美しく憂鬱で重い。

3月 25日 夕刊を取りにポストをみたら、私宛の封筒が郵送されていた。 妹からだった。

封筒を開けたら、マスクが数枚入っていて、「楽しんできてください」と紙片が入っていた。

「お姉ちゃん、マスクないの?」

と、聞かれて、いや、2枚だけはある。 でも、それは4月に飛行機に乗る際に使う、とは話したが、マスクが欲しいとは言わなかった。

大嫌いだったこともある(今だって時々不愉快になることもある)妹からの思いもよらぬ優しさに触れて、涙が出た。

IMG_3864 (2).JPG

IMG_3866.JPG

私の国内の往きのフライトは欠航になった。 2便遅いフライトが自動的に予約されていたが、スクリーン上では変更不可になっていて、

昨晩はANAに電話が通じたのは、21時50分で、こんなに遅くまで対応していただき、なんだか申訳ない気もしたが、今回の目的地はアクセスが不便で、船の時間にどうやっても間に合わない。

東京都が不要不急の外出の自粛を発表して、そういう問題ではないかもしれないが、早朝のフライトに変更してもらった。


今朝は洗濯掃除を済ませて、船運行会社2社に電話して、取り消しと、新規の予約を入れた。 つまり、往復で運行会社が違う。

タクシー会社に電話をして、到着する港の場所と時間を変更した。

IMG_3865.JPG

IMG_3863.JPG

手が荒れて仕方が無い。 私の出来ることは手を洗い、うがいをするくらいである。 

母は元気で、夕食の間、ニュースを見ながら、なぜか、軍歌を歌い出して、私をびっくりさせて、そして笑ってしまった。

♪勝ってくるぞと勇ましく♪ 

「あんた、戦争中はこんなもんじゃなかったよ」って、比較できないのよ、お母さん。

「だって、風邪だろ?」

IMG_3862.JPG

IMG_3861.JPG

3月も25日になった。 

今年の春は相変わらず美しいが、憂鬱で重い。

IMG_3860.JPG

タクシーの会社の方から、「是非いらしてください」と言われて・・・

こんな時に申訳ないが、やはり予定通り、出かける。

来ないでくれって、言われなければ。



写真日記ランキング

"美しく憂鬱で重い。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント