そんなことを今年の秋は思ってしまう。

2019年 10月 15日 良い香りがする、と思って頭上を見上げたら、金木犀が満開で驚いてしまった。

IMG_3019 (2).JPG

”環境にもよるが”と書かれてあったが、金木犀は2度咲くことがあるらしい。 9月に1度咲いて、10月に再び花を咲かすのだそうで、なんと四季咲きもあると書かれてあった。

いつまでも暑かったことも影響するのだろうか・・・

***

昨日、美容室に(小雨が降っていたので)傘を持参して傘入れに置いた。

カットしてヘアダイを終えてシャンプーしている時だった。 私の顔の上にはタオル。

ただの会話の取っ掛かりに過ぎないのだが、「珍しい傘ですね」と言われた。

「刺繍された傘を初めてみた」と、その人は言った。

え~とね、モスキート、うん? それじゃあ蚊になっちまうな・・・

そうだ、モスキーノだ。 それ、モスキーノの傘なんだけど、値段の割に使いにくくて、欲しくて買ったけど、後悔したと話した。

IMG_3018 (2).JPG

多分、買ってから15年以上は経過していると思う。 実際、あまり使わない。 

62歳にもなって、この傘はどうなんだろう、と思うこともある。

でもね、売ろうと思ったことは無いと答えておいた。

今の人は物を買う時にあらかじめ、メルカリなんぞで要らなくなったら売れるかどうかが、買う時の判断になると聞いて、私はびっくりだ。

もう、長らく表参道の骨董通りに行ったことが無い。 昔、つまりリーマンショック前の最も骨董通りが元気だったころ(今も元気なんでしょうが、リーマンショック当時、あの骨董通りが空き店舗通りになったのだ)モスキーノがあった。

***

今日の午後は少しはシャンとした。 午後から昨日の新聞に目を通して、木彫りに励んだ。 

ゴッホの手紙も再び読み始めた。

午後4時半、辺りが暗くなり始めた頃、思い切って、プールへ出かけた。

プール滞在時間、実に10分。10分でも良かったのだ。

気分転換したかったから。

午後6時前に帰宅して、母と夕食を共にした次第。

現在62歳だけれど、いろんな時代があったよな、などと、ふっと、そう思い、これからもそう思うのでしょう。

私の守り神?って不動明王なんだそうな。 木彫り教室で、そう言われた。

IMG_3020.JPG 彫り始めてすでに1年以上でこの状態であります。

腕はね、切り落とさないと、胴体が彫れない。 腕は後から取り付ける。

一生懸命彫りますから、守ってくださいませ・・・

って、そんなことを、ついつい思ってしまう今年の秋は。

利己的な私。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント