真の旅人にはなれない・・・

2012年 2月 22日 水曜日 概ね曇り 昨日が暖かかったので、今日はちょと寒く感じた。でも、これが平年並みなのかもしれない。 

今朝は駅に向かう途中で、仏壇の父に挨拶すらしなかったことを思いだして、なぜだか、すぐに母に電話をして、「私の分まで祈ってくれ、お父さんに忘れちゃって悪かったと言ってくれ」と頼んだ。お昼の弁当を作るのは忘れないくせに、父の仏前に手を合わせることを忘れてしまう私って・・・

今日は午前中は農大グリーンアカデミーで「クレマチス」の講義と午後からは園芸実習となった。実習といってもほとんど講義(あらかじめ園芸一般で質問を先生に紙面で用意しておいて、それについての回答)で、後は圃場の葉ボタンを抜いて終了した。

雲南サクラソウとプリムラマラコイデス
画像
以前、森山さんと言う方から、「馬っ鹿じゃないの」と叱責をいただきましたが、この花の正式名称は雲南サクラソウと言います。白っぽい方はプリムラマラコイデスです。先生からきちんと聞いてまいりました。農大グリーンアカデミーの第38期本科生の入学式のときに飾られるそうです。今日は、一株頂いてまいりました。我が家のサクラソウはまだまだ寒さのため小さいですが、温室の雲南サクラソウは見事に咲いております。

CCRって御存じですか?私は今日の午前の講義で初めて聞いたのですが、3大人気園芸植物だそうです。

C: クリスマスローズ
C: クレマチス
R: ローズ

で、今日はクレマチス。私はクレマチス=テッセンだと思っていたのですが、テッセンというのは、花色が乳白色のみで、なおかつ、雄しべや雌しべがほとんど隠れて見えない物1種類だけで、ある意味アジサイといっしょで、日本原産の植物がヨーロッパに渡り、園芸改良されたのが、今のクレマチスなのだそうです。だから、我が家にあるような紫色のテッセンはあり得ないのです。正確にいえば、クレマチスなんたらかんたらという花なのだそうです。

講師の先生はもう、熱く熱くクレマチスを語り、実際にお持ち頂いたクレマチスはこれってクレマチス?みたいな、釣鐘型の花やら、葉っぱが春菊のようなまるで雪洞のように白い小さな花が咲いたものやらを見せていただき、つまり、真冬でも咲く四季咲きのクレマチスやら、まったく巻きつかないタイプもあり、ただただ、感心することしきり。

他人様の玄関
画像
すいません、許可なく撮影しました。でも、ちょっと素敵だな・・・と想ったもので。

さて、昨日の、ここのダーリンコラムで、糸井重里さんが、自分は旅人としての人間ではなくなってきている、(正確ではないのですが)、なんというか、居心地の良いことを求めて、世界中を放浪したりすることが出来なくなってきているみたいなことが書かれており、それが良いことなのか悪い事なのかは判断できないのだが、と述べられていた。(と、思う・・・)

私は以前から思っているのだが、年齢に関係なく、たぶん2種類の人間がいるのだ、と想うのだ。つまり、旅をするという非日常が日常化出来る人とそうでない人。

私は、日常化出来ないタイプで、どんなにゴージャスなホテルに泊まろうが、また、野性味のある旅であろうが、せいぜい1週間が限度で、すぐ疲れる。ホテルから一歩も出ない日があっても疲れる。

だから、こんな寒い家でもやっぱり、自分のトイレと自分の布団は最高だぁ!と旅行から帰ってくるたびに思う人間なのだ。

まんさく
画像


でも、これって、結構危険なことでもある。大震災で、一時避難所(体育館やら公民館)でせっかく助かったのにもかかわらず、たくさんの方が亡くなられた。私もたぶん、もし、震災に遭って避難所で生活する事態になったら、まず、確実に死ぬな、と想うことがある。ストレスで死ぬような気がする。

うまく言えないのだが、ある程度の精神的図太さみたいなものが必要なのだ。

だから、ヨットで世界一周する、あるいは未知の世界を探検する人、まあ、私には経済的に無理ではあるが、ホテル暮らしする方達をある意味尊敬するのだ。

要するにだ、私は自宅以外で心の底から安心して解放すること出来ない人間なのだ。

帰宅、まず、手を洗って消毒。うがいをして、仏壇の父に挨拶。

「お父さん、今日はごめんね。帰ってきたよ。今日もまた寒くなったよ」

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

虹鱒
2012年02月22日 23:26
お花の正式名、教えて下さって有難うございました。
少し気になっていました。
でも、花屋さんでこの花を見たら、私など未だに、あら桜草だ、と単純に思いそうです。
ブログをしていらっしゃると、こういった事も多々あるのかな、、。

透明感を感じる写真を、いつも楽しみに拝見しています。