でも、大丈夫よ。

2021年 2月 21日 現在のテレビを買ったのは、保証書によれば、2007年 12月 28日であった。

そんな年末にテレビを買ったのだ。 まあ、それでも、13年は経過している。

昨晩1度だけ電源が落ちた。2秒くらいで再び復活。

金曜日の大掃除を終えて、歩いて20分ほどの電気量販店へ出かけて、43インチのテレビを購入した。

帰宅したら、12時を過ぎていた。

河津桜IMG_6099.JPG

少し遅い昼食の最中に、母が毎度おなじみの戦争中の話を始めた。

「同級生の医者の息子がバナナに海苔をまいて持ってきたんだよ。」

お母さん、その話はリンゴじゃなかったかしら?

母の昔の記憶はどんどん風化するというより、新しいバージョンになって上書きされる。



なんで、こんなにテレビを買うのを迷ったのか、我ながら呆れる。


入店した時に老婦人が会計のところに座っておられた。

私がテレビ購入して会計を終えても、まだ、座ったまま延々と店員と話を続けている。

少なくとも20分以上になる。

スマホの使い方がよくわからない。 息子に聞いたりするのだけど、すぐわからなくなる。 使いこなせるように教えてもらいたい。


店員も困るだろう、とは思ったが、人の事は言えない。 

自分も年を取るのだから。

本日の庭のクリスマスローズIMG_6101.JPG

日当たりのあまり良くない庭なので、なかなか開花しない。

IMG_6102.JPG

「失われた時を求めて」の最終巻の中で、「私」は階段で3度もつまづき、自分の身体の老化を思い知り、

散々豪奢な生活にどっぷりと浸りながら、自らを底の空いた金庫を持つ貯蓄家と揶揄したプルースト。

投資に何度か失敗して財産を減らした。

時は過ぎ去り、時代は変わり、往時のサロンの面影は最早ない。

「私」つまりプルーストが子供の頃から仕えてきた料理人兼使用人のフランソワーズを(どう考えても70代にはなっているだろうとしか思えない)、文学作品を仕上げる草稿の整理のために秘書として使おう、などと考えるプルースト。

老いの容赦のない側面を思い知るに至る様は、なんとなく読み手の私すら、わびしく哀しかったな、などと思ったことを思い出した。


でも、大丈夫よ。

死なない人は居ないし・・・

老いない人も居ない。


今日は母を入浴させて洗髪し、足の爪を切った。



写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント