ひとまず11月中に

2021年 11月 30日 新聞の夕刊のエッセイ(星野何とかさん)を読んだ。

「ひとまず11月に会いましょうということで予定をどんどん入れたら、今月はびっしりと予定がつまった。でも、12月の予定は真っ白である。」という内容だった。


私なんか、予定は11月も真っ白、12月も真っ白けである。

真っ白なせいか、滞りなく大掃除はほぼ終えた。

最後にインボックスの紙類、1年分のいろんな領収書をシュレッダーにかけるが、これはもう少し後で。 


新たな変異種オミクロン出現で、生きている間にマスクをしない時代が来るんだろうか、などと懐疑的になる。

IMG_8147.JPG

今朝、庭から話し声が聞こえてきた。

母がご近所さんと日光浴をしながら話している。

でも、よく聞いていたら、苗字を何度も何度も間違える。


お母さん、違うでしょ、○×さんよ。 ○○さんは別のおうち。

と、声をかけたら、○×さんは、「いいのよ、別に、なんとなくわかるから」



そんな母が、お昼を食べている最中に唐突に私に聞く。

「田中真紀子っていたよね? どうしているんだろう?」

うん、政治家だった人、まだ生きているはずだけど・・・

「すごい財産で、税金を払うために土地を売ったんだよ」と続けるので、

売ったというか、税金を土地で納める物納をしたんじゃなかったっけ? と答えておいた。


母の頭の中の不思議。

昨日の写真IMG_8133.JPG公園の百合は終盤だが、まだきれいに咲いていた。

今日は散歩にすら出かけず。

IMG_8126 (2).JPG

午後から雲が広がったが、夕方からは暖かく感じられた11月最後の日。


母を入浴させることが出来て、まずはなにより。




写真日記ランキング

私だったら、だまっちゃいない。

2021年 11月 29日 辛いから、もう2度と来ないよ。

昔、昔の大昔、私の(母方の)祖母が(彼女の)妹に言った言葉。 

母からの又聞き。


祖母の妹の夫は戦死。 

妹は、婚家の意向で、かなり年下の夫の弟と再婚した。

ある時、祖母が妹の家を訪れたら、顔が大きく腫れあがって、目を開けることも出来ないくらいだった(らしい)。

新しい夫になった人に事あるごとに殴られる。


朝の連続テレビ小説を見ていて、ふと、そんなことを思い出した。

あの馬鹿げた時代の本当にあった悲しい話。 

クチナシの実IMG_8112.JPG

私だったら、だまっちゃいない。


1階は10月下旬から、まったく陽射しが入らない。

暗くて寒い。 晴天であれば、2階の室温と比較すると、3度ぐらい低い。

家事の後、短く散歩を終えて帰宅したら、母がとても寒いと言う。

エアコンの暖房を入れて、12時に階下に降りたら、母はこたつで眠っていた。

IMG_8128.JPG

カエデの紅葉、イチョウの黄葉も進んだ。

IMG_8130.JPG

一月前ぐらいだったか、散歩の途中、公園で振り返って神社の方向を見たら・・・

あの大きなイチョウの木が忽然と消えていた。 切り倒された。


ところで・・・

ちょっと書くのをためらうが、我が家の裏手。 

今はこんな感じ。

IMG_8141.JPG

大きな庭園?には、盛り土がなされ、ここに2軒、家が建つのだそうな。

お隣さんから呼び出されて、

「うちはね、新しい塀を作るから半額払えって言われても無視するから」って考えたこともなかった。



毎年少なくとも3回は植木職人さんが入って手入れをされていた。

昔の地主の傍系。 維持するのも大変ってことだと思う。



裏庭圃場は10月初めに書いたけれども、

那覇から帰って来た翌日の10月3日の朝、綺麗に畝に発芽したはずの大根も小松菜も、み~んな全部、すっかりと消えていたのでした。

まあね、こういう年もあるんだ。




写真日記ランキング

行かなかった旅

2021年 11月 28日 夕方テレビをつけたら、鳥取砂丘が広がっていた。

孤独のグルメの再放送。 

11月16日にデパートに出かけた際に、館内放送があった。

鳥取の○×様~・・・


今時、県名と名前を館内放送にすることにびっくりしたことと、実は、25日から鳥取に行くかどうかで悩んでいて、鳥取という言葉に敏感に反応した。

出発1週間前までぐずぐずと悩んだ。


急に思い当たった。

あれは、お客様を呼び出すのではなくて、デパート内の隠語放送だったのだ、と。


IMG_8117.JPG

今朝は随分と冷え込んだが、公園のコスモスはまだ咲いていた。

IMG_8116.JPG

行かなかった旅は、来年の春以降に延期した。

鳥取にある美術館は冬季は閉鎖される。


迷ったら、やる。

悩んだら、止める。



写真日記ランキング

好きな花を1輪づつ

2021年 11月 27日 好きな花を1輪づつ。

と、言ったのはパリのおしゃれな花屋さん。

どうしたら上手に花が生けられるか、という問いの答え。



自宅から徒歩1分のところにある花屋さんは激安が売り。

センスもへったくれもないような看板に、これまたプレハブの店構え。

売られている花はすべて束売り。 最小で2輪。 

まあ、これはこれで客が絶えない(私も含めて)。

庭のシクラメンIMG_8124.JPG

そのみすぼらしい花はなんていうんだい? 

えっ、それは夏を越した2年目のガーデンシクラメンだよ、と私は答えた。

捨ててしまうには惜しいと思ってさ。

山茶花IMG_8115.JPG午前中はよいお天気だったが、午後から雲に覆われた。


今日は鳥ひき肉にネギと生姜で肉団子を作り、白菜とニンジンでスープを作った。

冷え込んだので、母も喜ぶかと思いきや、何で味噌仕立てにしないんだよ、甘いよ!

湯気をたてているスープにどぶどぶと醤油をかける母。

こんな時に、とても残念な気持ちになるが、独りで食べるより良いかもしれない、などと思うこの頃。

午後3時半の庭IMG_0724.jpg


私は結構老け込んだ。




写真日記ランキング

もみじ紅葉

2021年 11月 26日 横浜にもようやく紅葉が降りてきた。

IMG_8108.JPG

金曜日の大掃除を終えて短く散歩に出た。

IMG_8107.JPG

お寺の境内の紅葉が色づき始め、青い空に映える。


IMG_8109.JPG

IMG_8110.JPG

IMG_8111.JPG

時々、掃除が辛いなあと思うこともあるが、


どんなに美しい城であっても、誰かが守ってあげないと歴史の闇に埋もれてしまう。 


テレビのCMではないが、今の私はこの家と共に在る、などと考えるのは、今日が父の月命日だからかもしれない。

来月は押しつまるのは嫌なので、12月4日に墓参する予定。


今日もなんとか(かなり大変だったけど)母を入浴させて洗髪した。

来月の12月26日で、父が亡くなって10年になる。




写真日記ランキング

円安と水着

2021年 11月 25日 勝手口から外に出た母がづっと庭で佇んでいる。

第4木曜日の風呂掃除を終えて、庭に出たら、母はまだ立ち尽くしていた。

庭椅子を持ちだし、母を座らせて、庭仕事に精を出す。

紫陽花が多い庭なので、葉が全部落ちるまでは時々庭掃除をせざるを得ない。

IMG_8106 (2).JPG

パンジーを植え込んだ。

チャンチャンコを着て動かない母は塊りのように見える。

なんだか妖怪みたいと言ったら、

あったかいから干してんだよ、と母は答えた。


IMG_8098.JPG

円安が進んでいる。

少し前、1ドル112円ぐらいの時に水着を注文した。

型落ちの水着。 水着本体よりもFedex の料金の方が高い。

シッピングはコロナ禍で物流が停滞中なので時間がかかるとメールで連絡が来た。

漸く22日に到着。


夕方、短くプールで泳いできた。 

新しい水着を着て、なんだかうれしかった。


それにしても・・・

昔、1$90円台という時があったのだが、あれはいつ頃だったろう・・・





写真日記ランキング

冬の午後5時の憂鬱

2021年 11月 24日 石油の国家備蓄放出というニュースを聞いた。

去年の春に長崎上五島を旅した。 

上五島に石油備蓄地があり、タクシーの運転手さんに説明されながら、歩いて遠くから施設を見た。

その時まで、日本が石油を備蓄していることも知らなかった。

ネギ畑IMG_8104.JPG昨日の写真

今日は11月最後の木彫りだった。

往きの電車は読書の時間。

須賀敦子全集第5巻はイタリア詩人、主にウンベルト サバの詩集の翻訳である。

字面を追うだけなら、あっという間に読めるのだが、滅多に読まない詩集なので、ゆっくりと読んでいる。

「軽くて漂うものたち」という表題に、時節柄か、

(全然関係が無いのに)軽石を思い出してしまった。

IMG_0722.jpg昨日の写真

あたふたとしていたからだろうか?

出かけるの? 母が聞く。 そうよ、木彫り教室って言ったでしょ。

お弁当にしていいよ、と言われたが、それでは、月に3度も弁当になってしまう。


夕食の膳についた時に、大きなため息をついた。

(木彫りは)楽しいかい?


楽しいというより、終わらせたいという気持ちだけだ。


夏の夕方5時と冬の夕方5時。 なんら変わりがあるわけではないのに・・・

冬の5時は暗くて、なぜか時に憂鬱になる。




写真日記ランキング

ババむさい

2021年 11月 23日 気が付くといつの間にか腕を後ろで組んでいる。

私の癖。

それで思い出した。 晩年のイブサンローランのドキュメンタリー。

左腕を絶えず腰の後ろに置いている。

それを苦々しく見ているパートナー。


背中が曲がっている! 背を伸ばせ! じじむさく見えるぞ!

言葉が掛けられるや否や、ゼンマイおもちゃみたいにピッと背を伸ばすサンローラン。


いいか、原稿(スピーチ)は何度も読み返して暗記しろ!

レセプションの間だけはシャンとしていろ!


叱咤激励というより、叱咤、叱咤、叱咤の嵐。

あの人が居たから、サンローランはサンローランであったのだね。


皇帝ダリアIMG_8103.JPG

IMG_8100.JPG

IMG_8101.JPG

IMG_8099.JPG

今日、残りの窓掃除をすべて終えた。

買い出しから帰宅したら11時40分。

散歩に出かけたのは、午後2時を回ってから。


皇帝ダリアに会えてよかった。





写真日記ランキング

時を刻む。

2021年 11月 22日 電波時計を初めて知った。

今年も地区の高齢者の集いの催しが中止になった。 2年連続中止。

母の大親友さんも亡くなったし、今年開催されても、母が参加したかどうかはわからない。

町内会の役員の方が、中止になった集いの代わりということで、記念品を持って現れた。


一旦ドアを閉めてから、再び、チャイムが鳴った。

○○さん(私の苗字)、来年は班長ですが、ご存じですよね? 引き受けていただけますよね?

はい、承知しております。 大丈夫です。

来年は町内会の役員ではないが、役員を補佐する班長の順番が我が家に回ってくる。

公報配布や回覧板管理、町内会費徴収などなど。


いただいた小さな箱を開けたら、置き時計が入っていた。

面倒でそのままほかして、夕食後に説明書を読んだ。

電池をセットして20分ほどほかせば、電波を受信して自動で日本標準時を示すと書かれてあった。

窓際に置いて、テレビでニュースを見ていたら、本当にいつの間にか正確な時間を示していた。

電波時計は母のベッドのある部屋のタンスの上で時を刻み始めた。


IMG_0715.jpg

今日は1日雨模様で、朝、ゴミ出しに外へ出た以外に外出せず。

先週の金曜日に撮影したボツ写真。

IMG_0714.jpg


町内会の役員は代々「地の人 じのひと」と言われる昔の地主の方達が仕切る。

かなり以前に母から聞いた話では、農地解放時にも、一族で先祖伝来の土地を守った方々で、特定の苗字の方達ばかり。

どの方々も、農業なんてやってない。 

かつては農地だったが、今は完全な住宅地もしくは商業地である。

ビル賃、駐車場賃、アパート経営などが主たるご職業。


昔昔大昔の母から聞いた嘘みたいな本当の話。

(その方達が)農協からお金を全額下ろしたら、農協が潰れるって言ったそうな・・・


でも、どんな人でも、時間は平等に流れる。




写真日記ランキング

家を建ててみたかった。

2021年 11月 21日 日本の原風景

というわけでもないが、枝にしぶとくしがみついてる2個の柿を見上げて、なんだか私と母みたいだと思った。

IMG_0710.jpg柿は日本の果物


今日は午前中は日差しも見えたが、どんどん暗くなり、午後3時過ぎから雨が降り出した。


年末大掃除を少しづつ進めているが(今日は何もしなかった)、つくづく思った。

自分で家を建ててみたかった。


父が建てた家だから古い。 1階は築50年以上、2階は築40年ぐらいになるだろうと思う。

当然だが、耐震基準を満たしていない。

が、今となっては、母が死ぬまでは何も出来ない。

今年の屋根外壁塗装工事ですら、母をなだめるのに苦労した。

私もストレスだったが、母はかなりこたえた様子だった。



最近では、お金の問題よりも、自分自身の体力の方が気にかかる。

まあ、その時が来たら、少し考えてみようと思うが・・・


金曜日の公園の百合IMG_0717.jpg

マンションは苦手だな。

妹の家で眠ることが出来なかった。




写真日記ランキング

本日の雑談

2021年 11月 20日 11月の小春日和の頃、忘れた花が咲く。

返り花。

朝、布団をベランダに干していたら、目の中に紫色が飛び込んできた。

庭のクレマチスの花が1輪返ってきた。

IMG_8095.JPG

今日は昨日できなかった金曜日の大掃除を粛々とこなして、ついでに、床掃除とクロスの壁拭きを簡単に済ませた。

これで11時半過ぎ。

午後は暖かい陽射しの自室で新聞を読み、須賀敦子全集を手に取り、夕方プールで短く泳いだ。

こんな日を有難く思うが、飽きることもある。

本日のこんな空IMG_0711.jpg

先日、地球に帰還した星出宇宙飛行士の記者会見。

宇宙旅行の幕あけ。

スペーストラベルが出来るほどの経済力に恵まれてもいないが、私には宇宙旅行は無理だ。

1日も持たないと思う。 間違いなく発狂する。


少し昔、お試しでダイビングに挑戦した。 水中でちょっとした不安に駆られた。

言葉に出来ない不安。

別に事故も起きなかったが、中耳炎にはなった。

ちょっとした不安は多分、宇宙船内で増大して精神に異常をきたすような気がする。



須賀敦子全集にも異国の地で錯乱する人の話が出てきた。



夕食時に母が、「あたしの年収960万円以下だよね」と聞くので、

その3分の1もないけど、10万円はもらえないわよと言ったら、キョトンとした顔をした。


その顔が可笑しかった。




写真日記ランキング

母の翻意と従順

2021年 11月 19日 処方箋薬局からまっすぐに公園に向かった。

コスモスが凛と咲いていた。 

IMG_0713.jpg

クリニックは大混雑で、づっと立ち続けて気分が悪くなった。

インフルエンザワクチンの予約の人達が次々と訪れていて、混乱1歩手前だった。

予約した、しないで3度も訪れてくる方がいらして、受付の人も大変だな、などと思う。


母はなぜか従順で、唯一の抵抗は車いすを使わないで自力で歩くということだけ。

すっかり息が上がった母は血圧を測ることが出来なかったぐらいだ。

「太陽の陽射しにあたり、少し運動できてよかったじゃないの」と医師に言われて、そうかもしれないと思う。


クリニックへはほぼ直線で私の足で5分ぐらい。 途中危ないところは無く、診察を終えた母はとっとと独りで帰ってしまった。

山茶花IMG_0709.jpg

午後1時にケアマネと面談。 歩いてクリニックを往復した旨を話した。

洗濯物を取り込んで、ほっとしていると、じわじわと汗をかきだして、暫く横になりぼんやりと午後を過ごした。

ナスタチウムIMG_0718.jpg

菊満開IMG_0719.jpg

夕方、自室の出窓のブラインドを下げようとして、Wi-Fiルーターに手が触れたら、暖かかった。

生きているわけでもないが、通電しているので、暖かい。

というより、私の手が冷たかったのかもしれない。

朝晩と少しづつ空気がひんやりとしてきた。



母の洗髪をしたのは、先週の今日。 1週間が経過した。 

朝、母に靴下をはかせようとして、母の足の爪が伸びているのに気が付いた。

お母さん、今日、お風呂入らない?

「今日は入らない」と素っ気なかったが、すぐに・・・


「入ることにした」 別に脅したわけでもないが、母の翻意の理由が思い当たらない。

そう、と答えて、無事に洗髪を終えて、足の爪を切って、夕餉の膳に向かった次第。


月が痩せたり太ったりしていた。


本日の夕焼けIMG_8093.JPG




写真日記ランキング

大根シミシミ

2021年 11月 18日 夕方ジムのプールで泳いできた。

入館する前に検温と手消毒がある。 最早当たり前の日常。

「正常な体温です」って、私の体温32度1分。

それって、死後硬直が始まる前の死体の温度じゃないの?

ちなみに日曜日の検温時は35度2分だった。

低体温の冷血動物、もとい、変温動物みたいな気分になった。


IMG_8088.JPG

ご近所さんの門周りの植え込みはいつも美しい。

パンジーがとても可愛らしいアクセントになっている。

IMG_8089.JPG


母の薬は再来週の月曜日で切れてしまう。

来週の月曜日はクリニックだな、と思っていたが、生憎、天気予報は荒天、火曜日祝日、水曜日木彫り、木曜日休診。

仕方が無い。 明日は金曜日の大掃除を土曜日に先延ばし、母をクリニックへ連れて行こう、と思う。

素直に出かけてくれるだろうか・・・


今日は買い出しに出かけて帰宅したら、午前11時前。

年末大掃除の続きはすっかりやる気が失せた。



NYのタイムズスクエアでは、今年は恒例の大晦日カウントダウンを通常通りに観客を入れて行う予定。

但し、ワクチンパスポートもしくはPCRテストの陰性証明書必須と書かれてあった。

日本はコロナが下げ止まり状態だが、世界をみれば、東欧などでは未だに猛威を振るっているし、ワクチン接種率が80%を超えていても、感染者数高止まりが続いている国もある。

来年はどうなるのだろう、などと思うが、



今日はきちんとつくらなあかん。

大根と厚揚げを昼食後にコトコトと炊き上げて、シミシミ大根の出来上がり。

夕食前に再度温めて、とても美味しかった。




写真日記ランキング

少し幸せ

2021年 11月 17日 ポイントはいかがしましょうか?

昨日、デパートのお歳暮売り場の精算時に聞かれた。 

なにせ買い物をしないから、大したことは無いと思った。

意外にも1510ポイントもあるそうで、そのうち480ポイントは年内に失効するとのこと。

それが今日のお夕飯のお弁当になった次第。

海鮮ちらし弁当(小)730円 x2=1460円也。

野菜が足りないわよね、プラス 八宝菜680円を現金でお買い上げ。

「ビールはお飲みになられますか?」

えっ? 

「ただいま、ビールキャンペーン中でキリンビール1本プレゼント」

う、うれしいです。 飲みます。 ありがとうございます。

350ccのビールもらって、ちょっと声が上ずってしまった。

金柑IMG_8073.JPG

敬老の日に母に贈られてきた金柑の実が、いつのまにやらムッチリと膨らんで暖かい陽射しを受けて輝いて見えた。

太陽のエネルギーを体内にみっちりと蓄えた感がある。

すごく美味しそうに見える。

IMG_8072.JPG

今日は木彫りに出かける前に小一時間、自室でゆっくりと新聞を読んでゆ過ごすことが出来た。

午前11時前に洗濯物を取り込んで、早お昼を食べて家を出た。


さて、帰宅して、味噌汁を作った。

7月に行った利尻礼文で買った、とろろ昆布を味噌汁の中に入れてお終い。

包丁、まな板使わず。 


母が大喜びで、珍しく、熱燗をつけてくれと言ったのには驚いた。


プラごみはたくさん出たけどね。 

たまにこんな日があると・・・

少し幸せ。


追伸: 昨日のエスカレーターで。

アナウンスが何度も流れていた。

前後の距離を取ること。 キャリーバッグの方もエレベーターを使ってください。

ホントだよ。




写真日記ランキング

彩り モミジバフウ

2021年 11月 16日 すずかけの木かと思ったら、モミジバフウという木だった。

ほんの少しばかり紅葉が始まっている。 

IMG_8078.JPG

IMG_8080.JPG

IMG_8081.JPG

落ち葉の方もなかなか趣あり。 モミジの2倍ぐらいの大きさ。

IMG_8079.JPG

今日は1階の南側の窓掃除を済ませた。 これで大きな窓は終了。

しかし、我が家には当然ながら、東西北に中小の窓があり、これはまた別の日に・・・


IMG_8083.JPG


横浜まで出るついでに、デパートで従姉にお歳暮を送った。

銀行みたいに発券機で順番を取るシステム。 7人待ち。

母と昼食を食べてあたふたと出かけて、お茶も飲まずに帰宅したのが午後4時半。

あ~あ、疲れたと思ったが、なんとか母を説得して、風呂に入れた(洗髪は出来ず)。

それにしても、昨日風呂に入ったと言い張る母にはいつも滅入る。

昨日って、いつの昨日よ!

最後に入浴したのは、先週の金曜日です!



明日は木彫りで、午前11時半過ぎには家を出なくてはならない。

すこし疲れ気味で、明日の夕食はデパ地下のお弁当にすることにした。

夕飯の準備をしないと決めたら、気持が楽になった。


追伸: 

前方のエスカレータをぼんやり見上げた。

その途端、大きな音がして、車輪のようなものがひっくり返った。

えっ、えっ、えっ!

車いすがひっくり返って、エスカレータは自動停止になっていた。

事情があるのかもしれないが、車いす対応のエスカレターではないので・・・

日本の福祉行政が貧しいと言われればそうだが、

どうかしている。

落ちたご本人様には申し訳ないが、巻き添えになる可能性もあるじゃないの・・・



あ~あ、怖かった。

私は冷酷だろうか?



写真日記ランキング

こなしたメニュー 年末大掃除

2021年 11月 15日 立冬が過ぎたのだから、もう小春日和というのは正しくないかもしれない。

今日は穏やかな初冬の1日だった。

IMG_8066.JPG

見出し写真がこの画像というのは変だろうか?

でも、柔らかい太陽の光が差し込んで(洗濯物の影が余計だが)、暖かい日差しが感じられる。


今日は1日まるまる掃除に時間を費やした。


本日こなした掃除メニュー

・キッチン換気扇掃除

・ガスレンジ回り

・キッチン出窓

・2階の南側窓掃除  午前中終わる。


・午後、庭掃除と草むしり(裏庭圃場を含む)

庭のガザニアIMG_8071.JPG

IMG_8068.JPG

午後4時前にあがって、入浴を済ませた。

背中はパンパンに張り、腰は痛み、膝がガクガクとして身体が悲鳴を上げている。

夕食前に30分ほど寝込んだ。

IMG_8067.JPG

やはり、小春日和らしい気候である。

この時期の穏やかな陽射しは、寒い冬の前のひとときの慰め。

明るく柔らかい光と静寂・・・



誰が見ても、キッチンと庭はこざっぱりした。

コタツで眠っていた母が夕方起き出して、「きれいになったよ」。



明日、明後日と出かけるので、まあ、折を見て少しづつ進める。



今日はグロッキーなので、早めに就寝。

夕食の片付けをするのが、億劫で仕方が無かった。




写真日記ランキング

朝の空と夕焼けと

2021年 11月 14日 X子ちゃんと話をしたのは実に10年ぶりだった。

昨晩、知らない番号から携帯に電話があった。

どなたですか? 



9月の末だったか、母の(下から)2番目の妹から、電話で母のすぐ下の妹が意識不明で入院していると聞いた。

ただ、連絡は取れない。 

なぜなら、叔父さんは高齢者施設。 一人っ子で一人娘のX子ちゃんは別所帯。

自宅は空き家状態。



叔母さんは火曜日に息を引き取って、すでに家族だけで葬儀を済ませたと聞いた。

母より2歳年下。 享年87歳。


知らせてくださりありがとう。

今朝IMG_8063.JPG

今朝、雨戸を開けたら、富士山の右上からパイプの煙のような雲が見えた。


母には話をした。 亡くなったことは理解しているのだが、時間が経つと・・・

お葬式はいつなんだい?

もう、終わったそうよ。 


なんで、X子は葬式しないんだい?

だからね、もう、終えたのよ、と、まあこんな具合。

ご近所さんの門周りIMG_0706.jpgおや、綺麗に見えた。

11月も真ん中まで来てしまった。

明日は年末大掃除第1弾。

キッチンの換気扇とガスレンジ周りの掃除をする。

寒くなってやりたくない。



ここのところ晴天続きで夕焼けが美しい。

今日じゃないけど・・・

IMG_8003.JPG





写真日記ランキング

高齢親子

2021年 11月 13日 昨日、美術館から逗子駅に向かう京急バスの車窓から皇帝ダリアが見えた。

もう、そんな季節なんだ・・・

家事を済ませて皇帝ダリアを見るために散歩に出た。

IMG_8061.JPG

IMG_8058.JPG

百合が満開で、なんだか満足してしまい、足をのばすこと止めた。

IMG_8060.JPG

今日は風が止んで穏やかな青空が広がった。

散歩は5000歩に届かなかった。

帰宅して一休みすればお昼である。 

母が30年ぐらい前の話をづっとするので、黙って聞いていたが、母の話にまつわる人達は果たして生きているのだろうか、とふと思った。

庭のガザニアが咲いたIMG_8055.JPGポッチと見える青い空。


夕方7時のニュースで「高齢親子」という言葉が出てきて、

即座に、我が家も高齢親子だよ、と呟いた次第。


昨晩、母を入浴させて洗髪をしてよかった。

今日は無理だったかもしれない。





写真日記ランキング

海を眺めて一息。 香月泰男展 @神奈川県立近代美術館

2021年 11月 12日 神奈川県立美術館 葉山館に行ってきた。

もっと早く行く予定だったが、そのうちに展覧会事態を忘れた。

先日会った方から、とても良いから機会があれば行った方がよいと言われて、漸く重い腰を上げた。

香月泰男展。

イサムノグチのこけしがお出迎えIMG_8045.JPG

シベリアシリーズはやはり重い。

フロアで男性が、「閉じ込められたような気分で、とにかく外に出たい」と美術館スタッフに言って、途中で会場から出て行った。

なんとなくわかる。

生きて帰って絵が描きたいではなくて、

絵を描くために生きて帰ると心に決めたのだと思う。

マイナス35度、飢えと過酷な労働の中、生きるのに精いっぱいなはずなのに、星や月を見て美しいと思えるのは画家だからかもしれない。

素晴らしい作品ばかりだった。 出かけてよかった。

IMG_8047 (2).JPG

IMG_8048 (2).JPG

IMG_8051 (2).JPG

海を眺めて、ほっと一息。

シベリア以外の絵も素晴らしかった。 

山茶花IMG_8041.JPG

昨日のブルガリのお節からブルガリホテルのことを思い出した。

2018年 バリ島経由でスンバ島に渡った。

最終日はバリ島を深夜に出発するフライトで時間をつぶさなくてならず、

ガイドと車を手配して、バリ島観光をした。


なぜか、バリ島のホテルの話題になって、ガイドの男性が、バリ島で今一番落ち目のホテルについて語りだした。

一番落ち目のホテル?

それがブルガリホテル。

でも、ラグジュアリーなホテルでしょうが、と問い直したが、落ち目なんだと。

今は知らないけどね。 2018年当時の話。



11時過ぎに洗濯物を取り込んで、夕食の下準備、母と早お昼を食べて出かけた。

美術館を出たのが午後3時15分過ぎ。 

帰宅、午後5時5分。

遠いなぁ・・・




写真日記ランキング

スナイパーも人間だもの。

2021年 11月 11日 頼んでもいないのにダイレクトメールが送られてきた。

去年、ネットから従姉にお歳暮を贈った時に使った会社。

聞いてはいたが、超高級お節に改めてびっくり。

最高金額は4人前で55万円也。

こんな高額なお節が飛ぶように売れるらしい。

そういえば、あのブルガリがお節を発売したと聞いた。

5万円だって、ビビるけどねぇ。


IMG_8009.JPG

公園の百合が見ごろを迎えた。

IMG_8015.JPG

須賀敦子全集5巻に入った。

「年齢という思わぬ敵」という言葉が出てきて、本の内容とは全く関係ないが、

私自身、この思わぬ敵に今現在からめとられそうになっている。

結局、受容するしかないのだが、なんとく不調で絶えず疲労感。

IMG_8039.JPG


からめとられていると言えば、庭の紫陽花。

このツタのような植物は夏の間、何度も取り除いたが、その度にツルを伸ばして悩まされた。

初冬の陽射しを浴びて輝いて見えたが、抜いてしまった。

***

IMG_8034.JPG

買い出しに出かけて、オイルサーディンを手に取った。

ゴルゴ13バージョン。 中にはレシピが入っていた。

そのまんま、缶詰めをパコンと開けて、おろし大根。


ゴルゴ13が食べているのを想像すると、なんだか可笑しい。

でもまあ、スナイパーも人間だもの、ご飯は食べる。



昨日ほどではなかったが、相変わらず風が強い1日。

たいしたこともしないのに、今日もくたびれた。



写真日記ランキング

スタンバイしていた。

2021年 11月 10日 夕食が始まったのは午後6時45分だった。

今日は11月の木彫りの最初の日。

帰りの東横線が地下に潜って、いよいよ横浜駅というところで、徐行運転になり、止まった。

止まること実に35分。

高島町で車両故障ということで、後続車は多分、続々と止まったと思う。

こんな空IMG_8006.JPG

やれ、くたびれた。 でも帰宅出来てよかった。


電車の中から母に電話を入れたが、帰宅すると、

母がちょこんとコタツに座っている。

テーブルの上には、湯飲み茶わんとお箸など。


スタンバイしてるんだね。


そう思ったら、深く安堵した。

今日はこれでお終い。



写真日記ランキング

あの時出会った人々

2021年 11月 9日 世界街ふれあい街歩きを見ていてぼんやりとした。

2016年に放送されたヘルシンキで、以前に見た覚えがある。

最後に「あの時出会った人々」という今ならではのコーナーがあり、当時出会った人達のコロナ禍の今の状況を知らせる。


ヘルシンキを最後に訪れたのは2011年。

海外に行けるようになったとして、果して、ひとりで行けるかしら?

昨日の午後IMG_7991.JPG

今日はかなりの雨が降った。 大雨警報が出ていた。

雨漏りが心配になったが、完全に治っていて安堵する。

昨日IMG_7993.JPG公園の秋の百合が咲き始めていた。

「脱炭素」という言葉に違和感を覚えるという科学者の言葉を少し前に読んだ。

理由は、人間自体がほぼ、炭素で出来ているから。

無知な私は、そんなことすら知らなくて、というより、すべての生物は炭素で出来ているという事実すら知らなかった。

環境問題を論ずるような才覚も意図も無いが・・・

これはこれで不都合な真実であるな、と思う。

IMG_7996.JPG

先週だったか、灯油販売のチラシがポストに入っていた。

ガソリン高騰で、今年はかなり値段が高いらしい。 

去年の残りが半分くらいあり、まだ買っていない。 

明日はストーブを出そうと思う。

脱化石燃料とはいかない。

IMG_7995.JPG

年末恒例の流行語大賞、今年はどんな単語になるのだろうか?

ちなみに、今年のイギリス オックスフォード辞典が選んだ単語は、

VAX ワクチン接種全般を指す言葉。

良い年が迎えられると良いが。



今日は良い日になった。

母を入浴させて(洗髪はせず)、足の爪を切った。



写真日記ランキング

あの時出会った人々

2021年 11月 9日 世界街ふれあい街歩きを見ていてぼんやりとした。

2016年に放送されたヘルシンキで、以前に見た覚えがある。

最後に「あの時出会った人々」という今ならではのコーナーがあり、当時出会った人達のコロナ禍の今の状況を知らせる。


ヘルシンキを最後に訪れたのは2011年。

海外に行けるようになったとして、果して、ひとりで行けるかしら?

昨日の午後IMG_7991.JPG

今日はかなりの雨が降った。 大雨警報が出ていた。

雨漏りが心配になったが、完全に治っていて安堵する。

昨日IMG_7993.JPG公園の秋の百合が咲き始めていた。

「脱炭素」という言葉に違和感を覚えるという科学者の言葉を少し前に読んだ。

理由は、人間自体がほぼ、炭素で出来ているから。

無知な私は、そんなことすら知らなくて、というより、すべての生物は炭素で出来ているという事実すら知らなかった。

環境問題を論ずるような才覚も意図も無いが・・・

これはこれで不都合な真実であるな、と思う。

IMG_7996.JPG

先週だったか、灯油販売のチラシがポストに入っていた。

ガソリン高騰で、今年はかなり値段が高いらしい。 

去年の残りが半分くらいあり、まだ買っていない。 

明日はストーブを出そうと思う。

脱化石燃料とはいかない。

IMG_7995.JPG

年末恒例の流行語大賞、今年はどんな単語になるのだろうか?

ちなみに、今年のイギリス オックスフォード辞典が選んだ単語は、

VAX ワクチン接種全般を指す言葉。

良い年が迎えられると良いが。



今日は良い日になった。

母を入浴させて(洗髪はせず)、足の爪を切った。



写真日記ランキング

呼ばれたかな・・・

2021年 11月 8日 ここも長く続いているな。

美容院の帰り道、花屋の前を通った。

洒落たお店ではないが、少なくとも、私が中学生の時にはすでにあった。

私は部員ではなかったが、華道部のお花はこの花屋さんが卸していたのを覚えている。

IMG_8030_LI.jpg

その先には洋菓子屋さんがあり、ここも長いよな、と思った。

遠い昔、父が給料日などに、ここのケーキを土産に買ったこともあったし、

母と買い物に来て立ち寄ったこともある。 

甥っ子がまだ幼いころ、家族皆でアイスクリームを買ったのも思い出。

誘われるように中に入って、マロンショートケーキを2つ買った。

おつりと一緒にリーフレットをもらうと、店員さんが話し始めた。


今日はありがとうございます。

ここでの営業は来年1月にて一旦終了となります。

えっ、えっ、えっ!!! 閉店ですか?

いいえ、閉店ではありません。 開発工事のため、ここはマンションになります。

2年後、マンションが完成しましたら、また、そのビルの1階にオープンします。

仮店舗を現在探しております。 決まりましたら、店頭でお知らせできると思います。


なんとなく、呼ばれちゃったかな、と思った。

本日の庭の菊IMG_8031.JPG


庭の菊が満開になった。 玄関のお花も仏前にも菊を飾った。


お昼のパスタの量を減らし、水菓子のデザートの後にメインデザートとしてテーブルに出した。

IMG_8035 (2).JPG

母と二人でペロリと食べた。


長く続くって、偉いと思う。



写真日記ランキング

高揚と消沈

2021年 11月 7日 昨日は1日中、意気軒高で意気高揚おまけに意気揚々だった。

今日はこれと言ったことも無く無難な1日だったのに・・・

意気消沈。

IMG_0702 (2).jpg

山下公園前のイチョウ並木がすでに黄金色に染まり始めていた。

今日は立冬だが、昨日の横浜駅周りはすでにクリスマス一色。


IMG_0705 (2).jpg

いつもは長いコンサートもコロナの時代、きっちりと早い時間に終わった。

楽しかった・・・

寒くもなく暑くもなく、ぶらぶらと散歩をしながら駅まで歩いた。

夜景も久しぶり。


なんとなく、エネルギーを使い果たしたかしらね?

IMG_0699 (2).jpg

昨日は着物。



追伸:

帰りの日本大通り駅で男性が近づいてきた。

あの、すみませんと言われて、びっくりして飛び退った。 

川崎駅に行きたいのですが・・・


昨今物騒でしょ。 小田急線に京王線。 ちょっと申訳なかった。

横浜駅まで行って、JR湘南電車で川崎が、一番早いと思いますと答えておいた。 




写真日記ランキング

ザクロとストール

2021年 11月 5日 散歩の途中で大きなザクロの木を見つけた。

ザクロIMG_8025.JPG

私の拳骨ほどの大きさの実がぱっくりと割れていた。

じっと見ていると、なんとなくグロテスクに思えてくる。

少し前に放送された日曜美術館で、谷内六郎を紹介していた。

谷内は、幼少期にケイトウの花を怖がったそうで、きっと、ザクロも苦手だったろう、などと勝手に思った。

ザクロはなんだか、肉体と血を連想させる。

づっと好天IMG_7955.JPG


新聞でたまたま平野恵理子のエッセイを読む。

還暦60歳の誕生日に自分で自分にエルメスのストールを2枚もプレゼントしたと書かれてあった。

エルメスではないが、私もかなり昔、ギャラリーでストールを買ったことを思い出し、

クローゼットの引き出しから出してみた。

IMG_8028.JPG

エルメスは洗えないが、これは自分で洗った覚えがある。

横幅が2mもあるので、アイロンが大変だった。

***

4回の金曜日の大掃除を終えたら1か月が過ぎる。

48回繰り返せば、1年が終わるのだな、などと思いながら11月最初の金曜日の大掃除を終えた。



先週の土曜日に母の洗髪をした。

明日の夜は出かけるので、三顧の礼を尽くして母を説得して(アホかいな?)、入浴させて無事に洗髪を終えた。



夕方から出かけるのは2年ぶりぐらいだと思う。

さて、何を着て行こうか?



写真日記ランキング

種々雑多

2021年 11月 4日 どうせあげるなら、生きている間にと思う。

文化勲章の話。 

名誉なことなのだろうが、死んでからもらっても本人は有難いとは思えない。

今日の空IMG_8026.JPG

IMG_8020.JPG

川沿いの散歩コースのすぐ近くに貸農園がある。

ナスタチウムが太陽の陽射しを受けて輝いていた。

エディブルフラワー。

2018年だったろうか? 

奄美大島のホテルでサラダの中に添えられていて、文字通り、彩りに花を添えていた。


この時のシュノーケリングも忘れられない。

えっ、船じゃないんですか? 

ポイントまでと言いながら、遥か沖合を示すガイドのお兄さん。

あそこまで各自泳いでついてきてください。

って、無理かもしれないと呟いた。  



その翌年、久米島に行ってシュノーケリングに再挑戦。 

色鮮やかな熱帯の魚が、おふを握った手に群れる、群れる。

さあ、これからだという時に、ツアーの男性が意識不明になって中止。


なんだか、づっとツイていないと、先日、自由が丘にご一緒した方に話をした。

IMG_8000.JPG

IMG_7999.JPG

どういう訳か、ナスタチウムを見るといつも奄美大島のホテルのことを思い出してしまう。


今日、漸く、須賀敦子全集4巻を読了す。

阪神大震災やオウム真理教事件など、年齢は違えど、生きた時代が重なる時もあったのだと思うと不思議な気がした。


ソーイングビーが始まったのでお終い。


写真日記ランキング

アサギマダラと墓参

2021年 11月 3日 アサギマダラを見た。

IMG_0698.jpg

IMG_0694.jpg

霊園事務所の裏側のわずかばかりの空き地にツワブキの小さな群生がある。

ツワブキの花の周りをふわりふわりと大ぶりの蝶がスローモーションのように舞っていた。

こんな優しい飛び方をするアサギマダラは、びっくりするような長距離を移動することで知られている。

昔、南西諸島を船で移動中に海上で見かけたことがある。

昨日IMG_7985.JPG

10月27日に墓所の管理料が引き落としされたせいか、父の墓所は植木が綺麗に刈り込まれてさっぱりとしていた。



樹木葬墓のあたりに平服のかなりの人数の人達がいらして、私はてっきり、墓地の説明会かと思った。

掃除をしていると、賛美歌が聞こえる。 

キリスト教の方の葬儀であった。 初めてである。

IMG_7982.JPG


霊園シャトルバスに早めに引き上げてきて、聞くともなしにバスの運転手さん同士の会話を聞く。

大型のバスのドライバーさんは、この後、ゴルフ場で送りの仕事があるそうで、本当なら観光バス担当だが、

曰く、

緊急事態宣言が終了しても、皆、味をしめて(そう言った)GO TO キャンペーンが始まるまで旅行に行かない。

おまんまの食い上げ。



シャトルバス発着場のターミナル駅は、今年1番ぐらいの混雑であった。

帽子の頭周りに汗シミができるほど暖かい行楽日和で、ショッピングモールへの道は人混みで溢れていた。


帰宅して、夕食の下準備をしたのちに自室に引き上げたが、とても疲れた気がして、午後4時前に入浴して、夕食の6時前まで横になった。

昨日、母を入浴させて良かったと思う。 今日はとても母の身体を洗えなかった。



それにしても、私は、多分、味をしめなかった少数派である。


父には、ひ孫ちゃん1号の写真を見せ、

母には、さっぱりした墓所の写真を見せた。



写真日記ランキング

綿の花は芙蓉に似ている

2021年 11月 2日 綿の花は芙蓉に似ている。

そうか、同じ仲間なんだね。

綿の花IMG_7998.JPG

IMG_7997.JPG

スーパーで買う卵のパックは10個入り。

1日に2個づつ卵を食べる我が家では5日分しかない。

ところが、今日は残数1になった。

すき焼きに2個使い、ラーメンのトッピングに1個使ったから、残り1個である。

散歩をしながら卵を買いに出かけた。


今日見つけた秋の中の春みたいな風景。

IMG_7980.JPG

IMG_7986.JPG

IMG_7981.JPG

和牛の体脂肪率は30なんだそうな。

そうか、私は和牛並みってことだな、と思った。

桜の落ち葉IMG_7994.JPG


夕方母を入浴に誘ったら、グズグズしていたが・・・

入浴だけしてくれた。 洗髪は無し。



暖かい秋の1日

明日は墓参。



写真日記ランキング

出たり入ったり

2021年 11月 1日 本日個人年金支給日。

掃除洗濯後、郵便局へ出かけた。

通帳を眺めて思う。 

個人年金が支給されるや否や下ろすことを繰り返すので、お金が留まる暇がない。

まったくもって出たり入ったり。

個人年金は55歳から支給が始まって、来年で早十年。

毎年ちょっぴり支給額が上がるようになっている。

つまり長生きすればするほど高くなるが、それはそれで微妙だ。

いろんな事を思ったが、今は有難いだけ。

庭の菊IMG_7974.JPG

秋から冬にかけて日照が極端に悪くなる庭で漸く菊の花がほころび出した。



昨晩は選挙速報を見ることもなくノマドランドをWOWOWで見た。

これがアメリカなんだなあ、という荒野や地球創成期的な風景がとても美しくて胸にしみた。

運転免許すらない私にとって、車が家というのは考えられないが・・・

主人公のホームレスではない、あくまでハウスレスなのだという強い意思には感銘すら覚える。

通りすがりにIMG_7975.JPG

琉球アサガオは秋になるほど元気が良いように見える。

高い所だけで咲いていた花は、今では地面すれすれまで勢力を伸ばしている。



名前すら聞いたことも無い作家の書評集の須賀敦子全集4巻は随分と滞っていたが、漸く終わりに近づいた。

富士日記に触れられていて、私も若いころひどく感動したことを思い出す。

60代になった須賀は、目が痛むとこぼしながらも時間を惜しむように本を読む。

彼女の享年は69歳だから、予感のようなものがあったのだろうか?

庭の柚子IMG_7976 (2).JPG

庭の柚子が木全体で黄色くなってきた。



昨日のジムのサウナで怖い話を聞いた。

母の顔をレンジでチンしたタオルでふきながら、母に言い含めた。

万が一、私が先に亡くなって、施設に入ることになったら、大人しく施設に入所すること。

絶対に施設で暴力を振るったり、暴言を吐かないこと。

もし、それが出来ないと、施設から精神病院に入れられて、

精神安定剤を注射される運命になる。 

すぐに廃人状態になり、1か月以内で死ぬそうだ。




写真日記ランキング