何の変哲もない1日

2020年 7月 31日 今日はいやにセミが元気だ、そこかしこでミンミンゼミが鳴いた。

午前中は重く雲が垂れこめて、昼間でもライトをつけないと暗かった。

でも、午後3時過ぎには晴れ間が見えて、今は月も明るい。 どうやら明日辺り梅雨明けしそうだ。

IMG_4909.JPG

昨日の散歩でカンナがとても綺麗だった。

IMG_4920.JPG

洗濯、金曜日の大掃除を淡々と進める。 

私の洗濯物はTシャツ、下着でひっくるめて1日3枚ぐらいだ。

でも、母の下着が毎日毎日たくさん出る。 努めて優しい気持ちで、を心掛けるのだが、イライラする。

IMG_4919.JPG

IMG_4917.JPG

今日は個人年金振込日で久しぶりに郵便局に出かけた。

自粛中、新聞広告だったと思うが、不要不急で郵便局に来ないでくれ、という記事を読んだ覚えあり。

お金を下ろして、そっと中をのぞいたら見事に空っぽ。 誰も居ない。

遠慮がちに暑中見舞い葉書を買って帰宅した。 これで午前中終わり。

IMG_4915.JPG

午後は新聞に目を通して失われた時を求めてを読み進めたが、残り5mmの厚さでも読み終えることが出来なかった。

3時間ぐらいの晩餐会の様子が延々、延々と描かれる。

どうでもいいわい、と思うことも多いが、「人が耄碌(もうろく)しても捨てずにいる気楽な名誉職」などと書かれてあると、プルーストはなかなか辛辣であるな、などと思う。

なんの変哲もない1日。 読んでいただきありがとう。

また忘れちまった。

本日の収穫IMG_4924.JPG

トマト92号、93号 

情けないトマトだが赤くなる前に割れてしまう。


写真日記ランキング

沈む

2020年 7月 30日 傘を御伴に久しぶりに散歩に出た。 午前中はずっと弱い雨が降っていた。 

美容院に送り出した母は午前中いっぱい帰ってこない。 

ザクロIMG_4901.JPG紅一点の語源だが、それほど紅くは無いが、造形的に特異な美しさだ。

日本で再燃しているコロナウイルスは世界中どこでも同じ状態で、WHOに言わせると、

ビヨンド ヒューマン コントロール なのだそうで、不可抗力。

ワクチン頼み。

ミソハギIMG_4906.JPG

市民だか、区民だか知らないが農園の脇を通って公園に出る。

空が暗い。 明けない夜ではないが、明けない梅雨はないのだから・・・

明けたら明けたで酷暑がやってくる。

IMG_4907.JPG

午前11時半に戻り、部屋干しした洗濯物をベランダに出した。 雨は止んでいた。

母のパンツばかり12枚。 午後3時には全部乾いていて安堵。

オニユリIMG_4904.JPG

ユリ科なのだと思うがノカンゾウに似ているIMG_4914.JPG

午後はリフレッシュするはずが、疲れた気がしてプールに行く気も失せた。

7月も終わる。 

木彫りは8月も休みで、これで半年休みになる。

不動明王は出来上がるのだろうか?


少なくとも一月に1巻を読み進める予定の「失われた時を求めて」第7巻は残すところあと5mmぐらいなのだが、

多分、今月中には読み終わらない。

本日の収穫IMG_4899.JPG

ゴーヤ5号

茄子62号
 茄子はひどい虫食いですれに枯れそうである。

キュウリ43号 

キュウリは己がツルを実に絡ませていて、こんなふうにくびれてしまった。


今日は少し疲れたせいか沈む。

追伸:

「コロナは精神病だ」
「ウオッカを飲んでサウナに入り、アイスホッケーに興じればどうということも無い」

って豪語しているベラルーシの大統領はブラジル大統領と一緒で、

ある意味、黒歴史に名前を残す。


写真日記ランキング

自分の器

2020年 7月 29日  60歳過ぎたら小さく暮らす、まことにごもっともな話だと思うが(その本を読んでいない)、

60歳を過ぎても相変わらず、物欲や所有欲、旅行欲という煩悩の中に居る私はなかなかそういう気持ちにはなれない。

そう、まさに世の中は欲しいものであふれているのである。

あくまでも私の場合。

通りすがりにデュランタIMG_4893.JPG

そうはいってもしがない年金暮らし。 実際のところは我慢、我慢するしかない。

これもあくまでも私の場合。


午後7時のNHKのニュースで速報が入った。 

岩手県で初めてのコロナウイルス患者。 それを見た母は、

「海外行ってきたのかね?」

お母さん、今は海外には行けないよ。 飛行機飛んでないよ。


1日 1000人も感染しているのだから、単純に計算すれば10日で1万人である。

別に速報で流すこともなかろうに・・・

くれぐれも責任感をじて自殺しないように。

青空が恋しいIMG_3971.JPG旅のアルバムから。

今日も・・・洗濯して掃除してご飯作ってお茶碗あらう1日。

これって、マーガレット サッチャー(昔昔のイギリスの首相)が最も嫌がった人生だけど、

私は自分の器に合った人生だと思う。

本日の収穫IMG_4898.JPG

キュウリ42号

茄子61号

小トマト&ミニトマト


午後5時半過ぎから雨になった。 


明日午前9時に母の美容院の予約をしたが、今日は母を入浴させて洗髪した。



写真日記ランキング

傘に雨粒

2020年 7月 28日 人間て3食ご飯を食べるんだな、と今日はしみじみ思った。 

なんでそんなことを思ったのかよくわからない。

路肩のキバナコスモスIMG_4895.JPG

ドコモショップの予約は11時半だった。 午前中はこの時間帯しか選択の余地がなかった。

自宅から徒歩でたっぷり20分かかる。 

母に、もしかすると帰宅が午後1時ぐらいになるかもしれないと話す。

「あんたが帰ってくるまで待っている」

IMG_4894.JPG

予想した通り、単にシムカードを外して入れ直すだけだった。

でも、スタッフの人は親切で、無料だから、この際新しいシムカードに替えておきましょう、ということになった。

これで暫く様子を見て同じことが起きるようなら、本体に問題があるということになる。


IMG_4896.JPG

12時半前に帰宅して、出かける際に部屋干しにした洗濯物をベランダに戻して、昼食を作り始めた。

ノラ猫みたいに目やにをたくさんつけた母を眺めて、食後に顔をタオルで拭いた。

「朝起きたら、顔ぐらい洗いましょうね」

夕食の下準備をして、自室で新聞に目を通して「失われた時を求めて」を読み進める。

上流階級の皆様はそれぞれ料理人を抱えていて晩餐会を開く。


づっと3食を作っているから、変なことを考えるのかしらね?


雨が降り出したのは午後4時過ぎだった。

思い立ってジムのプールで15分くらい泳いだら、混雑していたせいもあるが満足して雨の中を帰宅した。

忘れた。 本日の収穫

IMG_4892.JPG

茄子59号、60号 小トマト&ミニトマト


写真日記ランキング

マネのアスパラガス 失われた時を求めて

2020年 7月 27日 夕方遠くでヒグラシが鳴くのを聞いた。 ヒグラシは秋の季語だそうだが、実際はこんなに早く鳴き始める。

人の世界には関係なく、季節は夏へと進んでいく。 

庭の松葉牡丹IMG_4890.JPG

昨日と同じような天気で、雨はいつ降り出してもおかしくないような空模様だったが、実際は午後2時前にパラっと降ったきりだった。

今日はバスタオルなどを洗濯したが、無事に全部乾いた。

今朝はのんびりと掃除をして買い出しに出かけた。

本日もご飯つくってお茶碗を洗った1日。

通りすがりにガーベラIMG_4891.JPG

マネの描いたアスパラガスの絵がすごく美味しそうだった。 

ホワイトアスパラガスの束の絵である。

「失われた時を求めて」7巻の中の登場人物の1人である画家が描いたとされる絵は実際はマネが描いた絵だそうで、注釈に写真が掲載されていて、実物を見てみたいと思った。

マネは800フランでその絵を売ろうしたが、購入希望者は1000フランを出したそうで、マネは後日、恐縮して1本だけのホワイトアスパラガスを描いたそうな。

実際の話がそっくりそのまま物語の中で語られている。

あの有名なオランピアより、づっとづっと素敵に私には思えた。


アスパラガスは卵と相性が良いと書かれてあったが本当にそう思う。

私は茹でただけの緑色のアスパラに茹で卵を並べてマヨネーズソースで食べるのが簡単で好きだ。

本日の収穫IMG_4889.JPG

ゴーヤ4号

茄子58号

キュウリ40号、41号

トマト91号 小トマト ミニトマト少々


スマホが不調でドコモショップを予約した。 

いつでも「シムカードなし」と表示される。 別に強い衝撃を与えたり水没させたことも無い。

それにしても、オンライン予約必須ってのも面倒だな、などとつくづく思う。

私の通うジムには時々、いろんな携帯電話会社さんがスマホ勧誘に来ているが、もっとお年を召された方々のすべてが、こういう事に慣れているとも思えない。

皆さん、どうされているのだろう・・・

まっ、そうでもしないと、コロナの時代、ショップの中が3密になるのを防ぎ切れないのかもしれないが。

スマホって便利だけど故障も多い(ガラパゴス携帯と比較すると)。



ここ1週間で、3度ほどマイクロクルーズの記事を読んだ。

小さな船で短い(とはいっても1週間程度)クルーズを楽しむのだそうな。最大でも25人程度。

すでにいろんな国で運航されている。 

値段がとんでもなく高い。 1泊の料金が大体4000ドル程度。 それって、1泊50万近いじゃん!

お安いのもあるが、それなりで、シャワールームは共用とかね。

クルーズに興味が無いが、ちょっとため息が出た。


スマホ買い替えなんてことになったら困るなあ・・・



写真日記ランキング


不穏な天気と気分

2020年 7月 26日 変わりやすいと言ってしまえばそれまでだが、なかなか目まぐるしくスリリングな天気だった。

昨日のうち墓参を終えてよかったと父の月命日の今日はそう思った。

朝の不穏IMG_4888.JPG

シーツを洗うかどうか迷った挙句、洗濯槽に放り込む。

大気は湿気を帯びて空は不穏な暗さで、シーツを着物用のハンガーにかけて部屋干しにした。

ところが、あっという間に雲が流れたと思うと青空が広がり太陽がキラキラと輝きだして、もう、イチかバチかみたいな気分になってベランダに干した。 

万一雨が降ったら、また洗えばよい。

裏庭で収穫を済ませて40分遅れで自宅を出てジムのプールへ出かけた。

百日紅IMG_4885.JPG

IMG_4884.JPG

ジムを出ると、まだ青い空が見えたが、はるか西の空は真っ暗で、自然と急ぎ足になる。

帰宅するや否やと言いたいが、手洗いうがいを済ませて、洗濯物を取り込んだ。

無事に乾いていた。

昼食の仕度を始めていたら、やがてパラパラと音が聞こえて、雨が降り始めると瞬く間に真っ暗になり、雷鳴と共に南側に叩きつけるように強い雨が降り出して、網戸にしていた2階に駆け上がり、南側の雨戸を全部閉めた。

お昼はキッチンのライトをつけて母と食事を済ませた。 それくらい暗かったのだ。

IMG_4878.JPG

昼食後、片付けと夕食の下準備していて、ふと振り返ると母がティッシュを丁寧にキッチンテーブルで畳んでいる。

嫌な予感がした。

自分でもびっくりするくらいの大きな声を上げて、母を制した。

使用済みの(鼻をかんだ)ティシュー(乾かしたもの)を母は畳んでいた。

怒り怒り怒り 止めてすぐに捨てなさい! 怒り怒り怒り

「だって水みたいなもんよ」

お母さん、おしりをふいたウンチのついたティシューを乾かしてまた使える?

「それとこれとは違うよ」って、同じです! すぐに捨てなさい!


もう許せないくらい嫌だなぁと思った。


午後は新聞に目を通して、「失われた時を求めて」を読み進めるうちに漸く怒りが収まった。

読みにくい本なので(登場人物が多く比喩や修飾語だらけ)集中しないと読めないのだ。


もう本当に嫌なの!!!!
もう本当に我慢できないの!!!!!

そんなことを思いながら母の身体を洗っていたら・・・ 

「あたしが死んだら、よく燃えるよ」と母は突然言ったのだ。

そうねえ、これだけの3段腹だものね。

主成分は脂肪みたいな身体だよ。

本日の収穫IMG_4886.JPG

茄子56号、57号 

今年の茄子はもう駄目だと思う。 一部枯れてきている。不作。去年が出来すぎだったのだ。

いつも上手くいくとは限らない、何事もそうである。

トマト89号、90号(90号は泥に埋まっていた)

小トマト&ミニトマト




写真日記ランキング

一瞬と一生

2020年 7月 25日 ツキが無いと言うより、雨が降ったり止んだりしたということだ。

乗り物で移動中は雨は降らず、乗り物から降りると雨が降る、そんな1日だった。

それでも雨のすき間をぬって墓参を終えた。

Tシャツの背中は結構ぬれたけど。(今日の雨は弱い雨ではなかった)

IMG_4879.JPG

うっかりして目が覚めたら7時半だった。 急ぎ朝食。母の昼食を準備するだけで精一杯。

午前9時10分に家を出た。

IMG_4881.JPG

霊園バス発着場の近くの公園でオニユリが満開だった。 オニユリにはむかごが付く。

これが成長して球根になるらしい。 蒔いてみるかと思ったものの止めておいた。

黒いのがむかごIMG_4882.JPG

交差点で信号待ちをしていた。 道路右側にはトラック。

信号が青になって渡りながら、はて、何か書いてある。 歩きながらトラックのフロントグラスの下面を確認する。

「男は一瞬、女は一生」とでっかく書かれてあった。 

さっぱり意味不明。 何か意味があるのかね?

男だろうが、女だろうが、人間だろうが、それ以外であろうが・・・

一瞬が積み重なって一生になるんじゃい!

今日は収穫スキップ。 裏庭圃場に出なかった。 出ようと思った時には強い雨。

===

どうしても書きたいので。

安楽死が良いとか悪いとかを論ずる以前に、今回の事件は安楽死合法化を目指す人達にとっては大きな後退になったと思う。

軽薄な人ばっかりだ。


写真日記ランキング

ゴーヤの緑、盛夏の想い

2020年 7月 24日 緑なす、と言えば黒髪なのだが、そう言いたいくらい綺麗な緑だ。

ゴーヤの緑、盛夏の想い。

大暑も過ぎたのに梅雨明けしない。

それでも、夏野菜は旬を迎える。

本日の収穫IMG_4875.JPG

インゲン 1.1キロ

ゴーヤ 2号、3号

茄子 55号

トマト 87、88号 だるまみたいなトマトはご愛敬。

小トマト&ミニトマト


インゲンはまだ花も見受けられたが、裏庭圃場から抜き取った。

IMG_4870.JPGサボテンの鉢植えに1輪咲いた松葉牡丹。

金曜日の大掃除を済ませて、ベランダで防虫スプレーをまんべんなく手足首に吹き付けた。

インゲンを抜いた後はひたすら草むしり。 

Tシャツの色が変わるくらい汗びっしょり。

トマトは最盛期を過ぎた。

これで午前中は終わり、母と昼食を済ませたらさすがにくたびれた。

庭のゼラニウムIMG_4874.JPGゼラニウムは四季を通じて花が咲くのでありがたい。

風呂掃除は第4木曜日と決めていたが、水曜日に済ませてしまった。

入浴を嫌う母には、夏場は、シャワーと入浴を交互にして、なんとか身体を清潔に保つようにしている。

今日は珍しく母は素直に入浴してくれ、洗髪。 夕食前にドライヤーで髪を乾かして、足の爪を切ったら・・・

はい。1日を終えた。


それにしても、酷暑の夏も辛いが、いつまでも雨が降るというのも気が滅入る。

明日は墓参。

追伸: 

ミニトマトをジップロックに入れて冷凍した。 

コチコチのトマトを水に浮かべると、あっという間に皮がむける。

冷たいだし汁をかけて大葉を刻む。

彩りもよく、これはこれで美味しい。


写真日記ランキング

こんなになっちゃった。

2020年 7月 23日 ため息が出るので暗い話題はやめておく。

先日下着を買いに出かけた折の話。

「お好きなのではないかとお持ちしました」洋服を片手にソーシャルディスタンスをとりながら佇むスタッフ。

そこまでは良い。 次が悪かった・・・

自分でもってきた服のサイズをちらっと確認して言った言葉。

「もう一サイズ大きい物もお持ちします」

すごく、いや、大いに、いや、かなり、ゲ~となったのでした。

IMG_4856.JPG

昨年比 身長はマイナス4mm 体重はプラス600g なんだが、なんていうか・・・

首周りがいよいよ太く、もはや肩の上に顔があり。

腕周りがいよいよたくましく、脇周りは窮屈極まりない。

40年前は小枝のように折れそうだったなんて信じられない。

いいじゃないの、健康なんだから。

IMG_4860 (2).JPG 

う~ん、この写真はさすがに先頭にもってくる勇気がなかった。

さて、次も先日の話。(東京へまたいじゃいました) 

小林モー子展に行ってきた。

今年は海に行かないと決めたからかしらね。

なんとなく買ってしまった私。 だって素敵だったんだもの。

梅雨が明けたら、せめてこのピンブローチをつけて出かけたい。

IMG_4862.JPG

水着の女性。

IMG_4863.JPG

今日ようやく冷蔵庫の中のインゲンを食べ終えた。

明日は最後のインゲンの収穫をして抜いてしまう予定。

今日もトマトがとれとれ。

IMG_4861.JPG

茄子54号

トマト83、84、85、86号

小トマト ミニトマト
 



コロナもこんなになっちゃった、である。


写真日記ランキング

マスクとつけまつげ

2020年 7月 22日 他人様の顔を凝視することは失礼極まることなのだが、目が釘付けになった。

つけまつげである。

マスクをつけることがニューノーマルになり、目元にポイントを置きたい気持ちは察するに余りあるが、

なんだか、すこいつけまつげで、綺麗とか可愛いを通り越して、変である。

こっけいにも見えるし、ある意味馬鹿にも見える。

スマホのアプリで自撮りの顔の目をでっかく見せるのにも似ているかもしれない。

と、ここまで書いて、まあ、化粧も表現の自由になるから、なんでもいいや。

庭のバラIMG_4855.JPG

午前9時半には横浜市から大雨警報、11時過ぎには大雨洪水警報が出されたが、弱い雨がパラっと降ったきり。

午後は時々日差しもあった。 


相撲を見ていた母が、「人気無いんだねぇ、ガラガラだよ」と言うので、

あのね、コロナウイルスで入場者制限があるんだよ。

「あ~風邪ね」

庭の松葉牡丹IMG_4859.JPG黄色ばっかり。


ブラジルのボルソラナ大統領は自身もコロナ陽性になったが、相変わらず強気で・・・

狂気かもしれないけど。

「どうせコロナは人口の7割が感染するのだ、経済活動を止めるわけにはいかない」


スウェーデンは国民に抗体をもたせるために、あえて自粛という措置を取らなかった。

コロナが収束した後、検証しなければ答えは出ないが、結果は高齢者の死亡者が激増した。


私も、もうすぐ前期高齢者だものなあ・・・

本日の収穫IMG_4858.JPG

キュウリが1本なっていた。

キュウリ 39号

茄子 53号

トマト 77、78、79、80、81、82号

小トマト、ミニトマト



毎日3食トマトを食べている。 ありがたいことだ。


追伸: 昨日書くのを忘れた。

フェロー諸島旅行記念日だった。 2017年の7月21日に出発した。

早いもので3年が経過したのだ。

今思うと、よく一人で行ったもんだ。


写真日記ランキング

旬はあっという間に終わるのだ。

2020年 7月 21日 スーパーの外は賑やかだった。 マスクをつけた店員さんがウナギを焼いている。 

今日は土用の丑の日。 日曜日に食べちゃったけどね。 

久しぶりにキュウリを買った。 冷蔵庫の自家製キュウリも在庫2本になった。

裏庭圃場のキュウリは花は咲いているが実をつけてはいない。

ご近所さんのハゲイトウIMG_4853.JPG

帰宅して、食材を冷蔵庫や冷凍庫に入れて、休む間もなく母のクリニックへ向かった。

薬が切れるし、それに4連休だし、母にクリニックへ行こうと何度も何度も誘ったが、生返事&不機嫌。

もう、喧嘩したくないし、母に代わって出かけた次第。

行ってびっくり! 今更?「発熱の患者様は帰国者相談センターへ」と大きな看板。

クリニックの窓という窓、正面入り口も開け放されていた。

8月は休診が多いそうで、特別に35日間の薬を処方してもらい、薬局へ赴くと・・・

申訳ないが、外のベンチで名前を呼ばれるまで待機してい欲しいと言われて、またびっくり。

とりあえず、1か月強は大丈夫だが、次回は血液検査をするので母を連れて行かねばならない。ため息。

通りにすがりに美味しそうIMG_4852 (2).JPG

帰宅したら11時50分でお昼の仕度と昼食で午前中は終わり。

午後はどういうわけか、ひどく疲れた気がして横なったが眠ることはなかった。

午前中は弱い雨が時折降り、午後は明るい曇りになったが、洗濯物は部屋干しのままにした。

***

「結局、社会というものは、実際ますます民主化になるにつれて、ひそかに階級化されるのはないか?」

ってさ、「失われた時を求めて」7巻の中で「私」が思う事、つまり、プルーストがそう感じていた。

なんとなく意味深なというか、大当たりというべきか!?

***

今日、漸く従姉が送ってくれたブランドカボチャの1個目を食べ終えた。 

残り一個は新聞紙で厳重にくるんで、冷蔵庫の野菜室にしまったまま。 

カボチャ1個は食べがいがある。

***

本日の収穫IMG_4851.JPG

茄子 50号、51号、52号 今年は茄子は不作である。

トマト 74号、75号、76号 小トマト&ミニトマト


旬という言葉はそもそも10日間を示すのだそうで、夏野菜に限っていえば、

あっという間に終わるのだ、などと思う。 

これから収穫が望めるのはゴーヤである。

***

午後横になったまま、途中からナイトミュージアムを見ていたら、エジプト国王役で出ている俳優を見て・・・

どっかで見たことあるわ、この人。

そうだ、ボヘミアンラプソディーでフレディー マーキュリーの役をやっていた人だ、と思ったのでした。

ラミ マレック。


なんだか今日は疲れたわ。


写真日記ランキング

何かやっておくことは? 母の口癖

2020年 7月 20日 母の口癖。 何かやっておくことはあるかい?

無いのよ、って答える。

だって、頼んでおいてもきれいさっぱり忘れるから。

失望するってわかっていることを頼む必要もあるまい?

でも、大げさではなく100回くらい言われると、さすがに・・・

頼むから、もうやめてよ。

IMG_4849 (2).JPG

10時予約の美容院に急いだ。

今日は母のシーツや掛布団のカバーなど洗った。 

暑さも手伝って、出掛けに「何かやっておくことは」という問いにイラッとした。

2020.7.20.jpg

「〇×▽の下着をお買い上げになった方にただいまキャンペーンを行っておりまして、トラベルキットを差し上げております」

私が何も言わないうちに・・・

「今更、トラベルでもございませんが、いかがいたしましょう」

目下トラベルの予定は無いが、トラベルキットをもらってきた。 


美容院から帰ってきて、すぐに洗濯物を取り込んで、母のベッドにシーツをセットして、布団カバーかぶせる。

気温は32度まで上がり、汗びっしょりで、お昼の仕度。

「午後から出かけるんでしょ。 何かやっておくことは」と母がお茶を飲みながら聞く。

何も無いのよ。 

夕食の下準備をする。 

小トマトを湯むきしてハチミツとワインでマリネ。 マーボ茄子の下準備。


それじゃあ行ってきます! 「何かやっておくことは」

やれやれやれ・・・


長い梅雨も漸く明けそうな気配が見えてきたが、相変わらず世間を覆っているうっとうしい気分は抜けない。

それでも春が去り、夏はもうすぐそこである。

季節は変わることなく巡るし、夏野菜はあっという間に旬になる。


本日の収穫IMG_4848.JPG

茄子 49号

トマト 73号 小トマト&ミニトマト



今日は美容院へミニトマトと小トマトを持っていった。 我が家だけでは処理できない。

もらっていただきありがとう。


写真日記ランキング

ウナギと骨せんべいと・・・

2020年 7月 19日 土用の丑の日は21日だが、今日は予約したウナギをスーパーへ取りに行った。

帰宅途中近くの(私が嫌いな)クリーニング店の前を通りかかったら、張り紙がされてあった。

7月20日から営業時間を短縮します、と書かれてあって、午後は7時に終了する旨。

昨今の事情を鑑みて、横浜市或いは神奈川県からの何らかのお達しがあったのだろうか、などと思うのは深読みだろうか?

通りすがりにIMG_4841.JPG

ウナギは当初当然ながら21日に予約したが、与論島旅行が二転三転して、時期がづれてしまった。

21日は与論に居るはずだったので、ウナギの予約を今日に変更した。

6月30日に欠航の連絡があり、3度目の正直だと考えていた私は、2度あることは3度あると思い知った次第。

IMG_4842.JPG

7月3日に所用があり短時間外出して、帰りに高島屋に寄った。 珍しく正面玄関から入った。

入るとすぐに色鮮やかな浴衣を着たマネキンがずらっとお出迎え。

それを見てなんとなく呆然とした。

日本列島北から南まで、今年の夏は花火大会やお祭りはほぼ中止。 催行されても規模縮小。

華やかな浴衣は売れ行き好調とはいくまい、などと思った。

庭のギボウシIMG_4834.JPGこのギボウシは珍しく、葉っぱに斑が入っていない。純粋な緑色。

今日は珍しく青空が少し広がり、あれもこれもと洗濯をして布団も干した。 それほどの天気でもなかったが。

気が付いたら午前10時を回っていて、あたふたとプールへ出かけて、あたふたと帰宅して、昼食の準備をした。

IMG_4843.JPG

夕食で頂いたウナギは美味しかった。 四万十川で採れたウナギ。 

一番安い物で税込み3200円。 一尾買って半分づつにして母と食べた。


母は昔々、もう嫌になるくらいウナギを食べたそうで、ウナギの骨のせんべいが食べたいと、昔話を今日1日で何度したかわからない。

祖父(母の父)はマメな人で、たまたま社宅が桂川の上にあり、夜中にこっそり仕掛けを川に設置して、ウナギを正確に言えば密漁していたそうで、それを上手に割いては子供たちに食べさせた。

ウナギの骨は炭火焼きで骨せんべいにした。

本日の収穫IMG_4845.JPG

キュウリ 38号 (キュウリは暫く収穫できない)

茄子 47号、48号

トマト 72号 小トマト、ミニトマト



「フェンシングの突きにしては近すぎるその距離は、握手するには遠すぎるように見えて、握手なのに突きのように相手ぞっとさせる」

プルーストの比喩ってなんて素晴らしいのだろう・・・


写真日記ランキング

今がホラー

2020年 7月 18日 ホラー一挙大放出(WOWOW)と言われてもねぇ、今がまさにホラーだもんなぁ・・・

抹消できるような脅威でない。

オニユリIMG_4836.JPG

IMG_4838.JPG

こんなこと言うと非常識と言われそうだが、我が家の母もある意味ホラーな時がある。

そうだった、そういう私は非常識でした。 はい。

IMG_4839.JPG

今日もいつもの土曜日。

いつものように朝から雨が降り、洗濯掃除を済ませてご飯を作る。

いつものように雨が降るっていうのも、ホラーだよ。


午後2時半ごろ雨が止んでいて、散歩がてら遠回りしてプールに出かけた。

オニユリが綺麗に咲いていた。


私が自発的にスマホに入れたアプリはたったの1つ。 

NHK防災アプリ。

プールから帰宅して、防災アプリで天気予報を眺めてニュースに目を通した。

一瞬、えっと絶句した。

クチナシIMG_4840.JPG

私の半分も生きてないじゃないの・・・

哀悼

本日の収穫IMG_4835.JPG

キュウリ 37号

茄子 46号

小トマト、ミニトマト



大した問題でもないが、雨ばっかりにで茄子が大きくならない。




写真日記ランキング

スミレと私

2020年 7月 17日 スミレの香りというのがわからない、シクラメンの香りがわからないように。

「失われた時を求めて」第7巻で、「このパルム大公妃という名に無数のスミレの香りを染みこませ・・・」た「私」は実際に会ったその夫人の印象が違うことに気が付く。

ふ~ん、それじゃあ、さしずめ私だったら、プルーストはどんなイメージを持つのだろう?

私には大公妃とかね敬称はないけどね、なにせ、一おばさんだからさ。

夏だから、そうだ、ヘクソカズラと思った瞬間、笑い出した私。

過去のアルバムからIMG_4079.JPG

太陽が恋しくなるくらいの長っちりの梅雨全線で雨ぱっかりだ。 

だから、自宅敷地内からほぼ外へ出ることがないので申訳ない。


いつもの金曜日。 洗濯物を部屋干しにして金曜日の大掃除を遂行。 

「ミニトマト食べたの?」と聞く母に、やはり毎度のことながら驚く。

直近の記憶はほぼ飛んでいる。

昨日ね、ジャムにしたのよ。 わすれちゃった? と言いながら冷蔵庫からジャムのびんを出した。

自家製ジャムIMG_4832 (2).JPG

左から 杏、杏、杏、ミニトマト であります。

左の杏ジャムが2層になっているのは、ホーロ鍋が1つしかなくて、土なべでジャムを作ったから。

土なべで煮込んだジャムの方が色が暗い。 その上にホーロ鍋の杏ジャムを足したらこうなった。

味はね、おいしいであります。

本日の収穫IMG_4833.JPG

きゅうり しの字 36号

トマト 71号 ミニトマト、小トマト




写真日記ランキング

紫色は黄色の背景に映える

2020年 7月 16日 ミニトマトは嫌いだ、と母が言う。 そのくせ皮を湯むきしてやると、ペロリと平らげるくせに。

今年の夏野菜は現状、トマトが最もよく採れる。

だから食べても食べても減るどころか、どんどん増える。

通りすがりにグラジオラスIMG_4829.JPG

紫のグラジオラスが黄色の壁に美しく映える。


今日は1日なんとか雨が降らなかった。 

朝一番にシーツやタオルなどベランダに干して掃除をすすめた。

なんとなくべたつくフローリングの床の拭き掃除を終えたら、気のせいかさっぱりした気分になった。

買い出しから帰宅したのが午前11時過ぎ。

防虫剤をたっぷりと吹き付けて裏庭に出て草むしりに没頭する。

エノコログサ、カヤツリグサ、ヤブカラシ。 本当に奴らは手強い。


「あんたばっかり働いている、何かあたしに出来ることは無い?」と母が聞くので、

だったら、お昼を作ってよ、と言いたいところだが、出来ない。

ご飯と納豆になってしまう。

ミニトマトのおしりを包丁で十字に切り目を入れてくれると嬉しい、と答えた。

通りすがりにホオズキIMG_4830.JPG

諦めの悪い私が、一昨日アマゾンをもう一度見たら、杏が売られているではないか!

1.8キロで約3800円。

手間と砂糖代を考慮すれば、杏ジャムを買った方が安いのではないかという考えがちらっとよぎったが、クリック。

草むしり用の鎌を外水道で洗っている時に、宅配便で杏が届けられた。

18日以降って連絡あったけどね・・・


お昼を食べてから洗濯物を取り込み、まず杏ジャムに取り掛かる。 杏はいたみやすい。

ビンを煮沸し出来上がった杏ジャムを仕込む。

次に母が切り目を入れたミニトマトを熱湯にくぐらせて氷水に取り、ひたすら湯むき湯むき湯むき。

裸になったミニトマトにレモンを絞り、砂糖を加えて煮込む煮込む。


それから、大きくため息をついて、カボチャのマッシュパンプキンサラダを作り、

インゲンの胡麻和えを作って、自室に戻ったら午後3時を回っていた。


あ~あ、今日は疲れた。


チリの警察ではコロナウイルス患者の判定に犬を使うのだそうで、ただいま猛特訓中。


ゴーツーキャンペーンは・・・

やはりこけた。

本日の収穫IMG_4828 (2).JPG

キュウリ 35号

トマト 69号、70号

ミニトマト、小トマト


ミニトマトの在庫0になって、なんだか安堵。

どうせ、また明日にはたくさん収穫できるのだが。



写真日記ランキング

不甲斐ない日をあがなう。

2020年 7月 15日 不甲斐ない午前中をなんとか、あがなったような気がする、というより、そう思いたい。

午前中は何もしなかった。 右わき下に痛みが走り、起きる意欲がなくなった。

朝食は母になんとか自分で食べてもらった。

IMG_4826.JPG

実際、お布団も敷きっぱなしだ。

でも、午後1時に起き上がり、眠っていた母を起こし、お昼を食べるかどうか聞いて、チャーハンを作った。

簡単に夕食の準備を整えて、小雨の降る中裏庭圃場で収穫をして自室に戻った。

どっかりと椅子に座った途端、すごく寂しく感じて電話をかけた。

本当にさみしいと思った。

声が聞けてよかった。

庭の千日紅IMG_4825.JPG

6月23日出発 欠航により変更 

7月13日出発 欠航により変更

7月20日出発 欠航により断念。

マイレージを使うためANA→JAL乗り換えで変更のたびに手続きが面倒だった。

こういう時にタダより高い物は無い、ということわざを痛感する。

与論島への旅はこのような経過を経たが、今となっては断念してよかったと確信している。


夕方母を風呂に誘ったら、素直に入浴してくれ洗髪も出来たし、足の爪も切ることができた。

本日の収穫IMG_4827.JPG

キュウリ 34号

茄子 43号、44号、45号

トマト 68号

ミニトマト 小トマト



写真日記ランキング

散文的1日

2020年 7月 14日 コロナで中断された2020年春のこころ旅が再開された。 嬉しい限りだ。 

覆面サングラスの正平さんを見た母。「なんで覆面してんの」

だからね、コロナウイルス肺炎流行だからよ。

「ああ、風邪ね」


テレビの画面にしがみつくようにして確認した。 45Rである。

アルファベットのRが横になっている。 間違いない。

正平さんが来ているインディゴブルーの上下はフォーティファイブアールの物だ。

IMG_4813.JPG

起床した母はいつも同じである。

雨戸を開けて外気は部屋に入り込むと、くしゃみを連発。

鼻をかむ。 多分、鼻をかむことがさらに刺激になって、再びくしゃみ連発。

くしゃみ連発が尿漏れになり、トイレに20分ほどこもる。

そうこうしているうちに朝食の出来上がり。

IMG_4815.JPG

昨日より少しはましだと思ったが、朝のルーティンを終えて横になったら、うとうとした。

喉が渇いて目が覚めたら12時半を回っていて、階下に降りた。

「具合悪いの」

うん、少しね、疲れたような気がする。


母が居なければ、恐らく今日のような日はそのまま寝て過ごすだろうと思うと、なぜか、母が生きていることが有りがたいような気がした。

IMG_4816.JPG

リボリングドア(回転扉)がすでにプルーストの時代にはあった。

「失われた時を求めて」第7巻で「私」はレストラン入り口でこのドアに面食らい、支配人に見くびられる。

プルーストは虚弱体質であったから、多分、運動神経が鈍かったのだろう、などと思った。

「ファーブル」と言葉では書かなかったが、明らかにファーブル昆虫記を示す一文が6巻にあり、多分、昆虫記を読んだのだろう、そんなことも思い出した。

ファーブルは長生きだったが、人生の半分は極貧生活だった。

プルーストとは正反対だな、などと思いながら7巻を読み進めた。


午後5時過ぎに階下に降りると、テーブルに茶碗とはしが並べられていた。

本日の収穫IMG_4824.JPG

きゅうり 33号

茄子 40号、41号、42号

トマト 66号、67号

ミニトマト少々



写真日記ランキング

カボチャと私

2020年 7月 13日 従妹がカボチャを送ってくれた。 ブランドカボチャである。

IMG_4819.JPG

この通り1.8キロもある堂々たるカボチャだ。 それも2個も。

記憶にある限りカボチャを丸ごと1個買ったことが無い。大抵は4分の1カットだ。

さらに言えば駅前のスーパーで売られているカボチャは大抵外国産である。メキシコ産が多い。

最初は畏れ多いような気がしたが、それは恐れに変わった。

どうやって切ったらいいだろう・・・

最悪、物置にナタがある、或いは、丸ごとレンジでチン、などと思ったが。

なに、上下にあるヘタを切り取って?そこから包丁を入れたら案外簡単に切ることが出来た。

ほくほくした美味しいカボチャの煮物(4分の1)が出来上がった。 

感謝。

ジニアIMG_4814.JPG

右わき腹あばら骨あたりの鈍い痛みで目が覚めたのが午前2時半。

朝までよく眠れなかった。 

今日はゴミ出しの日なので起き上がり、とりあえずルーティンをこなしたが、1日中、寝たり起きたりした。

それでも、カボチャを切ることに専念したら、元気が出た。

夕方母と一緒に迎え火を焚いた。

今日から7月の盆の入り。

お父さんお帰り。

でも・・・いつでも居るんだよね?

本日の収穫IMG_4810.JPG

トマト65号

ミニトマト少々



写真日記ランキング

繁栄ははかない。

2020年 7月 12日 杏の実が不作なんだそうな。 なんてこった!

ここ暫くの間、用事がなくてもスーパーの青果売り場をのぞいていた。

去年は7月9日に駅前のスーパーで杏を買って10日にはジャムにした。 

杏の実の入荷予定はありますか、と聞いてみたら、「予定なし」

それじゃあ、仕方が無い。 少し高いけど、アマゾンで買おうと午後からパソコンを立ち上げた。

昨日まで売られていた杏はきれいさっぱりソールドアウト。

検索して表示される農園を調べたが、不作だそうで、中にはそもそも今年は一切販売しないと書かれているところもあり。

今年は杏子ジャムを作れない。

庭の自生松葉牡丹IMG_4808.JPG

少々高くても、昨日のうちに(アマゾンで)買っておけばよかった・・・

別に取り返しがつかないほどのこともないが、まあ、後悔先に立たず。

IMG_4806 (2).JPGこんなふうに縁にちょこんと咲く花もあり。

庭の寄せ植えのギボウシの花IMG_4804.JPG

昨晩11時頃は空模様が急激に怪しくなった。 雷鳴と稲光で、思わず寝床から起き上がってブラインドを上げてみたくらいだ。

昔は、雷が鳴ると梅雨が明けると言われたものだが、気候変動とやらで今じゃあ、そんなことは無い。

雷が鳴ろうが、だらだらと続く雨模様。

ゴーヤの花IMG_4809 (2).JPG

本日今年最初のゴーヤを収穫。

本日の収穫IMG_4807.JPG

きゅうり 31号、32号

トマト 63号、64号

ゴーヤ 1号 

小トマト ミニトマト


茄子がしばらく収穫出来ないのがさみしい。


大雨もコロナも終息しない。

繁栄ははかない、などとなぜか思いながら「失われた時を求めて」を読み進めた。



写真日記ランキング

晴れごいに鳴いてやろうか蝉の声

2020年 7月 11日 午前11時ごろ遠くでミンミンゼミが鳴くのが聞こえた。

梅雨明けが待ち遠しいのか、或いは待ちきれなかったか・・・

蝉の晴れ乞い


茅ヶ崎美術館の庭IMG_4783.JPGリアトリス、アガパンサス、カンゾウ

今日もお昼前から断続的にやや激しい雨が降る。 南側に雨が叩きつけるので2階は午後から戸閉。

どうしてもバスタオルを洗いたくて、早朝洗濯物を干したが、乾くことはなかった。

ルドベキアIMG_4800.JPG

茅ヶ崎の國領展で、スケッチなどをまとめた展示室があり、そこに、スカイ島の水彩画があった。

いつか、そんな機会が訪れるのだろうか、などと懐疑的になるが、行って見たい場所のひとつである。

鳥の切り絵のような物があり、なんであろうかと思ったら、大きな画布上で鳥のモティーフのバランスを見るために、実際に紙を切って画布に置いてみたと書かれてあった。

その切り取られた鳥のモチーフすら素敵だった。

西洋ニンジンボク ?IMG_4799.JPG

お昼に母の好きなインゲンの天ぷらに冷たいうどんを出したら、どうしても、ご飯を食べたいと言い張る。

好きにすれば・・・

うどんは結局捨てる羽目になった。


母の目のふちのただれは良くなったり悪くなったりする。

昼食後にタオルで顔を拭いてやり、目薬をさすというルーティンが新たに加わった。

顔ぐらい洗いなさいよ・・・

本日の収穫IMG_4805.JPG

キュウリ 28号、29号、30号

トマト 60号、61号、62号

インゲン 250g

ミニトマト 小トマト


インゲンは終盤。 それにしても、夏野菜は成長が早くてあっという間に旬になる。



写真日記ランキング

鬼という花

2020年 7月 10日 夕食の後片付けを終えたら午後8時になった。

母を入浴させて洗髪すると、こういう時間になってしまう。 

洋服を脱ぐ前にトイレ。

下着1枚になって再びトイレ。 (おしっこは)出ないと思うが、母本人の強い希望なので仕方が無い。

おしっこ待ちで大体10分は過ぎる。

こんなことでイライラとし疲労困憊する。

オニユリIMG_4794.JPG

茅ヶ崎市美術館の隣は茶室のある庭園が広がる。 オニユリが綺麗に咲いていた。

IMG_4798.JPG

母が風呂に入らなければ、それはそれで不愉快の種になるのだから我慢しようと思うが・・・

心の中で鬼という花が開き始める。

半夏生IMG_4795.JPG

東京都の感染者数の歯止めが止まらない。 

オーストラリアのメルボルンで昨日だったか、再び一部地域がロックダウンになった。

WHOがエアロゾル感染の可能性もあり、との発表を行う中、ワクチンが出来るまではどうにもならない。

昨日の茅ヶ崎駅では、駅アナウンスで不要不急で県境をまたぐなと放送していた。

IMG_4796.JPG

先ほど、午後8時過ぎ、自室に戻り歯を磨き、爆発した口唇ヘルペスの薬をつけようとして、手を止めた。

これって、さっき塗った母のお尻の褥そうの塗り薬にそっくり。 母の褥そうは1年を経ても治らない。

気になって薬箱から取り出して両者を比べたら、まったく同じものだった。

皮膚の炎症という意味では、褥そうもヘルペスも一緒なのだろうか?

私の薬は以前皮膚科クリニックで処方してもらったもの。

池の鯉IMG_4797.JPG

あなたも独り?

と、池の鯉に話しかけた私。

本日の収穫IMG_4803.JPG

きゅうり 26号、27号

茄子 39号

トマト 58号、59号

ミニトマト 小トマト



今日は時折弱い雨が降ったが、久しぶりで部屋中の窓を開けて金曜日の大掃除を無事に終えた。


それにしても・・・

大雨もニューノーマルになってしまった。



写真日記ランキング

聞こえるのは風の音のみ  國領經郎展 @茅ヶ崎美術館

2020年 7月 9日 先週の木曜日は青空が広がったこともあり、金曜日の大掃除を前倒した。 

何が言いたいかと言うと、それ以降づっと雨である。

なんとなく雨空を見上げる。

IMG_4784 (2).JPG

いつものルーティンを終えて、早速、母の昼食と夕食の下準備を始めた。

昨日行く予定だった國領經郎展 茅ヶ崎美術館へ向かう。

4月に行く予定だったが、コロナで延期になった。

時間は午後1時少し前で、ミュージアムカフェで軽く食事を取りたかったが、カフェへの外階段は出口専用になっていて、仕方なく検温して手消毒をしチケットを購入(予約の必要はない)。

食事をしてからでも大丈夫かと念のために確認した。

カフェのテーブル席に着席したら、窓は激しい雨がたたきつけていて、運が良かったなどと思った。

天気が良ければ、松林の向こうに海が見える。

窓に私の姿がぼやけて見える。 窓に映った私はなぜか幾分美しく見えた。

63歳の私の顔の造作はどんどんぼやける。 激しい雨で2重にぼやけたことで、それが良い効果を表した。

何事もくっきりはっきり見えない方が良いこともある。

IMG_4787.JPG

館内のすべての作品は撮影できる(フラッシュは不可)というのは初めてである。

上の写真は下の写真の右下の一部を切り取った。

貝殻や花のアクセントが絶妙に美しい。

静かな世界が広がるが、波の音は聞こえない。 

聞こえるのは風の音のみ。

IMG_4788.JPG

IMG_4789.JPG

IMG_4786.JPG

美術館を出ると雨が上がっていて、改めて今日は良い日だったと思い歩をすすめようとしたら・・・

何、何、これ? 可愛い!!!

小石に描かれた虎だと思うIMG_4791.JPG

ちょこんと庭に置かれてあった。 恐らく気づかれた方は少ないと思う。 

作品なのか、はたまたほんのいたずらなのか? 

いたずらでも、とても可愛い。

本日の収穫IMG_4781.JPG

きゅうり 24号、25号

茄子 38号

トマト 56号、57号

ミニトマト


追伸:

夕食時に母が憤慨する。 

3歳の娘を置き去りして鹿児島で8日間も遊んでいた母親のニュース。子供は死亡。

育児に疲れたから少しリラックスしたかった、というのが理由。

私が母を置き去りにして海外旅行へ行ったら、多分ご近所さんは同じことを言いそうだわ、と呟いたら・・・

あたしは子供じゃないよっ!

そうですか・・・


写真日記ランキング

レイニーデイズ

2020年 7月 8日 口唇ヘルペスで出来た大きなカサブタが剥がれたのが4月の8日だった。 

旅先のホテルで夕食の前に着替えて化粧をしている最中だった。

緊急事態宣言直後の旅でも、なんだかせいせいしたのをよく覚えている。


今日は7月8日だから、3か月ぶりの口唇ヘルペスの出現。

被災された方達とは比較にならないほど安穏な生活をしていてもストレスはあるのだな・・・

旅の思い出IMG_4031.JPG

この写真すでにアップしたかもしれない、もしそうであれば、申訳ない。

IMG_4030.JPG

IMG_4043.JPG

効率的に洗濯物を部屋干して、いざ、1階の居間から掃除を始めた直後に激しく雨が降り始めた。

2階に駆け上がって戸閉をしたが、床や畳は濡れた。 ぼろタオルで拭く。

雨が小止みになったすきに本日の収穫

IMG_4780.JPG

キュウリ 22号、23号

茄子 36号、37号

トマト 54号、55号

ミニトマト



母に少しだけ横になると伝えて自室で横になり、くちびるが痛痒いと感じて目が覚めたら12時半だった。


断続して激しい雨と強い風が吹いた午前中がうそのように午後は静かになったが、小雨が降り続いた。


「何もしないでご飯食べて申し訳ない」と母が言う。

何もしないでご飯を食べているのは私も一緒だと思った。


それにしても、なんだかづっと2階を戸閉にしているような気がする。

梅雨末期の雨はなぜか南向きにたたきつける。


写真日記ランキング

雨止み乞い

2020年 7月 7日 ランドスライド ヴィクトリーした小池都知事。 

ランドがスライドするから地すべり的勝利。

日曜日は3秒くらいで決着がついた。

都知事選に立候補するには300万円が必要で、おまけに、規定の投票数に届かなければ、300万は没収されるんだと。

上位数名以外は皆さん、300万円没収されるわけで、みんなお金持ちなんだねぇ・・・

それとも、そうまでして立候補するにはそれなりのメリットがあるっていうことでしょうか?


すいません、こんなこと書いて。 

過去最大規模の記録的雨量で河川氾濫、地滑りによる甚大な被害を被っている九州地方の記事を読んで、なぜか、ふっとそんなことを考える私は不埒千万。

ご近所さんの入り口IMG_4754.JPG

IMG_4779 (2).JPG

あっという間に水かさが増す。 逃げる暇もない。


今日は午前中は曇天で、洗濯掃除を終えて買い出しに出かけた。 洗濯物は部屋干し。

母と昼食を食べていると、雨がさあっと降ってきた。

それほど激しい降り方ではないが、やはり南側に吹き付ける。 午後から戸閉。


「あっという間」でもないが、どう考えても3時間くらいのサロンの出来事を延々と「失われた時を求めて」第6巻の中で描いて見せたプルースト。 第7巻を読み始めた。


出番のない水着IMG_4775.JPG年明けに買った水着。 

「また旅に出よう」って言われてもさ、3回もフライトが欠航になれば嫌気がさすよ、とメールをチェックしながら呟いた。


今夜は七夕。 笹飾りは無いが、祈願する。

雨退散。

コロナ退散。


本日の収穫IMG_4777.JPG

茄子34号 泥だらけだが綺麗な茄子。

キュウリ21号 不細工。

トマト53号 小トマトはカウントしないことにした。

小トマト&ミニトマト


写真日記ランキング

願いごと

2020年 7月 6日 WOWOWでホワイトクローをぼんやりと見た。 内容はなかなかスリリングなのに。

私は昔昔ヌレエフのバレエをほぼ至近距離で見た。

これだけは実際に見た方が良い、とバレエに熱心な方から誘われた。


同性愛者の人って、審美眼が鋭いのかしらね?

マルセル プルーストも同性愛者だった、と訳者による解説で知った。

知ったと書いたが、多分そうだろうとは思っていた。


今日も断続的に激しい雨が降った。 南側窓を開けておくと、窓際の床が濡れてしまうので、本日も1日中戸閉。

洗濯掃除だけは終えたが、身体がだるくて重くて1日寝たり起きたりだった。

それでも、母を入浴させて洗髪して足の爪を切ったから、まあ、良しとする。

自分に甘い私。

母の目のふちの赤いただれは少しづつ良くなってきている。

7月3日の庭IMG_4753.JPG

IMG_4752.JPG

明日は七夕。

願い事は・・・

たくさんあるけれど、やはり、コロナ収束かしらねぇ。

ジムのスパでマスクしながら浴槽に浸かっている人を見て、ちょっとビビった。

本日の収穫IMG_4774.JPG

茄子34号  写ってない! 茄子を収穫して圃場に置き忘れた私。

トマト 50、51、52号 まだ青いじゃん! でもね、上の部分が割れてきている。

ミニトマト

インゲン 約 550g



写真日記ランキング

そうではない日

2020年 7月 5日 いつもの日常はどこかでたわんで時間を浪費するのだが、今日は珍しく、そうではない1日となった。

自生松葉牡丹 黄色ばかりIMG_4767.JPG

母と私の二人暮らしなのに洗濯を休むことが出来ない。 昨日はそれで口論になった。

大量の母の下着。 呆れかえるほどの量。 母は尿漏れパッドを絶対に拒否する。

今朝はなまじ日差しが垣間見えたせいか、ベランダに洗濯物を干して、いざ、プールへ出かけようと仕度をしていたら、空模様が危うくなった。

それでも雨はなかなか降り始めない。

仕方無く収穫を終えた裏庭圃場に再び出て、一心不乱に草むしりに没頭していたら、ゆっくりと静かに雨が背中を打ち始めた。

一旦、手を休めて、長靴を脱いで2階に上がり洗濯物を部屋干しにした。

もう少しで大方の草むしりを終えるので、大急ぎで裏庭へ戻り、無事終了。

どうせ一時的な安堵なのだ。 また少し時が経てば、あっという間に草が芽吹く。


まだお昼には時間に余裕があり、思い切ってプールへ出かけて、12時半に帰宅。

庭のガザニアIMG_4768 (2).JPG

午後は「失われた時を求めて」第6巻を無事読み終えた。 

本の虫と言うほどの読書家でもないが、不思議な魅力のある本だと思う。
(とはいえ、14巻まであるのだ、まだ半分も行かない) 

ここまで引っ張られたのは、翻訳が良いからだと思う。

翻訳者 吉川一義

「人生はバラの花ばかりとはというわけには参らんのです」 本当に。

IMG_4772 (2).JPG

プールの帰りにホオズキを求めた。 我が家は7月お盆だ。

本日の収穫IMG_4766.JPG

キュウリ 17、18、19、20号

茄子 32、33号

トマト 小玉 45、46、47、48号 

ミニトマト


青い大玉トマトは昨日の強風で落ちたもの。ほんの少しでも赤くなっていれば、落下した後でも熟すが、こういう状態では多分成熟せずに腐るだけだと思う。

それでも捨てることが出来なかった。 いづれ捨てなければならないのに。

=====

自然は名うての殺し屋である、と誰かが書いていた。

本当にそう思う。 お見舞い申し上げます。



写真日記ランキング

親だから仕方が無い。

2020年 7月 4日 昨日は母の言葉を有難いと思ったけど、今日は、親だから仕方が無い、って思った1日だった。

今日はお休みします。

昨日 川沿いの道IMG_4763.JPG

ないないづくしの夏って書いたけど、ヒマワリは咲くし、コスモスも咲くしね・・・

IMG_4764.JPG

本日の収穫IMG_4765.JPG

茄子 31号

トマト(小)37~44号 及び ミニトマト



写真日記ランキング

もめ事が無くて良い。 母の金言

2020年 7月 3日 テレビのニュースを見ながら夕食を食べていた。 

独り言のように呟いた。

元々人間関係が少ないけど、(血族以外の)人間関係がほとんどないわ、私。

性格悪いし、許せないし・・・


「もめ事なくて良いんだよ」と母が言ったのだ。

う~む。 呆けているけど、素晴らしい金言だな、などと、ほんの一瞬涙が出そうになった。


今日は2か月に1度の私自身のクリニックの予約日で、ちょこっと電車に乗って出かけた。

人間ドックの正式な書面の検査結果は送られてこないが、(人間ドックの)医師との面談時に、概ね健康だが、

悪玉コレステロール値がかなり高いそうで、面談した医師によれば、

「私があなたのかかりつけ医だったら、薬を処方しますがね」と言われたと医師に告げて、

コレステロール値を下げる薬を飲むべきなんでしょうか、とお伺いを立てた。


「動脈硬化の検査は受けましたか?」 はい、頸動脈エコーでは問題ないと言われました。

「う~ん、難しいなぁ、これから後20年生きることを考えるとねぇ」

「でも、コロナで水泳できなかったんでしょ。 まあ少し様子みたら」


目的地の駅を降りたら、ヒマワリが満開だった。


IMG_4757.JPG

IMG_4761.JPG

IMG_4760.JPG

IMG_4758.JPG


雨が降り出したのは午後2時前で、無事に洗濯物は乾いていて、取り込んで出かけた。

本日の収穫 キュウリ15号、16号、茄子29号、30号 トマト32,33,34,35,36号 ミニトマトIMG_4751.JPG

「何読んでいるんですか?」 失われた時を求めて、です。 じき6巻目を読み終わります。

「○○さん(私)はボリュームの多いのが好きなんですか?」 

というより、もっと年を取ったら多分頭がついて行かないような気がしないでもないので、理解できる今のうちに読みたい本を読んでいるんです。

(エッセーや軽い読み物はいつでも読めるさ。)



写真日記ランキング

さしあたり表層的に牧歌的な1日だった。

2020年 7月 2日 午後8時を過ぎたあたり、遠くで花火の音が聞こえる。 

はて今日は木曜日、ブラインドを上げてみたが音しか聞こえなかった。

無観客でゲリラ的な花火の打ち上げかもしれない、などと思った。

旅の思い出 IMG_3971.JPG

白砂青松IMG_3973.JPG

今日は部屋という部屋の窓を開け放して風を通した。

昨日は床を歩くとぺたぺたした。 床でなくても家中のすべてがべたべたするような気がした。

洗濯を2回に分けてシーツやバスタオルをベランダいっぱいに干し、ついでに金曜日の大掃除を前倒した。

IMG_4750 (2).JPG

だって天気が良かったから。


昨晩は母を入浴させて洗髪をした。 そのせいか、母は珍しくビールを飲みたいと言った。

おつまみにクラッカーにチーズをのせる。 その上にミニトマトの半分をのせる。

チーズの白と赤いミニトマト 彩りも綺麗だ。 

ぼんやりテレビを見ながら食事をしていたら・・・

「それ食べたいんだけど、くれない?」と母が聞く。

えっ、これは私の分だけど、食べちゃったんじゃないの?

「うん、だからくれないって頼んでだよ」

「だって美味しいんだもの」 お皿ごと母に渡した。


夜、床に就いてから母と交わした言葉を思い出した。

母は娘である私の分まで食べたいなどという人ではなかった。

だんだん欲求がストレートになって子供みたいになるんだな・・・

本日の収穫 トマト大玉27号28号29号、小玉30号31号、インゲン約600g ミニトマトIMG_4748.JPG

目には見えない花火の音を聞きながら、さしあたり表層的に牧歌的な1日だった。

今年の夏はないないづくし。 

海水浴も無い。花火もない。祭りもない。



写真日記ランキング

大難の時代

2020年 7月 1日 カレンダーをめくったら、白砂青松の景色が広がっていた。

思わず眺めいった。

雨の止み間に ジニアIMG_4747.JPGピンボケ気味だ。

6月23日から与論島に行くはずだった。

フライトが欠航になり、悪戦苦闘したが、結局断念せざるを得なかった。

今年は無念だが南の島には行かない。 

まあ、カレンダーの綺麗な写真を眺めて我慢する。

6月27日の紫陽花IMG_4728.JPG

折り返しの今日1日は、ほぼ読むことに費やした。

***

(ゲルマント氏が)威風堂々とどっしりと腰をおろしている。

おのが莫大な財産への意識があまねく五体にゆきわたり、

全身の密度はことさら高まって、そんな巨万な富が坩堝で溶かされて、

一個の人体としてのインゴットと化して・・・

***

「失われた時を求めて」の6巻の一節。 (翻訳が素晴らしい) 

私は生きている間に、そのような大富豪にお会いできる機会は無いと断言できるが、

マイクロソフトのビル ゲイツとか、そんな感じかしらね、などと思い、

でも、世界1の巨万の富の持ち主のアマゾンのジェフ ベゾスもそのような雰囲気なんだろうか、などと思う。

スペース Xのイーロン マスクは個人的に苦手な顔で、どういう訳かこの人の顔をみると、暴君ネロを思い出す。

IMG_4727.JPG

今日も昨日と同じ天気で断続的に激しい雨が降る。

起床時に雨戸を開けたが、すぐに激しい雨が降り始めて、結局1日戸閉になった。


日本もうかうかしていると、感染者が2万人の大台に届きそうだ。

それにしても・・・

世界は大難の時代である。

本日の収穫 茄子27号、28号 トマト大玉25号、小トマト26号、ミニトマトたくさん IMG_4746.JPGトマト大玉は赤くなりだしたらすぐに収穫しないと、カラスちゃんだか野良ニャンだかが、かじってしまうのだ。 すでに犠牲者?続出。

今日1日を無事に過ごせたことに感謝。


写真日記ランキング