探梅 梅の花を探す。

2021年 2月 3日 立春。 探梅という言葉を初めて知った。 

梅の花を探す。 美しい言葉である。

本当に偶然なのだが、今日は6日ぶりの買い出しに出かける際に、空のリュックを背負い、遠回りして梅ポイントを見に行った。

白梅IMG_5992.JPG

IMG_5995.JPG

帰宅して冷蔵庫に食材を仕舞い込んでも、まだお昼には少し時間があり、新聞にざっと目を通していたら、「探梅」に出会った次第。


閑話休題:

私の新聞を読む楽しみの1つが、川柳の欄、及び、俳句短歌の欄である。

私自身は川柳も俳句も、もちろん短歌もたしなまないが、読むのが好きなのだ。

両方とも本当に小さい小さい欄で、うっかりすると気が付かないくらいだ。

さて、朝刊の俳句短歌の欄には、写真と共に必ず1首掲載される。


昨日から(だったと思う)恋の歌が掲載された。

その恋の歌は、私のような素人でも、胸がキュンとするような(軽薄的な表現だが)恋心を表現したものだった。

作者を見て、一瞬、驚いた。 池田理代子。

ベルばらの原作者だった人???


今朝の一首も切なく美しい歌であった。

なんとなく気になった。 

25歳年下のオペラ歌手の方と結婚されたことを知った次第。


才能に恵まれ、魅力的な方なのだろうが、人間として生きていくエネルギーの量が途方もなく大きいのだろう、と思う。


大根16号と号外IMG_5996.JPG

裏庭圃場から抜いた大根は最初が号外で、16号は見事なものだった。

残りはほとんど号外だと思う。


代わり映えしない毎日だが、日は進む。

暦上では春になったが、今日は一転、寒くなり、夕食に大根を炊いた。


そろそろ、良い日を選んで、お雛さんをだしてやろうと思う。


写真日記ランキング

プチブルジョアの妻

2021年 2月 2日 節分 2月2日に節分になるのは124年ぶりだそうな。

今年は福は内、疫病退散と小さく叫びながら豆をまいた。

私の鬼IMG_5990 (2).JPGちょっとブレているかも。

民話の中では・・・

鬼は退治される。

鬼は逃げる。


でも、私の鬼は私を守ってくると思うので、1年中机の上に鎮座してもらっている。

ただし、この時期だけ、この状態で玄関に飾る。

IMG_5989 (2).JPG

起床して雨戸を開けたら、サッシ窓のさんがとても汚れていた。

明け方に南側に叩きつけるような激しい雨が降っていた。

今日はいつもの掃除の後にエアコンの掃除をして、1階から2階へと南側窓のさんの掃除を終えたら、すでに午前11時前で、テレビを買いに行く予定は、なんだか面倒になり止めてしまった。

テレビはここ2日間は一度も電源が落ちない。テレビボードは12日に送付されるけど。


さあ、お母さん、食事にしましょう、と母に言うと、いつも必ず、

「トイレへ行ってくる」

せっかく熱いものは熱いうちにと思っているのに・・・

だから、事前にトイレに行ってきてと声をかけるが、いざ、食事を始めようとすると、

「トイレに行ってくる」になるので、結局同じだ。


今日は午前11時あたりから晴れてきて、日中の気温が16度まで上がったが、母は寒いを連発で、ふと見れば、

セーターの下からパジャマが見える。

まあ、いいか・・・

裏庭水仙IMG_5952.JPG

午後から「ミンネのかけら」を読み始めた。

プチブルジョアの妻になるのを嫌い、夫と離婚して彫刻家になった人の話が出てくる。


私はぼんやりと、プチプルジョアの妻になりたかった、と思った。


追伸:

緊急事態宣言延長は仕方があるまい。

アラブ首長国連邦のドバイは今は高い付けを払っているという記事を読んだ。

新型コロナウイルス感染者数が安定した時点で観光客を受けいれたら、患者が急増した。




写真日記ランキング

記憶のかけら

2021年 2月 1日 今日はラッキーなことが1つあった。

数年ぶりにお年玉付き年賀状の切手が当たった。

そもそも20通程度しか出さない年賀状、受け取る年賀状もほぼ同数で当たる確率は極めて低い。

花屋さんIMG_5983 (2).JPG

美容院で窓から外をふと眺めてびっくりした。 いつのまにやら青空が広がっていた。

家を出た時には、鉛色の雲が一面に広がり、悩んで干した洗濯物が気がかりで、折り畳み傘も携帯したくらいだった。


昼食を母と終えて、夕食の下準備、洗濯物を取り込んで自室の椅子に座りこむ。

今日のメインはカレイの煮つけで美味しくできた。


玄関のチャイムが鳴る。 名前を名乗らない。 

「お宅の屋根の一部が破損していますよ、早く修理をしたほうが良いです」

もう、ドアも開けなかった。


オレオレ詐欺と同様に、外壁や屋根塗装などの訪問修理販売は詐欺組織があるのではないか、と思う、否、確信する。

訪問する人達はいわゆる下っ端の受け子みたいなもの。

1件カモれば、手数料として10万円とか・・・


母が居間から私を呼ぶ。 誰が来たんだい?

うん、詐欺師。

IMG_5976.JPG

スウェーデン語でミンネは記憶という意味なのだそうな。

本日注文した本が届いた。 「ミンネのかけら」 つまり、記憶のかけら。

私のブログにコメントくださった方がすすめてくれた本。(ありがとうございます!)

ムーミンを翻訳された方の随筆とは全然知らなかった。 


記憶つながり。


「失われた時を求めて」は「私」が無意識に感じた事柄から過去が次々と蘇る。

記憶は現在と過去を行き来しながら、「私」と関わり合った人達との人間関係模様や芸術文学、恋愛などが時に、群像劇的に、まるで高層ビル群のように構築されていた。


今日は夕方に南風が吹き始めて気温があまり下がらなかった。

お母さん、お風呂入らない?

明日入るだの、入りたくないなどと相変わらずだったが、結局、入浴してくれた。


今日はやはりラッキーだった。



写真日記ランキング

根雪がとける頃には・・・

2021年 1月 31日 「根雪がとける頃」という言葉を聞いた。

ねゆき という言葉が響きとして美しいと思った。 

横浜に長年住んでいる私は、豪雪地帯の方々の苦労は頭ではわかっても経験したことが無いので、無責任な事を言ってしまう。

彼の地に遅い春が訪れるころに・・・

新型コロナウイルスが永い眠りについて欲しい。


緊急事態宣言は多分延長になり、私は宣言下で64歳の誕生日を迎えることになる。

IMG_5961.JPG

今朝はぬか床に手を入れると、とても冷たく感じたが、日中は寒さが緩んだ。

冬の間、1階はほとんど日差しが入らず、暗くて寒いことこの上ないが、2階は陽の光が1日中注がれる。

今日のような日は暖房がなくても過ごせるくらいだ。


空がとても青い。

クリスマスローズIMG_5982.JPG

いつもの日曜日。 午前中はプールで泳いでお終い。

夕食後、母のセーターが食べこぼしでひどく汚れているのに気が付いた。

「明日の朝取りかえる」と母は答えた。

でも、忘れちゃうからね、暖かい部屋で今パジャマに着替えてくれるとありがたい、と答えた私。


明日は10時予約で美容院に行く。 その前に洗濯物を干して掃除をする。



写真日記ランキング

黙して語らず。

2021年 1月 30日 夕方ジムにチェックインした。 ロッカールームに向かう。

『黙脱 黙着」とでっかく表示があった。 えっ、木曜日にはなかったような。

会話は控えて素早く着替え。

水着に着替えてプールへ下りていく。 そこには・・・

「黙トレ」と、これまたでっかく表示あり。

黙ってトレーニングって意味だろうけど、泳いでいる時には話せないけどね。

さて、黙々とプールで泳いで、ふと考えた。

スパエリアには恐らく、沐浴ならぬ、黙浴って表示があるんだぜ・・・

浴室へ向かえば、果して、でっかく黙浴とありましたん。

思わず、吹き出しそうになりながらシャワーを浴びた。

IMG_5968.JPG

かつては豪勢な桜並木のほとんどは切り倒されて、歩道のところどころに桜の切り株がある。

そこにキンリュウカの花が咲いていて、太陽の陽射しを全身に浴びて、キラキラと黄金のように輝いていた。

IMG_5966.JPG

IMG_5965.JPG

今日はお昼をいつもの半分の量にして、正月のお供え餅をくずしたものを油であげた。

IMG_5969.JPG

ところどころ歯の抜けた前歯で器用にぼりぼり、ばりばりと猛烈な勢いで食べ始めた母を見て、不思議な感慨を持った。


写真日記ランキング

他意は無いとは思うけど・・・

2021年 1月 29日 ニュースにドキリ。

母を無事に洗髪して夕食も終わり、お茶を飲みながら、今日も無事に終えたと思っていたら・・・

亡くなった母親を冷凍庫に隠していた娘が逮捕されたというニュース。


ゴミ収集場所の掃除当番(輪番制)が回ってきた。 歩いて30歩ぐらいのところ。 

何も考えずに、つまりマスクをせずにほうき、ちり取りを持って行く。

途中で、マスクばっちりのご近所さんとバッタリ。

しまった、とは思ったが、こんにちは!と軽く会釈。

掃除を始めようとしたときに、なぜか、ご近所さんがUターンして戻ってきた。

「お母さん、お元気?」 はい、元気にしております。

「私はね、なんとかどうにか生きているのよ」 寒い日が続きますが、お風邪などめしませぬように。

ロゼット状のタンポポIMG_5943.JPG

みんな健気に見える。地べたに張り付いて花を咲かせている。

IMG_5944.JPG

ニュースを聞いて、他意はないとは思うけど・・・

お母さん、たまには庭に出て、日向ぼっこした方がいいよ。

ほら、私は生きていますって、意志表示。


出費というのは続く時は続くものだ、と思う。

様子を見ていたテレビだが、電源が全く落ちない日もあれば、落ちる日もあり。

今日、お店をたたんだ電気店のご主人に電話をかけて聞いたら、そりゃあ、もう、寿命だね。

テレビ台110センチを購入。 2月12日に配送される。

次はテレビを購入して2月12日以降に設置を頼まなくてはならない。

それまでどうぞ、死なないでね。


少し前から、自室のエアコンのリモコンが操作しにくくなった。

エアコンよ、お前もか?と心の中で叫びそうになった。

リモコンの電池は替えたばかり。 我が家には3台のエアコンがあり、すべて同じメーカー。

1階からリモコンを持ってきて操作したら、無事にエアコンは稼働した。

新しいリモコンは今日、熱帯雨林から配送されてきて、とりあえず安堵。

デルフトの花瓶IMG_5960.JPG

ベランダにたくさん洗濯物を干して、金曜日の大掃除を済ませても、余力があり、1階の洗面所の下の物入れを掃除した。

母が昔買ったと思われる、各種洗剤、殺虫剤など、もろもろをチェックして、どんどん捨てる。


中から、なぜか花瓶が現れた。

私が23歳の時に、友人と二人で2週間ヨーロッパを旅した折に買った物。

長くなるから端折るけど、この友人とは旅の間に険悪になって、成田に到着した時にひどい高熱を出した私。

その後、肺炎になって1か月病気休暇を取って、会社の上司から嫌味を言われた。

オランダ アムステルダムからデルフトへ出る予定だった。

でも、私は疲労困憊で、デルフト行きは取りやめたが、せめて、土産にと思い、アムステルダムでデルフト焼きの花瓶を買った次第。

当時は嫌な思い出で、たしか捨てたような気がしたが、母がとっておいたのだと思う。


1か月ぐらい前に買ったアリストロメリアが未だに咲いていて、短く切り上げて飾ってみた次第。

なんで、こんなもん買ったんだろう? 


母を入浴させて、1週間ぶりに洗髪できたのだから、まずは目出度い。


写真日記ランキング

読書の食指

2021年 1月 28日 午後3時過ぎ、暖房をつけていても、うすら寒いと感じて窓から外を眺めたら、雪が舞っていた。

裏庭の水仙IMG_5951.JPG

玄関の掃き掃除を済ませて、ふと花瓶の水仙をよく見たら、枯れ始めていた。

裏庭に出て、水仙を摘み取り、再び同じ花入れに生けて、脇にちょこんと置いていた赤べこを木彫りの鬼に取り換えた。


携帯の天気予報では、雨の予想で、急ぎ買い出しに出かける。

裏庭圃場には大根の他に小松菜と春菊が残っていて、野菜はそれほど困らないが、肉や魚などがどうしても乏しくなる。

先週の金曜日以来だから、大体6日に1度ぐらいは買い物に行かざるを得ない。 

午前11時過ぎに帰宅。 

母と昼食をとっていたお昼過ぎ、弱い雨が降り始めて、早めに出かけてよかったと思う。

庭のパンジーIMG_5954.JPG

ファーブル昆虫記を読破したときは、次の本を決めていた。 

訳者の奥本大三郎が注釈で引用していた寺田寅彦全集、ギリシャ神話などだった。

今回の「失われた時を求めて」を読了して、暫くぼんやりとしている。

別に喪失感ではないが、なんとなく読書の食指が動かない。

庭の自生サクラソウIMG_5955.JPG

それにしても、今日は午後からどんどんと気温が下がり、午後3時過ぎの気温は3度だった。

明日は晴れの予報なので、特に夕方は気合を入れて、母の洗髪をする予定。

前回洗髪したのは、先週の金曜日。 

いくら汗かいていないからって、お母さん、1週間ですよ。 

明日は洗髪しましょうね!


写真日記ランキング