昔日 タリン 空港ピアノ

2020年 2月 25日 昨晩、偶然空港ピアノを見た。 

エストニアのタリンだった。

私はフィンランドのヘルシンキから船でタリンに入ったので、タリンの空港に降り立ったわけけではないが、時折映し出される、旧市街の街並みを見て懐かしかった。

IMG_5307.JPG

カメラをどこに向けても美しいと思った。 旧市街のメイン通りに小さいが瀟洒なホテルがあって、今度ここ(タリン)に来ることがあれば、このホテルに泊ろう、などと思った。

タリンの旅は日帰りで、その日のうちにヘルシンキへ戻った。

2011年の5月って、大震災の後であり、父が寝たきりになる少し前だった。

IMG_5328.JPG

IMG_5342.JPG

それにしても、結構な人混みで、2011年当時はもっとのんびりとした街並みだったような気がする。

東北大震災の2か月後であり、父の病状を考えると、当時は当時で悩んだのだろうが(事実、旅程を1日早めて帰国した覚えがある)、

今思うと楽しかった・・・

母は要介護2になっても、介護保険の如何なるサービスも利用を拒否するので、家を長くあけることことは出来ない。

昔日

IMG_3647 (2).JPG

うっかりしていて、お米がきれそうになっていた。

明日まではなんとかなりそうだが、明日は木彫りだ。

木曜日以降、寒の戻りの予報で、風呂掃除を前倒して、食材はまだ2日分あったが、米だけを買いに出かけた次第。

帰宅して10分もたたないうちに配送されて、すごくびっくりした。

これで午前中は終わってしまい、庭の写真で申訳ない。

IMG_3646.JPG

なんとなくね・・・

あの当時よりも、現在のほうが、

何がと問われても、明確に答えられないが、不安で辛い。

住む家があって、食うに困らないんだけどね。


写真日記ランキング