ためらわない。

2020年 8月 7日 梅雨明けしたときは、心底、暑中お祝い申し上げます、って書きたいぐらいの気持ちだった。

今日は私の住んでいる地域は日中の気温が35度になった。

人間なんてわがままなものだとも思うが、やはりこれはこれで辛く、

最近、気候というより自然が怖いような気がする。

夕方の庭IMG_4952.JPG

縦横無尽に花を咲かせるタカサゴユリ。

新型コロナウイルスも縦横無尽の広がりようで、すでに国内の感染者が4万人を超えた。

ため息が出る。 

閑話休題:


昨晩、コズミックフロントをぼんやりと見た。

たったの2時間の弾丸宇宙ツアーでさへ、お一人様代金が2700万もするので、私には到底宇宙旅行は無理であるが、

やっかみではなくて、財力があっても、若くても、宇宙に行きたいとは思わない。

それより、スペースポートがある砂漠へと向かう景色がすばらしくて、同じ道をドライブしてみたい、などと思った。

スペースポートはニューメキシコ州にある。

荒涼とした風景が延々と続くが、美しかった。

本日の収穫 茄子70号、トマト95号IMG_4950 (2).JPG

私は将棋を全く知らない。

興味も無いが、藤井聡太棋士の快進撃ぐらいは知っている。

師匠の方が言った言葉。

「ここは重要な局面だから、大切に考えて打つ、みたいなことを彼はしないんです」

ためらわない、のだと思う。 天才だから・・・


今日は金曜日の大掃除を終えて日曜日以来の買い出しに出かけて帰宅したら午前中を終えた。

母は食事以外の時間はベッドで寝転んでいるので、寝室のエアコンをつけっ放しにした。


この時期の母は、俄然威勢よく戦時中、戦後の話(同じ話)を繰り返す。

苦しくて思い出したくもない記憶なのに、熱をおびて話し始める。

今日も、竹やりを持つ仕草をしながら、「突き~」と大声で叫ぶので、

わかったわかった、落ち着いてと声をかけた。 人間って可笑しくて不思議。


私はためらってばかり。 迷ってばかり。


写真日記ランキング

つらつら思う

2020年 8月 6日 午後から新聞に目を通していた。 ある記事に目が留まった。

昔、「荒野へ」という本を読んだ(ちなみに映画化もされたらしい)。  

今でも深く印象に残っている。 当時の私はかなり衝撃を受けた。

本は実話であり、作者が丁寧に主人公である青年の足跡を追って書いた。

いつだったか、わりと最近の話だが、この「荒野へ」で実際の「青年」が亡くなった廃車のバスのある場所(デナリ公園内)が、現在、一部の若者の間で聖地化されていて、遭難者も出る有様になっている、という記事を読んだ。

本日の記事は、そのバスがついにというか、フェアバンクスのアラスカ大学構内にある美術館に常設展示されることが決まったという記事だった。 写真入り。

それがどうした、と聞かれても困るが、本を読んだ当時の私って、何歳くらいだったろう、などとつらつら思った次第。

返り るり菊IMG_4947.JPG

今日庭で咲いた。 目が涼む・・・ 初夏の花である。 酷暑の中で咲くのは珍しい。

フウセントウワタIMG_4932 (2).JPG果実がユニーク 少し前の写真。

ホオズキIMG_4933.JPG

夕方プールに行く予定が暑さでめげて1日出かけることはなかった。

洗濯掃除してご飯作って母を入浴させて終わり。


「失われた時を求めて」第8巻をアマゾンに頼んだが、入荷遅れで未だに手元に届かない。

手持ち無沙汰である。 

それにしても全14巻だから、ちょうど半分の量を読んだことになる。

先は長いが、コロナの時代にはもってこい、かもしれない。

本日の収穫IMG_4946.JPG

ゴーヤ7号

キュウリ49号、50号
 カウントするのもおこがましい規格外というかキャラありというべきか?

茄子69号

トマト94号
 久しぶり

ミニトマト、茗荷少々




写真日記ランキング

夕闇のヒグラシ

2020年 8月 5日 カレンダーをみたら、明後日7日ははや立秋である。 

梅雨明けしたと思ったら、暦の上では秋になる。 

夕闇の中から聞こえるヒグラシの声を聞いたら、ほんの少しだけ侘しく思った。

洋菓子屋さんの宇治金時IMG_0554 (002).jpg

今日は暑かった。 今年初めてかき氷を食べた。

コロナのせいなのか、はたまた、人手不足解消のためなのか、1300円もする宇治金時はプラ(牛乳パックみたいな)容器に入って出てきた。

個人的には・・・ちとガッカリ。 ガラスの容器の方がやはり趣が出ると思う。

庭のジニアIMG_4940.JPG

起床して母に声をかけた。

お誕生日おめでとう。

「どうもありがとう。 あたし87歳になっちゃった」

って、お母さん、しらばっくれちゃって。 88歳になったのよ。

「じゃあ、○×さん(母の大親友)は91歳だわよ、あの人生きているかしら?」

いくらなんでも亡くなれば連絡が来るわよ。 特養に申し込んだ、と娘さんから聞いたから、入所したかもしれない。


妹は10日にやって来る。 だから今日は母と二人でささやかに誕生日会をした。

所要でちょっと出かけて、帰りにデパ地下で母が所望するお寿司を買って帰ってきた。

本日の収穫IMG_4945.JPG

珍しくスラリとしたキュウリを2本収穫した。

キュウリ 47号、48号


今日は疲れた。ほんとうに、セミは元気だね。 帰宅した時は倒れ込みそうだった。 暑いからね・・・


写真日記ランキング

食えるから問題なし。

2020年 8月 4日 今日は午前10時過ぎには自室のエアコンのスイッチを入れた。

でも、暑いの寒いのなどと言っていられない。

家が浸水したわけでも無し、流されたわけでもない。

IMG_4934.JPG

お昼を食べ終わると必ず母の顔を拭いて目薬をさす。

ティッシュの箱をキッチンテーブルに持ってきて、なんだか箱が異常に盛り上がっているのに気が付いた。

母は使ったティッシュを捨てられなくて、再び箱の中に突っ込んだのだ。

やれやれ・・・

庭のタカサゴユリIMG_4942.JPG

IMG_4944.JPG

IMG_4939.JPG

食事中に母が真面目な顔で言う。

「私はにはあんたが居るからいいけど、あんたは年取ったらどうすんの?」

お箸を持ったままの手が思わず止まった。

そろそろ考えるべきなんだろうが、なにせ、毎日毎日を過ごすのが精一杯であり・・・

なおかつ私自身、未だ欲望の炎は鎮まることも無い。

***

夫が居ない(結婚しなかった)、恋人もいない。 

当然ながら子供も孫もいないので、最後はやはり自分でけりをつけるしかない。

(注意:自死という意味ではないので念のため)

どのようにけりをつけるかは未定。

いづれにしても、ボケるからよろしくお願いしますとは言えないのだ。

そういうことを考えはじめると、吐き気がするのだ。

***

くそ暑いということも悪いことでもない、と考える。

母は入浴は嫌がるがシャワーは喜ぶ。 

トイレに何度も入ることも無く、いそいそと裸になる。

そういう訳で、今のところほぼ毎日シャワー浴びさせて、希望があれば洗髪も出来る。

本日の収穫IMG_4938.JPG

ゴーヤ 7号、8号

茄子 65、66、67、68号
 小ぶりのまま割れるので収穫

キュウリ 46号 

キュウリは非常に短躰で、こんなになるまで気が付かなかった。 

なんだか私に似ているかも。 でも、ここまで太っていない。

食えるから問題なし。


いづれにしろ私も死ぬんだから問題なし、って断言できるとよいのだが。

母は明日 88歳になる。 米寿。


写真日記ランキング

何一つ憂いも無くて夏茗荷

2020年 8月 3日 茗荷に夏と秋があるなんて知らなかった。

先日、ご近所さんが夏茗荷の苗を持ってこられた。 

「うちのはね、みんな秋茗荷なのよ。夏茗荷って珍しいでしょ。おすそ分け」

ということで、裏庭圃場に植え込んだ。

今朝、裏庭に出てみたら、たくさん茗荷を見つけた。 

つまり、我が家のはもともと夏茗荷なのだ。

なんの憂いもなく茗荷はちゃんと生えてくる、と思った。


本日の収穫IMG_4937.JPG


ゴーヤ 6号
キュウリ 45号


母が綺麗だからそのままで良い、というのでほかしていたら、庭のいたるところにタカサゴユリが出現している。

なにせ風来坊なので、どこに生えてくるのか見当もつかない。

本当に図々しく、ふてぶてしいくらいの繁殖力で、

時々呆れる。

私は正直あまり好きでは無い。

タカサゴユリIMG_4935.JPG

母の鏡台には山積になった鼻をかんだティシュー。

エアコンの風でカレンダーが揺れる。

「お母さん、この部屋はね、お母さんの乾燥した鼻水が充満しているのよ。 私はね、もう一緒に夕飯食べたくない」

と言ったら・・・

「わかりました、捨てます」って、絶対に捨てないくせに。


写真日記ランキング

しっぺ返し

2020年 8月 2日 失われた時を求めて第7巻を読み終えた。 そうかぁ、スワンはもうすぐ死んでしまうんだね。

さていよいよ第8巻はソドムとゴモラである。 どのような展開になるのだろう。

ご近所さんのハゲイトウIMG_4930.JPGハゲイトウも夏に相応しい。 もえるようなピンク。

いつお布団干しただろうか、どうしても思い出せない。 つまりそれくらい晴れた日がなかったということだ。

今日は洗濯物、布団をベランダ盛大に干した。

(洗濯物は母のパンツばっかりだよ、まったく!)

庭の松葉牡丹IMG_4928 (2).JPG

WHOのテドロス事務局長が新型コロナウイルスパンデミックは1世紀に1度の危機だと警告を発した。

100年に1度だから忘れちゃうのかしらね? 

それともそもそも人間は都合の悪いことは忘れやすいのか?

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶっていうことわざ。

経験から学んでも、多分、忘れちゃうのが、私を含めて大方の人間なのかもしれない。

なんだか、今日1日を無事に過ごせたことが非常にありがたいことのように思える昨今。

グラジオラスIMG_4931 (2).JPG通りすがり。 手入れされることもない花壇なのに、本当によく咲く。

いつもと変わらぬ日曜日。 午前中はプールで泳いで帰宅。

家事を終えた午後はひたすら読むことに専念して終わり。


はぁ、ため息。

個人的な思い:

爆発的に進化した人類には、こんなしっぺ返しがあるってことかもな。

本日の収穫IMG_4927.JPG

茄子 63号、64号 


写真日記ランキング

ケンタッキー・フライド・チキンと母

2020年 8月 1日 漸く梅雨明けとなった。 

本日未明午前4時頃、激しい雨音で目が覚めた。 北側の廊下の窓を開けたままだ。

起き上がってよろよろ確認しに行ったら、案の定、びっしょり濡れていた。

寝床に戻って雨音を聞きながら、あ~これで梅雨が明ける、となぜか思った。

IMG_4926 (2).JPG

暑くはなったが、久しぶりの晴れ間に張り切る。

南側窓ガラスは梅雨の時期の雨の跡が残って見苦しい。 サッシ窓の敷居は泥だらけ。

フローリングの床や畳がなんだかべたつく。

結局すべて終えたら11時半になってしまったが、晴ればれとした気分になった。

汗で額に前髪が張りついたが。

食べられる花 ナスタチウムIMG_4921.JPG

IMG_4922.JPG

知日と親日。 どちらも同じような意味に取られるかもしれないが、とんでもない。

知日で反日という人はいるからね。

新型コロナの影響というより、GDP2位の国に遠慮して国として弔意を表さないらしい。

私が随分と若いころの台湾総統だった方が亡くなられた話。 親日であられた。

緊急事態宣言直前に旅行した私がよく言うよ、と言われそうだが、かの国の主席が春に来日予定で、緊急事態宣言が遅れたんじゃないのかしらね。

トランペットリリーIMG_4903.JPG

ケンタッキー・フライド・チキンがやたら業績を上げた、という新聞記事を読んだ。

別に新しい戦略があったわけでなく、以前から客の8割は持ち帰りで、コロナ禍の中、自宅持ち帰りが一層増えた。


7月25日に墓参した折に、実は途中下車してケンタッキー・フライド・チキンをわざわざ買ったのだ。

おらが町にはマクドナルドはあるがケンタッキー・フライド・チキンは無い。


「あんたの唐揚げじゃないのが食べたい」と母がテレビを見ながらそう言った。

買ったのは2ピース。 

母は皿の上のピースをじっと眺めて、「あんたはどっちがいいの」

買ったことのある方ならわかるだろうが、かならず脚の部位が入っている。

亡くなった父はこのピースしか食べなかった。

私はなんだか変な殺気を感じて、好きな方を食べてと答えた。 顔に欲望が現れていた。

母も迷わず脚の部位を選んだ(笑い)。


ペロリと食べた母は・・・

「馬鹿だね、足りないよ。今度は4ピース買ってきなよ」

いやあ、だって、2つは多いって言ったじゃないの。

そんな会話を思い出したのでした。


新型コロナ倒産、減収減益なんていう話はそこいら中に溢れているが、こんなふうに増収増益もあるんだね。

新しい生活様式か・・・


今日はプールでブンブン(文字通り)と泳いで水風呂(サウナは未だに閉鎖中)に入って帰宅した。 

本日の収穫 キュウリ44号IMG_4925.JPG

裏庭圃場はゴーヤだけが元気。 そろそろすべて引っこ抜いて片付けるかな・・・


写真日記ランキング