今日はこれで良かったと思う。 リチャード ゴーマン 形情展 @茅ヶ崎美術館

2019年 5月 29日 水曜日 曇り、午後3時頃から晴れ渡った。 展示室の最初の1枚が Blue Boyだった。

担当学芸員の解説によれば、「ブルーには憂鬱なという意味もある。 少年とはおよそ憂鬱な気持ちを持ちやすい存在である。 作品も不機嫌な少年の顔に見えなくもない。」

バレン菊
画像
いやはやまったく、本当にバレンみたいだ。え~と、バレンというのは版画でするときに使うもの。

画像


そうなんだ、でも、年をとっても憂鬱にはなる。

今日は、洗濯掃除して、母のお昼と夕食の下準備を整えて、スニーカーはいて出発。 本当は平塚美術館へいくはずだった。

平塚駅からバスもしくは徒歩(結構ある)なんだが、東海道線に乗っていて、なんだか、面倒だな、などと急に思った。 

思った途端、ぴょんと茅ヶ崎で降りて、茅ヶ崎美術館へ向かった。 下車してから、スマホで調べた。

リチャード ゴーマン 形情展

画像


まったく知らなかった。 アイルランド人初めてのエルメスのスカーフのデザインを手掛けた人らしい。

私は抽象画はよくわからない。 でも、この人のタイトルのつけ方はセンスがある。 ちなみに上の写真のタイトルは Stuck Square。

昔昔、会社で一緒に働いていたアメリカ人がフリーズしたパソコンの前で、

I’m Stuck. って、言っていた。 身動きが取れない、或いは固まっちまったぜ、という意味。 

だから、身動きが出来ない四角っていうタイトルの絵。

でも、「形状」ではなくて、あくまで「形情」であります。 わかったような、わからぬような。

ランタナ
画像


ほぼ貸し切りみたいに人が居なくて、フロアーで、のんびりと椅子に座り、ぼんやりと眺めた。

ミュージアムカフェで再びぼんやりとした。

平塚美術館へ行くべきだった、とも思ったが、今日はこれで良かったとも思う。

追伸: 担当学芸員による解説は秀逸である。 絵そのものよりも秀逸かもしれぬ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント