カトレアをする

2020年 2月 19日 世界らん展が開催中である。 らんと聞いてまず、思い浮かべる花は一般的にはカトレアだと思う。

なんたって有名だし、洋らんの女王とも言われるくらいだ。


もう少しで「失われた時を求めて」の第2巻を読み終わりそうだったが、午後5時を回ってしまい断念した。

物語の中でカトレアが動詞として使われる。 「カトレアをする」という具合だ。

これは比喩なのだが、女性の身体にコサージュとしてつけられたカトレアの花の位置を微修正するという行為から、

男女の肉体的な愛の行為を指す言葉として作者のプルーストがスワンの恋の中で何度か使った。

個人的には好みの花ではないが、なかなかエロティックな表現だと感心する。

庭のアネモネIMG_3611.JPG

たくさんの洗濯物を干したら、くしゃみが止まらず、少しばかりゆううつな気分になって、掃除を終えて短い散歩に行く予定は取りやめにした。

お昼に階下に降りていくと、母は暗い居間でこたつで椅子に座ったまま眠っていて、お昼にするからと声をかけた。

「うどんをこねたから、一緒に食べよう」と母に言われて、思わず、理解できないと答えた。

ねぼけてるんだ・・・

食事の時だけストーブをつける。 やかんのお湯が沸騰すると、母はすぐに「(ストーブの火)止めてくれ」。

熱いお茶を飲みたいから、食事が終わるまでストーブつけたままにしようとしても、「止めてくれ」。

母は私よりもづっと食べ終わるのに時間がかかる。

そのたびに「熱いお茶が飲みたいねぇ」と言われて、ため息をつきながらキッチンのガスレンジでお湯を再沸騰させていたが、

今日は、面倒で、自分でやったらと答えた。

母は冷めたお茶を飲んで、自分でお湯を沸かすことは無かった。

部屋のカランコエIMG_3616.JPG

本格的に暖かくなるまでは、こんなふうに母と二人で生活するのかと思うと、親不孝と言われようが・・・

憂鬱で気分が滅入る。 週に1度なんて高望みはしないが、月に1度でもいいからデイサービスを利用して欲しい。

結局、自宅の門から外に出ることは無かった。



写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント