その日

2020年 1月 11日 鏡開き 

お餅の底を見たら、カビが生えていた。 正月の鏡餅は「割る」ではなくて「開く」のだ。

でも、乾燥してひび割れの入ったモチに全握力でもって開こうとしても、そんな簡単に開けない。

刃物は禁忌。 でも・・・キッチンにあるドライバーである程度の大きさに開いた。
(ドライバーも刃物かもしれないけど、まあ、許してください、神様)


母に見せた。 2階の出窓でカラカラに干して、あられにして食べようね!

お昼を食べていたら、母が不意に・・・

「今日は鏡開きだよ。早くやらなきゃだめだよ」

こんな時に、淡々と、忘れちゃったんだね、と受け入れなれない。

ギャッと言いそうになり、

ギョッとするのだ。

IMG_3407.JPG

庭の自生の西洋サクラソウを鉢植えにした。 ちょうどそのところにゼラニウムの花が一輪咲いていて、時々、はっとする。

手前ぼんやりと見えるのが蕾である。

IMG_3410 (2).JPG

よそ様のサクラソウはすでに開花。

M子さま、コメントありがとうございます。やはりプロの方がいらしたのですね。
鉢植えの七草を見る度に、いつも、これってすごいわ、などと感心しておりました。

庭のパンジーIMG_3408.JPG

「母は火曜日に亡くなりましてね、今週末がお通夜と葬式です、私はこうして淡々と仕事をしていると、気持が落ち着きます」

昨日、そんな会話を交わして、いつか、近い将来、私もその日を迎えるのだ、などと思ってしまった。

そう思ってもね、ギャッと言いそうになり、ギョッとしちゃうんだよ。


写真日記ランキング