ひとり浮草日記 いったい私どうなるのん?

アクセスカウンタ

zoom RSS 酋長とパイナップル 西表島日記

<<   作成日時 : 2017/04/20 20:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

2017年 4月 20日 木曜日 晴れのち曇り 

画像


私が泊ったホテルはジャングルホテルで、アクセスがものすごく不便で、14日の朝6時半に家を出て、ホテルにチェックインしたのが、午後5時40分だった。 しかしながら、不便なのが魅力といえば魅力なのだ。 なんたって何もない。

画像


「ぶっちゃけ本当のことを書きますね。 お泊りのホテルはとても遠くて不便なので、午前のシュノーケリングをご希望であれば、お迎えには参りますが、帰りは自力で帰ってください。 午後をご希望であれば、自力でいらしていただければ、帰りは送ります」 ○×会社 酋長

いくつか西表島でのシュノーケリングを当たってみたが、どこも送迎不能と断られて、唯一ここだけが、こんなメールで返信があった。

画像


16日はうす曇りで午後からは青空が広がった。 酋長さんはきっかり午前9時10分にホテル前で私をピックアップしてくださった。 車のドアを開けるとそこには、クチナシの花が置かれていた。

西表島はクチナシの花が満開
画像


(まあ、うれしい)、こんにちは。 〇〇と申します。 よろしくお願いします。 ぶっちゃけ本当の事を言いますね、昨日は雨の中のハードで楽しいトレッキングをしたら、身体中が痛みます。 だから、今日はシュノーケリングというより、ひたすら海でうつ伏せで浮かんでいたいと思います、と酋長さんにお願いした。

客はあんただけだから、好きにして。 

ところが、事務所に到着すると、そこには外国人の母と子供(7歳ぐらいだろうか)がシュノーケリングをしたいと待ち構えていた。

「どこから」と母親は英語で私に話しかけてきた。

「横浜」と答えたら、わからないというので、東京の近くと答えたら納得した。

「どこから」と私が聞き返したら、「オーストラリアから」と母親は答えた。

で、酋長さんが、あんた通訳出来るかい、と言うので、(本物の)通訳は出来ないが、なんとかなると答えたら、それじゃあ、任すわということで、3人で乗船してポイントまで移動。 2か所でシュノーケリングを楽しんだ。

画像


パナリ島は以前来た時には一応、島の形態をなしていたが、今は海の中。 

無事、シュノーケリングを終えたら、酋長さんが、今日は助かった。 お昼はあそこの食堂で食べて、上原港のバス停で午後1時15分の村営バスに乗れば、ホテルまで行くからと教えて頂いた。

八重山そば500円也を食べて、上原港の待合所でバスが来るまでの間、コーヒーを飲みながら時間つぶしをしていたら、酋長さんがひょいと現れて、これを持ってけ。

画像
 良い香りがホテルの部屋に充満した。 とても甘くておいしかった。

画像


で、今日はどうだったかというと、もう、滅茶苦茶である。 庭は美しいがね・・・

画像


画像


画像


画像


衣替えの最中に階下で母が電話で何度もやり取りをしているのが聞こえたが、また電話が鳴ったと思ったら、叔父が母がではなくて私に話があるのだそうで、電話に出て思いっきり不愉快になった。

明日、金曜日に茨城まで入院中の叔母夫妻の見舞いに行く予定だが、母の電話応対があやふやで○○駅まで連れてきてほしいという連絡だった。 

「連れて行きます」と答えて電話を切ったら、母が「独りで行けるのに、私を馬鹿にして心外だ」と半ばヒステリーで叫ぶ。 制御不能と判断して、私はこの件から一切手を引くことにした。 母が待ち合わせ場所に行けなくても私は関知しない。

母が行きたいと言ったのを真に受けて叔母が仕組んだことだろうが、去年の6月の旅行の時のことを覚えていないのだろうか? 散々、私を怒鳴ったくせに。 この叔母を私は大嫌いで、正直言うが、他の従妹は彼女を完全に出入り禁止にしたくらいで、親戚といえども、口を挟んで良いことと悪いことの区別もつかない人で、だから、叔父が電話をかけてきたのだと思う。

すごく腹が立った。 叔父によれば、待ち合わせ場所をきちんと伝えたのに、毎回、待ち合わせ場所の駅が違うのだそうで、それは母がアルツハイマーで直近の記憶が飛ぶからだ。 叔母だってそれくらいわかっているだろうが・・・

頭が良くて独りで行けるのなら、好きなようにしなさい、ついでに、(叔母と同じように)階段から落ちたときには、私に迷惑をかけないように、下手に寝たきりで生き残ることなく、完璧に死んでくださいね、と私も母に怒鳴り返した。

せっかく作った夕ご飯の半分をゴミ袋に捨てて、自室にこもって独りで食べた私。 捨てる。 母を捨ててやる。

画像


裏庭圃場のサヤエンドウは私の留守の間に、タケノコみたいに大きく育ってたくさん花を咲かせている。

画像


植物は時が来れば・・・花を咲かせ、実をつけてそして枯れるんだな、などと思った。

今日も読んでいただきありがとう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。初めてのコメントです。
文中にある酋長さんは西表島のどこにお住まいでしょうか?
どこかのツアーのお店なんでしょうか。
興味が出てきましたので行ってみたいと思います。
よろしくお願いいたします。
沖縄大好き
2017/05/24 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
酋長とパイナップル 西表島日記 ひとり浮草日記 いったい私どうなるのん?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる