公転の別の周期に入り始めた私

2020年 11月 9日 美容院の帰り道、落葉低木のハコネウツギが咲いているのを見つけた。 そもそも花の時期は春から夏だ。

ハコネウツギIMG_5551 (2).JPG白い花で始まりピンク色に変色する。

4週間に1度の美容院を終えると一か月が過ぎるわけだ。 一か月がビュンビュンと音を立てて過ぎて行くような気がする。

髪を切って3週間を過ぎたあたりから、刈りあげたところに白いものが目立ち始め、顔の輪郭がぼやけてくる、その上、なんとかぎりぎりで保っている体型が油断しなくとも、すぐにでも弛緩し、垂れ下がるのを感じ始めて、ひどく年を取った気がする、と担当の美容師に話した。

庭のバラIMG_5560 (2).JPG

プルーストは「公転のべつの周期に入り始めた天体」と老いを表現した。

若くて美しい男性ばかりを漁る男爵の老いをこんな風に表現するのは、さすがにプルーストぐらいなものだと思うが、その容赦のない比喩は読んでいるうちに私自身に向けられているようにさへ感じてため息が出る。

IMG_5553.JPG

桜の落ち葉

IMG_5552.JPG

母の頭の中のある情報が間違った状態で保存され、それを何度正しても、間違った状態で確認を繰り返す。

母の記憶は更新されることが無い。 

9月に会った妹が、母に会う度に嫌いになるとボソッと言ったことを思い出す。

ふと、母も公転のべつの周期に入ってしまったのだと思う。


今日は、午後から応接間を掃除する予定だったが、母と昼食をとり、夕食の下準備を終えたら、そんな気は完全に失せた。

すべきことは午前中に終わらせる、である。



写真日記ランキング

興味アリマセン。

2020年 11月 8日 固定電話にかかってくる電話は大体が勧誘である。 

説得とお願いを繰り返して漸く母を入浴させて洗髪し、おしりの褥そうに薬をぬっている時だった。

午後6時前、固定電話が鳴った。 綿棒を持って立ち上がり、受話器を上げる。

「仲人サービスの〇×▽と申します。」 興味アリマセン、ガチャン。

誰からだったと問う母に、仲人サービスだってさ、と答えたら、


入浴後ぐったりしていた母が、急に元気になって、怒ること怒ること。

人を馬鹿にして!!! 生活困窮者とかあんたみたいな独身女の名簿が出回っているんだよ!!

って、お母さん、支離滅裂(でもないか?)、落ち着いて。

あんた、80のジイサン相手に結婚なんてやめときな、と、ものすごい剣幕。

(一応、計算は出来るんだね)



母の妹から頻繁に電話がかかてくるので、留守電に出来ない。

「どうしているかなって、電話したの」って、叔母さん、15分前にも電話してきたわよ。

(私は、母の妹も認知症ではないかと疑っている)



仲人サービスなんて、正直言うが、大きなお世話。

老人の世話は母で十分、手一杯。これ以上冗談じゃないよ。

一昨日来やがれ、って言ってやれば良かった。

本日のお昼前IMG_5548.JPG

洗濯物を干している時は曇天だったが、プールから出たら、こんな青空になっていた。

青空は長くは続かず、午後の早い時間に再び曇り。

でも、小春日和のような暖かさだった。

賑やかな植え込みIMG_5547.JPG

IMG_5546.JPG

他には話題が無いな、いつもの日曜日。 

午後は新聞に目を通して、「失われた時を求めて」を読み進めた。


あっ、そうだ、決着がなんとかついて良かったね。

蛇足

本日の靴下IMG_5550.JPG

2年くらい前の春に買ったシースルー靴下。すっごく可愛いと思ったけど、全然似合わない。 

そりゃそうだ、還暦越えだものね。


写真日記ランキング

出来ることを一つづつ 本日は立冬

2020年 11月 7日 花は綻び始めるとあっという間に咲き競う。

庭の菊IMG_5545.JPG

庭の菊が綺麗だ。 黄色の菊はもう少し後にならないと咲かない。


時折、スマホは頼みもしないの去年の今日を知らしめる。

昨日スマホを充電した後、何気なくみたら、アルバムの写真が画面に表れていた。

そうか、去年は11月5日から7日まで五島の福江に居たんだな・・・

観光バスのガイドさんから、1枚ぐらい記念にと言われて写してもらった1枚。 

マスクの無い日常だった。

IMG_5535.JPG

こんなふうに今年もツワブキの黄色の花が咲き出すとぼんやりと思い出す。

五島はいたるところツワブキだらけだった。 たしか、ツワブキを食べた記憶がある。


心象風景は変わらないが、現実はえらく変わったな・・・


今日は掃除を済ませて、キッチンの換気扇の掃除をした。

換気扇は年に2回しか掃除をしない。 今年はこれで終わりだ。


出来ることを一つづつ。 本日は立冬。


写真日記ランキング

あ~あ、冬が来る。

2020年 11月 6日 本当は金曜日の大掃除の後に少し休みたかった。

でも、すぐにお昼になってしまうし・・・

お昼を食べたら、夕飯の牡蠣ご飯とけんちん汁をしこまなければと思うと、掃除の後にすぐに散歩に出かけた。

こんな時は複雑な気持ちになる。 

散歩のための散歩ではなく、写真のための散歩ではないかと。

たいした写真でもないのだが。

通りすがりにIMG_5536.JPGシュウメイギクかと思ったが、葉っぱが違う。 コスモスの仲間だろうか?


母の後を追って、ちゃんとピンコロ体操へ行ったかどうか確認しに行ったことがある。

ついこの間のことようだが、母が体操教室に行かなくなって2年は経つと思う。

この場所に立って思った。

確実に母の体力は落ちている。


IMG_5537 (2).JPG

この小さな森の中に集会場があり、そこがピンコロ体操の場所なのだ。

元気よく通っていた頃を思い出す。

IMG_5539 (2).JPG

IMG_5542 (2).JPG

ピンコロ体操もコロナウイルスで長らく中止になっていたが、9月から再開されたと昨日聞いた。

体操仲間の方からサツマイモをたくさん頂いた。 

「お母さんは」と問われて、こたつで眠っていますと答えた。

母は本当に外に出ることがなくなった。 せいぜい月に1度のクリニックぐらいなものだ。

先日、インフルエンザの注射と診察のために出かけた際は、母が杖を初めて使った。


サトイモをむき茹でこぼし、大根、人参、ゴボウを切り、さっと、ごま油で炒めて、だし汁を注ぐ。

並行しながら、牡蠣を洗い、しょう油と酒で軽く味をつける。


夕飯の仕度に小一時間かかった。 

美味しかったが、あっと言う間に食べて終わり。


あ~あ、冬が来る。


写真日記ランキング

クリフハンガー

2020年 11月 5日 土曜日以来の買い出しに出かけたら、もう外へ出る気がしなくなった。

故に・・・

秋の果物IMG_5531.JPG

セザンヌの静物画をイメージしたが、なにか布を用意した方が良かったかも。


今日も美しい秋空が広がった。 洗濯物とお布団でベランダは満艦飾。

帰宅して休憩をとったらお昼になる。 

お昼を片付けて、夕食の下準備をして洗濯物とお布団を取り込むと、これで午後2時になる。

やれやれ。

昨晩、母を入浴させて洗髪を済ませたので、今日は気持ちが軽い。

軽くなった気分で、散歩する気は失せたのに、夕方20分ほどプールで泳いで午後6時前に帰宅した。

本日の庭のバラIMG_5528 (2).JPG

Biting nails とか Cliffhangerという単語が新聞に踊る。

前者は直訳は爪を噛むだが、ハラハラさせるであり、

後者クリフハンガーは、最後まで結果がわからない競争。

度し難いほど変な人に見えるけど、人気があるんだねぇ・・・


リンドウIMG_5525.JPG

そんなことより、1日の新型コロナ感染者が1000人を超えて、これこそまさにクリフハンガーになるんじゃないの?

崖にぶら下がっている日本になりませんように。



写真日記ランキング

冬の足音を聞きながら草をむしる。

2020年 11月 4日 あれっ、私間違えた? 

熱帯雨林から置き配された本は開けてみたら3冊しか入っていない。 注文したのは4冊だけど。

注文履歴を開けて、配送状況をチェックする。

何々なに? スクリーンに映し出されているのは我が家の玄関。大いにびっくりした。

「配送されました」とともに写真が現れた次第。 残りの一冊は別便で送付されていた。

ちなみに、「玄関を撮影しないでください」という選択も出来る。 全然知らなんだ。

いやはや、アマゾンってすごいわ・・・

庭の菊IMG_5521.JPG

日当たりの悪い庭の菊が漸く開き始めた。

今日は午前中は深く沈んでほぼ何もしなかった(こんなに恵まれているのに)。

1階は雲一つない晴天なのに昼間から暗いし、その暗い居間のこたつに母はじっと座っているし。 

右耳の付け根が痛むし、なんだかこの先なにも楽しいことが無いような気分になって落ち込んだ。

痛みがあると、人間は特に私はそれに意識が集中してしまう。

庭の柚子IMG_5517.JPG

柚子が黄ばんでくると、冬の足音が聞こえるようである。

思い立って、午後から裏庭圃場に出て草むしりを始めた。 

雑草はこの時期、丈は伸びず、地面にペタリと張り付いた状態(ロゼット)になり冬を越す。

圃場に、このロゼット状の草が一面に蔓延っていた。

右手の鎌で土を絡めて根こそぎ草をひたすらむしり取っていく。

無心で没頭すること2時間弱。

づっとしゃがんで作業するので腰は辛いが、不思議なことに耳の痛みも忘れて気分がすっきりした。 

IMG_5515.JPG

先日、パンジーを買おうかと思ったが、敬老の日に母に贈られてきた花たち(キキョウ、リンドウ、ケイトウ)がまだ綺麗に咲いているのでそのままにしてある。

落ち込んだら、また草むしりに励もうと思うし、

或いは・・・

雑草にならい、私自身もロゼット状になって地べたにペタリとはりついてやり過ごすそう。



写真日記ランキング

秘密の花園はキバナコスモスが満開だった。

2020年 11月 3日 文化の日だからというわけではないが、今日、失われた時を求めて 第10巻を読み終えた。

もうここまでくれば、挫折することも無かろうと、先ほど熱帯雨林に11巻、12巻、13巻、14巻をまとめて注文した。

IMG_5507.JPG

洗濯掃除を済ませて、一駅歩いてコーヒー豆を買いに出かけて、帰りは電車で帰宅した。

ちょっとだけ休憩して、お昼。


今朝、母が昨日は〇子(妹)が来たんだよね、と聞くので、来てないわよ、正月まで来る予定ないわよ。

夢でもみたんじゃないの? 大丈夫?



こたつの上に置かれた朝刊の1面をぼんやりとみていた母。

アメリカの大統領って、今日決まるのかい?

時差もあるし、今日は決まらない。 今日は投票日じゃないの、と答えておいた。


1週間前ぐらいだったか、英字新聞にトランプさんは、すでに法廷闘争のための弁護士を準備したと書かれてあって、ついでに言えば、バイデンさんもそれを受けて、すでに(裁判の準備を)進めているそうで、両陣営とも裁判を視野に入れているらしい。

ジイサン同士の対決はそう簡単に決着はつかない、ような気がする。

争っている間はそれこそ「失われた時間」になるのにね。

そうでなくてもコロナウイルスのために、世界中「失われた春、夏、秋」だったのに。 



右あご歯茎にアフタが出来て、昨晩夜遅く頭の後頭部が神経痛?のために早く就寝。

十分な睡眠をとった今日は元気に起きたが、なぜか、夕方から痛みは移動して、右耳の上が時折ズキズキと痛む。

母の入浴すら止めてしまった。

だから、今日はこれでお終い。


線路沿いの秘密の花園はキバナコスモスが満開だった。

IMG_5509.JPG

IMG_5508.JPG



写真日記ランキング