カスミソウと花束

2021年 9月 1日 車窓から見える街灯が点灯している。 腕時計を見たら、午後5時前だった。

非常に弱い雨が降ったり止んだりした1日で、昼間から暗かった。

ブッソウゲIMG_7606.JPGブッソウゲとハイビスカスの違いが判らないが、なんとなくブッソウゲだと思う。

木彫りの日の往きは本を読む(帰りは目が疲れていて、どんなに面白い本でも読む気がしない)。

須賀敦子全集3巻の中で、カスミソウの花について語られる。

小さな花束を白いベールで大きな花束に見せるカスミソウは、言って見れば、詐欺のようなものだが、花は可憐である。


詐欺だとは考えたことも無いが、カーネーション3本ではさみしいが、カスミソウを加えれば、それなりかもしれない。

個人的には、カーネーション1本に素敵なリボンの方がセンスが良いような気もするが。

今は、どうだろう? カスミソウ自体が、流行ではないように思える。


話は変わるが、オリンピック、パラリンピックのメダリストのための花束は素敵だった。

朝顔
IMG_7604.JPG

IMG_7605.JPG

今日は簡単にお昼を整えて、夕食の副菜を一品作った時点で、くたびれた。

というわけで、帰りにデパ地下へ寄り、巻きずしを買った。

「ただいま、入場規制はしておりません」と立札が入り口に置かれていた。


午後7時のニュースで、すでにお節の予約始まるという。

2021年も、コロナで終わるのだろうかねぇ・・・


たまに毛色を変えたせいか、母は喜んで巻きずしを食べた。


昨日、皮膚科で頂いた薬はよく効いたが、ブラウスの襟裏のブランドタグ?が当たると少し痛んだ。


帰宅したら、母はチャンチャンコを着ていて、びっくり。

そんなに寒いかしらね? 私はこれくらいが丁度良い。

母のベッドのかけ布団にもう一枚をプラスした。




写真日記ランキング