シャネル様はお気に召さなかった・・・ ルノワールとパリに恋した12人の画家たち @横浜美術館

2019年 10月 18日 今日はほんの少しだけ早く家を出て、せっかくなので、横浜美術館に寄道した。

唐辛子IMG_3030.JPG

画家ごとにスペースが区切られている。 

マリーローランサンの作品をぼんやりと眺めながら、おやっと思った。

「マドモアゼル シャネルの肖像」 ほおお! 

ローランサンがココ シャネルの肖像画を描いたが、シャネルはこれを気に入らず、受け取りを拒否。

ローランサンはシャネルを「田舎者」と一蹴した、と解説に書かれてあった。

う~ん、何が一体お気に召さなかったんだろう・・・

綺麗な絵でしたよ。 独特なパステルカラーで夢のような。

表情はけだるそうな感じだったけど。 でも、マリーローランサンの絵に表情も何もないでしょ。

なんたって、あの色調と空間処理なんだから。

才能を表すとかいう鳩まで画面に飛んでるしさ。

「私はこんな貧相な顔してません!」って思ったのかしらね・・・よくわからん。

IMG_3032.JPG

IMG_3031.JPG

いいなあ、と思ったのは、個人的には、アンリ ルソーであります。 

「人形を持つ子供」が不思議でとてもよかった。 じっと佇んでしまった。

まあ、この人の絵は全部不思議と言えば不思議なんだが。

ふっと、岸田劉生の麗子像を思い出させる。

雨はなんとか降らず、美術館は空いていて気持ちよく鑑賞できた。

もう少しゆっくりしても良かったが、今日はゴミ集積場の掃除当番で、出かけるときには、収集車が来ていなかったので、

午後4時頃までには戻って掃除をすませたかった。 雨が降りだしたら、面倒だし。

IMG_0264.JPG

今さらですが、ラグビーワールドカップのはりぼて。

IMG_3034.JPG

「あんたの都合の良い日に風呂に入る」と母が言うので、

それじゃあ、今日、お願いと言ったら、

「今日は入らない。昨日入ったから」

昨日はお風呂に入っていないわよ。

「今日はやめておく」

それは、私の都合ではなくて、お母さんの都合でしょうが、と思ったが、

まあ、いいや、と今日は思えた。

ゆっくり絵を鑑賞しながら、ぼんやりすると気分が良い。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント