無駄にした時を求めて

2020年 12月 19日 今日は机の小引き出しの中を整理した。

保険証やパスポートなど大切な書類ばかり入っている。 パスポートは2018年に再申請して以来、海外に出ていない、などと寂しく思う。

引き出しを抜いていろいろ書類を確認していたら、珍しい物が現れて、暫し茫然とし、しみじみとした。

窓辺にビオレIMG_5785.JPG

珍しい物とは古い写真である。 なんでなんでこんなところに・・・

40代前半の私。 一瞬へっ、と思った。

よく言うよ、と言われるのを覚悟で書くが、やはり若くて、そこそこ綺麗なのだ。

2020.12.19 (2)_LI.jpg

写真と一緒にシールまで出てきた。多分、忘年会の時の写真である。

一緒に写っているのは、マーフィーさん。

上司ではないが、アメリカ本社から赴任してきた方である。


このマーフィーさん、アメリカに帰国してリタイアされた。 

で、後日談。


リタイア後、インドネシアのスラウェシ島だったか、スマトラだったか、はっきり覚えていないが旅行をされていた。

インドネシアの島は間違いない。

旅行中に武装集団に襲われて誘拐されたのだ。

その時は彼の同僚のアメリカ人が私たちに社内メールで連絡してくれて、とても驚いて無事を祈った。

結局、無事に解放されたのだが、その後、本人からメール(当時の社内アドレス)に無事に帰国したから安心するようにと連絡をもらった覚えがある。

まあ、生きて解放されたから良かったが、なかなかそんな経験できないよな、などと当時の私は思った。

結局、それっきりなのだが、こんなふうに突然、机の中から過去が蘇って・・・

しみじみとした。 お元気かしらね? お爺ちゃんになっていると思うけど。



今日は自室で「失われた時を求めて」第12巻を読んでいて独りで笑い出した。

訳者の吉川一義は素晴らしくて、単に訳注だけでなく、いろいろなヒントも、ちょこっと与えてくれる。

12巻の中で「私」は無駄にした時間を取り戻したい、と書いた。

これを揶揄した当時の批評家は、タイトルを「失われた時を求めて」ではなくて、

「無駄にした時を求めて」にしたらよかったのにと書いたそうだ。


無駄にした時っていうけど、いいじゃん、無駄にしたって、と現在の私はそう思う。

だって、私の今って無駄ばかりのような気がしないでもない。


追伸: 母は入浴せず。 困ったなあ・・・




写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

あき
2020年12月19日 22:29
素晴らしい‼️
美人‼️
若くいたいですね‼️
obasan
2020年12月20日 19:55
あきさま、こんばんは。
有難いコメントに感謝です。
小学生の頃まで、きっと美人になると言われて育ちましたが、大人になったら、誰にもいわれなくなりました。
むしろ「キツイ」「性格悪そう」「態度がでかい」などと
言われます。
本当は弱い良い人だと本人は思ってます。

keiko
2020年12月20日 22:14
ほんとだ! 素敵な女性! 輝いていますね。
同人物なのだからいまも確かにこの延長線上に存在しているはずです。

ビオレさんたちの表情が愉快です。
野次馬なおじさんたち!

それなら私も岩波版にしようかなぁ、、、
集英社版で途中まで(文庫本で5、6冊)買ってしまったけれど、この先を買い続けるよりは図書館で岩波版を借りて最初から読み直そうかと、浮草さんのお話しを聞いたらそんな気になってきました。
obasan
2020年12月21日 20:42
keikoさま、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
「失われた時を求めて」は難しいです。最後まで読みますが、それでもやはり、前のめりにはなれません。
読み終えたら、解放感に浸ります。
プルーストは五感の人です。
ついでに言うと、ブルジョアで金銭感覚の無い人でもあります。