何の変哲もない1日

2020年 7月 31日 今日はいやにセミが元気だ、そこかしこでミンミンゼミが鳴いた。

午前中は重く雲が垂れこめて、昼間でもライトをつけないと暗かった。

でも、午後3時過ぎには晴れ間が見えて、今は月も明るい。 どうやら明日辺り梅雨明けしそうだ。

IMG_4909.JPG

昨日の散歩でカンナがとても綺麗だった。

IMG_4920.JPG

洗濯、金曜日の大掃除を淡々と進める。 

私の洗濯物はTシャツ、下着でひっくるめて1日3枚ぐらいだ。

でも、母の下着が毎日毎日たくさん出る。 努めて優しい気持ちで、を心掛けるのだが、イライラする。

IMG_4919.JPG

IMG_4917.JPG

今日は個人年金振込日で久しぶりに郵便局に出かけた。

自粛中、新聞広告だったと思うが、不要不急で郵便局に来ないでくれ、という記事を読んだ覚えあり。

お金を下ろして、そっと中をのぞいたら見事に空っぽ。 誰も居ない。

遠慮がちに暑中見舞い葉書を買って帰宅した。 これで午前中終わり。

IMG_4915.JPG

午後は新聞に目を通して失われた時を求めてを読み進めたが、残り5mmの厚さでも読み終えることが出来なかった。

3時間ぐらいの晩餐会の様子が延々、延々と描かれる。

どうでもいいわい、と思うことも多いが、「人が耄碌(もうろく)しても捨てずにいる気楽な名誉職」などと書かれてあると、プルーストはなかなか辛辣であるな、などと思う。

なんの変哲もない1日。 読んでいただきありがとう。

また忘れちまった。

本日の収穫IMG_4924.JPG

トマト92号、93号 

情けないトマトだが赤くなる前に割れてしまう。


写真日記ランキング