テーマ:日記

残暑に青いがぐり

2019年 8月 19日 月曜日 たしかに予報通り雲が広がったものの時折晴れ間もあって、蒸し暑かった。 33度も34度も体感的には変化が無い。 センニチコウご近所さんの門周りの千日紅がとても綺麗だ。 洗濯掃除を済ませて午前10時の美容院に出かけ、11時半に帰宅。 母と昼食を済ませて、午後1時には再び家を出て区役所へ電車で向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最強の西日だと、なぜか呟いた。

2019年 8月 17日 日曜日 台風の置き土産ではないが、気温急上昇。 午後4時半過ぎ、プールから家路の途中で、あまりに暑い大気と、ギラギラした西日に耐えかねて、なぜか・・・ 史上最強の西日だわね、などと呟いた。 花屋さんのハゲイトウ ハゲイトウの花は酷暑に似合う。 というより、酷暑の具現とも言えるかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修道女との会話

2019年 8月 16日 金曜日 風の強い1日だった。 雲っていた空は午後3時ごろには日差しも垣間見えるようになった。 庭のプランターのサルビアの花が全部枯れて緑の葉っぱだけが寂しげだった。 ふと気が付けば新しい花穂が立ち上がっていた。 思い出したことがあり、ちょっと書く。 昔昔大昔、私が小学生か中学生ぐらいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道4号線と母

2019年 8月 15日 木曜日 激しい雨が降ったり止んだり。 庭のハツユキカズラが雨にぬれて美しい。 ハツユキカズラと呟いたら、なんだか少しは涼しく感じた。 お昼の食卓で、午後12時にサイレンが聞こえて、母に今日は終戦記念日だから黙とうするんだよ、と言った。 母は私の言葉を無視して、話し始めた。 「戦争が終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンチに座って雑踏を眺めるごとく過ごす。

2019年 8月 14日 水曜日 天気はにぎやかで、昨日よりさらに甚だしく変わりやすい天気になった。  電車に乗り込んで座ることができると、とりあえず、ベンチに座って雑踏を眺めるごとく、ぼんやりと車中を過ごすのが好きだ。  座った途端、隣のお兄ちゃんがスマホで高校野球を見ているのに気が付いた。 電車の中までテレビみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨にぬれたら・・・お別れかもね。

2019年 8月 13日 火曜日 なんでもありの天気だった。  確かに、辺りは暗くなってきたが、あと20mほどで、ジムの入り口という場所で雨が降り出した。 傘をささなくても大丈夫と思っていたら、あっという間にバケツをひっくり返すような雨になって、びっくりした。 不動産屋さんの「徒歩8分」の根拠となっている、1分間に80mだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉影の青柚子

2019年 8月 12日 月曜日 午前7時から9時頃まで弱い雨が降ったが、そのうち天気は回復した。 やれやれ、などと思いながら洗濯物を再び外に干した次第。 葉影の青柚子 強剪定に近いくらい刈り込んでもらった柚子の木。 今年は実は望めないだろうと思っていた。 アゲハチョウの幼虫でもいないかしらと柚子の木を眺めていたら、いっちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏と晩夏の間

2019年 8月 11日 日曜日 山の日 この祝日は結構最近になって施行されたんじゃなかったっけ? もう、年金暮らしだから祝日も休日も関係ないが。 プールに行ったら、ロッカールームで、ご婦人たちが「暑い」を連発。 中に1名、「会社では暑いって言う度に罰金を取られるので、気を付けている」と話している方がおられた。 私なんぞは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つらつらとした1日

2019年 8月 10日 土曜日 曇り時々晴れ Uターンラッシュのニュースを見ていた母が何を思ったか、「もう、田舎が無いから、戦争が起きても疎開できない」と言った。 大丈夫、とりあえず、お母さんが生きている間は、日本で戦争が勃発することは無いと答えておいた。 裏庭圃場でシオカラトンボ 再放送されていたのは知っていたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋の日の収穫 秋茄子

2019年 8月 8日 木曜日 晴れ 立秋 昨日届いた友人からの暑中見舞いに昼寝をしている柴犬の絵が描かれてあった。 北陸も暑いらしい。エアコンの効いた部屋で二人で(独りと犬一匹で)じっとしています、と書かれてあった。 ピンボケだけど そういえば、茄子がなっているところを撮影したことが無かった。 というわけで今日は収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな場所でゆっくりと無駄な労力使わずに。

2019年 8月 6日 火曜日 晴れ  現時点でキャンセルの連絡は無いので、まあ、当日のドタキャンも大丈夫とお伝えしてあるので、実際どうなるか、わからぬが、明日は静かな場所でゆっくりと大好きな人と一緒に無駄な労力を使わずに過ごす予定。 ジニア 怒るというのは毎度思う事ながら、疲れるのである。 わかっているのに怒りを繰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このままでいいや・・・

2019年 8月 4日 日曜日 晴れ  「冷房とめてくれないかい? ちょっと寒い」と母が言った。設定温度は28度である。 そう、それじゃあ、止めるけど、暑くなったら窓を開けるか、また冷房いれてね、と言いおいて自室に上がったのが午後2時。 午後3時に階下に降りたら、締めきったまま、むんむんする部屋で椅子に座ったまま眠って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日も蝉は鳴く。

2019年 8月 3日 土曜日 晴れ 午後は雲一つなかった。  「よいお天気ですね」と挨拶されて、少し驚く。 多分、意識されて、そう表現しているのだと考えて、ただ単に、そうですね、と答えておいた。 鬼百合 土曜日のジムのプールは午後3時から開放されるので、それに合わせて出かける。 タカサゴユリこんなところで咲くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逸話

2019年 8月 2日 金曜日 晴れ時々曇り  母が素直に風呂に入るということは、つまり、汗をかいていることを自覚しているのだ、と思う。 今日も入浴する。 有難い。 「今日何日?」今朝、母の開口一番。 8月2日と答えると、「あたしはこんな暑い時に生まれたんだねぇ」と続けた。 母の87歳の誕生日は来週月曜日 8月5日。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここにいてくれたらいいのに・・・ 映画 カーライル ニューヨークが恋したホテル

2019年 8月 1日 木曜日 明るい曇り スモッグ注意報が出ていた。 カレンダーが8月に入った。  朝の掃除の後でカレンダーをめくった。 自室のユニセフのカレンダーを8月にして、気にも留めなかった。 ついさっき、おやっと思った。 7月まではすべてどこかに私の名前が、それが、8月は海を臨む砂浜に手紙の入ったボトルが1本。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯朝と熱帯夜

2019年 7月 31日 水曜日 ほぼ晴れ このように暑いうちは、夜出かけることは止めることにした。  今日は母を入浴させられなかった。  ニチニチソウ その老婦人は、私に「いつもありがとうございます」以外の言葉を言ったことが無い。 今日は珍しくこんな会話を交わした。 「梅雨がうっとうしくて、早く明けないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマワリは消えていた。

2019年 7月 30日 火曜日 晴れときどき曇り。 ついこの間まで母は寒いと言いながら、袖なしのチャンチャンコを着込んでいた。 嘘みたいな話だが、肌寒い日すらあったな、などと今日は思った。 何が何でも洗わなくっちゃ、食べこぼしでカビが生える・・・ 朝から押し入れの中を探し回ったが、見つからない。 母は呑気に、「捨てていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術作品

2019年 7月 29日 月曜日 晴れ時々曇り 梅雨明け 気温上昇。 暫くは「今年一番の暑さ」が毎日更新するのだと思う。  それにしても、「更新」という言葉になぜか反応してしまう私。 芸術作品 今朝収穫した芸術作品としてのキュウリ。 何もこんなに曲がらなくてもいいじゃないの・・・ 冷蔵庫で冷やして、お味噌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラケイで一生を終えればよかった・・・

2019年 7月 28日 日曜日 早い午前中は怪しげな天気だったが、晴れて暑くなった。 部屋干しにした洗濯物がすべてベランダに干されている。 プールからの帰りに上の道路からベランダの洗濯物が見えた。  母だと思ったら、鼻の奥がつんとした。 キバナコスモス 6月の墓参の折のこと、洗濯物を部屋干しにしようとしたら、母…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無理に泳がない。

2019年 7月 27日 土曜日 台風の影響で、雲が流れると、夏の空が広がる、と思いきや、再び曇り、ザっと雨が降ったりした。 庭のバラが咲いた 平成が30年と4か月存在したのに、母の中では、今でも、天皇陛下といえば、昭和天皇のことで、平成の時代が欠落している。 それでも、父が亡くなったことはちゃんと覚えているのだから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰か代わってくれないだろうか?

2019年 7月 25日 木曜日 曇り時々晴れ間 暑いなあ、と思って気温をみたら、32度あった。 「根こそぎ」という言葉を思い出した。 日曜日に裏庭圃場に散布した除草剤は、今日木曜日になって、漸く効果を表し始めた。 地上よりも2階から見ると一層それを強く感じる。 草ぐさが枯れ始めている。 散々悩まされたのにもかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帽子のマナー

2019年 7月 24日 水曜日 曇りで雨が降ってスコーンと晴れた。 今朝、NHKの朝ドラ「なつぞら」を見ていたら、母が私に聞いた。 母はドラマの筋を理解できない。 「ねえ、あそこどこ? 映画館?」 ううん、劇場と答えた私。 そのシーンは山口智子扮する、おでん屋の女将が派手な帽子をかぶったまま観劇するシーンだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベイトボール 球形の魚群と吉本

2019年 7月 23日 火曜日 午後から急激に天気が良くなって、梅雨明けかしらん、などと思ったが、まだ明けていない。 電車の広告に「かたまれば強い」と書かれて小魚の群れが大きな魚の形になって泳ぐ絵がある。 絵本のスイミーからの引用らしい。  私は友達もほとんどいなくて嫌われる性格なせいか、絵本はよいお話だと思うが、ベイトボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピノキオ茄子

2019年 7月 22日 月曜日 どんよりと曇っていたが、夕方から雨になった。  私がただ単に見栄っ張りなだけで、ぐずぐずと長引かせていた問題に決着を付けたが、それでも、なんだか正直寂しい思いがした。 夕方に茄子に包丁を入れかけて、あれっと思い、大笑いして、そして、これで良かったんだ、と思った。 それにしても、収穫したとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇について

2019年 7月 21日 日曜日 夕方ほんの少し日が差したが概ね曇り。 天災などの非常時でもない限り、今の日本に真っ暗闇というのは存在しない。 気が付かないかもしれないが、自動販売機が1台あるだけで、随分と辺りが明るい。 充電さへしていれば、スマホもあるし。 昔、西表島で夜のツアーに参加した際に街灯が少ないから(晴れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れていると良く泳げる

2019年 7月 20日 土曜日 曇り 今日はまったく日差しは無かった。 ヤマユリ 人は夢を見る。 多分私も夢をみているのだろうが、なにせ覚えていない。 父が亡くなって8年近く経つのに、父の夢を見ない。 と、父の墓を掃除しながら、そんなことを呟いた。 霊園近くの公園に、ヒマワリに似た花や、数本の本物のヒマワリが咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このあたりは亜熱帯でござる。 狂言の現在 2019

2019年 7月 19日 金曜日 曇り ほんの束の間晴れ間あり。 とても蒸し暑くて、午後から気張って出かけたが、実際のところ拷問に近い暑さだった。 庭のサルビア 午後から狂言を見に出かけた。 タイトルは狂言の始まりの言葉「このあたりのものでござる」から。 春に落語を聞きに行って、その場でチケットを購入した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の花なれど秋の七草 桔梗は涼し。

2019年 7月 18日 木曜日 曇り 日差しが少々 とても蒸し暑い。 出かけるのは明日の午後で、金曜日の大掃除を前だおす必要もなかったが、忙しいのは苦手なので、結局前倒す。 秋の七草のひとつであるキキョウの花は実際は夏の花である。 ぷっくらした蕾が可愛らしいが、こんな蒸し暑い日はとても涼しげに見える。 今日は日差し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の追憶 志賀昆虫普及社

2019年 7月 16日 火曜日 雨 午後4時頃、雨が弱くなったころ散歩に出かけた。 鬼百合 今日は思いがけない単語を本の中で見つけて、暫し、遠い昔の追憶にふけった。 「志賀昆虫普及社」。 私が短大生だったころ、青山にその店は在った。なんで青山に昆虫屋さんがあるんだろう、っていうのが最初の印象。 お店の前…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長い雨

2019年 7月 15日 月曜日 海の日 庭の秋海棠がようやくほころび始めた。 この花が庭にまだ在ること自体奇跡に近い。 母が嫌いなのだ。  無事開花できるだろうか・・・ 秋海棠 地域ケアプラザの看護師さんが帰った後、母が私に言った言葉。 「あんなふうに、ペラペラしゃべって、あの人お金稼いでいるんだ」 母ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more