間引いた大根は植え替えることが出来ない。

2019年 10月 7日 もしかして雨かしら? 日もとっぷりと暮れた午後6時半過ぎに窓を開けたら、庭石が濡れていた。 

午前中はそこそこ良いお天気で雨が降るとは思わなかった。

5日の青空IMG_2994.JPG

クローゼットにつるした防虫剤の日付を確認したら、10月6日と書かれてあった。

去年は6日に衣替えをしたのだ。

それにしても、目に見えて日没が早まっているのにもかかわらず、半袖をしまう気になれない。 明日は30度の予報だ。

気持の良い季節が少なくなってきていると実感する。

まだ咲いていたIMG_2988.JPG

「意志あるところに道は開ける」というリンカーンの言葉を引用するのは事が少々低次元だが、今日は良く働いた。

洗濯掃除を済ませて、買い出しに出かけ、そのまま裏庭圃場で発芽した大根をおろぬいて、肥料を施した。

抜いた大根はざるに1杯にもなり、お昼を作りながら、軽く茹でて、夕食のお浸しと残りは明日の朝食のお味噌汁の具に残した。

間引いた大根は、別の場所へ植え替えることは出来ないのだ。 これは不思議なことだが、事実である。 

午後から、衣替えを敢行した。 

こういう気候なので、線引きするように明日から長袖とはいかないが、防虫剤を取り換えて、ノースリーブは仕舞い込み、薄い毛糸のカーディガンなどを出した。

明日は母をクリニックへ連れて行かねばならず、一気呵成に母のタンスやクローゼットも防虫剤を取り換えて、大雑把に洋服の入れ替えを済ませた。 

全部終了したら、午後5時を回っていてびっくりしたが、何で昨日はあんなに気分が落ち込んで何も出来なかったのだろう、などと思う。

やる気があれば出来る。

IMG_2986.JPG

指輪をする人なら、誰もが経験するだろうが、夏場は指がむくむ。 

大昔、大流行した歌謡曲に♪痩せてやつれて指輪が回る♪みたいな歌詞があった。

右利きなので、撮影上、左手に指輪をしているが、小指のリングは、祖父が母に買ってやった物で、私が20代のころ母から譲り受けた。

当時、グリーンの石は縦(垂直に)につけられていて、それがとても古臭く感じて、リフォーム専門のところへ持っていったら、横向きにつけるとおもしろい、と提案された。

右手の薬指に長らくはめていたが、今では小指以外にはめることが出来ない。右手の小指がぴったり。

別に病気ではないが、指が太くなったという事実に加えて、加齢とともに、指の関節が大きくなった。

もう、お金を出して、再度リフォームする気にもなれず、これを遺す子供もいないが、売る気にもなれない。

私の指は、やはり・・・

働いてきた指だと思う。

画像