腕次第

2020年 5月 29日 完全ではないが、6月1日から、いろいろな場所が営業を開始する。 油断は大敵だが、プールで泳ぐことができると思うだけで、心が弾む。

庭のペチュニアIMG_4520.JPG

一か月前ぐらい前、近所の激安花屋でペチュニアが一株79円だった。 正直言って、お粗末といえるくらいのものだった。 

農協で野菜苗を購入した時に売られていたペチュニアの苗は、それは立派な苗で、値段も当然ながら130円だった。

という話を母にしたら、

「その安くてお粗末な株を、あんたの腕で大きく育てればいいんだよ」と言われた次第。

写真の通り、大きくした。 私の腕ではなくて、単に成長したのだと思う。

昨日の朝の公園IMG_4521 (2).JPG

サツキの中にミツバチIMG_4522.JPG

今日はいつもの通りの金曜日のルーティンを淡々とこなし、午後からはゆっくりと新聞に目を通し、午後4時前まで「失われた時を求めて」を読み進めた。

強い西日をものともせず、いざ、防虫剤を吹き付けて、裏庭圃場へ出て、1時間ほど草むしりに没頭する。  

ヤブカラシという草があり、これは成長が恐ろしいほど早く、なおかつ根っこが地面に深くはり、名前もすごいが、非常に手ごわい。

これを見つけると、なぜか、ヒトラーみたいな気分になり、これを根絶せずにはいられない。(実際は出来ないのだが)


それにしても、母の祖母は戦時中、朝から日没まで、近所の農家へ草むしりの手伝いに出かけて、お礼はたったの麦一升だったそうで、

そりゃあ、あんまりだと思う。

B29?の機銃掃射を受けて、サトイモ畑に逃げ込んで、アメリカの兵隊さんの顔がはっきりみえたそうだ。  

だから、今回の新型コロナウイルスに対して、比喩であろうと、軽々しく「戦争」などと言ってほしくない。

本日の裏庭圃場IMG_4524 (2).JPG

さて、実は昨日、銀座まで出かけた。 本当は6月でいいや、と思ったのだが、何度か連絡を受けていて、一昨晩、再度電話がかかってきた。早く終わらせるべく、約3時間半で往復した。 つまり約30分しか銀座に滞在していない。 水筒持参で出かけ、直行直帰。

この話は2月に遡る。いづれ、別の折に。

IMG_4523.JPG

どうせ、今年の夏は着る機会が無いのだから、と思い、えいやっと気合を入れて、着物で出かけた次第。


草むしりの後、風呂に湯をはり、嫌がる母をなだめすかし、入浴させて洗髪もした。 

それだけで、めでたし、めでたし、みたいな気分になった。

明日は墓参。


写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント