紫色は黄色の背景に映える

2020年 7月 16日 ミニトマトは嫌いだ、と母が言う。 そのくせ皮を湯むきしてやると、ペロリと平らげるくせに。

今年の夏野菜は現状、トマトが最もよく採れる。

だから食べても食べても減るどころか、どんどん増える。

通りすがりにグラジオラスIMG_4829.JPG

紫のグラジオラスが黄色の壁に美しく映える。


今日は1日なんとか雨が降らなかった。 

朝一番にシーツやタオルなどベランダに干して掃除をすすめた。

なんとなくべたつくフローリングの床の拭き掃除を終えたら、気のせいかさっぱりした気分になった。

買い出しから帰宅したのが午前11時過ぎ。

防虫剤をたっぷりと吹き付けて裏庭に出て草むしりに没頭する。

エノコログサ、カヤツリグサ、ヤブカラシ。 本当に奴らは手強い。


「あんたばっかり働いている、何かあたしに出来ることは無い?」と母が聞くので、

だったら、お昼を作ってよ、と言いたいところだが、出来ない。

ご飯と納豆になってしまう。

ミニトマトのおしりを包丁で十字に切り目を入れてくれると嬉しい、と答えた。

通りすがりにホオズキIMG_4830.JPG

諦めの悪い私が、一昨日アマゾンをもう一度見たら、杏が売られているではないか!

1.8キロで約3800円。

手間と砂糖代を考慮すれば、杏ジャムを買った方が安いのではないかという考えがちらっとよぎったが、クリック。

草むしり用の鎌を外水道で洗っている時に、宅配便で杏が届けられた。

18日以降って連絡あったけどね・・・


お昼を食べてから洗濯物を取り込み、まず杏ジャムに取り掛かる。 杏はいたみやすい。

ビンを煮沸し出来上がった杏ジャムを仕込む。

次に母が切り目を入れたミニトマトを熱湯にくぐらせて氷水に取り、ひたすら湯むき湯むき湯むき。

裸になったミニトマトにレモンを絞り、砂糖を加えて煮込む煮込む。


それから、大きくため息をついて、カボチャのマッシュパンプキンサラダを作り、

インゲンの胡麻和えを作って、自室に戻ったら午後3時を回っていた。


あ~あ、今日は疲れた。


チリの警察ではコロナウイルス患者の判定に犬を使うのだそうで、ただいま猛特訓中。


ゴーツーキャンペーンは・・・

やはりこけた。

本日の収穫IMG_4828 (2).JPG

キュウリ 35号

トマト 69号、70号

ミニトマト、小トマト


ミニトマトの在庫0になって、なんだか安堵。

どうせ、また明日にはたくさん収穫できるのだが。



写真日記ランキング