麦の生涯 ゴッホの手紙より

2019年 11月 19日 昨晩は南側に吹き付ける雨の音を聞きながら、ゴッホの手紙を読み続けた。 

「僕は人の人生は麦の生涯のような気がしてならない。もし芽を出すために地に蒔かれなかったら、どうなるんだろう、粉にされてパンになってしまう。 幸運と不運である、双方とも必要だし、(省略) 人生も無論だ」

ゴッホの手紙の第1刷は昭和45年である。 私は13歳だった。 訳者は若い人に是非読んで欲しいと、あとがきで述べている。

私がこの本を読んだのは実に62歳になってからである。 なんだか損した気分だ。

ゴッホがものすごく好きだ、と実感したのが、ここ15年くらいのものだが、なんだか、一体全体私は若いころは何を考えていたのだろう、などと思う。

そうだそうだ、洋服のことしか考えていなかった馬鹿です。

庭のゼラニウムIMG_3208.JPG

今日はもわっと暖かいのに、今年初めてのけんちん汁を作った。 けんちん汁はつくづく手間だな、などと思う。

泥付きサトイモを洗って皮をむき塩でこすり、一度ゆがく。

大根ニンジンはいちょう切り。

ゴボウはササガキにして水にさらす。

コンニャクはさっと熱湯を通して、スプーンで小さくちぎる。

以上をほんの少量の油で炒めてから、だし汁を加え、お醤油、味噌で味付けして終わり。 

IMG_3205.JPG

IMG_3206.JPG

お夕飯を済ませて、まだ食卓にお茶碗やらお皿が置いたままの状態で、母は・・・

「ご飯炊かなくちゃね」

お母さん、ご飯はね、炊いてまだ1時間も経っていないのよ。

ご飯は2合って言ってるじゃない、でも、いつも3合だから、明日の朝食べても、余るのよ。

○子(妹)がお正月に来るけどね、あんまり、「ご飯炊く」って言わない方がいいよ。

妹は我が家に来るたびに、母の「ご飯炊かなきゃね」に過度に反応してイライラし始める。 

すっごく理解できるけど・・・

通りすがりにIMG_3210.JPG

今日は、キッチンの窓と明り取りのための窓の掃除をして、裏庭圃場の草むしりをして午前中を終えた。

明日はぐっと気温が下がるので、けんちん汁は明日にしたほう良かったのかもしれないが、明日は3週間ぶりの木彫りである。

夕食は手を抜いて、スーパーで買ってきた安いお肉でシャブシャブ。 

ほうれん草、きのこ、ネギ、豆腐を切るだけで終わり。


長い時間、椅子に座って本を読んでいると、まだ腰に違和感を感じる。

それでも、60歳過ぎてから「ゴッホの手紙」に出会えてよかったと思う。


写真日記ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント