独りで行くのがお似合い

2020年 5月 16日 今日は一転してひんやりした雨の1日となった。 

そのせいか、頭は珍しくクリアーで、午前中、午後と2時間余り木彫りに夢中になり没頭した。

気が付くと汗ばんでいたくらいだ。

思い出 窓のある風景IMG_0495 (3).jpg

決して誇張でもなく、自意識過剰でもなく、独りで行くのが好きなんだ、と思う。

お似合いと言って良い。

寂しいとか、不安だとか、まったく感じないから。

旅の是非はどうであれ、美しかった。


IMG_0488 (3).jpg

***

母が朝から綿入れチャンチャンコを羽織っていて、びっくりした。 

お母さん、今日は涼しいけど、それはいくらなんでも変だわよ。 ニットのベストはどうしたの。

「見つからないんだ」 この間、出してあげたじゃない。

雨の庭IMG_4412.JPG

掃除を済ませて、タンスを調べたが、ベストは見つからない。

まさか、ここにしまいこんではいないわよね、と思いながら茶箱を開けたら、入っていた。

こんなふうに、母は着用したものを勝手に仕舞い込む。

庭のガクアジサイIMG_4410.JPG

お昼を食べ終わると、母は戦時中の話を始める。 毎度の事だ。

へぇ、そうなの? そうなんだ、と生返事をしながら、お茶を飲む私。

最後は大きな声で軍歌を唄い始めたところで、それじゃあ、かたづけるわ・・・

現在の裏庭圃場IMG_4409_LI (2).jpg

右半分は休耕させた(冬場の大根を抜いた後)。

なんで、こんな変則的な、と思われるかもしれないが、夏野菜はナス科の植物が多く、連作障害が起きるので、

このようになる。

去年の夏の様子をメモしておく。 茄子とキュウリは出来るだけ圃場の中心を避ける。

去年はこの端っこ作戦?で茄子が史上始まって以来の大豊作で250本近い収穫となった。

今年はどうなるだろう・・・

本当に、ちまちま、チマチマと草むしりをしている。

草むしりをしていると、あっという間に時間が経つ。



写真日記ランキング