一重咲きのダリア

2019年 10月 16日 花屋さんへ出かけたら、一重咲きのダリアがまるでコスモスみたいだった。

IMG_3023.JPG

買った花はダリアではなかったけど・・・

今日は掃除だけはいつも通りだが、思いっきり手抜きをした。 

だから、木彫り教室に行く前に花屋で花を買えたわけだ。

こんな日もあってよい。

昨夕に買った調理パンを本日のお昼に。

いつのまにか貯まったポイントで交換したレトルトカレーは夕飯に。

母はゴールドキーウイ(黄色のやつ)が大好物で、お昼の水菓子に欠かせないので、皮をむいて準備した。

カレーだけじゃあ、寂しいのでブロッコリを蒸して、トマトと一緒に。 サラダは家を出る前に準備した。

以上、終わり。

IMG_3022.JPG

「あたしは、こんなに寒いのに、誰も話す人もいなくて、ベッドで寝てるだけなんだね」

お母さん、でも、それは自分が選んだことなのよ。

デイサービスは絶対嫌なんでしょ。 

私はづっと1日中、相手をするわけにはいかないのよ。

「あたしはデイサービスは行かない、絶対行かない」

***

電車のアナウンスで「次は武蔵小杉」と放送が入って、思わず、ゴッホの手紙から目を上げた。

だって、隣のご婦人二人が、づっと、停電したタワーマンションの話を続けていたから。

帰りの電車で座れずに、多摩川を電車が通過したときにぼんやりと目にした風景。

川の水はすっかり引いたが、辺り一面、乾いた泥、泥、泥とゴミ。

***

今日は母を入浴させたが洗髪せず。 

その代わりに夕食前に母の足の爪を切った。 変形がすざまじく、切るのに骨が折れる。

画像

そんなことを今年の秋は思ってしまう。

2019年 10月 15日 良い香りがする、と思って頭上を見上げたら、金木犀が満開で驚いてしまった。

IMG_3019 (2).JPG

”環境にもよるが”と書かれてあったが、金木犀は2度咲くことがあるらしい。 9月に1度咲いて、10月に再び花を咲かすのだそうで、なんと四季咲きもあると書かれてあった。

いつまでも暑かったことも影響するのだろうか・・・

***

昨日、美容室に(小雨が降っていたので)傘を持参して傘入れに置いた。

カットしてヘアダイを終えてシャンプーしている時だった。 私の顔の上にはタオル。

ただの会話の取っ掛かりに過ぎないのだが、「珍しい傘ですね」と言われた。

「刺繍された傘を初めてみた」と、その人は言った。

え~とね、モスキート、うん? それじゃあ蚊になっちまうな・・・

そうだ、モスキーノだ。 それ、モスキーノの傘なんだけど、値段の割に使いにくくて、欲しくて買ったけど、後悔したと話した。

IMG_3018 (2).JPG

多分、買ってから15年以上は経過していると思う。 実際、あまり使わない。 

62歳にもなって、この傘はどうなんだろう、と思うこともある。

でもね、売ろうと思ったことは無いと答えておいた。

今の人は物を買う時にあらかじめ、メルカリなんぞで要らなくなったら売れるかどうかが、買う時の判断になると聞いて、私はびっくりだ。

もう、長らく表参道の骨董通りに行ったことが無い。 昔、つまりリーマンショック前の最も骨董通りが元気だったころ(今も元気なんでしょうが、リーマンショック当時、あの骨董通りが空き店舗通りになったのだ)モスキーノがあった。

***

今日の午後は少しはシャンとした。 午後から昨日の新聞に目を通して、木彫りに励んだ。 

ゴッホの手紙も再び読み始めた。

午後4時半、辺りが暗くなり始めた頃、思い切って、プールへ出かけた。

プール滞在時間、実に10分。10分でも良かったのだ。

気分転換したかったから。

午後6時前に帰宅して、母と夕食を共にした次第。

現在62歳だけれど、いろんな時代があったよな、などと、ふっと、そう思い、これからもそう思うのでしょう。

私の守り神?って不動明王なんだそうな。 木彫り教室で、そう言われた。

IMG_3020.JPG 彫り始めてすでに1年以上でこの状態であります。

腕はね、切り落とさないと、胴体が彫れない。 腕は後から取り付ける。

一生懸命彫りますから、守ってくださいませ・・・

って、そんなことを、ついつい思ってしまう今年の秋は。

利己的な私。

画像

ボコした

2019年 10月 14日 「ボコしたい」って言ってた。

リーチ マイケル選手が、少し前のインタビューでスコットランド戦について聞かれて、答えた言葉。

で、言葉通り、スコットランドをボコした。 

お店の植え込みIMG_3016 (2).JPG

今日は10時予約の美容院だった。 もう前回から4週間経ったのだ。

ドアを開けた途端、「(台風19号)大丈夫でした?」と聞かれて、大丈夫でしたと答えた。

我が家からそんなに遠くない地区は一時停電になったこと、中学校の屋根の一部が飛んだことなどを聞いた。

素面の酔芙蓉IMG_3017 (2).JPG

そんな話を母にしながら、昼食を食べていたら、

「あんた、その話ジムで聞いたのかい?」 違うのよ、美容院、みればわかるじゃない? わからない、そう・・・

明日は歯医者さんを予約しなきゃね、と母に言ったら・・・

「しなくて良い。 歯茎がやせて、またどうせ外れる」

そう、わかった。

夕食の下準備を整えたら、がっくりとくたびれた。 昨日の気温は28度にもなったのに、今日は20度止まりである。

とんでもなく大変な目にも遭ってもいないのに・・・

午後は自室で横になってお終い。

何の落ちもなくて申し訳ない。
 
「ボコす」ってボコボコにするっていう意味でしょうか? 

ともあれ、ラグビー日本ベスト8はめでたい。

追伸: コメント頂きありがとうございます。 

画像


決壊を切る言葉

2019年 10月 13日 決壊とは、ダムや堤防などが切り崩れること、とある。 各地の河川が決壊し、氾濫が起きた。 

台風一過の真っ青な空とは対照的に人の住む大地は水に浸る。 被災された方がたにはお見舞い申し上げます。

自然の容赦のなさは、見事なまでに完璧だとつくづく思わされる。

IMG_3014 (2).JPG

今日は母が入浴してくれた。

洋服を脱いで下着姿になって、まず1回目のトイレ。

上の下着を脱いで、まだなんだか残っている、と言いながら、2回目のトイレ。

素っ裸になって浴室のドアを開けて、また出そうな気がすると3回目のトイレ。

「この手すりのお金はいくらだったんだい?」3500円 領収書を見せたけど、もう1回見る?

母が浴室から私を呼ぶ。

手すりを持っても、体重超過と筋力の衰えで浴槽から立ち上がれない。

なんどか母を立たせて、椅子に座らせて洗髪終了。

お母さん、そろそろ、入浴サービス使ってみたら・・・

「考えとくよ」

母の髪にドライアー当てて終了。 炒め物をお膳に並べて、さあ、夕食。

「あんたが娘で良かったよ。 息子の嫁さんじゃあ、こうはいかない」

母の言ったこの一言は、私の心の感情の決壊を切った。

夕食の膳で、私は顔を手で覆って、肩を震わせて泣いた。

秋バテかもしれないが、一昨日、昨日と自室のお布団は敷きっぱなしで横になれる時は寝ていた。

使うことが出来る介護サービスをことごとく拒否する母をつくづく不愉快になった。

IMG_3015.JPG

こういう青空を眺めては思う。 自然と違って、人間の感情は、こんなふうに、手のひらを返したようには変わることができない。

画像






揺れる

2019年 10月 12日 風雨ともにとても強い。 雨漏りも停電もないが、家が揺れる。

10日の写真IMG_3012.JPG

夕食時にチャリンと音がした。

何? お茶碗割ったの?

「差し歯がはずれた」と母が落ちた差し歯を見せた。

「あんたは全部自分の歯?」と母は聞くので、全部自分の歯ですと答えた。

連休が終わったら、歯医者さん予約しようね。

すごい風と雨で家自体が軋むような感じがする。

枕元には、懐中電灯、ラジオ。

笑っちゃうけど、真剣な気持ちで・・・

お守り。

皆様も無事に今夜をお過ごしください。

画像

台風前夜

2019年 10月 11日 パソコンを立ち上げてメールを確認したら、「休業」のお知らせが届いていた。 

そりゃあ、そうだろうが・・・

明日は午前10時頃からほぼ鉄道は計画運休。

思い出IMG_1635.JPG

先日放送された朝の連ドラスカーレットで主人公が、同級生から将来の夢のことを聞くシーン。

「私は将来、婦人警官になる」

主人公は、夢について聞かれて困惑する。

「夢なんて考えたことも無い。 今晩の大根がうまく炊けるかどうかの方が、づっと重要だ」みたいな台詞があった。

私はいたく共感し、共鳴し、同感!と心の中で叫んだ。

私は毎日、できれば、母が入浴をしてくれて(実際は週に2度程度)、夕飯を食べ終えると、なんだか・・・

やれやれ、今日も1日無事終えた、みたいな気持ちになる。

IMG_1634.JPG

お昼に刻んだ餃子の具を皮で包みこんで、冷蔵庫に一旦しまってから湯を張った。

母に、それじゃあ申訳ないけど、私は風呂に入ります。 お風呂から出たら、夕食にしましょう。

Tシャツを脱いだところで、玄関のチャイムが鳴って、急いで、頭からTシャツを再びかぶって、応対した。

書留郵便だった。

IMG_1665.JPG

福祉保健センターからだった。

「ええ、私はね、なんでも自分で出来るんです」

「銀行に行ってお金も下ろせますし、買い物もします。毎日食事も作っています」

母はずいぶん調子よく面談をしていたので、”要介護1”からもしかすると、要支援になったりして、など心配したが・・・

杞憂だった。

母の介護認定は1段階引き上げられて、”要介護2”となった。

令和4年の10月31日まで有効で、つまり、母が90歳を迎えるまでは(症状が進まない限り)大丈夫なのだと思ったら、

深く、深く安堵した。

猛烈な台風がこれから来るんだけどね・・・

画像

ホットミルクと秋

2019年 10月 10日 ちょっと前まで冷たい牛乳が美味しかったのに、今日は、鍋に二人分の牛乳を温めた。

一口飲んで、ほっとため息をついたら、母が・・・

「あっためた牛乳がうまいよ」

思うことは同じなのだ。 はあぁ、秋なんだと思った。

寒暖差が激しいせいだろうか、通りすがりにクレマチスが咲いているのを見つけた。

IMG_3011.JPG

台風19号がどうやら土曜日あたり直撃しそうである。 

千葉県の方々の不安や心配はいかばかりであろうかと思うと、こんなことを書いて申訳ないとまずお詫びしておく。

美術品と人間ではどちらが、大事じゃ、馬鹿もの、と言われるとにべもない。

先月の台風15号で、神奈川県内でも停電が起きた。

横須賀美術館、神奈川近代美術館葉山別館も停電になった。 

所蔵している美術品は気温の変化で劣化が進む恐れがあるものもあり、職員で温湿度が一定の保管庫へ作品を移動させた、という記事を読んだ。

葉山別館では屋外展示の金属の彫刻作品が変形したそうだ。

それで、ふっと思い出したのだが、世界中でもっとも安全、ディザスターフリー(災害フリー)の美術館はグッゲンハイム美術館だそうで、

私は、もちろん、ニューヨークに行ったことさへないので、当然ながら訪れたことが無い。

IMG_3013.JPG

明日はこれと言って別に用事もないが、金曜日の大掃除を前倒して、買い出しに出かけた。

午後からは洗濯物を取り込んで、ベランダの物干しざお3本を下ろした。 掃除用のバケツやほうき、ベランダ用のサンダルなどすべて室内に取り込んだ次第。

私に出来る防災はこれくらいだ。

大きな被害が出なければ良いが・・・

画像