ため息の妖精

2019年 9月 21日 土曜日 結局雨は降らなかった。

墓参の帰り、ファウンデーションを買った。

「NO.93 ため息の妖精ですね、ご確認ください」って言われて、そうなんですか、と思う。

NO.93であること確認しながら、ため息の妖精というより、一字違いで妖怪の方が似合っているかもしれない、などと傍にいた
妹に言ったら・・・

「ここって、若い子のお店じゃないの?」

そうなんだけど、昔はバーニーズの1階で売られていたんだけど、横浜はここだけなのだ、などと話た。

というより、30代後半だったか40代だったか、とにかく、そのころから同じファウンデーションを使っている私が変なのかもしれない。

IMG_2933.JPG

消費増税前に別に何も準備しない。 消耗品は予備が1つあれば十分だと思うから。 ファウンデーションがちょうど無くなって、買うしかなかった。 

今日、妹から聞いた話。

入浴のデイサービスを利用している妹の友人の話。

お母さまは習慣で必ず、お財布を持っていかれる。(我が家の母もそうだが、買い物することも無いのに、財布に万札が入っていないと不安)

ところが、デイサービスを終えて帰宅されると、財布の中のお金が、ここが大事なことなのだが、全部ではないが、無くなっている。

お金を使ったのかと問うても、何も使っていないと答える。

最初は不審に思っていたが、それがあるとき確信に変わった。

あらかじめ、財布の中身を確認して送り出し、帰宅時に確認すると中の金額がかなり減っている。

別に、デイサービスを行っている施設の職員の方を糾弾するわけではない。 

入浴デイサービスにはいろんな方が利用されているわけで、つまり不特定多数。

以後、デイサービスの日には小銭入れしか持たせない。

なんだかなあ・・・

台風15号の被害に遭われた方のご自宅に詐欺まがいの屋根修理をする人非人。

ひとでなし。

我が家の母はデイサービスを断固拒否するので、今はそんな心配はないが、私1人で入浴させることが難しくなった場合は、

妹の助言を考慮して、財布は持たせない。

IMG_2935.JPG

今日は妹がデパートで買ってくれたお寿司を我が家で母と3人で食べた。 妹は明日は仕事だそうで、午後7時過ぎに帰っていった。

霊園シャトルバスは2台の運行で満員だった。 お彼岸で出店が出ていて、地元農家さんのジャムを3ビンも買った。

妹から、それ持って移動するんだよ、と念を押されたが、ここのジャムは安くて美味しいのだと答えた次第。

どういう訳か、今年の春の彼岸の時には売られていなくてがっかりした覚えがある。

杏、無花果、ブルーベリーの3種のジャムを買った。

画像