テーマ:

今日の空は高かったなぁ・・・49日法要

2012年 2月 9日 木曜日 晴れ 良くはれ上がった。風は冷たいものの陽射しが暖かった。 今日の空は高っかたなぁ・・・冬の空なんだけどね・・・ 午前9時に骨壷、位牌、遺影を持って家を出た。母は先に出かけており、ものすごく重くて、わずか5分の駅までの道のりで汗をかいた。妹の仕事の都合で、本来11日である49日法要を前…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

父の骨を小箱に入れる

2012年 2月 1日 水曜日 晴れ時々曇り 比較的暖かいが非常に風が強かった。最寄り駅の階段のあちこちの隅に落ち葉やらのごみが吹き溜まっていた。 ねむの木学園の卓上カレンダーを2月に替えようとして,1月のカレンダーの絵をよくよく見たら、三日月に天使が二人仲良く座っている絵だった。 今の今までまったく気がつかなかった自分にも呆れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり何か変わった・・・

2012年 1月 30日 月曜日 晴れ 今日は風はなかったが、相変わらず空気が痛いような寒さである。日本海側では大雪でこれしきの寒さなど問題にならないのだと、思うのだが、やはり寒い。 朝、障子をそっと開けると、ヒヨドリのつがいが注意深く、塀に留ってあたりを伺いながら、一羽が千両の木の実を食べ始めると、もう一羽が降りてきて、いっしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間は無情であり無常でもある。

2012年 1月 29日 日曜日 午前中は陽射しもあったが全体的に空には雲が広がっていた。木枯らしが吹いていて、心底寒く感じられた。 今年の寒気はラニーニャーの影響だそうだが、難しいことはわからんが、ほんとうに寒い。 と言っても、今日は本当に最後通牒にならぬように、一歩も外へ出なかったので、窓から庭を眺めて風のうづまく独特の音を聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後通牒

2012年 1月 28日 土曜日 晴れ 風が冷たくて非常に寒かった。 イチゴの花と実 タイトルの最後通牒というのは、外交文書などでよくつかわれる言葉である。英字新聞を読んでいると度々でてくるので、自然と覚えた。(Ultimatum) 意味はまあ: 「これが、最後の最後のほんとうに最後の警告だから、もし言うこときかなきゃ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

父の財布のお福銭

2012年 1月 24日 火曜日 今日は実に実に忙しい天気模様であった。起床時は一面雪に覆われていたが、陽射しが照りつけ久しぶりに良いお天気だと思った。 午後からは雲が広がり、あっという間に雪が舞い始めた。午後3時過ぎには太陽が雲間から顔を出しているのに雪がちらついて大層寒かった。農大グリーンアカデミーの一般教養は休んだ。 庭のさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

振り返ってはいけない・・・

2012年 1月 23日 月曜日 小雨が時折降る曇り空から本降りになった。今晩は雪が積もるそうな。 寒いなぁ・・・実際気温も低いのだが、父が永遠に居なくなったということも自分自身に寒い寒い冬だという認識が頭の中にあるような気がする・・・ 起床して、2F掃除。玄関を雑巾で綺麗に拭いて掃除は終了。花入れの水を取り替えた。玄関周りから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野洋子さんの本

2012年 1月21日 小雨 大寒にふさわしく、すこぶる寒い。 午前10時ごろには氷雨のようなものが降った。本日億劫なのだが、新年会があり出かけるので早い更新。写真は過去のアーカイブから。 昨日の夜は北風がとても強くて風音でうるさかったがすぐに寝入った。母は眠れなかったそうだ。私は、いまだに朝目が覚めると、あ~、父はいないのだなぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が降る父の遺影に語りかけ・・・

2012年 1月 20日 金曜日 雪のち霙まじりの雨 Chillとい単語があるが、凍えそうな寒さだった。 6時半起床。雨戸は開けなかった。階下に降りたらキッチンに母が居るので、どうかしたのか?と問うと、今日は寒いから、朝食の支度をしてあげようと思ってと、いうので、いやいや、どうぞ、お構いなく、今後一切こういうことはしなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心がちょっと干からびた

2012年 1月 19日 木曜日 概ね雲り それほど寒は厳しくない。朝、父の書斎の雨戸を開けようと部屋に入った途端、日本水仙の良い香りに包まれた。  水仙水仙ペーパーホワイトというんだそうです。新宿御苑では今が見ごろです。 昨日は、疲れたんだろうなぁ・・・元気に早起きして、きちんと朝食を摂って午前7時半には家をそっとでた。母…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今となってみれば・・・

2012年 1月 17日 火曜日 朝はどんよりと曇っていたが、急激に天気は回復した。 昨日よりずっと暖かいが北風が午前中は強くて寒かった。阪神大震災から17年も経ったのだと、ニュースで聞いて時の流れは早いとつくづく思った。 今年の冬は寒い。先日の英字新聞の科学欄で今後1500年の間に氷河期がくるとは思えないという記事が載っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういう時は仕方ない Blow me!!! ナースジャッキーの言葉

2012年 1月 16日 月曜日 曇り とてもとても寒い。家の中いても冷蔵庫の中にいるようだった。 自家製柚子ジャム柚子のジャムを作りだして今年で3年目。一番上手に出来た。砂糖はグラニュー糖が一番良いです。1.3キロの柚子を1キロのグラニュー糖でことこと煮詰めた。ビンはあらかじめ煮沸すること。面倒がらず、きちんんと種をあらかじめ取…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気配という存在

2012年 1月 15日 日曜日 時折陽射しあるも概ね曇り。寒かった。 今朝は朝食後にたくさんの洗濯をして、ベランダに干したらすでに10時半になってしまった。急ぎジムへ向かう。いつものように1キロ強泳いで、サウナに入って帰宅した。 こんな空 綺麗に剪定された枝ぶりと空を写す。農大グリーンアカデミーの専科に造園を選んだの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

青空に木端微塵

2012年 1月 14日 土曜日 午前中は雲が多くて、寒くて庭に出たら風花が舞っていた。午後からは青空になった。 お父さん、今日も寒いよ。 庭のビオラ NHKBSフォト575が好きで時どき見ている。それが高じて新聞の俳句欄にも目が行くようになった。昨日の掲載の俳句に、「青空に木端微塵」と言う言葉が出てきて、タイトルはそれを借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あー、父はもう居ないのだな・・・

2012年 1月 13日 金曜日 晴れ 朝は冷え込んだものの、日中は昨日より格段に暖かかった。  南京はぜにシジュウカラシジュウカラ見えますか? 起床。独りで朝食を作りながら、お昼の弁当を用意し、自室に運んで食べた。今日は農大グリーンアカデミーの授業日なのだ。私が出かける直前に母は雨戸をあけていた。今日は、忘れずに父の仮祭壇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

99.99%だめでも賭けてみる

2012年 1月 12日 木曜日 晴れ この冬一番の寒さだった。外の水道のバケツの水が凍っていた。庭を掃いていると、まるで冷蔵庫の中に居るような気がした。 裏庭圃場の紫キャベツ雨fが降らないせいなのか、はたまた温度が低いせいなのか成長が止まった紫キャベツ。農大グリーンアカデミーのM先生の圃場の紫キャベツもこんなふうだった。まあ、初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいまダディロス症候群?

2012年 1月 11日 水曜日 晴れ午後3時過ぎから雲が広がった。 夕方から北風が非情に強くなった。木枯らしだ。明日は今年一番の冷え込みになるそうな。 南京はぜの実を眺めると農大グリーンアカデミーの圃場のM先生に挨拶して、南京ハゼの白い実が可愛いですねと話しかけたら、青い空を南京ハゼの実を仰ぎ見るともっと綺麗ですよとおっしゃられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月の月明かりに惑わされ・・・

2012年 1月 10日 火曜日 晴れときどき曇り 昨日、月曜日は満月だった。 今朝午前3時10分にふっと目が覚めた。嘘みたいだが、わずか1センチに満たないブラインドとブラインドの間から、月光が差し込み、私の顔を照らし布団の上から壁にかけて一直線に光の線が現れていた。 私は眠る前に暖房を切ってしまうので、室内はとても寒かった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貧困マジョリティの女は頭と意地で生きていく

2012年 1月 9日 月曜日 成人の日 晴れ 少し寒さがゆるんだような気がする。  昨日はものすごく怒ったせいで、疲れ果てて目が覚めても起き上がることが出来なかった。不思議だがお腹が減ることもなく、喉が渇くと言うこともなく、時折、哀しいんだか、悔しいんだかわからないがめそめそと泣いてはおかしな夢を見た。私はサウナで居眠りをしたら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今日はとても悲しい・・・

2012年 1月 7日 七草がゆを食べる日 晴れときどき曇り 今日はいつものように土曜日の大掃除をしていたら、来客があった。 妹の亭主である。 お線香を上げさせてくださいというので、断るわけにもいかず部屋に上げた。 私はときどき母の事をまったく理解できないことがある。今日もそうで、昨日の夜に話したことはすでに、母の頭の中で消…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

父を悼む時間もない・・・

2012年 1月 6日 金曜日 概ね晴れ ここのところいつも起床時はどんよりと雲に覆われているが、不思議と午前10時ごろから晴れとなる。 今朝は、朝食時にひよどりが塀の上でじっとこちらを伺っている。あ~、庭の千両の実を食べに来たなぁ、と思った。父は生前、この時期から春先にかけて、よく、「おっ、ヒヨドリ!」「あっメジロ!」などと、食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年初めて雑煮を食べた・・・

2012年 1月 5日 木曜日 晴れ 掃除もなにもせず。 昨日は、目が冴えて眠れなかった。夜遅く、パソコンをずっと見ていたから。 母は年金は2カ月遅れで入金するので、最後で良いと言っていたが、年金事務所も母が言っていた場所と違っているし、なんとなく気になって、父の厚生年金のことを調べていたら、原則、死亡後10日以内に届け出を出すと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葬儀についての考察

2012年 1月 2日 月曜日 晴れときどき曇り 午後から北風が強くなった。 お正月の3日間は掃除をしてはいけないそうで、それは家の中の福を皆外へ捨て去ることになるからだそうで、わかっちゃいるのだが、昨晩は母が正月用に買い求めた蟹を二人で黙々と食べて、私は綺麗に食べたつもりだが、朝食後に母が居間だけ掃除をしてほしいというので、やっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元旦にジャムを煮る

2012年 1月 1日 元旦 晴れときどき曇り 相変わらず寒い。  昨日は布団を干すほどの天気でもなかったものの、まあ、乾燥しているし、昨日よりは陽射しもあるので、2Fの和室に積み上げられた3人分の客用布団(敷布団と掛け布団)を干した。午後1番に布団をこんで、カバーをかけて押入れにしまったらなんだかほっとした。 本日の空 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弔い済んで大晦日

2011年 12月 31日 土曜日 曇り時々晴れ 寒い たくさんコメントをいただきありがとうございます。 父は26日の月曜日午後12時36分に亡くなった。人は引き潮のときに死ぬと聞いていたがほんとうだった。また、聴覚は最後まで残るというのも本当だった。 午前9時に医師が来たときにはすでに顎で呼吸をする状態で午前中いっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様へ

2011年 12月 25日 日曜日 起床して雨戸を開けたら、景気の良いあっぱれなクリスマスの晴天で(なぜか、国の予算の約半分が国債でまかなわれるという最悪の現状でも、そう感じた。)、朝食の後で布団を干した。でも12時過ぎにはどんどん雲が広がってどんよりしてしまった。 ごご4時過ぎにお医者さまに連絡を入れた。父は現在危篤状態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深海にいるようなクリスマス

2011年 12月 24日 土曜日 久しぶりにすっきりと青空が広がった。でも温度が低い。さすがに日中の温度が10度を切ると寒い。クリスマス寒波の到来である。 昨日の私の言動が、ややこしい事になっちまって、人間パニックになるとろくなことにならない、ということを今日は身をもって感じている。 父のベッドは正常に動いている。(もう触…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

木枯らしに木端微塵のクリスマス

2011年 12月 23日 天皇誕生日 曇り 北風が強くて寒かった。 どこから今日は書くべきか・・・いろんなことがあって疲労困憊だ。 浮つり草 今朝はなぜだか、目が覚めたら午前1時51分だった。べつに尿意を催したのではなく、ぱちりと目を覚ましたのだ。そのあと、眠るのに苦労して、明け方熟睡したので、母に起こされるまで、起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めがあるから終わりがある

2011年 12月 22日 冬至 木曜日 曇り どんよりとした1日で、寒かった。 この場合のどんよりとは私の精神状態にもよるのかもしれない。父の大量の洗濯物が出るので朝一番に洗濯して干したが、乾くことは無かった。 昨晩の父は夕食をまったく食べず、ひたすら眠っては目を覚まし、唸り声を上げるという繰り返しで、そのたびにどこか痛むのかと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more