西の空に浮かぶ月

2020年 1月 16日 洗濯物を干していたら、西の空にお月さま。

IMG_3426 (2).JPG

精神科医の香山リカの新聞掲載のエッセイを読んだ。


診察室で延々と同居者(夫或いは妻など)への不平、不満、憤り、怒りをぶちまける患者さんが居られるかと思えば、

ある日突然、遠いところへ旅立たれた(つまり死亡)同居者への、悲嘆、悔恨、思慕、不安などを訴える患者さんもおられる。

だから・・・

憤り、怒りを抑えきれない患者さんに対して、もし、相手が突然、亡くなられたら、どうされますか、と問いかける。

もちろん、当然ながら、万歳万歳万歳と喝さいする人も居るだろうが、全員がそうではないと思う。


その記事を切り抜いて、手帳に挟んでおいた。

庭の自生サクラソウIMG_3427.JPG

それじゃあ、お昼かたづけるから、と言いかけてこたつから立ち上がったら、

母が「○○と××(甥っ子1号&2号)の大学の学費も払い終わったから、少し貯金しようと思うの」と言う。

はあぁ・・・ため息。

続けて、「それで、貯金通帳が見たいんだけど、見つからないの」

毎日ではないが、ルーティンで母の口から出る言葉である。

そう? いつものところに入っているはずだけどね、お持ちしましょう。

で、母に通帳を見てもらい、確認してもらう、という作業を繰り返す。

やれやれ、とは思うが、先ほどの記事を思い出した。

庭から隣家の山茶花を撮影IMG_3429.JPG

ブログを始めて10年近くと昨日書いたが、10年以上だ。 リストラされたのが2008年だから、多分、2009年には最初の記事を書いたはず。 もう、確かめようがないけど。

で、またも思い出した。 1月 松の内が終わったころ、アグリーベティの脚本家が40代の若さで亡くなった。 自殺。

2009年ごろにNHKBSで放送されていたと思う。 すごく夢中になった覚えがある。

私自身は失意の毎日だったが、ドラマは面白かったなぁ・・・

10年の月日を想う・・・

追伸:コメントありがとう。 「映像の詩人」はいくらなんでもほめ過ぎです。 惑星ソラリスは面白かった。



写真日記ランキング