達者で暮らせよ

2020年 11月 28日 シャトルバスが霊園近くの公園口に入った時に目にしたのは皇帝ダリアだった。

IMG_5675.JPG

父が亡くなって今年の12月で丸9年。 ここに皇帝ダリアをみかけたのは初めてである。

墓参が済んだら見に行こうと思った。

「達者で暮らせよ、余はここで咲く」と言っているような気がした。 なにせ皇帝だから。

IMG_5672.JPG

IMG_5670.JPG

IMG_5671.JPG

帰宅して着替えをしなかった。 プールに行くつもりだった。 土曜日のプールは私の習慣。

手洗いうがいを済ませて、夕食の下準備。 

米を研ぐ、野菜を切る、サツマイモを煮る、糠床から蕪をだす、こんな作業で小一時間。

コーヒーを片手によっこらしょと自室の椅子に座りこんだら、珍しく深く疲れた。

それは主観だと言われそうだが、私の身体が客観的に「今日は休め」と言っているかのように感じた。


大げさなと言われそうだが、案外こんな時に人は突然、死んだりして・・・

お母さん、夕食は何も心配がないから、悪いけど6時まで休ませてもらう。

矢も楯もたまらず、風呂に湯を張って、入浴してお布団を敷いて午後3時50分。

午後6時までお布団の中で横になった。


帰りのシャトルバスの中で「失われた時を求めて」第11巻を読み終える予定が、眠りこけた。

読み終えられなかった。



写真日記ランキング

"達者で暮らせよ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント