秘密の花園はキバナコスモスが満開だった。

2020年 11月 3日 文化の日だからというわけではないが、今日、失われた時を求めて 第10巻を読み終えた。

もうここまでくれば、挫折することも無かろうと、先ほど熱帯雨林に11巻、12巻、13巻、14巻をまとめて注文した。

IMG_5507.JPG

洗濯掃除を済ませて、一駅歩いてコーヒー豆を買いに出かけて、帰りは電車で帰宅した。

ちょっとだけ休憩して、お昼。


今朝、母が昨日は〇子(妹)が来たんだよね、と聞くので、来てないわよ、正月まで来る予定ないわよ。

夢でもみたんじゃないの? 大丈夫?



こたつの上に置かれた朝刊の1面をぼんやりとみていた母。

アメリカの大統領って、今日決まるのかい?

時差もあるし、今日は決まらない。 今日は投票日じゃないの、と答えておいた。


1週間前ぐらいだったか、英字新聞にトランプさんは、すでに法廷闘争のための弁護士を準備したと書かれてあって、ついでに言えば、バイデンさんもそれを受けて、すでに(裁判の準備を)進めているそうで、両陣営とも裁判を視野に入れているらしい。

ジイサン同士の対決はそう簡単に決着はつかない、ような気がする。

争っている間はそれこそ「失われた時間」になるのにね。

そうでなくてもコロナウイルスのために、世界中「失われた春、夏、秋」だったのに。 



右あご歯茎にアフタが出来て、昨晩夜遅く頭の後頭部が神経痛?のために早く就寝。

十分な睡眠をとった今日は元気に起きたが、なぜか、夕方から痛みは移動して、右耳の上が時折ズキズキと痛む。

母の入浴すら止めてしまった。

だから、今日はこれでお終い。


線路沿いの秘密の花園はキバナコスモスが満開だった。

IMG_5509.JPG

IMG_5508.JPG



写真日記ランキング