氷の落下する音に夏を想う 原三溪の美術 @横浜美術館

2019年 7月 17日 水曜日 曇り時々晴れ間 実際のところ、短時間にしろ、これほど晴れるとは思わなかった。

今日の午後4時IMG_0153 (002).jpg

なにか冷たい物が飲みたいとは思ったが、母の洗髪をしたのが先週の木曜日で、今日は入浴してもらい洗髪したいと思いが強く、家路を急いだ。 

どれくらいの時間、こんな青空が広がったのかはよくわからないが、午後2時の時点では、明るい曇り空程度だった。

IMG_0150 (002).jpg

午後2時前の桜木町駅で、シャボン玉を作っていらした。 親子なのかどうかは不明。 

IMG_0149 (002).jpg

今日は所用があって外出したが、すき間時間が1時間少しあり、微妙な時間だったが、横浜美術館 原三溪の美術 展に行ってきた。

三渓園を作った実業家ぐらいの知識しかなかったが・・・

自ら絵(日本画)を描く画家であり、

美術品のコレクターであり、

茶人であり、

才能のある若手芸術家のパトロンでもあった、とは、説明に書かれてあったこと。

IMG_0152 (002).jpg

三渓園には10年以上行っていないような気がする。 この企画展の期間中は、両所(美術館と三渓園)を訪れると、どちらかが割引になる旨、新聞で読んだ覚えがある。

欠手、欠足の弥陀立像が入り口近くに展示されている。光背もなければ、もちろん台座もない。 作者不詳で鎌倉時代のものと書かれてあったような気がするが、一木彫の仏像でシンプルながら、力強くて素晴らしかった。

シリアのラッカ(ISの根拠地であったと思う、間違っていなければ)で焼かれた「杯」がすごく素敵だった。

購入した、或いは手に入れた美術品のリストをきっちり作っていて、それを出版する直前に関東大震災に遭い、焼失と書かれてあったが、ご本人はさぞや落胆しただろうな、などと思ったが、復興に力を注いだと書かれてあった。

ちょっと時間が足りなかった。

帰宅したら、母はすんなりと入浴してくれて、無事に洗髪を済ませることができて、安堵した。

母を入浴させて、汗びっしょりで夕食の準備を整えていたら、冷蔵庫の氷の落下音が聞こえて、

もうじき本格的な夏が始まる、などと思った。

追伸:明日はキュウリが収穫できる。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント