静かな場所でゆっくりと無駄な労力使わずに。

2019年 8月 6日 火曜日 晴れ 

現時点でキャンセルの連絡は無いので、まあ、当日のドタキャンも大丈夫とお伝えしてあるので、実際どうなるか、わからぬが、明日は静かな場所でゆっくりと大好きな人と一緒に無駄な労力を使わずに過ごす予定。

ジニアIMG_2698.JPG

怒るというのは毎度思う事ながら、疲れるのである。 わかっているのに怒りを繰り返す。

今日は習慣をみ~んな捨ててみた。

掃除せず。

ついでに母も捨てた。 

庭のタカサゴユリIMG_2707 (2).JPG

母が綺麗だからというので、タカサゴユリを庭で野放しにしているが、元来の風来坊で野良百合のせいか、庭の統一感を乱す。

花自体は綺麗だが、なにせ協調性に欠けるから庭に調和しない。 こいつは野に置け!

と、ここまで書いて、私は綺麗じゃないが、協調性には欠けるな、などと思う。

今日、収穫は夕方行った。すごい西日だった。

本当のところ本日の結論: 静かな場所でゆっくりと無駄な労力使わずに・・・私は死にたい。

本日の収穫IMG_2710.JPG

茄子: 122,123,124,125,126号 美しい茄子は、もう収穫できない。

トマト: 70号


このプロバイダーのブログは、大改革(大改悪である)して、つまり、画面がスマホに特化したのだと思う。

CSS編集をすれば多少なりとも以前のようになるかもと思ったが、他の方々のコメントを読むと、うっかり自分でいじると、画面が崩れるらしい。

画像


ドでもヌでも良い。 憤怒

2019年 8月 5日 月曜日 晴れ 「憤怒」フンドでもフンヌでも良い。 昔、この単語を私はフンヌと読んだ。

フヨウIMG_2706.JPG

処方箋薬局の前に大きなフヨウの花が咲いていた。

今日は母はクリニックへは行かなかった。

断固拒否。

「あたしはどこも悪くない。ムダ金、医者の言いなりになるんじゃないよ」

「あたしは、86歳だけど、なんでも自分でやっているんだよ、大きな口を利くんじゃないよ」

今日は母の87歳の誕生日だったが、朝から荒れ模様で無視した。

***

医師からは1年以上、健康診断を受けていないと文句を言われた。

あなたのお母さんは自分がオカシイとまったく思っていないから、始末に困るとも言われた。

***

母をぶんなぐって、ケアプラザへ電話をしながら、大声を上げて泣いた。

「もう、お薬も止めても構わないです。変な話ですが、そのうち弱るときが来ます」って看護師は言ったが、それって何年後なの?

5年後、10年後?

第1に、9月末で要介護1の認定が切れるのだ、薬止めるのは構わない、私のストレスが減るから、大歓迎だが、医師の認定が必要なのに、それじゃあ、私はどうすればいいの?

こんな状態で要介護認定を終了させるの?

足の爪が切れないんだよ。 気が付いたら、猛禽類みたいな爪になっていたんだよ。

尿漏れパッドを母のトイレに置いてあるのに、毎日15枚以上の下着が出されるんだよ。

***

ただ、ただ、クリニックへ行ってほしくて、黙っていた。

汗だくになって入浴もさせてきた。

お母さん、私を産んでほしくなかった。 私が死んで地獄に落ちても恨む。

憤怒

本日の収穫IMG_2703.JPG

茄子: 118,119,120,121号

トマト: 67,68,69号

画像

このままでいいや・・・

2019年 8月 4日 日曜日 晴れ 

「冷房とめてくれないかい? ちょっと寒い」と母が言った。設定温度は28度である。

そう、それじゃあ、止めるけど、暑くなったら窓を開けるか、また冷房いれてね、と言いおいて自室に上がったのが午後2時。

午後3時に階下に降りたら、締めきったまま、むんむんする部屋で椅子に座ったまま眠っている母を起こして、急いで冷房を入れたが、気分が悪いというので、心配したが、母はちゃんとお夕飯を食べた。

青い空に百日紅IMG_2699.JPG

丁度お夕飯の仕度をしていたが午後6時ごろ、ご近所さんがいらして、お孫さんが来るはずだったが、ドタキャンされたそうで、ご馳走を作ったので、食べに来てとお誘いを受けた。

母は途端に機嫌が悪くなった。 「若い人の集まりだからね」って、若くない。 私を除くと全員70代。

突然だったので、とりあえず、母と夕食を終えて、お茶碗を片付けて、午後7時頃に伺った。 

前もって遅れると言っておけばよかった。 後悔する。

楽しかった。

「ラインをしないの」と聞かれて、この質問はスマホに変えてからよく聞かれる。

テーブルにいらした皆様は全員ラインをされているそう。

私は正直、友達も少ないし、ラインは今のところはやらない。

このままでいいや・・・

などと思った。

私って変かしらね? 

変でもいいや・・・って、ここで書くということは、つまり、気にしているってことかしらね?

短く終了。

庭のあちこちも黄色しか咲かないIMG_2701.JPG

本日の収穫IMG_2700.JPG

茄子: 116号、117号

トマト: 62号、63号、64号、65号、66号


画像

明日も蝉は鳴く。

2019年 8月 3日 土曜日 晴れ 午後は雲一つなかった。 

「よいお天気ですね」と挨拶されて、少し驚く。 多分、意識されて、そう表現しているのだと考えて、ただ単に、そうですね、と答えておいた。

鬼百合IMG_2694.JPG

土曜日のジムのプールは午後3時から開放されるので、それに合わせて出かける。

タカサゴユリIMG_2693.JPGこんなところで咲くとは、いやはや、その繁殖力は本当に大したものだと思う反面、なんだか、そのうち、夏の日本はタカサゴユリに征服されそうな気がしないでもない。

朝から救急車のサイレンが行き交う。 犬がサイレンに呼応するかのように、蝉の鳴き声がかまびすしい。

起床時からミンミンゼミは威勢が良い。

プールからの帰りには、信号機の金属製のポールにアブラゼミがしがみついて必死に(これは私の主観)泣き叫んでいて、思わず、カメラを構えたら、信号が青に変わって、やむなく断念。

思い出IMG_2695.JPG

夕方になって、ヒグラシが鳴くのを聞いた。

ミンミンから始まって、ジージーとなり、最後はカナカナカナである。

母の寝室のエアコンの冷房を午前2時に切れるように毎晩セットしている。 自室も同様だが、必ずといってよいほど午前3時過ぎに目が覚めてしまう。

「このあいだね」で始まる母の話は30年以上前のことで、それはそれで面食らうこともあるが、プールから帰宅して、今日は簡単にシャワーで済ませて、母には椅子に座ってもらってシャワーを浴びせた。

来週はクリニックへ行ってくださいね、お母さん、私の心の声。

本日の収穫IMG_2691.JPG

茄子: 112号、113号、114号、115号

トマト: 58号、59号、60号、61号

裏庭圃場の収穫はそろそろ終わりである。 キュウリは枯れ始めた。 

盛夏になったと思ったら、夏野菜は終わるのだ。 

なんだか、今年は台風の発生が多そうな予感。

水曜日に出かけた際に膝までのストッキングをはいたのが悪かった。 ゴムのところが汗でかぶれて腫れあがってしまった。

明日も蝉が鳴く。

画像 

逸話

2019年 8月 2日 金曜日 晴れ時々曇り 

母が素直に風呂に入るということは、つまり、汗をかいていることを自覚しているのだ、と思う。 今日も入浴する。 有難い。

「今日何日?」今朝、母の開口一番。

8月2日と答えると、「あたしはこんな暑い時に生まれたんだねぇ」と続けた。 母の87歳の誕生日は来週月曜日 8月5日。

昨日のペチュニアに松葉牡丹IMG_2682.JPG

金曜日の大掃除を汗だくで終了して、母の足の爪を切り終わったら、午前11時20分になっていた。 ゴロンと居間に寝転がり、暫し休憩。

傍らで、母は、もう何万回と聞いた終戦後の苦労話を始めた。

私の花壇IMG_2684.JPG

一昨日の新聞に戦争の語り部として現在も活躍されている、当然ながら高齢者さんの記事を読んだ。

食べる物がなくて、いつも空腹に悩まされた、と中学校の講演会で話したら・・・

「なんでコンビニに行かなかったの」と質問されたそうで、ひどいショックを受けたと書かれてあった。

中学生にしては、失礼ながら、なんて無知で想像力がないのだろう、などと思ったが、同じような「逸話」を思い出した。

今となっては、伝説にさへなってしまった、フランスの王妃マリーアントワネットが言ったとされる(嘘らしい)、あの、有名な、

「パンがなければお菓子を食べればよいのに」

はあぁ、でも、まあ、Wi-Fiルーターがなけりゃ、アイフォンの自動更新は出来ないってことを知らなかった私も無知だから、あまり、

他人様の悪口は書けぬ。

本日の収穫IMG_2683.JPG

茄子:109号、110号、111号

トマト:53号、54号、55号、56号、57号

茗荷:祝初収穫


我が家の茗荷IMG_2689.JPGしみじみと眺めてみると、綺麗でしょう!!!

今日の夕食に急きょ冷ややっこを追加して、茗荷、ネギ、ショウガと薬味をてんこ盛りにして頂いた次第。

同じ写真ばかりですみません。 暑さで本日外出せず。

画像

ここにいてくれたらいいのに・・・ 映画 カーライル ニューヨークが恋したホテル

2019年 8月 1日 木曜日 明るい曇り スモッグ注意報が出ていた。 カレンダーが8月に入った。 

朝の掃除の後でカレンダーをめくった。 自室のユニセフのカレンダーを8月にして、気にも留めなかった。 ついさっき、おやっと思った。

7月まではすべてどこかに私の名前が、それが、8月は海を臨む砂浜に手紙の入ったボトルが1本。

wish you were here って、書かれてた。 「ここにいてくれたらいいのに」 

ちょっと胸がきゅんとした。

最後のペチュニアIMG_2681.JPG庭のペチュニアは梅雨寒と長雨でほぼ全滅した。最後の1輪。

行ったことも無いのよく言うよ、と言われそうだが、ニューヨークに行きたいと思ったことが無い。

(敢えていうなら、メトロポリタン美術館には行って見たい。)

言わずと知れた世界の商業、金融、文化の中心地。

でも、生き馬の目を抜く街だ。 苦手なんだそういうところ。

それにもかかわらずに見た映画が 「カーライル ニューヨークが恋したホテル」

優雅な気持ちになれるかと問われれば、NOである。 うむ。 あまりにも敷居が高い。 スイートルーム 1泊 1万ドルで3か月滞在したジョージ クルーニーみたいなセレブの生活と私の生活には雲泥の差がある。比べること自体に意味がない。

カーライルホテルは私に「ここにいてくれたらいいのに」とは絶対に言わない。

ブッシュ政権時の国務長官だったライスさんが出られていて、ご自分が宿泊している部屋が1泊4000ドルと言われて、苦笑しながら、

「でも、1万ドルよりはマシよね」って言ってた。

最後のシーンで、長らく勤務されていた吃音のスタッフの言葉にぐっときた。

なぜ、引退されるのかという問いに対する答え:

「ストレスが違ってきた。 昔は皆(宿泊客)に品格があった。 今はそれを感じられない」

個人的に、あの、インスティンクトで主演していたアラン カミングがホテルの出入り口?で全裸になって股間にワインだか、シャンパンのビンをあてて、誰にも気づかれずに撮影した写真に笑った。 いかにも彼らしい。

本日朝の収穫IMG_2675.JPG

本日夕方の収穫IMG_2680.JPG

茄子:106号、107号、108号

キュウリ:38号

トマト:まちがって青いのを収穫したけど、44号、45号、46号、47号、48号、49号、50号、51号、52号 

祝 トマト 50号突破


黒い実IMG_2677.JPG庭のナルコユリに黒い実がたくさんなっていて、これはこれで可愛らしいなどと思って一輪挿しに活けた。

今日は母を入浴させて洗髪することが出来て、心から安堵した。 それにしても、すごい汗びっしょりになって、もう一度シャワーを浴びようかと考えたくらいだ。

来週は母をクリニックへ連れていかなければならない。 7月に見えた看護師さんが誓約書みたいなものを書いてくださって、母と二人で声を出して読み上げて、必ず、毎月クリニックへ行くことを確認したが、多分覚えていないと思う。

診察に行ってくれるだろうか・・・

画像


熱帯朝と熱帯夜

2019年 7月 31日 水曜日 ほぼ晴れ このように暑いうちは、夜出かけることは止めることにした。 

今日は母を入浴させられなかった。 

ニチニチソウIMG_2673.JPG

その老婦人は、私に「いつもありがとうございます」以外の言葉を言ったことが無い。

今日は珍しくこんな会話を交わした。

「梅雨がうっとうしくて、早く明けないかな、などと思っていましたが、明ければ明けたでこんなに暑くて、とても辛いのですが、考えてみれば、自分の都合ばかりなんですね」

そんなことありませんよ、日本中の人がほぼ同じように、くそ暑いと思っています、と答えた私。

そんなふうに自分の都合などと考えたことは私には無かった。

母がお昼はパンが食べたいというので、買いに出かけた次第。 パン屋さんでの会話。

熱帯夜の都会IMG_0228.jpg

今日は本当はもっと早い時間に家を出て、美術館に寄ってから映画の試写会へ行く予定だった。

あまりの暑さにめげてしまい、結局、夕方から出かけて先ほど帰宅した。 

出かけると決めてから、シャワーを浴びた。 母に良かったらシャワー浴びないと聞いたが・・・

「大丈夫、1人でシャワーぐらい浴びるよ、それより、早く出かけな」

玄関ポーチの明かりがついていて、母は私の帰宅時のために電灯をつけて待っていてくれた。

母は多分、シャワーを浴びていないと思う。

今朝午前7時の自室の気温は28度だった。

夜の気温もほぼ同じくらいあり、これが本当の熱帯朝と熱帯夜

本日の収穫IMG_2672.JPG

茄子104号、105号

トマト39号、40号、41号、42号、43号

キュウリ号外


今日は良いトマトが沢山収穫できた。

映画の話はまた明日。

画像