冬の足音を聞きながら草をむしる。

2020年 11月 4日 あれっ、私間違えた? 

熱帯雨林から置き配された本は開けてみたら3冊しか入っていない。 注文したのは4冊だけど。

注文履歴を開けて、配送状況をチェックする。

何々なに? スクリーンに映し出されているのは我が家の玄関。大いにびっくりした。

「配送されました」とともに写真が現れた次第。 残りの一冊は別便で送付されていた。

ちなみに、「玄関を撮影しないでください」という選択も出来る。 全然知らなんだ。

いやはや、アマゾンってすごいわ・・・

庭の菊IMG_5521.JPG

日当たりの悪い庭の菊が漸く開き始めた。

今日は午前中は深く沈んでほぼ何もしなかった(こんなに恵まれているのに)。

1階は雲一つない晴天なのに昼間から暗いし、その暗い居間のこたつに母はじっと座っているし。 

右耳の付け根が痛むし、なんだかこの先なにも楽しいことが無いような気分になって落ち込んだ。

痛みがあると、人間は特に私はそれに意識が集中してしまう。

庭の柚子IMG_5517.JPG

柚子が黄ばんでくると、冬の足音が聞こえるようである。

思い立って、午後から裏庭圃場に出て草むしりを始めた。 

雑草はこの時期、丈は伸びず、地面にペタリと張り付いた状態(ロゼット)になり冬を越す。

圃場に、このロゼット状の草が一面に蔓延っていた。

右手の鎌で土を絡めて根こそぎ草をひたすらむしり取っていく。

無心で没頭すること2時間弱。

づっとしゃがんで作業するので腰は辛いが、不思議なことに耳の痛みも忘れて気分がすっきりした。 

IMG_5515.JPG

先日、パンジーを買おうかと思ったが、敬老の日に母に贈られてきた花たち(キキョウ、リンドウ、ケイトウ)がまだ綺麗に咲いているのでそのままにしてある。

落ち込んだら、また草むしりに励もうと思うし、

或いは・・・

雑草にならい、私自身もロゼット状になって地べたにペタリとはりついてやり過ごすそう。



写真日記ランキング