ブラック ノンフィクション 

2017年 1月 24日 火曜日 晴れ それでもやはり、午後からは雲が多めになった。

今日もつつがなく掃除をして新聞を読み、ファーブル昆虫記を読み進めた。 グラジオラスって、アヤメ科だということを初めて知った。 グラジオラスとアヤメが同じ科というのが、なんだか、私には想像もできなかった。 ファーブルはとても植物に詳しくて、というより、博識なのだ。

画像
夕飯の準備中、ニンジンをまな板に載せた。 あらっ、まあ、小さな葉っぱがついていて、まだ、生きているのだ、このニンジンはと思ってしげしげと眺めたら、とても綺麗に見えてきて、思わず撮影。

以下、書くことを想定してなかったので、写真と内容が不一致だけど仕方がない。 

昨年の9月は嫌な事が重なった。 嫌な事といっても、天災や火事に遭ったわけでもないのが、嫌な事として記憶に刻まれたし、それによって、私はプール以外のジムへ行く時間帯を変更した。

昨年9月は甥っ子が白血病で入院した。 いよいよ今年3月2日に骨髄移植が決定したと、先ほど連絡があった。無事快癒を祈るのみ。 これが嫌な事の一つ目。

二つ目:

ジムでよく出会うご婦人と少しづつ話をする機会が増えて、そのご婦人から、本を貸していただいた。 いわゆる、人生本で、去年の9月にも同じことを書いたが、正直、全然、面白くなかった。 本を返そうとしたら、私の母に是非読んでほしいので、「あげる」と言われた。

その後、再度、別の作家の人生本を貸してくださった。 「これは返してね」と言われたので、1日で読み切って(というより、2時間あれば読める)お礼状をしたためて、「あげる」と言われた本と一緒に返した。

画像
多分、うちわだな、って思っていて、昨晩、思い出したように開けてみた。

「あげる」と言われたものを理由したためずに返した私が悪い。 それでも、そのご婦人の怒り方は尋常ではなくて(あくまで主観だけど)、平身低頭で謝罪したのだが、ひどい叱責が延々と続いた。

「あなたは、人に教えを乞うと言う姿勢がない、常識もない」 延々、永遠に続くかのようだった。

で、二度と、怖くて顔を見るのも嫌になっちまって、9月初旬以降、夕方の時間にジムへ出かけることをしなくなった。

画像
スリランカのホテルで頂いたお土産。 小ぶりでなかなか素敵だ。

さて・・・

1か月くらい前になるが、挨拶しか交わしたことのない、いつも、お二人でジムに来られる方達の一方のご婦人から声をかけられた。

「なんだか、久しぶりね、お元気? ジムに来ていなかったでしょう」 って、まさか、怖いおばさんに怒られちまって行く時間帯を変更したとも言えず、適当に挨拶したら・・・

「私ね、2か月海外留学してきたの、あなたにね、お土産を買ってきたのよ」って、言われて、びっくり。 だって、お土産もらうほど親しくないし、名前も存じ上げない。 ジムでお会いしたのも数回足らず。

で、今度ヘマしたら、本当にジムへ行けなくなりそうな予感がしていて、なんとか、今日まできたら、今日、ジムで肩をたたかれて、お土産を頂いた。

「夢がかなうのよ、いつも身に着けてね」って。 恐縮して(本当はそれはそれで怖かった)お礼を述べて頂いてきた。 

「あのね、私ね、調理師免許もっているの。 今度はいつ来られる? あなたに私の料理の味見をしてもらいたいの」

私の頭の中は混乱しまくり、私は料理は自分でしますし、味見出来るほどの食通でもないですから、ごにょごにょごにょ。

「それじゃあ、木曜日に待っているわね」ってなっちまったぁ・・・

私、なんだか、怖い・・・また、同じヘマを繰り返しそう・・・ 名前も住所も連絡先も教えたわけじゃないし、ジムも週に2回行けば上出来で、なんとか、ここは踏ん張って、やり過ごそうと思う。

人様の善意を悪意に思ってしまう私が変なんだろうか・・・

夕飯を食べ終わったら、母が、「それじゃあ、私、これからご飯炊くからね」って、お母さん、ご飯炊いたばかり。 

以上、全部誇張無しのノンフィクションでした。

今日も読んでいただきありがとう。 寂しいって思うこともあるが、だからと言って、怖いおばさんと知り合いたくない! 自分自身が結構、怖い人間だと思うから。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、じゃないが、雑誌の「つる と はな」も今後は購読しないことにした。 あれって、あらまほしき人生本だ。 

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

青鹿
2017年01月24日 21:38
自分の手作りのものや手料理を押し付けてくる女性は地雷な気がいたします(汗)。何が目的?宗教勧誘とかでなければよいですが、さわらぬ神になんとやらでそーっと逃げられてはいかがでしょう…善意、のようでそうじゃないから怖さを感じるのではないかな。その感覚は正常だと思われます。長々失礼致しました。
マノ
2017年01月25日 04:56
浮草さんは変じゃないですよ~!最初の方は親切という名の偽善の押し付けだし、後に出てくる方は頭がおかしいと思います。(笑)
海外に一人で住んで知り合いも誰もいなくてとても寂しかった時期に、声をかけられたのが毎回宗教の人達でした。私は宗教が大嫌いなので、毎回無視したり断ったりしましたが、あんなに誰もいなくて寂しくてしょうがなかったのに、宗教はもっと嫌なんだな~と思い出す度に自分に笑ってしまいます。嫌なものは嫌です。人に合わせる必要もなし。関わると関わるだけ嫌な思いをするだけなので、私はいろいろな事を避けて生きてます。人に気を使わない今の方が人生がとても楽で幸せです。
gachamal
2017年01月25日 10:46
浮草さん、こんにちは。
毎日とても寒い日が続いていますが、お風邪など引かれていませんか。
ブログにお邪魔して、お母様とのことなど拝見していながらしばらくお言葉をかけられずにいました。私自身の気持ちがとても弱っていて、そういう時は余裕がないものですね。なんとお声をかけても無駄なような、言葉を考えるだけでそれも伝わらない意味のないもののように思い、自分を卑下していました。
今もそんな中にいます。
ジムの方々とても怖いですね。人間って怖いなと思います。
善意も悪意もどっちにしても、恐怖を感じるような方との関係は逃げるが勝ちだと私も思います。
他者と自分の価値観があったり、気持ちの押し引きが整ったり、推し量りあってとても楽な関係が築けるということは、とても稀なことだと思います。
人生は本当に思うよりもずっと短い。なので、気の合わない人と付き合っている暇はないんだろうと思います。
浮草さんはお寂しいとおっしゃった。私もとても寂しいです。
自分の気持ちを強く持ちたいと思っています。
とりとめのない話で失礼しました。←いつものこと