思いつくままに。

2020年 8月 30日 今日は思いつくまま。

イギリスのTVドラマ ポワロで有名なデビッド スーシェ。 

ひげを取ってしまうと、なかなかのこわもての顔である。 そしてどういう訳か・・・

テレビを見る度に、なぜかレバノンにお住まいのカルロス ゴーンを思い出す。

ケイトウIMG_5048.JPG 

ケイトウに罪は無いが、見ているだけで暑いと感じてしまう。

花というより肉体を感じてしまう。


「失われた時を求めて」第8巻は巻頭から衝撃的だったが、意外なことに情事の有様より深く心に残ったのは別の情景。

語り手である私は2度めのバルベック(海辺のリゾート、前回は亡くなった祖母と訪れた)に独りで訪れる。


ホテルの部屋に入り、ブーツのボタンを外そうとして身をかがめた瞬間記憶が鮮やかによみがえる。

前回に祖母と一緒に来た時は、祖母がすかさずそっとブーツのボタンを外してくれたのだ。

祖母の「死」という永遠の不在を改めて再確認する。


私は涙ぐんだ。

母に対して時々、否、頻繁に頭に来る。 認知症なのだから同じ土俵に立つわけにいかないのに。

でも、母が死んでしまえば、こんな風に永遠の不在を再認識する日が来るのだろう、そう思うと涙が出た。

通りすがりにガーベラIMG_5059.JPG

プールに出かける午前9時半過ぎには気温が32度になっていた。

母の居室のエアコンのスイッチを入れて出かけた。

本日の収穫 太いゴーヤ22号 IMG_5058.JPG

気が付けば茄子が1個大きく育ちつつあり、そして撤去したトマトについていた青トマト、

縁側に置きっぱなしにしておいたが、こんなふうに赤くなってきた。

野菜は野菜としての生を全うするのだと思う。


第9巻は手元にあるが、今週はテレビの無い生活を暫くする予定なのでその時まで取っておく。


写真日記ランキング