リネンと私

2021年 1月 20日 寒いキッチンで天ぷらをあげていたら・・・

一杯飲もうかねぇ、と母が居間から顔を出した。

今日は機嫌が良いな。


先週の土曜日に洗髪入浴して以来、母は風呂に入っていない。 

午後3時ごろから浴室の換気扇暖房を入れて、居間はエアコンとストーブをつけて母を入浴させた。

身体を洗って、頃合いを見計らい、洗面所でバスタオルを広げて待機。 

母をバスタオルにくるんで、居間へ導く。 洗髪は出来なかったが、それでも安堵する。

大寒の今日、よく入浴したな、と思う。


IMG_5920.JPG 

今日は1日中、自宅敷地外へは一歩も出なかった。

いつもの1日なので、実は書くことも無い・・・


今月のお買い物の話でも。 リネンシーツを買った。

私は冬場、アッパーシーツを使用する。 アッパーシーツ、知らない人はググってください。

長らく使用していたものが薄くなって、ついに、裂けてしまった。

なかなか気に入ったものが見つからなかったが、ひょんなことから見つけた。

去年湯たんぽを買ったフィンランドのテキスタイルの製品。

IMG_5924.JPG

使用前に洗ってください、と書かれてあって、シーツ単品で洗い、ベランダに干して、リネンウオーターをスプレーした。

アイロンかける前IMG_5925.JPG

冬場は暖かいし、第1に掛布団カバー、或いは毛布など頻繁に洗う手間が省ける。

今日はこれだけでなんだか、幸せな気持ちになった。

部屋のカランコエIMG_5927 (2).JPG

さて、「失われた時を求めて」最終巻 第14巻を読み始めているのだが、

第1次世界大戦をはさんで、「私」は二度目の療養生活からパリに戻り(病気は不明)、約20年の月日を経て、久しぶりにサロンへ出向く。

かつての名士たちのあまりの変貌ぶりに驚愕する。 変貌と言っても、なにせ20年間の時を経たのだから、

当然ながら、鬼籍に入った人もいるし、皆年を取っているわけで、その風貌の変化を、実にまったく辛辣に、かつ、プルースト独自の美文調で延々と述べる。

中には(その変貌ぶりを)昆虫の変態のようだ、と例えていて、笑ってしまう。

かく言う本人である「私」も年を取った訳で、それを重々承知の上で、自分はまだ若く変わっていないと思っていたことに、おののく。

まあ、「私」つまり、プルーストは、私同様、生涯独身者で子供も孫もいないわけで、心情は理解できなくもない。


訳者の吉田一義による注釈によれば、プルーストは男娼館に出資していた。

おまけに警察のガサ入れに遭い、その時の連行?逮捕者?のリストにプルーストの名前が実際にあるのだそうで、おやまあ、などと思った。

私? 私にはさすがに警察に連行されたことも無いし、逮捕歴も無い。


昨晩は、テレビボードを検索していたら、あっという間に午後11時を回っていた。

なんだか、めんどくさくなり、テレビはとりあえず生きているので、暫く様子をみることにする。



写真日記ランキング