気が付けば 蝉の亡きがら 踏み除けし

2019年 8月 9日 金曜日 日中の気温が36度近くまで上がっても、日暮れが少しづつ早まっているし、やはり秋に向かっている、などと思う。

買い出しの帰り道、歩道にアブラゼミの亡きがらが転がっていて、思わず踏みよけた。 腹を上向きにした姿を見て、この腹を振るわせて、精一杯鳴いたのだ、などと思った。(ちなみに雄しか鳴かない。雄雌の区別は産卵管があるかどうかである)

気が付けば 蝉の亡きがら 踏み除けし

裏庭圃場のゴーヤIMG_2729.JPG

とんでもない猛暑になって、生き返ったらしいゴーヤは3つほど実が大きくなっていた。 ただいまの身長は12センチ程度。

IMG_2730.JPG

「暑いのに申し訳ないけど、お金下ろしてきて」と母が言う。

お財布に2万円程度入っている。 もうすぐ年金支給日だから、大丈夫だと言っても、午前中だけで、5回以上同じ事を言われてうんざりした。

そのたびに緊急用のお金を母と一緒に取り出して、金額を確認するということを繰り返す。

IMG_2728.JPG

いつもの金曜日。 大掃除を済ませて、母の足の爪切りを済ませた。

IMG_2727.JPG

夕食の準備を終えて、自室でゆっくりと新聞に目を通した。 イタリア ローマのスペイン階段で座りこんだら罰金というニュースを読んだ。

ベネチアのリアルト橋では、コーヒーをのんだ観光客が1000$の罰金をくらったとも書かれてあった。

観光汚染で飲み食いする観光客が多くなったことが原因。 

30年くらい前に訪れたイタリアはまだまだ、のんびりしていたが、それでも、ベネチアでは、今度来るときは夏ではなくて、冬に来たら良い、

運河も臭くないし、などとベネチアングラスのお店の伊達男主人から言われたことを思い出した。

***

と、携帯が鳴った。 

私を心配した地域包括センターの看護師さんからで、もしよかったら、区役所で行われる介護者のカウンセリングに参加してみてはどうかと言われて、それはそれで、面倒だと内心は思ったが、物は試しで、19日に参加することにした。

私が母を殴ったと言ったから、殺人事件でも起こされたら大変だと思ったのかもしれない。

所説あるだろうが、らくちん簡単介護なんて無いと思う、私は・・・ 

今日は、母を入浴させて洗髪した。

本日の収穫IMG_2731.JPG

トマト:75号、76号

画像