スミレと私

2020年 7月 17日 スミレの香りというのがわからない、シクラメンの香りがわからないように。

「失われた時を求めて」第7巻で、「このパルム大公妃という名に無数のスミレの香りを染みこませ・・・」た「私」は実際に会ったその夫人の印象が違うことに気が付く。

ふ~ん、それじゃあ、さしずめ私だったら、プルーストはどんなイメージを持つのだろう?

私には大公妃とかね敬称はないけどね、なにせ、一おばさんだからさ。

夏だから、そうだ、ヘクソカズラと思った瞬間、笑い出した私。

過去のアルバムからIMG_4079.JPG

太陽が恋しくなるくらいの長っちりの梅雨全線で雨ぱっかりだ。 

だから、自宅敷地内からほぼ外へ出ることがないので申訳ない。


いつもの金曜日。 洗濯物を部屋干しにして金曜日の大掃除を遂行。 

「ミニトマト食べたの?」と聞く母に、やはり毎度のことながら驚く。

直近の記憶はほぼ飛んでいる。

昨日ね、ジャムにしたのよ。 わすれちゃった? と言いながら冷蔵庫からジャムのびんを出した。

自家製ジャムIMG_4832 (2).JPG

左から 杏、杏、杏、ミニトマト であります。

左の杏ジャムが2層になっているのは、ホーロ鍋が1つしかなくて、土なべでジャムを作ったから。

土なべで煮込んだジャムの方が色が暗い。 その上にホーロ鍋の杏ジャムを足したらこうなった。

味はね、おいしいであります。

本日の収穫IMG_4833.JPG

きゅうり しの字 36号

トマト 71号 ミニトマト、小トマト




写真日記ランキング

紫色は黄色の背景に映える

2020年 7月 16日 ミニトマトは嫌いだ、と母が言う。 そのくせ皮を湯むきしてやると、ペロリと平らげるくせに。

今年の夏野菜は現状、トマトが最もよく採れる。

だから食べても食べても減るどころか、どんどん増える。

通りすがりにグラジオラスIMG_4829.JPG

紫のグラジオラスが黄色の壁に美しく映える。


今日は1日なんとか雨が降らなかった。 

朝一番にシーツやタオルなどベランダに干して掃除をすすめた。

なんとなくべたつくフローリングの床の拭き掃除を終えたら、気のせいかさっぱりした気分になった。

買い出しから帰宅したのが午前11時過ぎ。

防虫剤をたっぷりと吹き付けて裏庭に出て草むしりに没頭する。

エノコログサ、カヤツリグサ、ヤブカラシ。 本当に奴らは手強い。


「あんたばっかり働いている、何かあたしに出来ることは無い?」と母が聞くので、

だったら、お昼を作ってよ、と言いたいところだが、出来ない。

ご飯と納豆になってしまう。

ミニトマトのおしりを包丁で十字に切り目を入れてくれると嬉しい、と答えた。

通りすがりにホオズキIMG_4830.JPG

諦めの悪い私が、一昨日アマゾンをもう一度見たら、杏が売られているではないか!

1.8キロで約3800円。

手間と砂糖代を考慮すれば、杏ジャムを買った方が安いのではないかという考えがちらっとよぎったが、クリック。

草むしり用の鎌を外水道で洗っている時に、宅配便で杏が届けられた。

18日以降って連絡あったけどね・・・


お昼を食べてから洗濯物を取り込み、まず杏ジャムに取り掛かる。 杏はいたみやすい。

ビンを煮沸し出来上がった杏ジャムを仕込む。

次に母が切り目を入れたミニトマトを熱湯にくぐらせて氷水に取り、ひたすら湯むき湯むき湯むき。

裸になったミニトマトにレモンを絞り、砂糖を加えて煮込む煮込む。


それから、大きくため息をついて、カボチャのマッシュパンプキンサラダを作り、

インゲンの胡麻和えを作って、自室に戻ったら午後3時を回っていた。


あ~あ、今日は疲れた。


チリの警察ではコロナウイルス患者の判定に犬を使うのだそうで、ただいま猛特訓中。


ゴーツーキャンペーンは・・・

やはりこけた。

本日の収穫IMG_4828 (2).JPG

キュウリ 35号

トマト 69号、70号

ミニトマト、小トマト


ミニトマトの在庫0になって、なんだか安堵。

どうせ、また明日にはたくさん収穫できるのだが。



写真日記ランキング

不甲斐ない日をあがなう。

2020年 7月 15日 不甲斐ない午前中をなんとか、あがなったような気がする、というより、そう思いたい。

午前中は何もしなかった。 右わき下に痛みが走り、起きる意欲がなくなった。

朝食は母になんとか自分で食べてもらった。

IMG_4826.JPG

実際、お布団も敷きっぱなしだ。

でも、午後1時に起き上がり、眠っていた母を起こし、お昼を食べるかどうか聞いて、チャーハンを作った。

簡単に夕食の準備を整えて、小雨の降る中裏庭圃場で収穫をして自室に戻った。

どっかりと椅子に座った途端、すごく寂しく感じて電話をかけた。

本当にさみしいと思った。

声が聞けてよかった。

庭の千日紅IMG_4825.JPG

6月23日出発 欠航により変更 

7月13日出発 欠航により変更

7月20日出発 欠航により断念。

マイレージを使うためANA→JAL乗り換えで変更のたびに手続きが面倒だった。

こういう時にタダより高い物は無い、ということわざを痛感する。

与論島への旅はこのような経過を経たが、今となっては断念してよかったと確信している。


夕方母を風呂に誘ったら、素直に入浴してくれ洗髪も出来たし、足の爪も切ることができた。

本日の収穫IMG_4827.JPG

キュウリ 34号

茄子 43号、44号、45号

トマト 68号

ミニトマト 小トマト



写真日記ランキング

散文的1日

2020年 7月 14日 コロナで中断された2020年春のこころ旅が再開された。 嬉しい限りだ。 

覆面サングラスの正平さんを見た母。「なんで覆面してんの」

だからね、コロナウイルス肺炎流行だからよ。

「ああ、風邪ね」


テレビの画面にしがみつくようにして確認した。 45Rである。

アルファベットのRが横になっている。 間違いない。

正平さんが来ているインディゴブルーの上下はフォーティファイブアールの物だ。

IMG_4813.JPG

起床した母はいつも同じである。

雨戸を開けて外気は部屋に入り込むと、くしゃみを連発。

鼻をかむ。 多分、鼻をかむことがさらに刺激になって、再びくしゃみ連発。

くしゃみ連発が尿漏れになり、トイレに20分ほどこもる。

そうこうしているうちに朝食の出来上がり。

IMG_4815.JPG

昨日より少しはましだと思ったが、朝のルーティンを終えて横になったら、うとうとした。

喉が渇いて目が覚めたら12時半を回っていて、階下に降りた。

「具合悪いの」

うん、少しね、疲れたような気がする。


母が居なければ、恐らく今日のような日はそのまま寝て過ごすだろうと思うと、なぜか、母が生きていることが有りがたいような気がした。

IMG_4816.JPG

リボリングドア(回転扉)がすでにプルーストの時代にはあった。

「失われた時を求めて」第7巻で「私」はレストラン入り口でこのドアに面食らい、支配人に見くびられる。

プルーストは虚弱体質であったから、多分、運動神経が鈍かったのだろう、などと思った。

「ファーブル」と言葉では書かなかったが、明らかにファーブル昆虫記を示す一文が6巻にあり、多分、昆虫記を読んだのだろう、そんなことも思い出した。

ファーブルは長生きだったが、人生の半分は極貧生活だった。

プルーストとは正反対だな、などと思いながら7巻を読み進めた。


午後5時過ぎに階下に降りると、テーブルに茶碗とはしが並べられていた。

本日の収穫IMG_4824.JPG

きゅうり 33号

茄子 40号、41号、42号

トマト 66号、67号

ミニトマト少々



写真日記ランキング

カボチャと私

2020年 7月 13日 従妹がカボチャを送ってくれた。 ブランドカボチャである。

IMG_4819.JPG

この通り1.8キロもある堂々たるカボチャだ。 それも2個も。

記憶にある限りカボチャを丸ごと1個買ったことが無い。大抵は4分の1カットだ。

さらに言えば駅前のスーパーで売られているカボチャは大抵外国産である。メキシコ産が多い。

最初は畏れ多いような気がしたが、それは恐れに変わった。

どうやって切ったらいいだろう・・・

最悪、物置にナタがある、或いは、丸ごとレンジでチン、などと思ったが。

なに、上下にあるヘタを切り取って?そこから包丁を入れたら案外簡単に切ることが出来た。

ほくほくした美味しいカボチャの煮物(4分の1)が出来上がった。 

感謝。

ジニアIMG_4814.JPG

右わき腹あばら骨あたりの鈍い痛みで目が覚めたのが午前2時半。

朝までよく眠れなかった。 

今日はゴミ出しの日なので起き上がり、とりあえずルーティンをこなしたが、1日中、寝たり起きたりした。

それでも、カボチャを切ることに専念したら、元気が出た。

夕方母と一緒に迎え火を焚いた。

今日から7月の盆の入り。

お父さんお帰り。

でも・・・いつでも居るんだよね?

本日の収穫IMG_4810.JPG

トマト65号

ミニトマト少々



写真日記ランキング

繁栄ははかない。

2020年 7月 12日 杏の実が不作なんだそうな。 なんてこった!

ここ暫くの間、用事がなくてもスーパーの青果売り場をのぞいていた。

去年は7月9日に駅前のスーパーで杏を買って10日にはジャムにした。 

杏の実の入荷予定はありますか、と聞いてみたら、「予定なし」

それじゃあ、仕方が無い。 少し高いけど、アマゾンで買おうと午後からパソコンを立ち上げた。

昨日まで売られていた杏はきれいさっぱりソールドアウト。

検索して表示される農園を調べたが、不作だそうで、中にはそもそも今年は一切販売しないと書かれているところもあり。

今年は杏子ジャムを作れない。

庭の自生松葉牡丹IMG_4808.JPG

少々高くても、昨日のうちに(アマゾンで)買っておけばよかった・・・

別に取り返しがつかないほどのこともないが、まあ、後悔先に立たず。

IMG_4806 (2).JPGこんなふうに縁にちょこんと咲く花もあり。

庭の寄せ植えのギボウシの花IMG_4804.JPG

昨晩11時頃は空模様が急激に怪しくなった。 雷鳴と稲光で、思わず寝床から起き上がってブラインドを上げてみたくらいだ。

昔は、雷が鳴ると梅雨が明けると言われたものだが、気候変動とやらで今じゃあ、そんなことは無い。

雷が鳴ろうが、だらだらと続く雨模様。

ゴーヤの花IMG_4809 (2).JPG

本日今年最初のゴーヤを収穫。

本日の収穫IMG_4807.JPG

きゅうり 31号、32号

トマト 63号、64号

ゴーヤ 1号 

小トマト ミニトマト


茄子がしばらく収穫出来ないのがさみしい。


大雨もコロナも終息しない。

繁栄ははかない、などとなぜか思いながら「失われた時を求めて」を読み進めた。



写真日記ランキング

晴れごいに鳴いてやろうか蝉の声

2020年 7月 11日 午前11時ごろ遠くでミンミンゼミが鳴くのが聞こえた。

梅雨明けが待ち遠しいのか、或いは待ちきれなかったか・・・

蝉の晴れ乞い


茅ヶ崎美術館の庭IMG_4783.JPGリアトリス、アガパンサス、カンゾウ

今日もお昼前から断続的にやや激しい雨が降る。 南側に雨が叩きつけるので2階は午後から戸閉。

どうしてもバスタオルを洗いたくて、早朝洗濯物を干したが、乾くことはなかった。

ルドベキアIMG_4800.JPG

茅ヶ崎の國領展で、スケッチなどをまとめた展示室があり、そこに、スカイ島の水彩画があった。

いつか、そんな機会が訪れるのだろうか、などと懐疑的になるが、行って見たい場所のひとつである。

鳥の切り絵のような物があり、なんであろうかと思ったら、大きな画布上で鳥のモティーフのバランスを見るために、実際に紙を切って画布に置いてみたと書かれてあった。

その切り取られた鳥のモチーフすら素敵だった。

西洋ニンジンボク ?IMG_4799.JPG

お昼に母の好きなインゲンの天ぷらに冷たいうどんを出したら、どうしても、ご飯を食べたいと言い張る。

好きにすれば・・・

うどんは結局捨てる羽目になった。


母の目のふちのただれは良くなったり悪くなったりする。

昼食後にタオルで顔を拭いてやり、目薬をさすというルーティンが新たに加わった。

顔ぐらい洗いなさいよ・・・

本日の収穫IMG_4805.JPG

キュウリ 28号、29号、30号

トマト 60号、61号、62号

インゲン 250g

ミニトマト 小トマト


インゲンは終盤。 それにしても、夏野菜は成長が早くてあっという間に旬になる。



写真日記ランキング