心和み、心惑う

2020年 9月 28日 秋晴れの空の色をさらに深くしたようなリンドウの花が2輪咲いた。

IMG_5310.JPG

思わず、ほうとため息が出た。 心和む瞬間。

IMG_5309 (2).JPG

洗濯、布団干し、掃除の後、母にクリニックへ行こうと声をかけた。 午前10時過ぎ。

「眼科には行かない。 呆け防止の方は行ってもいい」

母の頭の中では、認知症ではなくて呆け防止なんだと思ったが、なんでも構わない。

小さなクリニックは混みあっていて座る場所もなかった。 待ち時間1時間半少し。

医師から先月の血液検査の結果を聞く。 問題は無いそうだ。

「ところで、目の方はどうよ? 赤いじゃないの、早く医者へ連れて行きなさい」

はい、と答えて、心惑う。

庭のバラに青空IMG_5307 (2).JPG

母に鍵を渡して先に帰宅させた。 ほんの数秒母の後ろ姿を見送る。

薬剤師さんから、アレルギー性の結膜炎かしらね、と言われて、再び心惑う。

薬局を出ると、もう12時10分前で、急いでそのまま火曜日以来の買い出しに出かけて帰宅したのが12時半過ぎ。

クリニックのテレビでみたラーメンのCMに影響されてお昼はラーメンを作った。

茹で卵、ネギ、茹でたほうれん草をトッピング。

夕食の下準備をしてお布団と洗濯物を取り込んだら、午後2時回っていた。

母はベッドでいびきをかいて眠っている。 母はすでにグロッキーなのだ。

心惑う。 結局、今日は無理だと判断する。


午後4時過ぎに裏庭圃場に出て、まず、枯れたゴーヤを片付ける。

たった1本のゴーヤはこれがその根っこだとは思えぬほどのいくつものコブのある塊りになっていて、掘りだしたその塊りは、私の頭ほどの大きさになっていた。 

ゴーヤの収穫は表向き40本になっているが、緑のカーテンの中で見落として山吹色になって腐ったゴーヤは軽く5本以上あった。

茄子を抜こうとしたが、これがまあ・・・

本日の収穫 茄子114、115、116、117号IMG_5308.JPG

まだもう少し収穫できる。 茄子は抜かず。

発芽した大根を間引いた。 間引いた大根は大きなザルに一杯。

それを丁寧に洗い、小さな根っこを切り、サッと茹でてお浸しにした。

こんなに小さな芽でも、ちゃんと大根の味がする。

心和む。


母を入浴させて足の爪を切り、夕餉の膳にむかった。

眼科クリニックは明日考える。 



写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント