と母は答えた。 黙ってみていたら、母はそれを薬箱の中に入れた。 庭のパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戻ること。

2020年 6月 4日 年をとると早く目が覚めると言われているが、もともと若いころから目覚まし時計を必要としなかった。 早朝覚醒。 もうひと眠りと思ったが、眠ることができず、起き上がって「失われた時を求めて」第5巻を読み終えた。 5巻の最後はまさしくソドムとゴモラを予感させる。 庭の百合 朝 最後の買い出しが先週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百合の季節

2020年 6月 3日 変わった百合が咲いているから、庭に来てごらん。 掃除機をかけていたら、母が庭から呼ぶ。 庭の百合 明日は黄色の百合が咲く。 去年母が庭のパープルベルガモットをごっそりと引っこ抜いて捨てた後に百合の球根を植えた。 その話をしたら、もっと盛大に植えたら良かったのに・・・ そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more