スティルライフ 「すこしちがう、すごくちがう」 ジョルジョ モランディ展 @東京ステーションギャラリ

2016年 2月 25日 木曜日 時折青い空が見えた間もあったが、概ね曇り。 なんだかとても寒く感じた。

画像


ちょっと野暮用があって午後から出かけるつもりが、どうせ運賃使うのだからと、今日はさっさか掃除を済ませて、母ともども早お昼を一緒に食べて、私はお昼前に東京駅まで出かけた。

画像


ジョルジョ モランディ展に行ってきた。

すごく好き・・・

ありふれた瓶や水入れなど並べ方をちょこっと変えては、それをテーブルの上にギュギュっと並べて描いた静物画。

壁やテーブルも空間も含めてすべてが美しく静かに調和がとられている。 調和というより全体で一つになっているような感じ。 輪郭線が無いっていうエッチングも良かった。

画像


不思議なんだが、風景画すら静物画に見えてくる(風景画も展示あり)。

画像


画像


「見えるものはすべて抽象であり非日常である」っていうのも、わからぬような、妙にわかったような。

画像


画像


亡くなる前に、言った言葉、「何事もなく日々が過ぎたことが幸せであった」(正確ではないが)、なんとなく、しみじみとした気分にさせてくれた。

大なり小なり、いろんなことが起きるが、無事に生きているということだけで幸せって、そう思う。

午後5時前に帰宅。 

今日も読んでいただきありがとう。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

Blue
2016年02月26日 03:18
私のお気に入りです。

 幸福を追いかけている間は
 お前は幸福であり得るだけに成熟していない、
 たとえ最愛のものがみなおまえのものになったとしても。

 失ったものを惜しんでは嘆き、
 いろいろの目当てを持ち、あくせくしている間は、
 お前はまだ平和が何であるかを知らない。

 すべての願いをあきらめ、
 目当ても欲望ももはや知らず、
 幸福、幸福と言い立てなくなった時、

 そのときはじめて、
 出来事の流れがもはやお前の心に迫らなくなり、
 おまえの魂はおちつく。

  H.ヘッセ『幸福』より