それぞれの愉しみ

2021年 2月 17日 母のお昼に卵サンドイッチとグラニュー糖をたっぷりとかけたイチゴを用意した。

コタツに枕を持ち込んで、とっぷりと潜り込み、頭だけを出している母に、お昼はキッチンテーブルにあること、お夕飯はもう準備してあるので、なにも心配ないと告げて出かけた。

用事があるのは午後2時で、お昼を母と一緒に食べても十分間に合ったが、たまに独りで外食したかった。

IMG_6074 (2).JPG

バレンタインデーのルピナス

IMG_6075.JPG

「今日のランチのセットメニューは」と言いかけたスタッフをさえぎった。

ごめんなさい。セットメニューは要らないの。 生牡蠣を6ピースとシザーズサラダにグラスビールをお願いします。

オイスターバーに行って、セットメニューなんか食べたくない。

出された生牡蠣の皿の氷の下に「長崎五島列島産」と書かれたカードが置かれてあった。


ふっと、去年の4月の上五島の旅を思い出した。 何度も書くが、あの状況下でも楽しかったのだ。

すごく楽しかった。 だから、もう1回行って見たい・・・

食べ終わってぼんやりしながら、全く別のことも思い出した。

IMG_6091.JPG外は強風。歩くのもやっとなくらい。

その方はその寿司屋では知られた人だったらしい。

毎月、ほぼ同じ日にやって来る。

その方自身が、寿司屋で、自分は生活保護受給者だが、お寿司が大好きで、受給日には必ず、お寿司を食べると言ったらしい。


昨日、私は銀行で年金を下ろしたからかもしれない。そんな話を思い出した。

きっと、その方は生活費を切り詰めて、極限まで切り詰めて、毎月1回のお寿司が愉しみだったのだろう、などと思った次第。

64歳目前の私IMG_6088.JPG スマホのセルフィが苦手。 


私の冬の愉しみの1つ。 生牡蠣を食べること。 今年はこれでお終い。

午後4時前に帰宅。


追伸: コロナワクチン

横浜市は各区のスポーツセンターでの接種がメインだと今日の朝刊で読んだ。

私の居住区の(区の)スポーツセンターは駅から徒歩21分と書かれてあった。 私は1度も行ったことが無い。

往復タクシーで母を連れて行くことになるな、などと思った。


写真日記ランキング

ANONEANEMONE  あのね、アネモネ

2021年 2月 16日 私の街の花屋さんでアネモネの切り花を見たことがない。 

自由が丘とか青山あたりのお洒落な花屋さんなら、多分あるのだろうと思う。

アネモネを束にして生けると素敵な花瓶があるのだが、いまだに実現したことが無い。

イルムスで求めた花瓶の箱には束になったアネモネの花の飾られた花瓶の写真が印刷されている。

庭のアネモネIMG_6085.JPG庭のアネモネの蕾が立ちあがった。

あのね、アネモネ・・・ANONEANEMONE アルファベットにすると面白い。


午前10時前に家を出て、帰宅したらお昼を少し過ぎていた。 歩いた歩数はわずかに4200歩余り。

まず、郵便局でお年玉年賀状で当たった切手をもらい、次に銀行へ(空いていた)。 

最終目的地のスーパーの前でびっくり。 長蛇の列。

入場制限している。 今日はセールの日ではない。 

これってコロナの影響かしらね? それも当然あるのだろうが、いやいや、去年の緊急事態宣言下では1度遭遇したが、恐らく、昨日の悪天候の反動だと思う。

30人づつ、順番に入れていた。 

庭の水仙IMG_6087.JPG

母と昼食を食べて、洗濯物を取り込んで、コーヒーを飲んで一休みしたら、プールに行く気は失せていた。

今日のタイムズに面白い記事を見つけた。

「職場のデスクで昼食は合法」

フランスでは、職場の机でランチを食べるのは長らく違法だったそうで、このコロナ禍でその法律が廃止されたとあった。

何それ? って思ったけど、食事は食堂やレストランでというのがフランスの慣習。 ワインは水同様、昼休みも長いしね。

IMG_6084.JPG

IMG_6083.JPG ニョロニョロ&ミー

大分前、宇都宮美術館でムーミンのキャラクターを買った。 本当は全種類買いたかった。

ただ、ミュージアムショップはカード決済が出来ず、あまりお金を持っていなかった私は、好きなキャラクターだけを買い求めた覚えがある。

午後、並べてみて、やはり、可愛らしい、と思った。


今日は夕方、母を入浴させた。 母は暖かいので、それほど嫌がらなかった。


それにしても、ただただ、むき出しの土の庭のあちこちに球根植物の芽が大きく伸びていた。 



写真日記ランキング

裏主役

2021年 2月 15日 あなたは誰が好き?

「ムーミン谷のひみつ」の帯に書かれている言葉。

私はなぜか、今はニョロニョロ。 電気が命。

昔はスナフキンが好きだった。

裏主役の1つであると作者が言う。

裏社会というのは聞いたことがあるが、裏主役という日本語の表現が面白い。

なぜだか、ふっと、自民党の幹事長を思い出した。 裏ボス。


ゆっくりと読み進めてはいるが、もう、終盤である。

読み終えたら、冨原眞弓の訳ではないが、ムーミンシリーズをもう一度読んでみようと思う。

昨日の庭 クリスマスローズIMG_6069.JPG

今日はちょっとした嵐のような雨になった。 

ブルーシートの下で避難されている方々は心配が尽きないであろう、と思う。


掃除を終えて、確定申告の書類に目を通して、処理した。

ほんのちょっぴりの個人年金を雑収入として申告しなければならない。


風は最初は西風だった、それが、午後から南側に吹き付けて、結局雨戸を閉めざるを得なかった。

本降りの雨で昼間から室内の電灯をつけなければならないほど暗い。


本日の午後6時前IMG_6080.JPG

午後遅くなって、ほんの少しだけ横になった。


午後4時過ぎには天気が回復してきて西日が眩しいくらいだった。

今週は水曜日か木曜日あたりに寒気が再び降りてくるらしい。 また気温が一桁になるような寒さという予報。


昨晩の暖かさで母を入浴させて洗髪も済ませることが出来たが、次の入浴日のことを考えると頭が痛い。

今日も比較的暖かく、もしかすると母が入浴するかも、などと思ったが、案の定、断られた。


冷蔵庫の食材が大分乏しくなってきた。

明日は買い出しである。


写真日記ランキング

春の味

2021年 2月 14日 今朝、起きたら壁に掛けてあった絵が傾いていた。

夕べの地震は大きかった。 亡くなられた方が居なかったのが幸いと言えば、幸い。停電、断水が早く復旧しますように。

もっと年を取って、独りぼっちで、被災したら、私はどうなるんだろう・・・

と、思うと、自分自身が傾きそうな気がした。

花屋さんのオダマキIMG_6070.JPG

そんな気持ちと体調不良のせいか、洗濯掃除を済ませた後は、非常に珍しいことなのだが、プールに行くのを止めた。

それでも、母と昼食を済ませたら、なんだか少し元気になって結局、午後からプールへ出かけ、短時間泳ぐ。

IMG_6071.JPG

紅梅が満開になっていた。

IMG_6072.JPG

今日は日中の最高気温が18度に手が届きそうくらい暖かく、道すがら、半袖Tシャツを着ている男性を見かける。

プールを出ると、クシャミが連続した。

そうねぇ、花粉のシーズンだわ、などと思う。 

ある意味、失われた春、夏、秋、冬と2020年が過ぎて、いま再び春が巡って来た。

小松菜とフキノトウIMG_6068.JPG

今日は裏庭で小松菜とフキノトウを収穫した。

小松菜は鮭フレークで和え物にして、フキノトウは、もちろん天ぷらにした。

蕗の香りと苦みは、やはり、まさしく春の味。


写真日記ランキング

時が来たら・・・

2021年 2月 13日 パソコンを立ちあげてメールをチェックしていた。

When the time is right, で始まるホテルチェーンからのメールだった。

「時が来たら、是非にお出でください。歓迎いたします。」

本当に、時が来たらと、そう思った。

IMG_6067.JPG

先ほど、携帯が鳴った。 甥っ子1号からのフェイスタイムコールだ。

九谷焼のランチプレートは可愛らしくて、思わず、笑っちゃったそうで、喜んでくれてなにより。

10か月の子供はあっという間に大きくなっていて、テーブルの周りをヨタヨタとウロチョロしていて、可笑しかった。

誕生日は4月だが、面倒で、初節句お祝いとして送ってしまった。

IMG_6065.JPG

昨晩遅く、左わき腹が痛み始めて、午前1時過ぎに、貼るカイロを患部に当てたが、ほぼ眠ることが出来ず。

午前6時半に起き上がって、とりあえず、ゴミを出し、すでに起きていた母に体調が悪いと伝える。

居間の暖房を入れて、洗濯機のスイッチを入れて簡単に朝食の準備をして、洗濯物はなんとか干し終えた。

私は朝食も昼食も食べずに布団の中に潜り込み午後2時過ぎまでうつらうつら。

IMG_6066.JPG

お母さん、お昼どうした? 「食べなくても大丈夫だよ」

今日は暖かく、夕方でも、キッチンに立つことは辛くない。

モソモソと夕食の仕度を整えて、母と二人の夕餉の膳になった。

ンゴっと鼻を鳴らしながら、ご飯を食べる母を見て、お腹空いたんだろうな・・・


写真のクリスマスローズは昨日の物。 

まだ時折痛む。 神経痛だろうか?



写真日記ランキング

女子供

2021年 2月 12日 裏庭圃場で大根を引き抜いて、ふと見れば・・・

フキノトウ

IMG_6060.JPG

わーい、天ぷらにして食べよう!

彼岸桜IMG_6061.JPG

女子供という言葉がある。

女と子供という意味ではない。 正しい意味は、「取るに足らない」。

さらい言えば、邪魔で足手まといになる、という意味もある。

私の人生の半分以上は、まあ、取るに足らないっていう扱いを受けてきた。

こういう意識が世の中に蔓延っているというのが問題なのだ。

しかしまあ、馬鹿馬鹿しいなあ・・・

IMG_6063.JPG

テレビボード到着。 別料金で設置までしてもらった。 

丁度、母と昼食を食べてお茶を飲んでいる時に配送された。 


洗濯して掃除して、3食作って母と食べる。

今日は、でも、フキノトウを見つけて嬉しかった。

本日の収穫 大根17号だったけ? & 号外IMG_6059.JPGどっちも号外かもな・・・


写真日記ランキング

頭をもたげて、うつむいて。

2021年 2月 11日 早春の花は重たい蕾をもたげて、うつむいて咲く花が多いような気がする。

考える植物。

庭のクリスマスローズIMG_6057.JPG

うつむきはしないが、首をもたげて、今にも白鳥の湖を踊り始めるかのようなアネモネ。

アネモネIMG_6058.JPG

春は・・・花々が次々と覚醒するかのように見える。



明日のテレビボードの配送時間帯に幅があった。午前10時から午後2時の間だった。

金曜日の大掃除はどんなに頑張っても10時半前には終わらない。 故に、今日は掃除を前倒したら、その最中で電話がかかってきた。

明日の配送は午前11時から午後1時の間と相成った。

テレビはまだ買っていない。 なんだか、不調が快調になってしまった。

まあ、そのうちテレビを買いに行こう。


「ミンネのかけら」を読み終えて、本棚を眺めていたら、偶然、冨原眞弓の「ムーミン谷のひみつ」を見つけた。

読んだのだろうが、さっぱり思い出せない。 

もう一度読むことにした。


冨原眞弓は、ソルボンヌ大学で学び、たまたま知り会った北欧の友人達の影響で(結局)最後にトーベヤンソンへとたどり着く。

日本語、フランス語、英語、スウェーデン語、フィンランド語を自在に操る。


私のように2か国語でさへ満足に出来ない人間には驚きだ。


お昼を食べていると、母が、

「遺伝だわね、かあちゃんも呆けなかったから、あたしも呆けない」と言うので、

一瞬、戸惑ったが、そうね、と相づちを打った。

IMG_6056.JPG

IMG_6055.JPG

ありゃりゃ。 ソーイングビーが始まっちゃった。

審査員に加わったエズメ ヤングの存在感が並々ならない。

今日も楽しかった。


写真日記ランキング