水仙の香り微かに漂う。

2021年 2月 9日 パルスオキシメーターは、手指が冷たいと数字を拾えない、と昨日クリニックで聞いた。

母の手は冷たくて、数字が出ない。 一生懸命に手をさすったら、漸く出た数字が95だった。

えっ・・・

いつもはモニターから顔を放さない医師が珍しく母の胸の音を聞いてくれた。

上着を上げようとしたら、母はパジャマの上にセーターを着こんでいた。

いいんだ別に。 クリニックへ行ってくれたのだから。

IMG_6042.JPG

冷蔵庫の中の卵が1個になり、買い出しに出かける。 本日も梅ポイントをチェックするために遠回りした。

IMG_6035.JPG

IMG_6038.JPG

白梅はすでに満開状態。


「ミンネのかけら」を読み終えた。 

今更なのだが、フィンランドは母国語がフィンランド語とスウェーデン語の2言語だと知る。

そういえば、フェロー諸島も母国語はフェロー語とデンマーク語の2言語だったな、などと2017年の素晴らしい旅をぼんやりと思いし出した。


夕方、夕食の準備万端、2階は全部雨戸も閉めてジムのプールへ向かう。


日が暮れて帰宅。 
玄関のドアを開けたら、生けた水仙の良い香りが微かに漂った。


明日は短時間出かける。 県境は越えない。


写真日記ランキング