人の世の美しき秋の日に

2020年 11月 23日 はあ、1年終えたぁ、みたいな気分。

今年はベートーヴェン生誕250年だそうで、本日のコンサートの演目はやはり、ベートーヴェンであった。

ロドリーゴ(全然知らなかった)というスペインの作曲家の曲は、ギター 村治佳織と読響の共演。

午前10時IMG_5633.JPG

これがですね・・・

午前11時には曇りだして、あっという間にこの通り。

午後1時半IMG_5639.JPG

IMG_5638.JPG

「運命」という曲はもうあまりにも有名で、有名過ぎて逆にあのフレーズしか残っていないような気がするのは、音楽に教養がない私だけかもしれないが、第4楽章まできちんと聞いたのは、恥ずかしながら、今日が初めてだったかもしれない。

圧倒的な迫力は衝撃的で、思わず手を握りしめるほどだった。 

「失われた時を求めて」の中でサロンのコンサートで必ず、首を振るご婦人が出てくるのだが、私も気分が高揚して、自分の首が揺れているのに気が付いた。


村治佳織さんは随分美しいかたで、黒のレースのドレスで登場されたが、ロドリーゴの後で、アルハンブラの思い出を独奏された。

多分、ファンの方だと思うが、ほぼ最前列で立ち上がって拍手をされている方がいらした。

午後4時過ぎIMG_5643 (2).JPG

IMG_5644 (2).JPG

IMG_5645.JPG

洗濯掃除を終えると、まず、昼食の準備、夕食の下準備をして40分ほど休憩して、早お昼。

洗濯物を取り込んで、母の昼食をテーブルに並べて12時半に家を出た。

帰宅すると、ほぼ秒刻み並みに次々にかたす。

母を入浴させて洗髪終了(明日から気温下降のため)。 母の髪にドライヤー当てて、夕食の準備。

夕食を終えたら、くたびれて暫く立ち上がれなかった。 

午後7時半に重い腰を上げてお茶碗を洗って、母においとま。

クリスマスツリーIMG_5642.JPG

クリスマスツリーもみたし、もう何も予定は入っていないし、これで2020年は終わったも同然みたいな気分になった。

が、しかし・・・

検温、マスク常時着用で、終了時は優先搭乗ならぬ、優先退場で座席番号の後方から分けて退場。

やれやれである。


写真日記ランキング