草むらを眺め、草原を想像する。

2020年 5月 10日 ダブルベッドのシングルユースというのを40代の頃、よくリクエストした。 ちんちくりんのくせに。

ダブルユースって何ぞや、と思いながら記事を読んでいたら・・・

患者を受け入れる際には、簡易ベッドになり、死んだらそのまま棺になるっていう代物だった。

コロンビアという国の話。 

パンデミックという災厄をぼんやり思う意識低い系の私。


パソコンを起動したら、延期が決まった落語会(当初は4月30日)の振り替え日決定のお知らせ。

2021年の4月27日なんだとさ・・・1年先かぁ。 

そんな先のこと・・・わからんがな。

チケットはそのまんま手元の保管してくださいとあった。


母の日に花なんぞいらない、と毎度母は言う。 庭の花で十分だそう。

蕗の煮物が食べたい、というので、裏庭で収穫した蕗を炊いた。 今年は蕗をたくさん食べたような気がする。


今日は1日中、風が強くて、これを書いている今も強い。

まるでムチがしなうような音を立てて風が吹いている。そんな中を短時間散歩に出かけた。 

小さな草むらを眺め、草原を想像する。

IMG_4357.JPG

IMG_4356.JPG

立夏が5月5日から始まった。 新緑もあっという間に猛烈な緑となる。

IMG_4353.JPG

今日は庭のあたらしいジャーマンアイリスが咲いた。 朝1番で撮影したので、半開き。

それでも、ゴージャスに綺麗だ。

IMG_4351.JPG

IMG_4352.JPG

2020年は存在するが、ある意味、それこそ、失われた1年になるのかもしれない。



写真日記ランキング