予期した通り、マンサクは満開だった。

2020年 2月 24日 予期していた通り、公園のマンサクは満開だった。

霊園入り口へ通じる道を車窓から眺めても歴然だった。

ミモザのような明るい派手な黄色ではないが、たしかに辺りはほんのり黄色がかっていた。

IMG_0465 (002).jpg

IMG_0464 (002).jpg

IMG_0463 (002).jpg

早春でさへも春は奇跡だ、と書いてから陳腐だと思うが、事実だから仕方がない。

大車輪で洗濯物、お布団を干し、掃除を済ませ駅へ向かったら、ダイヤが乱れていた。

普通ならエレベーターを歩くことはないが、今日は気が急いた。

ホーム、駅構内を疾走しバスに乗り込んだら出発4分前だった。 息が上がって乗車後しばらく新聞に目を通せなかった。

IMG_0466 (002).jpg

白梅も満開。

IMG_0468 (002).JPG

往きのバスは4名の乗車だったが、帰りは私を含めて2名だった。

「あ~これで肩の荷が下りた」

「今日の夕飯はどうしようか、買ってかえろうか」

老婦人が声に出して言う。 独り言。

お寂しいのだろうか、と、少し年をとった私は思う。

***

お昼の仕度をしても、母は食べないことが多いので、今日は帰宅してから簡単なお昼を母と食べた。

お布団と洗濯物を取り込んだら、どっと疲れが出て横になった。

今日は暖かい快晴で墓参日和だった。



写真日記ランキング