甘酒と私

2020年 1月 13日 「おらが町」にも実は昨年タピオカドリンク屋さんが開店した。 

最初は、なんでこんなに人が集まっているのだろう、と思った。 看板もないし。

まあ、寒くなったらすぐに閉店するんじゃないの、と内心思っていたら、今でも行列にはびっくり。

ブームが来る前の昔、昔、横浜中華街で飲んだ覚えがある。

別に、並ぶほど美味しいとも思わなかった。

ネギ畑に煙IMG_3421.JPG

IMG_3418.JPG

野焼きとも違うが、農家さんが広範囲に落ち葉を焚きをされていて、あたり一面に煙が漂っていて、なかなか趣のある風景になった。

お夕飯の下準備をして、お布団と洗濯物を取り込んで散歩に出かけた。 

暖かく穏やかな晴れで、成人の日を迎えられた若人の方々は良い1日になったであろう、などとぼんやりと歩いた。

八重咲き水仙IMG_3417.JPG街路樹の根元には八重咲きの日本水仙。

出掛けに母はこたつで居眠りをしていて、玄関を出るときにそっと施錠をして、家を出た。

目的地などないので、適当なところで回れ右をして戻るのだが、甘酒が飲みたくて、帰り際に農協に寄った(いつも売られている。)

甘酒って、本来は夏の飲み物だと知ったのは、10年くらい前だが、熱い甘酒を真冬に飲むのも美味しい。

てっきり売られていると思ったら、これが残念至極でがっかり。

そうだ、この辺に小さなコンビニがあったけ・・・

寄り道をしたら、入り口に「お知らせ」が何枚も張られていて、今月末に閉店だそうで、店内にはほとんど商品が置かれていなかった。

再び、残念至極。

甘酒にご縁が無かった、などと、トボトボ歩いていて、ふと、道脇にポツンと設置されたヴェンディング マシーンを通り過ぎてから、

もしかしてと、舞い戻った。

ありました。 「暖かい甘酒」 散歩用ポシェットに2本の缶甘酒を入れて帰宅した。

3時にはまだ間があったが、そっと母を起こして、温めた甘酒をふるまった。

IMG_3419.JPG

「あんた、最近、沖縄行かないね」

今年の5月に行きます。 (一応、行く予定。 出来れば3泊4日を目指しているが、無理かもな?)

「海外には行かないでくれよ」

そうだよねぇ、毎日毎食、納豆と卵でご飯は困るよね、と答えたら・・・

「違うよ、あんたに何かあっても、海外だと、あたしは迎えにいけないから」

とんでもなく、びっくりして母の顔をしげしげと眺めてしまった。

母が門から外へ出ること自体、ほとんどないのに。

最後に電車に乗ったのが、去年の3月だ。 その時も電車がわからなかった。

というより、一切の家事すら出来ないのに・・・


そんなことを心配しているのだと思ったら、

有難いような、有難くないような、実際のところ、複雑な気がした。

(せめてね、旅行の間だけでもね、お泊りデイサービスとかね、利用してくれたら、有難いんだけどねぇ)

ため息。

約40分の散歩で、7000歩ちょっとだった。

追伸:

本当に実際のところ、このままだと、どこへも出かけられなくなるような気がして、気が滅入る。
この状態でこの先10年母が生きていたら、私は72歳、もとい、73歳になってしまう。
一切の介護サービス等を絶対絶対絶対拒否されるって、時々、否、しばしば・・・

気が狂いそうになる。

旅行の間だけ宅食サービスを頼もうとして、ヒステリーを起こされる始末だ。


母の常套句 「あたしは一切、娘の世話になってません。 私が娘を世話しているんです」

ってさぁ、それ、どいう言う意味よ! 


すみません、ここで吠えないと吠える場所が無い。



写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

野焼き……
2020年01月14日 06:56
野焼き平気な人もいるんですね……。
窓を閉めていても煙が入ってきて
強い咳が止まらず、全身がつり、
胸が激痛です。
背中が痛いと夜も眠れません。
吐きますし、(血も出る)
オムツが手放せず、
空気清浄機も薬も効かず寝たきりに
なってしまいました。泣