しんしんと拡大する。

2021年 1月 7日 しんしんと雪が降りつむ、という表現がある。 

今は・・・

しんしんと感染が拡大する、である。 2度目の緊急事態宣言発出。

2021.1.7 (2).JPG

私のちっぽけな決意と気迫は、どうやら母に通じたようだ。

今日の最優先事項は母を入浴させて洗髪することだった。

明日以降、暫く、最高気温が一桁止まり。 洗髪したのは大晦日だ。

今日は午後3時半にはお風呂の換気扇暖房をつけて、午後4時過ぎに母に声をかけたら、

素直に「はい、わかりました」であった。

少し前の公園IMG_5856.JPG

天気予報通り、お昼近くになると、風の勢いが益々強まり、窓を揺らし、時折ごう音のように風が唸り声を上げる。

洗濯物を午前11時過ぎには取り込み、乾いていないものは部屋干しにして、物干しざおも飛ばないようにベランダに下ろした。


お昼の仕度に取り掛かろうとした矢先、玄関のチャイムが鳴った。

○×工務店さんの下請けで、年末にお願いした外壁塗装の見積もりだった。

「屋根登らせてもらいます」こんな強風で大丈夫ですか?

「終わったら、また連絡しますから、お昼食べちゃってください」


正式な見積もりは○×工務店さんが後程直接もって来てくださるそうだが、

この業者さん、11年前に我が家の外壁塗装をされた方だった。

「屋根がね、あぶないよ。 11年前はね、屋根はやらなくて良いって言われてね。屋根は塗らなかった。」

外壁塗装も傷んでいるが、屋根のほうがあぶないそうだ。 

「このままにしておくと、雨がしみこんできたりするからね、屋根だけはやらなきゃだめだよ」


まあ、そうだろうな・・・


母が食事中づっと、づっと、づっと・・・

「あんた、300万はかかるよ」って言うので、その都度、そこまではかからないから、心配するなと答えておいた。


誤解されると困るが、実は私が独りになったら、減築とリフォームをしたかった。

母がここまで長生きするとは思わなかった。 母が生きている間は減築もリフォームも出来ない。


しんしんと老後の資金繰りを考え込みそうになったが・・・

止めておいた。



写真日記ランキング