七草のミニチュア野菜

2020年 1月 7日 目が覚めたら、枕元のラジオのスイッチは切られていた。 自分で切ったのを覚えていないのだが、他に誰も切る人は居ないのだから、無意識に切ったのだろう。

昨晩は、もしかしたら熱が出るかも、と思うほど、身体が痛み、早い時間に床に入って、テレビを見るのも辛くて、でも、なかなか眠れずにラジオを聞いた。ラジオを聞く習慣は無い。

10日目のチューリップIMG_3395.JPG

今年初めての缶&ペットボトルの回収日だった今日、正月の全員集合で結構な量があり、起床後、一番最初にしたことだ。
母と朝食を共にして、後片付けを終えて、母に言った。

今日は、これから、着替えてまた眠りたい。 

「いいんだよ。卵と納豆さへあれば、独りで大丈夫」

で、ああ、喉が渇いたな、と起き上がったのが、午後2時過ぎ。

母はお餅を焼いて、デザートに干し柿を食べたと、ケロンとしていた。

昨日の花屋さんでIMG_3394 (2).JPG

今日は七草粥。 我が家では食べない。 食べた記憶が無い。 思うに、両親の世代は、戦中戦後の食糧難で、もう、二度と粥などというものを口にしたくない世代だからだと勝手に思っている。 

家へ帰ろうという映画で、主人公の88歳のホロコーストを生き延びた老人は、パリからワルシャワへ行くのに、1センチたりともドイツの土を踏みたくないと言ったことを思いだす。(お金が無くて飛行機は使えず、陸路で行くしかなかった)

お椀の表面に自分の顔が映るくらいの薄い粥を食べた、そんな辛い経験を父から聞いたことがある。

このことを真面目に聞いたことが無い。 ただ、父も母も、胃を休めるほどのご馳走を正月に食べたことがないから、普通のご飯で良いのだと言ったことはある。

七草に使われる、すずな、すずしろの蕪も大根もどうしてミニチュアなのか、よくわからないが、昔、七草の鉢植えを買ってほしくて、父に頼んだら、断られたことは覚えている。

今日は、夕飯は頂き物のしゃぶしゃぶにした。 簡単だから。 最後に残り物の冷たいご飯を入れて雑炊にして食べた。

終わり。

追伸:妹にレトルトカレーのお礼のメールを打った。 きっと、私が夕食を作る手間を少しでも省けるようにと考えたのだと思う。感謝


写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

M子
2020年01月07日 22:04
冬野菜の畑をやってからというもの、
七草のミニチュアセットは間引き野菜を無駄なく使ってるのでは?
とばかり思ってましたが、違ってましたか。。。
ご自愛ください。