ナスカのニャロメ

2020年 11月 2日 夕べは夜更かし。

アンという名の少女を午後11時から見る予定で予約した。 

ところがである、大阪都構想の住民投票結果速報のため、放映時間が11時55分になっていた。

一度はとりあえず寝てしまおうと思ったが、なかなか寝付けず、結局見終わったら午前1時前。

投票結果は、途中、かなり拮抗していて、一時賛成が上回っていたほどだった。

関西には親類縁者も居ないし、生粋の神奈川県民で、結果については何も言えない。

IMG_5506.JPG

IMG_5505.JPG

個人年金を下ろしに出かけて、帰りは遠回りした。 ここは今年は休耕畑だった。

草だらけだったが、綺麗に整地されている。


去年は辺り一面ひまわりだったな、などと思う。

何が耕作されるのだろう・・・

ぼんやりと佇む。 

こんなふうに畑を休ませて、再び次の作物を育てて、そして次の1年は巡る。

普段だったら、そんなことを考えることもなかったろうが、今年はなんだか感慨深い。



閑話休題:

少し前、新聞でペルーのナスカで新しい絵が発見されたという記事を読んだ。

ネコの絵なのだが、それが、なんだか赤塚不二夫のニャロメみたいなネコだった。

思わず、笑っちゃったことを思い出した。


まだ、終わったわけでもないが、2020年って緊張した年だったな、と思ってさ。

ナスカのニャロメの写真を見ることができて良かったよ。


今日も洗濯掃除してご飯3食作ってお終い。



写真日記ランキング

かごの鳥

2020年 11月 1日 プールの帰りに一駅電車に乗ってクリーニング店へ出かけた。

「トリック オア トリート!」 子供たちがにぎやにクリーニング店受付にやって来ては、キャンディーなどをもらっている。

商業施設全部でスタンプラリーのようにお菓子を配っているらしい。

昨日の渋谷は人出は多かったが、仮装している人は少なかったとニュースで聞いた。

欧州で再ロックダウンが続く中、どうなんだろう、とは思うけど・・・

結局はワクチン頼みか?


初夏に2回ぐらい着た昔のパンツ(もちろんウエストゴム)は絹100%。 自分で洗うかどうか悩んだ末に止めておいた。

今は、原則的に春夏物は洗える物しか買わない。

IMG_5499.JPG

起床時はどんよりしていたが、みるみる天気が良くなって玄関周りのゼラニウムの間に光が当たってキラキラしていた。

光が魅力的。

1階はすでに午前中の早い時間しか日差しが入らず。

1日中こたつで過ごしている母は、「今日も天気が悪いね」。

お母さん、本当はお天気いいのよ。

庭のバラIMG_5501 (2).JPG

庭のバラに蕾が3つほど付いていて、そのうちの1つが咲いた。

昼食後、裏庭圃場で一束春菊を取ってきて、柿とニンジン、春菊の白和えを作った。

IMG_5502.JPG

IMG_5504.JPG

午後は新聞に目を通して、読書してお終い。 母を入浴させて洗髪し、足の爪を切った。

「失われた時を求めて」第10巻はあと少しで読み終える。

それにしても、かごの鳥状態にした愛人にかけるお金が月に150万円以上って・・・


もう婆さんになっちまったが、かごの鳥になってみたかった。



写真日記ランキング

枯れる因果関係

2020年 10月 31日 春に農協で新しく買ったガザニアは初秋には完全に枯れた。 

植え替えしたものは随分前から家にある黄色のガザニアだけだ。 何がいけなかったのかはわからない。

多分、くそ暑かったから。

公園でIMG_5491.JPG

故郷の高松から取り寄せたオリーブの苗木を田園調布の自宅の庭に植えた猪熊弦一郎。

オリーブの木は大きく育ち、リビングの窓に素晴らしい眺めと木陰、木漏れ日を与えてくれた。

猪熊さんが亡くなって、大きな木立となったオリーブは間もなく枯れ果てた、と書かれてあった。

多分そこにはなんら因果関係は存在しないのだが、そう思わせる、或いはそう思いたい何かがあるような気さへする。

という話を水曜日に会った人に話した。

こんな話、所詮、分かってくれる人でないと、つまらないだけだ。

申訳ない。

庭のリンドウIMG_5498.JPG

今日もあっぱれな秋晴れで、洗濯してお布団を干して買い出しに出かけた。

10月が終わるが、「失われた時を求めて 第10巻」はまだ読み終わらない。 

もう少しだが、読むペースが少し落ちているかもしれない。

ドライフラワーIMG_5483 (2).JPG

農協へたまに寄ってみると思わぬものが手に入る。 

前回は帝王貝細工のドライフラワーを買ったが、ハタキをかけていたら、

まるで砂像のようにハラハラと粉々になった。

今回はこんなネコジャラシみたいな植物のドライフラワーを買った。

トイレの壁に飾っている。

ちょっと、否、かなり可愛らしい。



写真日記ランキング

そんな具合の毎日

2020年 10月 30日 アラームの前に目が覚めてアラームを解除して結局出かけることはなかった。

昨日の写真IMG_5490.JPGクロガネモチかしらね?

箱根日帰りをしようと考えていたが、億劫だな、とも思った。 決して天気のせいではない。

11月3日までポーラ美術館で開催されている「マチス&モネ」を見て、帰りに仙石原のススキを眺めて帰ってこようと思った。

ススキIMG_5493.JPG

9月に行った丸亀の猪熊弦一郎美術館は本当に楽しかった。 

猪熊さんはマチスに師事した。 パリでマチスに自分の絵を見せる。

「君のデッサンはうますぎる」と言われた。(ほめ言葉ではない)

マチスのアトリエの写真だろうか? モデルと一緒にマチスが撮影されている。

その部屋の雰囲気がなんとなく猪熊さんのリビングルームの雰囲気に似ていた。 

特にマチスの部屋の壁に飾られた布類。 

猪熊さんが好きだった椅子の上に飾られた布を思い出した。

その椅子は座面が丁度人間のおしりに沿うように軽いカーブが刻まれていて、それを見たゲストの外国人の女性から、美しい座面の椅子の上に布を置くのは良くない、と指摘されるが、猪熊さん自身はその布の柄が気に入っていて、どうしてもその椅子の上に置いておきたいと言ったらしい。

IMG_5488.JPG

母の頭は大分オカシイが、口は達者である。

「正月にはあたしがキンピラでも作るから何も余計なものは買うんじゃないよ。」

って、もう、料理なんてほとんど出来ないじゃないの・・・

「今日はいつものやつ(朝ドラ)やらないね。」

えっ、たった今まで見てたじゃないの?


そんな具合の毎日。


金曜日の大掃除を前倒したから、のんびりと簡単に掃除を済ませて少し眠った。

全部仕度を整えたのに、何で行かなかったのだろう・・・


写真日記ランキング

光合成万歳!

2020年 10月 29日 朝刊の読者投稿欄に化粧を忘れて免許更新に行ってマスクを外して写真を取ったが、免許証の顔がひどくて後悔した、とあった。

私は化粧は忘れないが、マスクをよく忘れる。 

昨日は駅を前にマスクをしていなことに気が付き、駅中のコンビニで買うか、目の前のドラッグストアーで買うかで悩んだ。

ドラッグストアーはいつも混んでいてレジに列が出来る。

でも万一、コンビニに無い場合を考慮して焦りながらドラッグストアーでマスクを求めた。


バッグの中に必ず予備を入れておけばいいのよ、と言われた次第。


ジムへ行く途中でマスクを忘れたことに気が付いて途中で買ったことがすでに数回。 

プールで泳ぐにはマスク不要だが、マスク無しではジムでチェックインできない。

やれやれやれ。 プールバッグにはマスクが一袋。

IMG_5496.JPG

IMG_5497.JPG

今日は素晴らしい秋晴れだった。 

コスモスがハミングしているように見える。 

見えるというのは、つまり、人間の私の主観であって、コスモスは日差しをその全身に浴びて光合成を行っているだけである。

でも、光合成万歳! だな、などと思った。


日本のコロナウイルスり患者数が10万人を超えた。再び緊急事態宣言が出される可能性はあるだろうか?

 
IMG_5487.JPG

IMG_5486.JPG

IMG_5495.JPG

どっちへ転んでもいいように、今日は金曜日の大掃除を前倒して浴室掃除をした。

迷っている。

午後20分程度、散歩に出かけた。

ふと、私も光合成を行えるとよいのに、などと思う。



写真日記ランキング

日つまる。

2020年 10月 28日 別れ際に、良いお年をと声をかけた。 

来週は11月である。 1年は早い。

IMG_5477.JPG

馬酔木だろうか? 馬酔木の花は春だと思ったが・・・

IMG_5478 (2).JPG

楽しい時間はあっという間である。

帰宅すれば日が詰まり、黄昏時、自室の出窓から遠くに見えるアパートのあかりがすでに灯っていた。

小松菜IMG_5472.JPG

IMG_5473 (2).JPG

裏庭圃場には、熊も猪もサルも出没しないが、その代わり虫がたくさん。

虫食いだらけだが、小松菜が大きくなった。

朝、少し摘んで、さっと茹でた。 綺麗な緑。

お味噌汁の具に良し、お浸しに良し。

ランチは中華IMG_5479 (2).JPG

用意したお昼を母は食べていなくてびっくりしたが、夕飯の前にモソモソと食べ始める。

週末寒くなるからお風呂を誘ったら、機嫌よく入ってくれ洗髪を済ませた。

夕ご飯食べられると聞いたら、「食べる」ちゃんとご飯を軽く一膳食べた。


今日は楽しい1日だった。

なんとなく胸いっぱい。


写真日記ランキング

思い出し怒り 10月のひまわり 秋の黄色 

2020年 10月 27日 今年の春、まさに新型コロナウイルスがきな臭くなってきたころ、去年の秋に受けた横浜市特定検診の結果が送られてきて、結構ムカついた覚えがある。

健康診断の結果が半年後に郵送されるってどうなんだろう?

私のように別に問題なしの人は良いが、要検査および要注意の人は困るだろうが、それとも結果の悪かった人は別便送付されたのかしらね、などと文句の一つも言ってやりたい衝動に駆られたが、世の中の状況がどんどん悪化する中で踏みとどまった。

元々、自費で毎年人間ドックで検査をしているせいもあり、特定検診の結果が半年過ぎても送られてこなかったことに気が付かなかった。


今日はその特定検診の予約日で朝食を抜いて検診を受けてきた。

また、結果は半年後の来年の春なんだろうか?

一応さ、住民税払ってんだよ、これでも私。


特定検診の効果は期待できない、と先ごろ読んだ新聞の記事にあった。 

結果が半年後じゃあ、本当に効果は無いと思うよ。

10月のひまわりIMG_5441.JPG

今日は曇りの予報だったが薄日も差した。 日向は暖かい。

午前11時少し前に帰宅して、遅い朝食を食べたら、朝は元気いっぱいだったのに、どっと疲れた。

母の昼食を作り、ついでに夕食の下準備を済ませて洗濯物を取り込んで自室に戻ったら、倒れ込むように横になった。

セイタカアワダチソウIMG_5440.JPG

タンポポ、菜の花、ミモザ、水仙。春も黄色、黄色、黄色のイメージがあるが・・・

秋も同様に黄色のイメージだな、などと思う。

紅葉も降りてくる。


しつこいけど、検診の結果が半年先って、そりゃあ、横浜市どうかしているよ。

思い出し笑いならぬ、思い出し怒り。


明日はいっぱい話そう!


写真日記ランキング