サボテンの花 ソラマメ ドクダミの花

2020年 5月 17日 昨晩、チョイ住み バルセロナを見た。

ガウディのサグラダファミリアがアパートのベランダからド~ンと見える。

撮影が行われたのは今年の1月末から2月の初旬とテロップに流れたが、最後はなんだか切なくなった。

あの、仲良しなったお隣のおじいさん、おばあさん、スーパーで偶然知り会った日本語ペラペラのお嬢さんの店員さん、お元気だろうか?

スペインは新型コロナが猛威を振るった(日本とは比較にならないくらい)。

舞台が暗転するように、一気に世界が変わってしまったような気さへする。 

IMG_4421.JPG

お昼までに少し時間があって短い散歩に出かけた。 矢車草が綺麗だったところは、すでに盛りを過ぎていて、1週間足らずの時間の経過でも、季節はどんどん進むのだと改めて思う。

IMG_4416.JPG

今日の散歩は6000歩に届かなかった。 気温が上昇し、太陽の光の眩しさもあって、帽子、サングラスの下はマスクではなくて、手ぬぐいを巻いた。

なんでこんなところに(まあ、住宅街)野菜直売場の幟があるんだろう、などと不審に思って通り過ぎようとしたら、私の顔ぐらいある大きなサボテンの花が数輪咲いていて、思わず立ち止まった。

サボテンの鉢の奥にはソラマメの袋が置かれてあった。 お値段300円也。 無人の販売所なんだろうか、とちらっと思ったが、なにせ、サボテンが素晴らしくて、見入ってしまった。

IMG_4430.JPG

すごく綺麗!と思わず声が出たら、奥にある家の中から「いらっしゃい」と声をかけられた。

川のような用水路のような小さな流れがあって、そのあたりの住宅は皆、小さな流れと道路をつなぐ小さな橋が個別にあり、その橋の道路側にサボテンとソラマメが置かれてあった。

「庭にも咲いてんだよ」 あら、本当だ。 写真撮ってもいいですか? 

というわけで、ソラマメ一袋お買い上げ。 明日はソラマメの天ぷらにしようと思う。

よく考えたら、泥棒と思われたのかもしれない、などと帰り道に思った。 

ドクダミの花IMG_4415.JPG

ドクダミの花の白さが際立って見える。 ピュアホワイトというより、日本絵具の胡粉の白に近い気がする。

厳粛で神聖な白。

世界が一変しても、自然は何も変わらず、季節は粛々と進む。


写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント